スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ダウナー系黒ヘル

 2009-02-27
スポンサーサイト

08文化連盟執行委員会インタビュー

 2009-02-27
もうすぐ卒業式だ。
ほとんどの05世代は卒業を迎え、新たに09世代が入学してくる。
現在キャンパスは冬季休業であり、文化連盟のキャンパス闘争も一先ずお休みとなった。
平時は「名誉棄損」「人権侵害」と大学関係者から槍玉に挙げられる当ブログの記事も、開講中とは打って変わり、穏やかでネタ的なものが多くなっている。
本来はこのような時期にこそ、常時の血走った戦闘報告とは異なる、落ち着いた運動分析・運動論考を発表する必要があるのだろう。
・・・そうだろうとは思うのだが、あいにく、08年5月から開始されたこの運動は良くも悪くも「勢い」がある。
キャンパス闘争が休みだからと言って、執行委員会の人間は家でのんびり言葉を紡いでいる訳にもいかない。
裁判の証人出廷やら煩雑な事務作業等、やるべきことは山積している。
そこで今回は、以前より当連盟関係者へ寄せられていた疑問・質問の中で特に耳にする機会が多かったものを、インタビューという手軽な形を借り、執行委員各員へぶつけることにした。
質問は運動に関連するものに限定している。
なお、今回取り上げられなった事柄で当連盟に関わる疑問・質問のある方は、プロフィールに記載されているメールアドレスまでご連絡下されば、別途返答する予定である。
その際、質問者には一定の素性の開示をお願い申しあげたい。

--------------------------------------------------------------------------
【08文化連盟執行委員会インタビュー】
ハンスト学生部


Q お久しぶりです。今日は文化連盟執行委員会への直撃インタビューということで、幾つか質問をさせて頂きます。ご回答はブログで公開する予定ですのでそのつもりで(笑)。では早速ですが、執行委員の方は普段どのような活動をされているのですか?

斉藤郁真委員長
集会での演説、デモの指揮扇動、会議・謀議・密議、裁判への証人出廷etc.。およそ法大運動に関する活動全てです。他大学へ講演に行ったりもします。
恩田亮副委員長
ほぼ委員長と同じ。加えて、ビラの作成、ブログの執筆、マスコミの取材など対外活動もしている。
増井真琴企画局長
事務作業全般。基本、裏方です。

Q 社会通念的にみると、何故いまどき学生運動なのか、という疑問があると思いますが?

 「学生運動」というか「おかしい」と思ったことに「おかしい」と言っていたらこういう形態になっただけです。
 友部先輩以来、オレがお世話になった多くの人が法政大学によって人生を滅茶苦茶にされている。復讐だ。
 きっかけは5月の恩田処分問題。でも、文化連盟が大好きなのが一番のモチベーションかな。

Q 学生運動は楽しいですか?

 社会的な主体を行使することは人間の義務です。「楽しい」とか「楽しくない」とかそういう問題ではない。
 毎日が楽しくてしょうがない(笑) 悪徳職員をぶち殺すのがオレの生きがいだ!
 結構好きですよ。素敵な仲間に恵まれました。

Q ズバリ、現法政大学当局は「何」が悪いのですか?

 民主社会の前提として担保されねばならない「思想信条の自由」「表現の自由」を全く蔑ろにしている点です。ただし、誤解を恐れずに言えば何も悪くないとも言える。彼らの「善意」が我々のそれと異なるだけですから。
 女の子をトイレにまで盗撮して回っているオヤジが悪くないわけなかろう。全存在が悪だ。女の子をいじめる男は誰であろうと許さない。
 良いとか悪いとかいうより、システムにただ乗りしている既得権益者がぼくらを排除しようとしているわけで、それに抵抗しているだけです。

Q 特に殺したい大学職員・教員はいますか?

 そんな人いませんよ(笑) 繰り返しますが、どんな弾圧であっても根本は大抵「善意」です。抵抗はしますが憎んでもしょうがないでしょう?
 綺麗事言いやがって(笑) オレは沢山いすぎて挙げていったらキリがない。というより、9割9分の法大職員及びその家族は一族根絶やしにするべきだ。
 ・・・ちょ(笑)。 まあ、同感です。ただし、本来撲殺されるべきは総長・理事以下役職者。こういう連中は現場を知らない分残酷だし、ずうずうしい。

Q 特に期待している大学職員・教員はいますか?

 期待というか、法学の市村先生は尊敬しています。
 全く期待はしていないが、文哲の牧野英二はなかなかの人物だと思う。
 じゃあ、ご無沙汰だった「隣の晩御飯」企画で行こうよ!(笑)

Q 中核派についてはどう思われますか?

 これはよく聞かれる(笑)。 私は新左翼運動総体を肯定的に捉えていて、中核派はその雄ですからね、当然評価しています。人物としても自分の気持ちに正直ないい人達だと思いますよ。
 ここまで一緒に闘ってきて大変なご厚恩を賜っている。法大問題に関しては共闘可能。一蓮托生だ。
 ノンセクトを社会不適合者の劣等生とするなら、中核派は社会不適合者の優等生。尊敬しています。

Q 中核派のオルグとか大変じゃないですか?

 正直面倒くさい(笑) ただ、「国家」にせよ「家族」にせよ、意識的にせよ無意識的にせよ、およそあらゆるコミュニティは自分たちのシステムに同化を図ってくるわけで、そういう意味では中核派のオルグも特別なことではないです。
 全然。オレはオレの道を行くから全く気にならない。
 人によります。体育会系の人だと鬱陶しいですね。内海さんとかはラク(笑)

Q CSKや実行委員会についてどう思いますか?

 興味ないなあ(笑)
 死んだ方がいいと思う。
 誠心誠意、話はした方がいい。その上でナメたことをしてきたら、役職者の顔でもブログに晒せば?(笑)

Q もやしさんの2ちゃんねるでの活動をどう思いますか?

 これも興味ないなあ(笑)
 死んだ方がいいと思う。
 うーん(笑)

Q これまでのご自身の学生運動生活で一番心に残っている出来事は何ですか?

 520。学生運動生活というか、私の大学生活で最も感動的な瞬間でした。いまだから言いますが前日まで胃痛が止まらなかった(笑) 
 520。自分のために立ち上がってくれる仲間がいるというのは幸せなことだよ。
 ハンストもあるけど一番は520。あの日、一緒に立ちあがった友人は今後何があろうとも信用できるなあ。

Q 来年度以降の展望を聞かせてください。

 基本的に今年度と変わりません。物事って全てそうだけど、政治活動だって、日々の地道な積み重ねが重要だし、それ以外ありません。
 まずはオレと斉藤の無期停学処分、倉岡の停学処分の撤回を実現させる。今年は、講演会、学習会、シンポジウムなど文化活動にも力をいれたい。「自主法政大学」みたいな感じで、賛同人Pで賛同して下さった方を中心にゲストを招いて、自主的な外に開かれた勉強会を開催したい。新入生には悪いけど、大学の授業なんてつまらないんだよ(笑)
 私的なことで言えば、とりあえず復学します。といっても、文学部教授会が認めるかどうか知りませんし、そもそも構内に入れないのにどうやって復学願い出すんだろ?
文化活動はもちろんだけど、優先順位第一位はノンセクトの後輩を発掘すること。ぼくらが休めません。

Q 最後になりますが、05世代の卒業に伴って来年度は06・07世代がサークル活動の主軸を担います。誰か期待している新人はいますか?

 ゼロナナの最終兵器・同志スガヤ。
 哲科の二宮尊徳・同志スガヤ。
 青森一の人徳者・同志スガヤ。

Q 今日は長い間、ありがとうございました。

 いえいえ。
 死ね。
 お疲れ様です。


【取材:2月某日飯田橋某所 文:文化連盟IT革命軍】

哲研機関紙できました。

 2009-02-26
情宣失礼します。
哲学研究会のものです。
先日、当会の機関紙「希哲学5号」が、無事製本を終え、発行されました。
今回は経費の関係で85部しか刷れなかった。
執行委員会のかたはお早めに必要経費を振り込んでください(懇)。
機関紙は、明日以降、気が向いたら、法政大学構内のラックにて無料配布する予定です。
お時間に余裕のある方は手にとってみてください。
よろしくお願いします。
ペタ。。


新人募集

 2009-02-26
※爆音注意※

企画局/二コスト/敗北

 2009-02-25

「やめてください!」

 2009-02-24

文化大革命って自主文化創造と似てない?(字面が)

 2009-02-24
いいか、よく聞け
        (゚д゚ )
        (| y |)

独創的な運動がしたいなら、文連と中核派の比率を変える必要がある
    文連   ( ゚д゚)  中核
       \/| y |\/

今の比率では合わせた所で・・・
        ( ゚д゚) 連中文核
        (\/\/

連中は文化大革命の域を越え出ないって事だ
  連中文革  (゚д゚ )
       \/| y |)

閲覧者の諸君、法大運動の可能性を信じるなら今すぐノンセクに結集しよう
        (゚д゚ )
        (| y |)

週刊SPA!

 2009-02-24
もやしオナニーまん
「どうも。もやしです。」
www_dotup_org13511 もやしkai

もやしオナニーまん
「文化連盟が週刊SPA!に載りましたが、みんな買いましたか?今日はインタビューを受けた副委員長の恩田さんにお話を伺いたいと思います。」
www_dotup_org13521 もやしkai

文化連盟副委員長 恩田 亮
「はじめまして。文化連盟副委員長で、世論研究会終身名誉会長の恩田です。もやしさんにお会いできて光栄です。」
ore_20090224025953.jpg

もやしオナニーまん
「恩田さんはどうして法政の哲学科に入ったんですか?」
www_dotup_org13521 もやしkai

文化連盟副委員長 恩田 亮
「哲学科を選んだのは博打好きの性分からです。哲学は何かを得る人、何も得ない人の二つしか生まないと牧野先生が授業で言ったのを聞いて選択は正しかったと確信しました。法政を選んだのは朝鮮総連や靖国神社が近くにあって、危険な香りがしたからです。受験勉強は全くしなかったので無難に法政を受験しました。」
ore2.jpg

もやしオナニーまん
「恩田さんは現役入学ですか?2教科入試で入ったとも聞きますが本当ですか?」
mo01kai.jpg

文化連盟副委員長 恩田 亮
「当然現役です。浪人してたら東大に行ってます。入試は小論文と選択科目という香ばしいもので、倍率が10倍近くあるので博徒の血が騒ぎました。朝起きた時点で合格を確信しました。」
o01kai.jpg

もやしオナニーまん
「哲学科は活動家の宝庫とも言われますが、僕やズートロ、増井、古くは中川文人さんと錚々たる面々がいますね。」
www_dotup_org13519 もやしkai

文化連盟副委員長 恩田 亮
「そういえば、我が後輩の増井君も2教科入試です。当局は哲学科の2教科入試を停止したほうがいいです。」
20080715234829_20090224033532.jpg

もやしオナニーまん
「哲学と政治は密接ですからね。なのに文連の政治学科は齋藤しかいないのですが何故でしょうか。」
moyasi.jpg

文化連盟副委員長 恩田 亮
「政治学科がヘタレているからでしょう。世界的に見ても哲学科生が運動の先端にいるのは事実です。北海道洞爺湖サミット反対行動のとき、キャンプで交流したパリ大学生も言っていました。フランスの学生運動の中心は哲学科生を核とする文学部の学生だそうです。アメリカの女子大生も同じ事を言っていました。彼女はアメリカ版全学連の委員長で、11月にサンフランシスコ州立大でバリストを指揮したそうです。」
o01kai.jpg

もやしオナニーまん
「へえ、女子大生が指揮してバリストやっちゃうんだ~。」
mo01kai.jpg

文化連盟副委員長 恩田 亮
「当時、メールで大学を占拠しました!と届きました。アドレス教えてあげようか?」
ore2.jpg

もやしオナニーまん
「是非お願いします。」
www_dotup_org13519 もやしkai

もやしオナニーまん
「そんな恩田さんは今どんな本を読んでいますか?どんな音楽を聴いていますか?」
moyasi.jpg

文化連盟副委員長 恩田 亮
「今読んでいるのは綿矢りさの『蹴りたい背中』です、最近よく聴くのは光GENJIの『太陽がいっぱい』です。ローラースケートが欲しいです。」
ore3.jpg

もやしオナニーまん
「取材はどんな感じでしたか?」
www_dotup_org13511 もやしkai

文化連盟副委員長 恩田 亮
「俺の顔よりも、勝又秀雄や半澤昌宏、近藤清之といった豚どもの顔を載せてくれと言って顔写真と言行録を渡しましたがダメでした。」
o01kai.jpg

もやしオナニーまん
「それは残念ですね。で、どうしたんですか?」
moyasi.jpg

文化連盟副委員長 恩田 亮
「では公安どもの顔を載せてくれといって、川島勇二やマルコメ、石沢剛の遺影を渡しましたがダメでした。」
ore2.jpg

もやしオナニーまん
「で、どうなりましたか?」
moyasi.jpg

文化連盟副委員長 恩田 亮
「女性の編集者に『もてない女が男にくっついて、このクソ女!』と言いたくなりましたが堪えました。」
ore3.jpg

もやしオナニーまん
「僕なら『東北大の植民地にはさせないぞ!』と言いますね。」
www_dotup_org13519 もやしkai

文化連盟副委員長 恩田 亮
「法大生の諸君は心して読むべし。」
20080715234829_20090224033532.jpg

もやしオナニーまん
「法大関係者に一言お願いします。」
www_dotup_org13521 もやしkai

文化連盟副委員長 恩田 亮
「学園の民主化という同じ志を持つ学生は結集しよう。活動方法は応相談。拡声器を握るだけが活動じゃないから安心してね。」
「それから、法大当局と公安と裁判所と権力機構全部。俺を怒らせたことを後悔させてやる。権威と圧倒的武力と時流の後押しで好い気になってるだろうが、お前らの大事なものを全部破壊してやるからな。」
ore_20090224025953.jpg

もやしオナニーまん
「あと2ちゃんねらーたちにもお願いします。」
www_dotup_org13521 もやしkai

文化連盟副委員長 恩田 亮

「死ね。」
ore_20090224025953.jpg

もやし/白ブリーフ/革命

 2009-02-23

「春ですね。」

 2009-02-22

入試情宣の模様

 2009-02-21

遺族・小野新一と弾圧者・小野新一

 2009-02-17
日は恩田副委員長以下文化連盟が出演する『週刊SPA!』の発売日であったが、余程のご縁なのだろう、6時の民放でも7時のNHKでも、横浜事件再審公判のニュースが取り上げられていた。
となると、当然テレビに映し出されるのはこの男、横浜事件遺族にして法大弾圧加担者・小野新一(62)職員である。
同日に2人の知り合いがメディアで特集されることは、そうままあることではない。
まずは事実関係をasahi.comより引用する。

--------------------------------------------------------------------------
「記録焼却は遺憾」と裁判長 横浜事件第4次再審初公判

 2009年2月17日19時51分

 戦時下最大の言論弾圧事件とされる「横浜事件」の第4次請求の再審初公判が17日、横浜地裁(大島隆明裁判長)であった。弁護側は横浜事件が、特高警察だけではなく司法関係者すべてによる冤罪事件だったとして「無罪」を主張。検察側は治安維持法の廃止や元被告の大赦を理由に、有罪か無罪かに踏み込まず裁判手続きを打ち切る「免訴」を求めた。公判は即日結審し、判決は3月30日にある。

 大島裁判長は証拠調べの冒頭、裁判所側が元の裁判記録を焼却処分したとされる点について「不都合な理由で破棄したとみられ誠に遺憾」と述べ、裁判所にも問題があったとの立場を示した。

 4次請求の元被告は、42年に雑誌「改造」に発表された政治学者、故細川嘉六氏の論文「世界史の動向と日本」の校正を担当した故小野康人さん(59年に死亡)。

 この日の公判で、弁護側は横浜事件について「特高警察だけでなく当時の弁護人を含む司法関係者全員が、元被告にぬれぎぬを強いた事件」とした上で、「昨年10月の再審開始の決定は、確定判決の事実認定に合理的な疑いがあると認めた。たとえ免訴事由があっても、無罪判決を下すことこそが正義にかなう」と主張した。

 法廷では、小野康人さんの次男で再審請求人の新一さん(62)が康人さんの口述書を朗読した。康人さんが特高警察から木刀などで動けなくなるほど拷問された場面を詳述し、「事件は虚構以外の何ものでもない」と断じた。また、長女の斎藤信子さん(59)も母で再審請求に尽力してきた故・小野貞さんの口述書を代読、涙で声を詰まらせながら無実を訴えた。

 横浜地裁は昨年10月、新一さんと信子さんの再審申し立てに対し、再審開始を決定していた。(長野佑介)
--------------------------------------------------------------------------

20081112045209_20090217204607.jpg
img_1482065_53683407_0_20090217204551.jpg
im20081031AS1G3100U3110200813_20090217204620.jpg


日新聞社の記事によると、「弁護側は横浜事件が、特高警察だけではなく司法関係者すべてによる冤罪事件だったとして「無罪」を主張。」しているらしい。
また法廷で小野新一は、「康人さんが特高警察から木刀などで動けなくなるほど拷問された場面を詳述し、「事件は虚構以外の何ものでもない」と断じた。」らしい。

おっしゃる通り。
横浜事件は「特高警察だけではなく司法関係者すべてによる冤罪事件」であり、「無罪」である。
小野新一の言うように、「事件は虚構以外の何ものでもない」。
ここまではよい。
文化連盟としても、もし求めがあるのであれば、署名でもなんでも、協力するにやぶさかではない。
・・・だが、この事件の悲劇性をはるかに超越する悲劇がここ法政にはある。小野新一にはある。

被弾圧者の愛息が自ら同種の弾圧者と化すことは、一体悲劇以外の何物であろうか!?

80名を超える逮捕者と5名の拷問死者を出した横浜事件遺族が、88名の逮捕者と20名の不当起訴を出す法大弾圧加害者となってしまったのだ。
特高警察に父・康人氏を虐殺された息子・新一は、現在、その後身である公安警察の弾圧に発奮して相呼応しているのだ。


20081112061844_20090217215529.jpg
20081112070344_20090217215559.jpg
ono3_20090217215614.jpg
20081112065544_20090217215647.jpg
ono2_20090217215701.jpg
20081112064734_20090217220003.jpg
ono5_20090217220028.jpg
ono4_20090217220053.jpg


「ナンセンス!」と5万回言ってやりたい。

副委員長&企画局より新入生へ

 2009-02-17

また彼岸に会おう。

 2009-02-16
3.14法大弾圧を許さない法大生の会ブログより転載。




・・・ほんとゲスだな。
この乱闘により、長年闘争を共にしてきたトラメガくん2世が殉職を遂げた。
「キィー」という断末魔をあとに黄泉の地へと旅立って行った。
死因は、法大極悪豚トリオこと、近藤・半沢・勝又の3職員による集団リンチである。


kondou_20090208203128.jpg
20081107180032_20090216193333.jpg
20081201134158_20090216193340.jpg





いま、文化連盟一同は大きな悲しみに包まれている。
生前の故人の奮闘を胸に、合掌!


tora (2)

社研・倉岡より新入生へ

 2009-02-16

恩田副委員長、週刊SPA!に!

 2009-02-15
朗報!

文化連盟副委員長アームストロング・リチャード恩田が、この度、扶桑社刊「週刊SPA!」に登場します。


124集会
spa1-thumbnail2.jpg


記事の趣旨は、もちろん法政大学文化連盟!
・・・というと若干誇張で、年末お茶の間を騒がせた反貧困ネット主導「年越し派遣村」等、世界金融大恐慌のなか盛り上がりを見せる左翼運動全般の一端として我らが法政大学文化連盟も出演します。
受け答えはもちろん、文化連盟の黒い巨頭的広告塔、聖・リチャード恩田です。
恩田ファン必見!
記事では活動家恩田くんのきわどいプライベートに迫る話しも聞けちゃうかも!?

発売日は2月17日ともうすぐ。
要・チェックでいきませう!


追記:全学連委員長の織田陽介さんもでるらしい。

ズートロ文連【裏】委員長より新入生へ

 2009-02-14

恩田文連副委員長より新入生へ

 2009-02-14

1.24集会の模様

 2009-02-12

新手の変態登場

 2009-02-08
学生注目ー!


また悪徳職員が現れたぞー!


さあ!こいつの顔を覚えよう!
画像 1408kai

所属はもちろん総務部!

総務部といえば・・・

ビラを撒く学生に馬乗りになって首を絞めたり、膝蹴りを加えてあばら骨を粉砕したり、ヘッドロックをかけて排除したり、女子大生の後をつけまわしお尻をビデオカメラで盗撮し、女子トイレにまでついてくる超ド変態犯罪者の集団ではないか。

こいつは公安が大勢いるのをいいことに中島君を突き飛ばし、カメラや拡声器を破壊しようと掴みかかってきます。下の記事の動画にもこの男の悪行は鮮明に記録されています。

公安がいるときはとっても強気になるこの変態職員の顔を覚えよう!
aho_20090208224735.jpg
aho_20090208224735.jpg
aho_20090208224735.jpg
aho_20090208224735.jpg

近藤清之がやってきた

 2009-02-08
3・14法大弾圧を許さない法大生の会より転載。



連日入試情宣を展開している我々文化連盟であるが、大学当局の横暴が甚だしい。
演説をしている場所は外濠公園なのだが、何故か大学の職員が外濠公園にまでやってきて、トラメガを地面にたたきつけたり、コードを引きちぎろうとしてくる。

ここで疑問。

公道における演説は法律で認められているのではないのか?
仮に認められていないとして、一大学職員にそのトラメガを暴力的に破壊する資格があるのか?
トラメガを破壊しにやってきた主要大学職員はこの人物。

近藤清之(こんどう・きよゆき)学生センター事務次長
kondou_20090208203128.jpg
kondou_20090208203128.jpg
kondou_20090208203128.jpg


みなさん、顔と名前をよく覚えましょう!

世論研・もやしより新入生の皆さまへ

 2009-02-07
化連盟随一の遊び人にして、文化連盟唯一のwikipedia掲載者、もやしオナニーまんこと石塚元浩氏より、この度09年新入生に向けてのメッセージが届きました。御堪能ください。
また、側聞しますところによりますと、近頃もやし氏は自身のホームグラウンドである某巨大匿名掲示板にて「俺は極左だ!」「文連と中核は手を切るべきだ!」等、熾烈なる思想戦を展開している模様です。
当連盟は氏の奮闘をこころより応援するものであります。

090206_2311~0001 (2)


つれづれなること 8

 2009-02-07
                「最大多数の最大幸福」
 ベンサムが体系化した功利主義の理念を体現した言葉である。
 ベンサムとか功利主義とかの言葉を知らない人でも、この言葉なら聞いたことがある人は多いのではないだろうか。

 功利主義は、重要な概念であるし、社会の運営において、協調性の概念とも合わさって大切な要素なのだが、この論理には致命的な欠点が存在する。

 「数名の重病人がいる。一名の健康な人間がいる。社会全体の幸福を考えるのならば、健康な一名を殺し、その臓器などを重病人に渡すべきである。」
・・・功利主義においては、これが十分正当である。

 上に挙げた例は功利主義の欠点を説明する際によく使われる表現であり、あまりにも極端な例なので現実的ではない。が、この論理を以って少数派への弾圧は正当な追放となる構造があることは確かだ。

 治安維持法・共謀罪といったものは、まさしくこれにあたる。
 「集会やデモをすることは禁じていない。しかし、集会によって大多数の無関係な人間に迷惑がかかるのはだめだ。」・・・そして、最初はそういったことができる空間の制限を始め、それが定着したら今度はそういった行動自体を禁止していくようになるのだ。大多数の人間のための安寧な空間を確保する、という立派な大義名分のもとに、少数の人間(たいてい抵抗者)の権利を制限していくわけだ。

 そして、抵抗者たちは追放されていき、社会に残るのは抵抗の意志はあるがそれを諸所の理由で表にはだせない人間と、そもそも現在の生活に満足しているがために抵抗の意志がない人間だけである。
 後者の人間が多い場合は、社会が豊かであることの証で、いわゆる平和ボケと呼ばれる現象なのでそれ自体はいいのだが、そういった人間は、現状に満足しているがゆえに、外のことに対して驚くほど無関心になる傾向が強く、目先の安全や平穏に固執する。自分の平穏が害されることに対して怒りを感じるのはもちろん正当だが、異質なものに関して無関心であるがために、「とにかくやつらを黙らせろ」という結論にもっていきがちなのが彼らの傾向であり、それが管理する側の勢力への協力という形で迫害を正当化する手助けをしてしまう。善意の行動であるがゆえに、難しい問題である。

 そして、彼らが増えたとき、社会における「自由」と呼ばれるものは崩れていき、目先の安全も平穏も大多数の人間の前から消え去る。根拠は、歴史だ。

 だからこそ、民主主義の精神とそれを担保する制度は何よりも重要なのだ。思想・信条の自由、言論・表現の自由は、少数者が多数者になる機会を提供し、迫害に苦しむものたちがそれを外部に伝えることに正当性を持たせるから。

 多くの人に伝えたいわけだから、人が多くいるところでやるに決まっている。それはもちろん、まったく興味のない人間にとっては単なる騒音だ。
 しかしながら、そういったことが「できる」ということ、そのことがどれほど大事で、その権利を獲得するためにいったいどれほどの人間が血を流したのかは考えなければならない。そして、そういった抵抗者たちの存在が間接的に何を守っているのかは考えなければならない。30年前、過激な学生運動を良心派と呼ばれるような人間たちはもちろん支持しなかったわけだが、その時代に「後期高齢者医療制度」なんて通るわけはない。国会が燃えてしまうからだ。

 平和とは、単に静かなことではない。静かなことが平和なら、北朝鮮だって平和だ。だが、あそこでは日常的に弾圧が継続されており、市民の自由な活動がないから静かなのである。平和な環境下における「平穏」と、ただ単に「静か」であることはイコールではない。平和とは一定の緊張関係を含み持っているものなのである。

 多数者が正しくて、少数者が間違っているわけではない。みんな頭ではわかっているはずのことである。
 今正当とされていることの多くはかつて少数者の運動であった。三大宗教のひとつであるキリスト教は、誕生してからローマで国教の地位を得るのに300年かかっている。 その間にいったい何人の人間が邪教徒として殺されただろうか。
現在最も力をもった思想である資本主義もまた、封建主義との血にぬれた闘争のすえに確立されたものである。

 支配的なものに抗することができること、政治思想学的な用語で「捉え返し」というのだが、端的にいえば「おかしいと思うことにおかしいと言える」ことの重要性は計り知れない。

 功利主義では、多数派が絶対であるから、そんなことはできない。KYは追放される。
 民主主義では、多数派は常に反対勢力からの突き上げを食らう。その突き上げをかわすには、単に多数派であることにとどまることはできない。そうやって常に思想や、方法が洗練されていくのだ(単なる観念論で語るならこうなる現実はもっと複雑なのは言うまでもない)。

 最後に、「自由」を勝ち取った歴史上の人物の言葉を引用する。
「今日の安全のために、明日の自由を捨てる奴には、自由も安全もやらなくていい」
                ベンジャミン・フランクリン


                                                 齋藤 郁真

恩田君、証人出廷へ

 2009-02-06
がくせいちゅうもぉーく!
ore_20090124001008.jpg


なんだあー!
081228_2205~0004


私立麻布高等学校出身!
ore_20090124001008.jpg


めいもぉーん!
081228_2205~0004


文学部哲学科無期停学処分者、恩田亮であります!
ore_20090124001008.jpg


そうだあー!
081228_2205~0004


本日、一時半より、場所は東京地裁にて、529弾圧裁判がありますが、
ore_20090124001008.jpg


・・・・・・。
081228_2205~0002


この度ワタクシはその法廷の場へ証人として出廷することになりました!
ore_20090124001008.jpg


パチパチ
081228_2205~0002


ワタクシは、嘘・偽りを述べず、良心に則って証言することを、ここに固く、誓います!
ore_20090124001008.jpg


パチパチパチパチ
081228_2205~0002


加えて・・・。加えて、一般に証言台に立つと、謝礼金として裁判所から5000円貰えるのですが・・・、これは全額文化連盟に寄付します!
ore_20090124001008.jpg


おおぉ!!
081228_2205~0003


いや、寄付なんてカッタルイ! やっぱり今夜の飲み代の足しにでもしてくれ!
ore_20090124001008.jpg


うおおぉ! いいぞ、ヤクザ!  
081228_2205~0003


気にすんなって! みんな、飲もうぜっ!
ore_20090124001008.jpg


・・・今夜は、ぼくたちも飲みに行こうな。
スリーショット



★2月6日(金)★
5・29デモ弾圧裁判①グループ 第9回公判 午後1時半開廷

恵方巻闘争ご報告

 2009-02-04
化連盟創立50周年企画「やったぞ、創立50年だ! 恵方巻きをモグモグするのだ!」が、節分の昨日、法政大学で執り行われた。
外濠門に結集した文連諸氏は今年の恵方である東北東に向かい、みな一斉に恵方巻へとガブりつく・・・はずだったのだが、午後5時の時点で外濠セブンイレブンの恵方巻は残り3本。
明らかに本数が足りない事態となっていた。
委員長、企画局及びズートロは森久美子がプロデュ-スしたという、この残り3本の特製(インチキ)恵方巻を購入したのだが、残りのみなはどうするか? 一同頭を悩ませることになる。

ばらく検討した末、ここで洞口から「ロールケーキでも良いのでは?」との提起が入る。
一見荒唐無稽と思われる提案だったが、さすがは商業資本と言うべきか。
この日セブンイレブンで売られていたロールケーキには全て「今年の恵方は東北東❤」なるシールが貼られ、装飾用のアレンジメントがなされていた。
ここに至って自称国際的共産主義者・洞口は商業資本主義の手先と化す。
洞口は購入を宣言し、レジスターへと去って行った。

して、これを契機に自称国際的共産主義者の横暴が火蓋を切ることになる。
ポニョ助・倉岡雅美は「私はお団子が食べたい」と純度100パーセントのKY振りを発揮し、企画自体をぶち壊そうとしているのではないかとも取れる非常識な発言をのたうち回った末、つぶあん団子(3本入り)を購入した。
さらに許しがたい内海佑一は「おれは煙草でいいんだ」「丸いし、くわえるし、変わんなくね?」とうそぶき、企画への協力意欲が皆無であることを暴露した。
・・・まったく最低である。


eho1 (2)


も、まあ、いい。
今年もいいことがありますよーに♪ と祈念して、創立50周年に思いを馳せようではないか。
先人たちの足跡に謝し、決意を新たにして、断固未来を志向しようではないか。
祝・文化連盟創立50周年。
自主文化創造は、終わらない!

学生センターへ抗議に出向く。

 2009-02-04
うしてこのような辱しめを受けなければならないのか?」

企画局の増井真琴くんは連日連夜枕を濡らしていました。
増井くんは語ります。

「ぼくは2007年に文学部哲学科に入学して2008年に同学科を中退した元学生ですが、何故か大学をやめたいまも法政大学によって非常識な辱しめにあっています。」

どういうことなのか?

「法政大学には4つの出入り口があって、それぞれ、正門・外堀門・BT門・富士見坂門といいます。ぼくはその全ての門に入校禁止者として固有名を丸出しにされているのです。すなわち、全宇宙を対象にした露出狂的憂き目にあっているのがぼく、増井真琴なのです。」

1232048807.jpg

「これはそれこそ荒縄でペニスを五重巻にされ顔面に排便を噴きつけられるような醜態です。」
「ぼくはこのような変態亀甲縛りや大便スカトロプレイに興奮するほど性欲軒昂な発情青年ではありませんし、このような変態亀甲縛りや大便スカトロプレイを二ヤつきながらやり過ごすほど老成してもいません。」

増井くんは語気を強めます。


「これは許しがたいことです!」


ということで、斉藤委員長率いる文化連盟各氏は、先日2月3日、法政大学学生センターへ抗議に出向きました。
一人の仲間も見捨てない文化連盟はみな増井くんのために抗議します。


文連諸氏「やい、アキラ50歳! 答えろ!」
090203-175807 (2)


市ヶ谷学生センター長の回答は以下。


アキラ50歳「増井くんは本学の教職員に度重なる脅迫的言辞を吐いた。よって彼の入構は不許可になった。」
090203-175741.jpg


あにはからんや、嘘アキラ50歳。
アキラ50歳の手にかかると温厚な増井くんですら脅迫者になってしまうのですね。


アキラ50歳「増井は脅迫者だ! 増井は脅迫者だ!」
kihara_20081201124459_20081209204945.jpg


うるせえよw
090203-180226 (2)
090203-180059 (2)

「文化連盟」を名乗る学生グループの行動と大学の対応について

 2009-02-04
1月29日付けで「『文化連盟』を名乗る学生グループの行動と大学の対応について」なる文章が学内各学部掲示板に張り出されました。資料として以下に掲載します。

--------------------------------------------------------------------------
2009年1月29日
学生のみなさんへ
法政大学

「文化連盟」を名乗る学生グループの行動と大学の対応について

 本年度本学は、市ヶ谷キャンパスの正門周辺における拡声器を用いた大音量の集会や教室における授業時間中のアジ演説など、大学の業務を妨害するグループに悩まされてきました。学内の安全を保持するために、ときには校門の一部を閉鎖せざるを得ないことまでありました。このたび、そうした著しい迷惑行為を繰り返した本学の学生に対して、反省の機会を与えるべく懲戒処分を下しましたので、ここにその事情を説明いたします。

懲戒処分を受けた4名は、いずれも「文化連盟」の構成員であることを自称していますが、これは、昨年度までそれぞれ学友会本部団体の一つとしてあった第一文化連盟および第二文化連盟とは異なり、大学が関知する団体ではありません。
 彼らは4月以降、新しい学友会組織やサークル登録制度および補助金制度を大学による規制強化と決めつけ、「市ヶ谷キャンパスにおける学生団体の立て看板・ビラ等に関する運用基準」や「市ヶ谷キャンパスにおいて学生がパブリックスペースを一時利用する際の規定」は法政大学から表現の自由・言論の自由を奪うものであると一方的に主張し、「全学連」を名乗る学外者などと一団となって本学のルールをないがしろにする行動を繰り返してきました。
 大学はこの間、彼らに対して学内の状況を理解させ、行動を改めさせるべく様々な機会を設けてきましたが、彼らはそうした機会すら拒絶するばかり、暴言・暴行などの行動をエスカレートさせ、その責任さえも大学にあるとの主張を繰り返してました。

彼らの行動の一例を示します。
・5月20日
学生センターに学外者とともに大挙して押し入り拡声器をもって演説するなどして学生センターを一時占拠した。



・10月17日
「全学連」を名乗る活動家等とともに授業時間中から正門前や外堀校舎門前で拡声器を使った集会を行い、さらには多数の学外者を扇動して構内に押し入ろうとし、これを阻止する教職員と衝突する事態を引き起こした。





・繰り返される集会での発言や彼らのブログには、教職員発言の捏造、特定教職員に対する誹謗・中傷、さらには名誉棄損や脅迫に当たる内容にまで及んでいる。また、教員の研究室に脅迫に類する張り紙をしたり、大学の掲示板を破壊させた。
 ことここに至り、本学は、もはや彼らのこうした行動を看過してはならないと判断し、厳正な対応をとるべく関係学部教授会において審議し、学則に則った処分を下すに至りました。
 大学は学生センターや学部事務室を通して学生の皆さんの誠実な意見には常に耳を傾けており、その意見や提案が実現した事例は沢山あります。しかし、自らの主張のみ正しいとし、それを実現させる為にルールを無視したり暴力的な言辞や行動をとることは決して許されるものではありません。学生のみなさんにおいては、本学の姿勢を理解し、動揺することなく、勉学に努め、また学園生活を充実したものとするよう期待します。

以上。
--------------------------------------------------------------------------

倉岡雅美さんの再審査請求

 2009-02-04
2009年2月3日
法政大学総長 増田壽男 殿
人間環境学部長 根埼光男 殿
                                                                         
                                                   倉岡雅美
                          再審査の請求
 

停学3カ月の懲戒処分を撤回するよう求める。

)処分に手を染めた人間環境学部教授会
 人間環境学部はついに停学3カ月という処分を下した。ビラをまき、集会・デモに参加した学生に処分を下した。処分を下した人環教授会、とりわけ理事会の先兵と化して処分を決定した教授はこの処分を撤回しない限り、あらゆる場面に引きずり出されるであろう。 
 私を含む文化連盟4人の被処分者は、処分撤回まで闘い続けることを宣言する。

)見せしめのための処分
 1月29日付け法政大学署名で「文化連盟を名乗る学生グループの行動と大学の対応について」なる文書で4人の処分理由が各学部掲示板に掲示してある。そこには「懲戒処分を受けた4名はいずれも文化連盟の構成員であることを自称して」と被処分者4名は文化連盟の構成員であることをわざわざ文書にして貼り出している。また、同文書で文化連盟は大学が関知する団体ではないと明記している一方で、処分を受けた法学部の斎藤君と文学部の恩田君は文化連盟の委員長・副委員長ということで処分を受けている。これは、文化連盟に加盟すれば、処分されるという全学生に向けた見せしめ以外の何ものでもない。
「見せしめとして行われた処分。このようなものに屈するわけにはいかない。この処分に対して強く抗議すると共に、法政大学に対する更なる抵抗運動で返答したいと考えます。」という斎藤委員長の抗議声明通り、処分撤回の日まで文化連盟4人は闘い続ける。

)処分の理由を明らかにせよ
 処分理由となっている以下3点の回答を求める。
①2008年5月20日、学生センターに押し入り、同センターの円滑な仕事の遂行を妨げたとあるが、業務を妨害されたとする職員の氏名を明らかにするとともに何の業務を妨害したのか明らかにせよ。

②2008年10月17日、外堀校舎の自動ドア入り口付近において外側からドアを強い力で圧し、ドアをこじ開けようとするなどして、一時的にドアの破損やそれによる負傷も想定される危険な事態を生じさせたとあるが、これは誰の証言で何に基づいたものなのか明かにせよ。
③2008年12月4日、12月12日等においても学内諸規定に違反する行動に参加したとあるが、違反する行動とは何をさしているのか。また12日等の「等」とは何をさしているのか明かにせよ。

)すべての人間環境学部教授が問われている
 今回、私は「学生の本分に悖る」行為に該当するとして処分が下されている。逆に問いたい。教授の本分は何なのかと。キャンパスを徘徊するジャージ部隊を直接、弾劾した教授がいただろうか?四六時中、ビラをまく学生をつけ回すガードマンを弾劾した教授がいただろうか?「研究」の手をとめて、動員させられる当番体制に正義性はあったのだろうか?「大学教授」と呼ばれる人が「しょうがない」「ルールだから」「決まったことだから」このフレーズ以外に何かを語ったことがあっただろうか?
 すべての人間環境学部教授が問われている。88人の逮捕、66個以上の監視カメラ、有刺鉄線、暴力職員。今の法政に「民主的」なものなど存在しない。中間のあり方などもない。処分に反対するのか、賛成するのか、当番体制に応じるのか、拒否するのかすべての教職員が問われている。仕方なく応じている当番体制も、見ているだけの当番体制も積極的に参加している当番体制もすべて同じである。応じた時点で学生弾圧に加担しているのだ。
 ビラを受け取っただけでビデオ撮影された学生の悔しさがわかるか?職員か教授かもわからない見ず知らずの人物に「あいつとはつきあうな」と言われた学生の怒りや恐怖がわかるか?
 「しょうがない」「ルールだから」「決まったことだから」に屈服している教授に「学生の本分に悖る」なる処分を下す資格はない。直ちに処分を撤回せよ。



 )の回答を2月19日までに文書で回答し郵送することを求める。
 人環教授会は公開質問書に1度も回答したことはない。こちらが窓口に要求しなければ「回答しない」という回答さえも聞くことはできなかった。
 処分を下している今回は、「回答しない」ということは決して許されない。処分に正当性があるならば、)すべてに回答せよ。回答する責務がある。
 必ず回答することを強く求める。

 以上。

求む、新人!

 2009-02-01
求む、新人!

20060406192316.jpg


いよいよ2月に入った。
今月の5日からは、法政大学でも一般入試が開始される。
新入生がやってくるのだ。

我らが文化連盟でも「求む、新人!」ということで熱烈に新人学生を募集する。
それも、涼宮ハルヒの言うように「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、異世界人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」なのである。
ただし、文化連盟が欲する人間は「宇宙人」「未来人」「異世界人」「超能力者」ではない。
「露出狂」「オタク」「コンプレックスの塊」「さびしがり屋」「性欲が激しい」「尋常ならざる権力欲」「反・草食系男子」「実存の苦しみがある」「風呂に入らない」「前科者」「キ○ガイ」といった広義の変態的要素を堂々保持する人間である。
単一ではなく、これらの諸要素を複数併せ持つ御人がいたら、氏が文化連盟向きであることは間違いない。
まともな学生生活を送ることはあきらめて、即時に文化連盟に参加することを勧める。
文化連盟にはそのためのサークルがしっかりと準備されている。

・哲学研究会
・世論研究会
・社会科学研究会
・ドイツ研究会
・法政大学文藝部

ところで、歴史的・統計学的に、学生運動を始める学生は、法学部政治学科もしくは、文学部哲学科に所属している場合が多い。
送り込みではない法大はえ抜きの学生で「学生運動」なる酔狂な遊びを始めるのは、圧倒的にこれら学部学科の学生なのである。
以下に実例を挙げてみよう。


【法学部政治学科】
・伊藤えりか(元学生会館学生連盟理事長)
・内山佳久(3.14法大弾圧を許さない法大生の会代表)
・松本哉(素人の乱)
・友部博文(05文化連盟事務局長)
・斉藤郁真(文化連盟委員長)

【文学部哲学科】
・中川文人(文筆家)
・永江朗(文筆家)
・恩田亮(文化連盟副委員長)
・増井真琴(同企画局長)
・ズートロ(同社会科学研究会所属)
・もやし(同世論研究会所属)

mo01-1 (2)


大学当局は気をつけろ!
新たな活動家は十中八九この2学部2学科から現われるのだ!



≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。