「The Japan Times」に無罪が登場

 2014-04-29
同志の皆さんにお知らせします!
987536300288.jpg


本日発売の「The Japan Times」で、我らが法大暴処法弾圧被告団の「完全無罪」が報道されました。
DSC_0266.jpg


「The Japan times」(1897年創刊の日刊英字新聞)
BmX3aKXCIAAdi5D.jpg


10面コミュニティ欄 ―Five win court fight but battle with Hosei not over―
BmX4VN2CcAAejIN.jpg


弾圧職員の恥知らずな振る舞いも全国デビュー
BmX43VbCMAA6lwr.jpg


記事はジャパンタイムズ社のHPでも読めます↓
www.japantimes.co.jp/community/2014/04/28/issues/five-activists-win-court-fight-but-battle-against-tokyo-university-is-not-over/#.U19PaaJUJgg



Five activists win court fight but battle against Tokyo university is not over

Top court upholds acquittal over protests but penalties issued by university still stand


by William Andrews



At first glance, Japan’s tranquil campuses would appear to have little in common with Taiwan’s universities, where police recently clashed violently with students protesting a trade deal struck with China. One marked exception, however, would be Hosei University in Tokyo, which for several years has been the scene of intense conflicts between sections of the student body, administrators and police.

Since the trouble began in 2006, there have been 125 arrests and 33 indictments for trespassing, violating bylaws on assembling and obstructing government officials, among other offenses. Eight Hosei students have been suspended indefinitely for their part in the protests and three expelled. While most of those indicted have been convicted, in February this year five activists were found not guilty in one of the main trials in the long-running saga.

Hosei students Taku Arai, Makoto Masui, Ryo Onda and Yuichi Utsumi and former Tohoku University student Yosuke Oda had been charged in June 2009 under the Law for the Punishment of Acts of Violence, a prewar statute often used against organized crime that carries a maximum penalty of three years in prison. Their first trial ended with an acquittal in May 2012 and this February the Supreme Court upheld the verdict and also rejected the prosecution’s final appeal.

The five defendants are affiliated with Zengakuren (the All-Japan Federation of Students’ Self-Government Associations) and Bunka Renmei (Culture League), an unofficial Hosei student group. Their backgrounds and political experience vary, though, and Oda, the only non-Hosei student among the five, was a former chairman of Zengakuren.

Onda was inspired to take part in the Hosei student movement after entering the college.

“I was given a flier and joined a rally. And then I really got into it and ended up an activist,” he says.

Utsumi and Oda were among 29 arrested in the first major clash between students and the police at Hosei on March 14, 2006. That day, 200 police were called in to quell protests by students from Hosei and elsewhere protesting the removal of large billboards on which students had posted political notices such as “Stop constitutional change” and “Bring down the (Junichiro) Koizumi regime.”

“The direct reason for the removal was aesthetic,” explains Utsumi. “However, it later became apparent that the university had been holding meetings with police beforehand.”

What happened that March aggravated the student activists, stirring up further protests against the university authorities in the following years, which came to a head again in the first months of 2009.

At several incidents in April and May, handfuls of protesters were arrested on a range of allegations. The five recently cleared in the Supreme Court case were eventually charged under the Law for the Punishment of Acts of Violence in connection with tearing down university notices in February of that year. Hosei had accused Masui, who was 21 at the time, of threatening staff, and notices were put up in three places announcing he was banned from entering the campus for failing to pay his tuition fees. Hosei claimed the damage to the notices amounted to over ¥120,000.

The university accused the protesters of disrupting the campus, inciting “riots” and of “inflammatory” and “libelous” speech both at the campus and online. That spring’s heated confrontations between police, security guards and protesters were covered in an article on the Community pages here.

The five spent eight months in detention, during which they maintained complete silence as the police attempted to extract a confession.

“It was like ascetic training,” Masui remembers. “It is tough to be arrested, but you can become stronger through that kind of experience, too.” They looked to role models such as left-wing activist Fumiaki Hoshino, who has been behind bars for nearly 40 years but has steadfastly refused to speak to police.

The young activists faced a lengthy and expensive legal battle, led by lawyer Tatsuo Suzuki, a candidate in the recent Tokyo mayoral election. They were also supported by a range of left-wing and nonpartisan groups.

“The Law for the Punishment of Acts of Violence was used repressively before the war as a security law, but since 1945 it has been used against both organized crime and the student movement, and today is actively employed for general cases,” says professor Norio Takahashi, a criminal-law specialist at Waseda University. “Tearing down notices is damaging property, and when this is carried out collectively, the sentence is aggravated.”

However, Takahashi also notes that an equivalent penalty can be given out under the regular property damage section of the criminal code, though the Law for the Punishment of Acts of Violence may be used instead to add weight to the charges in cases where violence or intimidation are involved.

The “Hosei Five” were ultimately acquitted because the court ruled that camera footage and witness testimony central to the allegations were inconclusive. The result is a mixed one and does not fully vindicate their cause in the long run. The prosecution had claimed the five had plotted and carried out the damage as a group, and this could be what tipped the case in the students’ favor.

“In this case, all five would need to be involved at the scene, and likely they were found not guilty because this could not be substantiated,” Takahashi says.

When I meet four of the Hosei Five away from the protests, the activists are amiable but pull no punches when it comes to describing their struggle. They are quick to label Hosei’s behavior as “suppression,” and perhaps these forthright views may help explain why their story has barely been covered in the mainstream media.

“As far as I can see, people like us who criticize and fight the state are almost never reported about,” says Utsumi.

While NHK covered the first acquittal, it then went on to interview an expert about the case’s significance rather than the five themselves.

“They don’t come to interview us!” Masui complains.

In 1968, 80 percent of Japan’s universities were paralyzed by campus strikes and conflicts. Hosei in particular became known as a bastion of student activism. The reasons for the subsequent decline of the Japanese student movement are complex, though the Hosei Five believe the current climate of neoliberalism has put a stranglehold on activism.

Hosei’s student organizations have steadily ebbed away over the years. By 2002, its Student Self-Governance Council had ceased to exist, while the Bunka Renmei (a student cultural club organization) dissolved in 2007. The current incarnation is an unofficial, unrecognized reboot.

The activists see their actions as part of a struggle against neoliberalism and nationwide changes to the university system, such as increased outsourcing, higher tuition fees and restrictions on student organizations. Hosei became a symbolic fight in the wider struggle against these changes, galvanizing student activists from around Japan.

Like many universities that invested money in the stock market, Hosei suffered heavy losses in the fallout from the Lehman Brothers collapse. The activists condemn the university for treating education as a capitalist enterprise. The Japan Times invited Hosei to comment on the accusations in this article but the university declined.

Three of the Hosei students among the five were expelled, officially for “violent behavior,” “interfering with university duties” and “interfering with classes.” Masui was removed from the register for failing to pay fees.

The punishment “wasn’t because of our arrests,” Onda says. “The reason was our student activism.”

All five are still involved in political activities, but whereas Utsumi and Onda could be described as professional activists, Arai, Onda and Masui are now in steady work. Masui, for instance, is a care worker and unionist.

Oda campaigns against nuclear power for Nazen (the No-Nukes Zenkoku Network) and Utsumi is a hard-core leftist, producing numerous fliers for demonstrations from his bag during the course of our interview.

Utsumi claims to have no regrets. He says he was dedicating his life to student activism before the court case and is carrying on regardless.

“Fantastic!” chips in Onda, a colorful character who always wears snappy suits and shirts. He says he is now a “working man,” though that does not mean he has to give up his trademark wardrobe.

“Well, I’m actually white-collar, though I wish I could be like Utsumi!” he quips.

Their arrest records and expulsions mean they are unable to work as civil servants or at major corporations.

“The large companies check up on you,” says Onda.

The five may have been acquitted but their fight is not over. Now they are petitioning to get the university to apologize and accept the verdict as a vindication of their activities, as well as to have their punishment and sanctions meted out to other Hosei students repealed.

On Friday, a rally of around 60 people in support of these goals was held outside the Hosei campus in Ichigaya, drawing a heavy police presence.

“They are trying to suppress us,” Utsumi says. “They are ready and waiting.”

The Japan Times spoke to some regular Hosei students during the demo.

“It’s totally fine for them to have their say, but they are quite loud,” said Tomohiko, a first-year student. “There’s a hospital right by the campus. I wonder if this noise is so necessary.”

The students seemed to be aware of Bunka Renmei and some were also knowledgeable about Hosei’s history of activism.

“I don’t want to take part myself but this is kind of a Hosei tradition,” noted fourth-year student Misaki. “Students should be free to make speeches like this as long as it doesn’t lead to bloodshed.”

「My News Japan」に無罪が登場

 2014-03-19
学生注目!
folk005.jpg

なんだー!

616c8744.jpg

「My News Japan」に無罪が登場したぞ!

folk014.jpg

同志フカヤ「なんだって~!?」
d20048b3.jpg


「週刊金曜日」に続き、インターネットニュースサイト「My News Japan」でも、暴処法無罪が報道されました。8000字近くにわたって丁寧に事件の真相が追われています。ご注目ください。


<化石的弾圧法「暴処法」に息を吹き込んだ法政大の愚行 「共謀して看板破壊」のでっち上げで学生5人の口封じ試みるも無罪確定> http://www.mynewsjapan.com/reports/1997

 「モノ言えば唇寒し」の戦前日本を彷彿とさせる事件が法政大学(増田壽男総長・4月1日から田中優子総長)で進行中だ。2009年、「共謀して看板を壊した」という大学側がでっち上げた被害により、増井真琴氏ら学生5人が暴力行為等処罰ニ関スル法律(暴処法)違反の罪で起訴された。それから約5年を経て、さる2月12日、東京高裁は無罪を言い渡した。検察側は上告を断念し、判決は確定。無罪は幸いだが、大学が学生に「暴処法」を使った意味は重大で、法政大の体質を物語る。戦前の特高警察が小作争議や労組を弾圧した札付きの悪法で、そのルーツは明治時代の自由民権運動つぶしに使われた「集会及正社法」にさかのぼる。そのゾンビ法に、法政大が警察・検察とともに息を吹き込んだ。法政大の前身「東京法学社」が創立されたのは自由民権運動が高揚していた1880年。130年余を経て同大の「学問の自由」は自滅寸前だ。(高裁判決文はPDFダウンロード可)

【Digest】
◇無罪確定――「人生を返せ」と法廷に怒号
◇でっち上げの「暴処法」
◇2009年5月15日、11人一斉逮捕
◇学生運動弾圧目的の遺法逮捕
◇判別不能のビデオ映像が証拠
◇拉致して16時間拘束、虚偽供述を強要
◇法政大に反省なし
◇「集会及結社法」から続く弾圧法の系譜

「週刊金曜日」に無罪が登場

 2014-03-17
学生注目!
hqdefault_20140317141318ce7.jpg


なんだー!
sanki01_201403171413313cb.jpg


今週発売の「週刊金曜日」に無罪が載ってるぞ!
folk018_20140317142308566.jpg


わっしょい!
img42b0b568zikfzj.jpg


週刊金曜日
Bixwu6kCUAAEw7M.jpg


「元法大生5人の無罪確定 看板破壊の嫌疑払拭」

BixwY-QCIAAqt6r.jpg


週金は4年前、大量逮捕があった時も報じてくれました。
IMG.jpg


改めて言うまでもないが、今回の無罪でハッキリしたのは、公安を使って物言う学生を叩き潰す法大の大量逮捕路線(125名逮捕33名起訴)は完全に破綻しているということだ。暴処法を使って獄中にぶちこみ、4年間裁判をやっても有罪にできないとは、恥さらしという他ない。

週金の編集委員には、現社会学部教授で、4月から新総長を務める田中優子がいる。田中は自他共に認める日本の「リベラル知識人」のひとりだ。母校の惨状について、反省すべきところは反省して欲しい。

書店と図書館に登場!

 2012-10-30
我らが文連委員長・齋藤郁真と、無罪戦士・増井真琴が登場する雑誌「情況」は、現在書店にて絶賛発売中☆
A6cW8EdCIAABwId.jpg


【必見】
齋藤郁真他「全国学生座談会」(P126~)
増井真琴「無罪の力 ―法大暴処法弾圧を闘い抜いた三年間―」(P188~)

A6cUwYeCEAAFB8o.jpg


すべての学生・労働者・農民・漁民は書店か図書館に駆けつけよう! 法大生は生協へ急げ!
情況 2012年 10月号 [雑誌]情況 2012年 10月号 [雑誌]
(2012/10/27)
不明

商品詳細を見る

雑誌「情況」に登場!

 2012-10-25
同志の皆さんにお知らせです。本日発売の雑誌「情況」に、齋藤郁真文連・全学連委員長と無罪の増井真琴君が登場します。(クリックで拡大)
19755a918168cb9a2929b3632e8df861.jpg


506160667645.jpg


500130914637.jpg


こちらが目次。齋藤委員長と増井君が「ゆとり全共闘の提言」をしているのは「編集上のミス」とのことでした。……合併しますか?笑
8bc1081d10614a81dd39eee33b1133b5.jpg


齋藤委員長は「全国学生座談会」に出演。学生の今と運動の未来について東西の学友と語り合います。増井君は「無罪の力 ―法大暴処法弾圧を闘い抜いた三年間―」を寄稿。三年前、文化連盟と全学連を半組織壊滅に追い込んだ法大暴処法弾圧の全貌を、無罪戦士として明らかにします。
image_20121025034839.jpg


雑誌「情況」は紀伊国屋やジュンク堂、Amazonなど、全国の書店で絶賛販売。全国の主要な(大学)図書館に配本もあり。法大生諸君はキャンパス生協か図書館へ駆けつけよう!
A5juy3RCUAAL6YI.jpg

無罪がゆく!その3 劇画編

 2012-07-15
ずはこれを見てほしい。

DSC_0342.jpg

知ってる人は知っている漫画『そこをなんとか』である。

麻生みこと氏による本作は、新司法試験に合格した新人女性弁護士の活躍を描く本格法廷漫画であり、司法制度改革によって急増した弁護士人口のあおりを受け、主人公が就職難にさらされるところから始まるかなり社会派テイストの少女漫画である。

裁判員制度などにも目を向けており、法曹志願者の中では結構な評判だそうだ。

注目すべきは単行本6作目。

DSC_0340.jpg

麻生氏は実際に裁判所に通い、生の裁判の傍聴記を作中に差し込んでいるのだが、なんと法大暴処法裁判のことが書かれているのだ!

つまり、麻生氏は傍聴席にいたのだ!

なんという運命のめぐり合わせ!

写真でほとんどの内容は読めると思うが、一応少し抜粋してみよう。

・怪我人がいない?

・大したことなさげ?

・なのに傍聴券?

・被告人一緒にやるの?

・完全な共犯関係ってこと?

・この公判時間の長さは何?

・そもそも暴力行為等処罰に関する法律違反ってなんだ?

・老若男女にまずまずの人気。首尾よく券をゲットして法廷の前に行ってみると、チェックシャツにチノパンみたいな普段着男性や、頭ポマード+黒スーツ+紫のシャツwithボタン2つ開けなどおよそ裁判所に似つかわしくないファッションの男性がにこやかに検察官+弁護士入り口から入って行く・・・。謎。


DSC_0340 onda zumu
不敵な微笑、とあるw

かなり美化されているのでぶっこみの拓に見えなくもないが、紛れもなく無罪の恩田亮のことだろう。

1338530805622.jpg

さらに続く。

・しかも裁判官が3人!そんなオオゴト?

・さらに特殊なのが、普通の刑事裁判なら被告人の両脇に座っている刑務官がいないかわりに、見慣れぬ制服の男性が常時4人、傍聴席側で壁を背に座ってこっち見てる!
こわいよ!

これは恐らく廷吏のことでしょう。

裁判所1

裁判所2

久木野くんと松室さんの両脇にいる変な制服の男たちです。

こいつらは終始、傍聴人にガンを飛ばし、ささいな発言や挙動を見つけては「静かにしなさい!」「やめなさい!」などと恫喝を加え、退廷命令が出ればすぐさま傍聴人に襲い掛かり、殴る蹴るの暴力を嬉々として振るう、まさに外道な奴らです。

権力者が大好きなこいつらは傍聴人の情報を法廷の外にいる公安警察にわざわざ伝えに行ったり、傍聴人をわざと減らすために「この裁判はつまらない」などと法廷前に並ぶ傍聴者にささいたりと、実に姑息な真似をします。

麻生さんの抱いた印象は至極まっとうですね。

さて、次のページを見ましょう。

DSC_0341.jpg

・検察による控訴(起訴の間違いでしょう)の不当性をあらゆる角度から主張する弁護団。なんかノリノリです。

・そして、この裁判の特殊さは、弁護団が主張を終えた後、休憩挟んでの後半に凝縮されていた。

・後半は被告人本人たちによる陳述が行われたのだが、正直陳述というよりも演説だったのだ。


・「チュニジアやエジプトの独裁政権の崩壊、NYのデモなど、世界中の仲間たちが変革を起こしている!」

・「腐敗し切った資本主義、新自由主義と戦わねばなりません!」

・「かんもくひてんこうが最も素晴らしい!」   完黙非転向?

・「この戦いは原発がなくなるまで続くだろう!」

・「我々が先頭に立って戦い抜いて行こうではありませんか!」



・一人ずつ立ち上がり朗々と弁を振るう被告人たち。

・無言で聞いている裁判官と検察官。

・一人終わるたびに拍手が起こる弁護士席と傍聴席。

・そのたびに「拍手しない!」と叱りつける件の制服の男たち。

・陳述が演説すぎて条件反射で拍手しそうになる私。

・制服の人に怒られる私。


時代認識、そして革命へとアジるこの感じは恐らく資本主義の墓堀人こと、無罪の内海佑一のものと思われる。

IMG_0137.jpg

麻生みことさんのハートまでもを獲得する無罪の内海佑一、さすがである。

韓国の地で肉弾戦の最中、警察車両によじ登り、青い全学連旗を振った伝説を残しているだけある。

麻生みことさん、ありがとう!


気になる人は読んでみてね!

DSC_0342.jpg

女王の帰還

 2012-06-24
これをみてほしい!
20120529_231438_20120624134750.jpg

知っている人もけっこういるのではないだろうか?
そう、雑誌『女性情報』である。これの五月号に「ポジティブな女たち」というコーナーがある。

20120529_231523_20120624134801.jpg

さて、今の写真に見知った顔が写っていたのをおわかりいただけただろうか。

そう、我らが文化連盟の女王、倉岡雅美が載っているのである!

そして重要なこととして、この雑誌はけっこう権威があって、図書館の類には必ずある。大学の図書館とかにもある。つまり、法政大学の図書館にもある。

ここまで長かった・・・第一部『文化連盟の仲間』から始まり、
9784566020573.jpg

第二部『革命の党』を経て、
e0033570_23524354.jpg

ついに第三部『女王の帰還』で倉岡雅美が法政大学に戻ったのだ!
imageCAMUQKR8_20120624135042.jpg






文章という形でだが。

まあ、冗談はともかく、載りました!


法大生はぜひチェックしよう!

とりあえずその記事の全文だけでもあげときます☆


ポジティブな女たち

倉岡雅美

 

法大市ヶ谷キャンパスから300万学生の巨大な行動を!

 

「原発の再稼働を止めよう!」「不当処分を撤回させよう!」-4月19日、法政大学市ヶ谷キャンパス前でデモコールが響き渡った。この日は、“大学生が立ち上がる日”と題して全国から学生が集まり、お昼は法政大学周辺をデモ、夕方は20ミリシーベルト基準撤回を求める文科省申し入れ行動を行った。本コーナー(2011年5月号)にも登場した佐藤幸子さんと福島大生も駆けつけて一緒に声を上げた。スローガンは「原発いらない」「法大生への不当処分撤回」だ。

 「原発いらない」のスローガンはわかるけど、なぜ「不当処分撤回」?-それは、3・11以降の法大の現状に全ての答えがある。

 

●3・11直後に下された処分

 法政大学の不当処分-私は、まさにこの不当処分の当該だ。私の不当処分の動きは、3・11直後の2011年3月15日から急速に策動される。3月15日は私が所属する人間環境学部教授会による「面談」が予定されていた。面談の目的は明らかだった。停学1年の期限が終了する3月末に新たな処分を下すためであり、その「手続き」としての「面談」だ。

 私はそのとき、すでに停学1年の処分を受けていた。理由は学則53条違反「学生の本分に悖る」というものだ。年々強まる学内規制を批判したら大学の「名誉棄損」、教授を批判したら「誹謗中傷」とみなされ処分される。「民主法政」と言われていた時代を知っている方にとっては、信じられないことだろう。今では、原発反対のビラを受け取る学生を監視することを専門業務とする職員まで常駐している。

 いくら「ひどい」法政大学でも、この事態に面談を行うわけがないと思っていた。大地震が起き、原発が爆発し、多くの死者も出ている。東京でも「計画停電」により、電車の本数も激減。大学だって3月12日以降、全面封鎖になっている。念のために大学に問い合わせた電話には予想だにしない返答が冷たく返ってきた。「行います」のたった一言。


●大学の正体みたり

 いつも、利用しているJRが全面停止している中で、やっとの思いで到着した面談会場では、教授が淡々と「○月○日、あなたは○○のデモに参加しましたか?」と無表情で聞いてくる。彼だって私と同じで、必死の思いで法大までたどり着いたに違いない。もしかしたら、家族や友人が大変な渦中にいるのかもしれない。こみ上げてくる感情とともに「私が所属している人間環境学部は、この日のために存在していた学問ではなかったのですか?」「こんな状況で、私たちの学問は無力なのですか?」と教授に対して声を荒げた。「理事会に言われて仕方なかったんだよ」と虚しく返ってくる。

 その面談後、キャンパス封鎖の中でも臨時教授会が3回も開催され、「追加処分反対」の教授票が半数を超えたにもかかわらず、最終的には総長独断で3月末に「無期停学」の処分が下された。無期停学は、キャンパスの中に入ることはできないが、学籍を維持したかったら、年間100万の学費を支払わなければならない。学費を支払い続けることはできずに、現在は除籍になった。法大側からしてみれば「自分から辞めた」ことになる。


●現状を変えることはできる!-処分撤回闘争を開始

 この不当処分と法政大学の現状に、「大学を変えたら」と私のことを思って言ってくれる人もたくさんいる。だけど、私は法大にトコトンこだわり続けている。今、辞めてしまうことは「変わらない」ことが前提となる行為だと思うからだ。そして、何より、私は法大が好きだ。法大で出会った仲間・友人、学生のパワーやエネルギー・・・。私の選択肢に法大を辞めることはない。当該となった自分自身が声を上げ続けることで、初めて「不正義」が不正義たらしめるし、共感してくれる仲間もきっと出てきてくれると思い、処分撤回闘争を開始した。


●1年後の4・19に処分撤回の声が上がる

 1年後の4月19日に法大キャンパスで大規模な行動を呼びかけた。原発反対の声と処分反対の声を一緒に上げることにこだわって企画した(もちろん、参加する人は両方に賛同しなくてもいい)。それは、1年間やってみて原発問題と大学問題は一体だということが鮮明になってきたからだ。

 日本の大学生の「おとなしさ」や「無関心」を問題にする人もいる。でも、法大で言えば、「声を上げたら処分」「監視専門職員」「200台を超える監視カメラ」・・・こういった大学の支配が声を抑えつけているのであり、この現状を変えない限り、大学の中で「原発反対」の声も上げることができない。だからこそ、「処分撤回」を掲げた。


●福大生と思いも行動も一つに

 すると、予想外の嬉しい出来事が起こった。福島大学の学生が法大の闘いに注目してくれて、「ぜひ、一緒にやろう」ということになったのだ。大学側の圧力により大学から「原発反対」の声を上げられない現状は福大生も同じとのこと。自分が続けてきた行動が1年後に福島の学生とつながることができるなんて!これまでの“闘い”はこの日のためにあったんだと福大生が教えてくれた。

 悔しいことに4月19日は、嬉しいことばかりではなかった。デモ終了間際に、1人の学友が「公務執行妨害」で不当逮捕されたのだ(5月2日現在、勾留中)。今、多くの友人とともに、早期釈放を求める救援運動を開始した。

 私はあきらめない。このままでは終われない。3・11以降につかんだことは現状を“変えることはできる”ということだからだ。日本に存在している300万大学生の巨大な行動を法大キャンパスから巻き起こしていきたい。

恩田副委員長、「プリズン・ラブ」で商業誌デビュー!?

 2010-09-18
学生注目!
本日未明、ネットサーフィンをしていたら、見てはいけないものを見てしまいました。
知られざる恩田同志の姿を発見したのです。
写真中央左に視点を合わせてみてください。

「プリズン・ラブ 恩田亮」

と書いてあります。
何のことやらサッパリわかりませんが、恩田同志に確認をとってみたところ「詳細は追って明らかにする」とのことでした。
ご期待ください。



2010-09-10T12 57 16-1

20歳の革命少女

 2010-09-11
眠あるいは永眠中の文化連盟IT革命軍よりお知らせ。
講談社より発行されているノンフィクション雑誌「G2 vol.5」(9月5日発売)にて、法大学生運動が取り上げれています。
題して、「ルポ・20歳の革命少女」。

非常にキャッチーなタイトルです。

執筆者はテレビディレクターの田中良介氏。
田中氏は、同じく法大問題を題材に制作され、昨年8月に放映されたテレビ番組「報道発 ドキュメンタリー宣言~知られざる右翼と左翼~」(テレビ朝日系列)の担当ディレクターでもあります。
「G2」のウェブサイトでは、冒頭、記事のつかみ部分を全文無料で読むことが可能。
法大問題を思考するにあたっての、ひとつの参照点としてごはん読いただければ、一取材対象団体として嬉しく思います。
サイトURLは下記の通りです。
http://g2.kodansha.co.jp/967/1115/1116/1117.html


4062843552.jpg


g20505.jpg

斉藤委員長が法大の書店に!

 2010-04-18
政大学市ヶ谷キャンパスの書店に噂の退学処分者、斉藤委員長が出現。
ビラをまけば殴られ、機関紙を配布すれば回収されるのがココ法大の現状であるが、市場のゲームにのった言論はなんとか流通するらしい。
大学の施策に批判的な人間が言葉を発するには、ブロガーになるか作家になるかしかないとでもいうのか。
何とも馬鹿らしい話ではある。


ともあれ、法大の書店に・・・、
201004151646000.jpg


『インパクション』が並んでいます。
201004151637000.jpg


委員長の他に企画局も参戦していたり。
100417_2136_01.jpg


暇な法大生はぜひぜひ立ち読みしてください。暇な大学教職員はお金を払って買いましょう。
P1080627s.jpg
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク