悪徳理事、浜村彰は自己批判せよ!

 2009-04-20
入試情宣といえば、公安警察と一体となった法大教職員との乱闘を思い出す。



拡声器を2基破壊され、デジカメさえも壊された。まったく犯罪者というのは公安警察官と法大職員のための呼称であろう。



とある午後、衝突をやりぬき飯田橋方面へ歩いていたときのことだ。



交差点の向こうにいるアイツもしかして・・・
画像 1575kai

浜村だ!
20080722014028.jpg

悪徳理事の浜村を発見したぞー!
20080722014028.jpg

法大黒ヘルの末裔こと増井真琴が敢然と決起します!
masui2kai_20090308032905.jpg

「学生ちゅーもーく!浜村を徹底弾劾するぞー!」
masui2kai_20090308032905.jpg

黒ヘル増井を先頭に浜村を追い詰めろ!
画像 1576kai

浜村は本屋に逃げ込んだぞ! 笑
画像 1577kai

行き止まりだから出てきたぞ! 笑
画像 1578kai

おいおい、どこまで逃げる気だ? 笑
画像 1579kai
画像 1580kai

黒ヘル増井が怒りの猛抗議! 「俺の看板外せよ!」
画像 1582kai

増井の看板。
1232048807_20090313210841.jpg


振り向いた浜村、「告訴するぞ」とつぶやく笑
画像 1583kai

言論弾圧をしておいて何が告訴だ。みんなブチ切れます。
画像 1584kai
画像 1586kai

お前が高給もらってる間に何人が獄中に入ったと思ってるんだ!
画像 1587kai

なあ浜村! 法大OBの法学者さんよ!
画像 1589kai

黒ヘル増井君と新井さんの痛烈な一言。「お前自己批判しろよ」
画像 1590kai

おっと、犯罪者軍団が浜村救出に来たぞ!
画像 1593kai

先頭は総務部課長の小川浩幸(おがわ ひろゆき)
総務部

監視カメラの責任者です。
総務部

公安警察も浜村を救出に来たみたい笑
画像 1596kai

お前らどこまでズブズブなんだよ。
画像 1594kai
画像 1595kai

犯罪者こと半澤が大暴れ!
画像 1597kai

反平林派の筆頭浜村が、平林派の末端たちに救助されるって何て漫才?
画像 1600kai

公安も交えてセブン前でもみくちゃに。
画像 1601kai
画像 1602kai

こいつ笑
マスクマン

右翼とお友達の公安服部が「お前ら全員逮捕だ!」と叫んで逃げていきました。
画像 1606kai


画像 1589kai

常務理事 浜村彰(はまむら あきら)55歳

1953年生まれ。法学部教授。 1975年法政大学法学部卒業、1978年同大学大学院社会科学研究科修士課程修了。1984年同大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期退学。1988年流通経済大学社会学部助教授、1994年法政大学法学部教授(現在に至る)、2002~2004年同学生部長、2007年~2008年同法学部長。

学生時代は学生自治の牙城、学生会館にたむろし労働法研究会を主宰。法大の学生文化、自治文化を謳歌しておきながら後年は学生部長として学館取り壊しを画策し、法学部長時代は不当逮捕された友部さんを停学・退学処分にしたこの男は信念のカケラもない似非法学者だ。不当逮捕・不起訴になった人間を逮捕事実を理由に処分する法律学者など聞いたことが無い。警察の導入と理事会の権限増大を強行した前総長平林に反対し、反平林派の急先鋒となったくせに今では自分も平林の路線を踏襲しているというトンチンカン浜村。若い時分は学生自治を堪能したくせに、後に転向したかのように学生弾圧を平然としている矛盾の体現者浜村。この無節操な人生を見れば如何に卑劣な男かが分かるだろう。


時代に媚び諂って生きる人間の醜い顔をよく見よう。
画像 1589kai

無実の88人を獄中に送った高給取りの醜い顔をよく見よう。
画像 1589kai

浜村が2000万近い年収を稼いでいる影でキャンパスはこの有様だ。










ちなみに、浜村の労働法研究会の後輩が長峰登記夫(ながみねときお)現人間環境学部教授であるが、長峰は後年学生部長を経験し、法政大学教職員組合「全法政」の委員長を務めることになる。方や理事、方や労組委員長と正反対な人生に見えるがやっていることは全部一緒で、長峰が倉岡さんを停学にしたのは記憶に新しい。

先輩後輩そろって恥ずかしい人間だな。
画像 304kai

さあ次に駅前で会えるのは誰かな?
20080722014202kai.jpg





黒幕が判明!

 2008-12-01
学生を弾圧し法政大学を刑務所にした真犯人は・・・




星野勉(ほしの つとむ)だ!
画像 224kai


mmr.jpg


常務理事 星野 勉(ほしの つとむ)
1948年生まれ。文学部教授。1972年東京大学文学部卒業、1975年同大学院人文科学研究科修士課程修了、1977年同大学院人文科学研究科博士課程退学。1992年法政大学文学部教授(現在に至る)、1997~1999年同学生部長、2003~2005年同文学部長、2004~2008年法政大学国際日本学研究所長、2008年法政大学国際日本学研究センター長(現在に至る)。




説明しよう。

総長の私宅にまで赴き、学業の傍ら裁判に通いつめ、蔑まれてもめげずに良心的な教授を探し続け、我々は法政大学理事会の一部で構成される「常務理事会」という連中が、主に大学の舵を切っている事実を掴んだ。さらに汗をかきながら東奔西走し、常務理事会の中に学生弾圧を取り仕切る「学生担当理事」なる人物がいることを突き止めたのだ!この学生担当理事なる人物の忠実な配下が木原章50歳であり、宮崎伸光51歳であり、学生センターそしてキャリアセンター、保健体育部であることも発覚した。そして紛れもなく、この学生担当理事こそが星野勉(ほしの つとむ)60歳なのだ。

これまで、我々は多くの良心的な教授と接触してきたが、大半がホシノという名を口にしている。何人かの教授にいたっては、「ホシノは悪い奴だ!絶対に許さない!」と怒りを露にし吠えていたことから察するに、名実共に極悪人なのだろう。女子トイレの前でカメラをまわすというセクハラ以上の人権侵害を命じたのもホシノのようだ。倉岡雅美さんの自尊心を踏みにじった外道、星野勉は悪い奴だ。

現在、法政大学には二つの勢力がいて鎬を削っている。一つは前総長平林千牧(ひらばやし ちまき)72歳に付き従う「平林派」で、もう一つは文字通り反平林を党是とする「反平林派」である。平林千牧は現在に続く恐怖政治体制を築いた張本人で、彼は自分に逆らう者は学生、教職員問わず権力を行使して抑圧した。結果学生は逮捕され、教授会は自治の権限その他諸々の力を剥奪されてしまう。教授会が処分を乱発した背景にはこうした平林総長以下理事会の圧力が少なからず影響していたようだ。平林の総長時代の理事会は彼の参謀として、独裁体制確立に一役買った連中で、彼らはネオリベ的感覚で教養部を廃止して自分たちの先兵として動く集団としての学生部を編成した。安東祐希藤村耕治に始まる「無能学者による弾圧集団」の骨格はこのときに整えられたものである。大学に抗議をする学生を徹底的に弾圧し、逮捕させ、学生を抑圧し、その勢いに乗って自主法政祭の相互休講措置を廃止し、学友会までもを解体した平林が最後に手をつけたのが「総長選挙」だった。それまでは選挙で総長を選んでいたのを、総長推薦委員会による推薦によって決めようと言い出した。これをきっかけに抑圧に耐えていた教授陣が反旗を翻し、大学が内紛状態になったのを読売ウィークリーにスッパ抜かれたのは記憶に新しいことだろう。このときに結成されたのが反平林派で、同派が総長選挙の対抗馬として擁立したのが増田壽男現総長67歳である。

何を言いたいのかというと、総長が代わったのはいいが未だに実権を握っているのは理事会で、平林派の連中が相変わらず大学運営の中枢を担っているということである。そして星野勉もまた、例外に漏れず生粋の平林派なのである。

体制が代わっても尚、弾圧がやまないどころか悪化しているのは平林の子分が弾圧を指揮しているからに他ならない。

平林派の人間といえばネオリベ礼賛の守銭奴で、弾圧大好き人間である。そもそも弾圧に積極的に加担する輩は「無能」と相場が決まっているように、平林千牧からして無能の極みである。右へ倣えで末端も無能で、特に安東祐希はひどかった。あのウソキヨこと近藤清之をして「安東は会話ができない」と言わしめたのだから恐ろしい。「お前が言うな」の突っ込みはこの際割愛する。
hirabayashi kai

詳しくはここ

以前も紹介したが、星野勉も無能の類で自身の単独著書は皆無。昔、学生部長をしていたのがまずかったのか、相当な学生嫌いで学生会館を憎悪しているらしい。そうでもなければ88名もの逮捕者を出す凄惨な弾圧を指示するとは思えないし、いずれにせよこいつは明らかに自由の敵だ。文化連盟は自由の敵と戦わなければならない。さあ年末の大仕事だ、最終決戦だ、ハルマゲドンだ!


今月は法政大学にハルマゲドンを起こすぞ!


今日もこんな風にストーキングの映像を収めまくってやる!


登場人物紹介
鈴木新一
田町校舎事務局 鈴木新一(すずき しんいち)
画像 1107kai
氏名不詳者

ノーパンしゃぶしゃぶ常連客の元通産省事務次官さん

 2008-08-23
法大生諸君!今日は文化連盟から諸君へとっておきのネタをお披露目しようじゃないか!

夏休みで授業は休講、普段は昼休みに文化連盟のドンチャン騒ぎを見られたのにこの長期休暇のせいで暇を持て余している学徒が大半であろう。

文化連盟はそんな夏休みを充実させられない気の毒な諸君のためにとっておきのネタを見つけてきたぞ!さあ集まった集まった!




まずはこれを見て欲しい。
kodama_ph001.jpg
この男の名は児玉幸治(こだま ゆきはる)
東大法学部卒の元通商産業省事務次官であり、現法政大学第三者評価委員会の委員長である。

第三者評価委員会とは何か、それはかつて法大総長の座に君臨した清成忠男(きよなり ただお)が創設した法政大学を第三者の視点で評価する、という建前のはっきり言って存在価値のない組織である。
kiyonari_convert_20080823025843.jpg

経営学部上がりという異色のキャリアを持つ清成は総長就任時、何が何でも結果を残し、権威を確立する必要性に迫られた。折しも当時は、政府による「大学評価」が開始された時期で、清成は第三者評価委員会なる組織を立ち上げそのトップに元通産省事務次官の児玉幸治その人を招聘したのだ。この官僚国家の日本にあって、事務次官は文字通りトップ、官僚界の頂点であり各省庁の天皇たる地位である。東大法学部を出て国一に受かっても、事務次官にまで上り詰めることができるのはほんの一握り。それも実力と運気を兼ね備えた猛者でなければ未到の地位なのだ。そんな、いわば国家の内情を知り尽くした人間を招聘したのは偏に、政府による大学評価制度が為だ。この制度は、政府の評価が良好な大学には助成金をたんまりあげよう、というシステム。当然、多くの大学が好印象を得ようと躍起になる。そんな時勢の中で清成は元事務次官の呼び寄せを考えついたのだった。

単刀直入に結論を言ってしまえば、全ての黒幕はこの児玉幸治とその一派、つまり国策派なのである。詳しいことは我らが法大統一OB会ブログの過去ログhttp://www.minimal-global.net/united_ob/2006/07/post_20.htmlのシリーズに書いてあるから詳述はしないが、この児玉を筆頭とした国家の先兵たちが法大を魔の巣に変え、安東や藤村といった狂気の沙汰を生み出したのだ。この悪の巨魁、児玉幸治は今も尚、法大の第三者評価委員会委員長のイスに座っているのだ。


前振りはこの程度でおしまいにするとして、さて、本題に入ろう。

この元通産省事務次官で現法大第三者評価委員会委員長の児玉幸治さんはノーパンしゃぶしゃぶ「楼蘭」というお店の常連客なのだ!

繰り返す。

児玉幸治(こだま ゆきはる)元通産省事務次官で現法大第三者評価委員会委員長はノーパンしゃぶしゃぶの常連。
児玉幸治(こだま ゆきはる)元通産省事務次官で現法大第三者評価委員会委員長はノーパンしゃぶしゃぶの常連。
児玉幸治(こだま ゆきはる)元通産省事務次官で現法大第三者評価委員会委員長はノーパンしゃぶしゃぶの常連。
児玉幸治(こだま ゆきはる)元通産省事務次官で現法大第三者評価委員会委員長はノーパンしゃぶしゃぶの常連。
児玉幸治(こだま ゆきはる)元通産省事務次官で現法大第三者評価委員会委員長はノーパンしゃぶしゃぶの常連。

asousoumu_convert_20080823024416.jpg

児玉幸治(こだま ゆきはる)元通産省事務次官で現法大第三者評価委員会委員長はノーパンしゃぶしゃぶの常連。

kodama_ph001.jpg
児玉幸治(こだま ゆきはる)元通産省事務次官で現法大第三者評価委員会委員長はノーパンしゃぶしゃぶの常連。

法大生諸君!諸君が毎年120万円超の学費を納めるこの大学を評価しているのはノーパンしゃぶしゃぶの常連客なのだよ。

警察権力を日常的に導入し、学府の権威を貶めている今の法政を作り出したのは、女の股間を眺めながらしゃぶしゃぶを食らっている男なのだよ。

何を隠そう、顧客名簿に名前が載っているんだから。

ちなみにこの楼蘭というお店、顧客名簿には元日銀副総裁の福井俊彦を筆頭に各省庁の課長クラスまで目白押しです。国家の中枢を浸食するノーパンしゃぶしゃぶ、恐るべし。



kodama_ph001.jpg
児玉幸治(こだま ゆきはる)第三者評価委員会委員長さん、今日もノーパンしゃぶしゃぶ行ったんですか?w

「理事顔経歴一覧表」を書いた輩へ

 2008-07-27
この記事をお読みの方々、過去の記事を探って「理事顔経歴一覧表」という題名の記事をまず先に読んでいただきたい。

それについて、こんな見解が文化連盟の総意だと思われるのは困るのでこの場で公式に意見を述べさせてもらう。

まったくなんで三役はこんなやつにこのブログのパスワードを教えたんだか。
いるんだよなこういうやつ。自分は外から見てるだけのくせに訳知り顔で実際に行動している人たちに説教たれるやつ。

確かにおまえのいってることは間違ってないよ?裏で糸引いてるのは理事のやつらで、教職員連中なんか結局ただのサラリーマンで、言われてる通りに行動してる側面がかなりあるってことは間違いないと思うよ。でもな、恩田さんは二年、増井さん・齋藤さんは一年にわたって警備員からの入校チェックはじめ、様々な弾圧を受けてきたことぐらいおまえだって聞いてるはずだ。やっぱり恨みだってあるんだよ(それに、明らかな弾圧にもかかわらず去年度の執行委員は彼らを見捨てたしな)。教職員たたきを合間合間にやって、ストレスを発散させたりしないと厳しいんだよ、実際。

それに、戦術的な意味もちゃんとあるんだよ。上(理事)には管理責任ってやつがあるんだからさ、下(教職員)の失態は上にも痛いわけ。そもそもさ、理事の顔さらすのはいいにしても、この先どうすんの?理事たちは直接彼らの前には現れないし、攻撃(口撃)しようにもそのネタがないじゃん。何の根拠もなしに批判はできないんだよ。ただの中傷になっちゃうしさ。下の人間たたいて上のやつ引きずり出すしかないんだよ、現実的には。

お前の言ってることを戦争にたとえるとさ、自軍の兵士が敵の兵士に出会って戦闘が始まっちゃてるのに、上官が「彼らは本当の敵ではない。我々の本当の敵はあの奥の建物のなかにいるんだ。彼らを殺すな。」とか言うのと同じじゃん。
文連三役はさ、頭のなかにいるんじゃないんだよ。俺文章書くのとかって下手だからさ、伝わるかどうかわからんけど、わかったら少し考え直せ、あたまでっかち。

駄文失礼しました。m(__)m



理事顔経歴一覧表

 2008-07-22
あたい前から不思議に思ってたんだけどさ
どうして中核のひとや、ぶんれんのみんなはジャージだとか学生部長だとか、そうやってわかりやすい役職にあっていじり易い人ばっかり口撃するんだろうって
そりゃジャージとかめっちゃいじりやすいけどさ
ジャージだとか木原だとかってのは、そりゃあ先頭に立って弾圧してるけど、でもただの下級サラリーマンに過ぎないわけよ
亮ちゃんとか真琴ちゃんとか「彼らはアカデミアでは生きられない人間云々」っていうけど、あたいからしたらそんなの当たり前じゃんって感じで、そんなこと期待しているあんたたちの方がよっぽど馬鹿だよって思っちゃう
だってさ、本当のアカデミアの人ってのは、このあいだ死んじゃったけど、立命館の白川静爺ちゃんみたいな人をいうわけですよ
全共闘時代も一人ずうっと研究室に籠って研究し続けて外の世界のことなんてどこ吹く風で、定年後は一人で(一人でだよ!!)漢字辞書三冊も作っちゃうようなそんな人
そういう人が正真正銘のアカデミアの人なわけですよ
法学の市村さんとか法大にもいるよ、そういう人
君たち授業出てないから知らないんだろうけどさ

まっ、とにかく、安藤とか木原にそんなことできるわけないの
ってか、学内政治で糊口を凌いでる人間に「アカデミア」云々って君たち攻撃の仕方が意地悪すぎだよねぇ~w
あんま大人をからかっちゃ駄目ですよ~

で、話し戻すけど、やっぱり悪いこと考えて、しこしこやってる悪玉は理事会にいるわけだよね
君たちが騒いでる入構チェックにしようが、正門封鎖にしようが、ジャージ雇用にしようが、もっと言えば314も529も学友会解体も学生ホール解体も、ぜーんぶこいつらが仕組んでるわけよ

君たち前騒いでたけど、安藤とか木原殺してもほんとしょうがないんだから、殺すならこっち殺しなさいね

楽しいだろうよ~
ぐっさぐっさってね、仲間を奪っていったやつらを殺せちゃうんだからw
中核はやってくれないんだからね、やりたいなら君たちでやるしかないよ、実際
ま、亮ちゃんも真琴ちゃんも臆病者だからできないよねぇ~w
別に煽ってるわけじゃないんだけどさ
なんか祐一くんも含めて法大運動組ってほんとヘタレだよなぁーって最近よく思う
この界隈で、心底おとこおとこしてるのは新拓くらいだよね(斉藤くんはイイ線いってるんだけどもうちょっとかな☆)
革マル殴ってたら、腕の骨折れてたってどんだけだよっつうw

だからさ、結構めんどくさかったんだけど下に理事の顔と経歴上げといたから、これ使ってこいつらイジめなさい
繰り返しになるけど君たちほんとちっちゃすぎだからね、考えることのスケールが
すき焼き懐柔だとかなんとかいっていのわきカツオなんかいじめてさぁ~
こいつらはカツオくんの何万倍、「出張費」とか「交際費」とかいってあたいらの学費をくだらねーことに使ってんだっていう

ま、チンピラいじりはもうやめるんだね
こっち↓の方が維持利害馬津群だほぉーい♪

PS.
君たち牧野のとこ行くらしいけど気をつけてね
牧野はほんと食えないから
一応注意しとくけどあのおっさんは理事の星野と繋がってますよん(笑)
…てかここのパスワードうけるw

浜村
常務理事 浜村 彰(はまむら・あきら)
1953年生まれ。法学部教授。 1975年法政大学法学部卒業、1978年同大学大学院社会科学研究科修士課程修了。1984年同大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期退学。1988年流通経済大学社会学部助教授、1994年法政大学法学部教授(現在に至る)、2002~2004年同学生部長、2007年~2008年同法学部長。
加藤
常務理事 加藤 豊(かとう・ゆたか)
1947年生まれ。工学部教授。1970年慶應義塾大学工学部卒業、1975年同大学院工学研究科博士課程単位取得満期退学。1988年法政大学工学部教授(現在に至る)。
星野
常務理事 星野 勉(ほしの・つとむ)
1948年生まれ。文学部教授。1972年東京大学文学部卒業、1975年同大学院人文科学研究科修士課程修了、1977年同大学院人文科学研究科博士課程退学。1992年法政大学文学部教授(現在に至る)、1997~1999年同学生部長、2003~2005年同文学部長、2004~2008年法政大学国際日本学研究所長、2008年法政大学国際日本学研究センター長(現在に至る)。
徳安
常務理事 徳安 彰(とくやす・あきら)
1956年生まれ。社会学部教授。1980年東京大学文学部卒業、1982年同大学院社会学研究科修士課程修了、1986年同大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。1996年法政大学社会学部教授(現在に至る)。
河端
理事 河端 照孝(かわばた・てるたか)
1940年生まれ。財団法人日本情報処理開発協会特別顧問。1963年法政大学経営学部卒業。1963年サンケイ新聞社入社。1971年株式会社コンピュータ・エージ社社長(相談役、2007年退任)、1992~2008年財団法人産業研究所理事、1992~2003年株式会社日本教育情報機器社長。1999~2002年学校法人法政大学監事、2002年同理事(現在に至る)。
岡田
理事  岡田 安弘(おかだ・やすひろ)
1936年生まれ。照和コンサルティング代表取締役。1959年法政大学経済学部卒業。1959年山叶証券(新日本証券 現新光証券)入社、1984年新日本証券株式会社取締役金融法人部長、1988年同常務取締役などを歴任。1994年新日本エンタープライズ株式会社取締役社長、2000年照和コンサルティング設立・代表取締役(現在に至る)。
古沢
理事 古澤 壽輔(ふるさわ・としすけ)
1939年生まれ。1963年法政大学経営学部卒業。1963年昭和飛行機工業株式会社入社、1999年同常務取締役営業統括本部長、2001年同常務取締役事業統括部長などを経て、2002年同専務取締役、2004年同顧問(2006年退任)。2005~2008年学校法人法政大学監事。
船越
理事  船越 眞(ふなこし・まこと)
1943年生まれ。財団法人競艇振興センター常務理事。 1966年法政大学経営学部卒業。1966年財団法人日本船舶振興会入会、1994年同監事(1999年退任)。2002~2008年競艇広報センター理事。現在、財団法人日本海事科学振興財団監事、財団法人競艇保安協会監事、財団法人笹川スポーツ財団監事なども務める。
榎本
理事 榎本 勝己(えのもと・かつみ)
1950年生まれ。法政大学第二中・高等学校校長。1973年法政大学文学部卒業、1976年立教大学大学院文学研究科修士課程修了、1984年同大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学。1989年法政第二中・高等学校社会科教諭(高校配属)、2005年同副校長、2008年同校長(現在に至る)。
山鹿
理事 山鹿 立雄(やまが・たつお)
1952年生まれ。1976年法政大学文学部卒業。1976年学校法人法政大学就職、1998年同経理部経理課長、2002年同学務部学務課長などを経て、2004年同大学院事務部長、2005年同学務部長、2008年同教育支援統括本部長(2008年退任)。

*法政大学ホームページより転載
http://www.hosei.ac.jp/hosei/gaiyo/socho/yakuin.html

増田壽男総長との面会叶う

 2008-06-25
昨日、学内のピロティ下で増田先生らしき人物を見かけました。

ウソじゃありません。


我が目を疑いました。

一大学の総長たるお人が、付き人も連れずに一人でフラフラと、しかもジャケットも着ずに学内をウロウロするなんて信じられなかったのですが、どうも哲学科の牧野英二教授と立ち話を始めたので確信しました。

近寄るとやっぱり総長!

増田壽男法政大学総長ではありませんか!


ある者は念願のトップとの直談判成功に歓喜し、またある者はこみ上げる怒りを作り笑顔で隠し、ある者は藁をもすがる思いで自身の苦渋を切々と語り出す。

増田大先生は我々の叫び声を聞いてくれるという約束をしてくれました。
そして後日、事の一部始終と我らの思いを綴った書簡を読んでいただける、言質を取りました。

尚、証人は隣りにいた哲学科の牧野英二教授。

幾多の大人達に裏切られ続けた我ら文化連盟に一光はあるか。乞うご期待。
yoron 474_convert_20080625070530[1]


この驚愕のスリーショットを見よ!左から牧野、増田、恩田。

増田壽男 法政大学総長

 2008-06-25
我らが法政刑務所、失礼、法政大学の新総長増田先生が23日付けの朝日新聞23面に載っていました。受験生への訓辞を垂れていたのでご紹介します。(冒頭部抜粋)

「大学とは、自分から問題を発見する場所です。
高校までは与えられたものを理解すれば良かった。
これに対し、大学は自由で何でもできる。
自分がやりたい問題を教員や施設を利用して追求できる。
結果として社会に出て役立つことも学べるはずです。
だから学生には自分で問題を作り出して考えて欲しい。
学問でもサークルでもスポーツでもいい。
一点を徹底的に突き詰めていくことで自分が知っていたこととは違う、いろいろな面が見えてくる。
その他の問題にも関心が持てるようになる。」



増田先生、仰るとおりです。


我々文化連盟も問題を発見してしまったが為に毎日がとても慌ただしいのです。
しかしですね、先生、教職員が政治弾圧をしてくるので利用するどころではありません。

あまつさえ、学生証のカードキーが使えないので施設も利用できません。

たしかに、この問題を突き詰めていくことで色々な面が見えてきました。
大学当局の腐敗とか、公安部との癒着とか、司法制度の破綻とか、思想差別の厳然たる事実とか、迫害行為が許される現実とか、警官が女の子を殴る場面とか、教職員が人間関係を破壊しようとする現実とか、大学当局の声明文が如何に空虚でウソ八百なものであるとか、日本国が如何に後進的であるとか・・・

見たくもない現実ばかりが見えてしまって非常に困惑しています。
ですが増田大先生のお言葉を拝聴し、今一度、我らの正義性を自覚した次第です。
批判精神のある学生を育成するのが目的なんですよね!先生!

批判精神旺盛な我々文化連盟は卑劣な弾圧を受けているんですけど、批判精神のある学生を育成するのが法政大学なんですよね!

いやー、大先生のお言葉はなんと重厚で高貴なのでしょう。

ちょっと理解に苦しむ我々ですが、それは偏に未熟さゆえの弊害なのでしょう。

先生のお言葉が理解できる日が来ることを祈るばかりです。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク