スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

4.30集会の模様

 2009-04-30
スポンサーサイト

警視庁公安部御中

 2009-04-30

2009年4月30日
警視庁公安部ご一行殿
~恩田倉岡奪還デモのご案内~
 法政大学市ヶ谷学生センター長 木原章
 
 こんにちは、木原です。市ヶ谷学生センター長・木原章です。文連の諸君にはウソアキラ50歳と呼ばれています。でもホントは、今年で51歳になりました。だからウソアキラ51歳に改めて欲しいと思っています。
 木原
 こんにちは、木原です。今日は文化連盟のデモだそうです。先日の4.24では警視庁公安部・星隆夫警視のこの上ないご采配により、見事憎き恩田を逮捕することが出来ました。・・・一方で憂慮事項も諸点あります。まず第一に、恩田が消えても文化連盟ブログが止まらないことです。あの言論テロがやまない限り、枕を高くして眠ることはできません。2点目は、「恩田の後輩」と称する新入生の存在です。今春より「ミズヌマ」と名乗る新入生が新たに出現し、白昼堂々、キャンパスでぼくを弾劾します。この弾劾はあまりに正鵠を得ていて疾しさヒトシオです。ですから、昨日の昼集会では「お前、殴っただろ!」と因縁をつけてやりました。新入生歓迎祭の時は2度ほど首にヘッドロックをかけて投げ飛ばしてやりました。ざま見ろ、ミズヌマ!
 木原
 こんにちは、木原です。はい? ・・・あっ、ええ。仰る通り、新入生の前だとぼくは強気です。洞口や倉岡など女の子の前でも最強です。斉藤は論理だてて話すから厄介だし、恩田は見てあの通りだから苦手なのですが、洞口や倉岡はぼくの敵ではありません。学生会館の自治官僚を懐柔させたぼくですよ? あまり馬鹿にしないで下さい!
 木原
 こんにちは、木原です。学生会館では弁当を配り歩き、役職者に就職先を斡旋して、学生を籠絡しました。その卑劣さを追求してきた学生には、「騙された方が悪い!」と言い放ちました。そのお陰で当時一介の専任講師に過ぎなかったぼくのような無能学者が教授にまで昇進することができました。論文? 書きませんよそんなの。というか、書けません。
 木原
 こんにちは、木原です。恩田倉岡逮捕ザマァ、です。次は斉藤、増井、ズートロを逮捕して欲しいと思っています。あと、都立大の伊藤も許せません。アイツはぼくのことを「都立大の恥部」呼ばわりしてきます。そのくせ、「木原せんぱーい」などと誠に馴れ馴れしい。奴とは南大沢のイトーヨーカドーでたまに会います。おい伊藤! いい加減都立大に帰れ!
 木原
 こんにちは、木原です。今日のデモでは公安警察の皆さまに平素以上のご尽力をお頼みしたい。ぼくは論文は書けませんが理事にはなりたいと思っています。いまここで文化連盟を潰せなかったら、ぼくの出世の足枷になってしまいます。それだけはなんとしても避けたい。文化連盟を絶対に潰してやりたい。警視庁公安部の皆さま、ぼく、ウソアキラ51歳を助けてください。心よりよろしくお願い申し上げます。なお、本日の日程・要領は下記の通りです。
 木原
 
日時:2009年4月30日(木)12:40~(集会)、13:30~(デモ)
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
主催団体:法政大学文化連盟、3.14法大弾圧を許さない法大生の会

恩田逮捕の瞬間

 2009-04-30
らが文連副委員長は今日も元気に完黙中。
ビバ、完全黙秘非転向! 対権力闘争におけるイロハ中のイロハだ。
本日30日で留置場生活は7日目一週間へ至るにつき、恩田の体調を気遣う声も一部には聞こえる。
が、「普段元気すぎてうるさいやつだからションボリしているくらいが丁度良い」、という説も一方にはある。
連盟内部では後者の意見が優勢だ。


080817_1654~0001


ころでブログ閲覧者のみなさまは、4.24当日、恩田亮がどのような具合に逮捕されたかをご存じだろうか?
そう多くの方はご存じないように思う。
実際、あの時現場にいた人間でも逮捕の瞬間を我が目で確認した人はまれで、ほとんどの人は人づたえにその事実を知った。
戦場カメラマン並みの第一線でカメラを回していたズートロも、不当逮捕の「その時」に居合わせることはできなかった。
だが、それは単に運が悪かったわけではい。
確とした別の理由がある。
下の写真を見て欲しい。


DSC_2207.jpg


れが恩田獄中行きの決定的瞬間だ。
左手後ろにはなすすべなく立ちつくす新入生の姿も見える。
写真の通り、恩田はビニールシートに包まれて、連行された。
この騒乱のさなか恩田を含め4名の学生が強奪されたが、ビニールシートで横浜シュウマイ張りにくるめとられたのは恩田亮、ただ一人である。
公安警察は、「一大事件・恩田亮逮捕」に、集会参加者の耳目が集まることを恐れたのだろう。
ちなみに護送の車両も他の3名とは違う、VIP待遇であった。



草メンバー「恩田くん、ぼくもビニールシートに包まれたよ!」
グラフィック 0423(2)



恩田メンバー「一緒にしないでください!」

090324_1238~0001

つれづれなること 10

 2009-04-30
「剣よりペンが強いのが、人間社会のあるべき姿なんだよ」

酒が飲めないらしく、居酒屋でコーラを飲みながら彼は私にこんなことを言ってきた。
単純に、「(顔とセリフが)合ってないw」と感じたのを覚えている。
どうゆう話の流れだったかは覚えていないが。

その約一ヶ月ほど後、世論研究会の会長も務めていた彼は、機関紙で法政大学を痛烈に批判。
結果、それが「誹謗・中傷」とされ、文学部教授会より「厳重注意」の処分(通達)を受けた。
それにプラスして、記事に名前を挙げた人間全員に謝罪文を書くことも強制された。
彼にとって、またひとつあたりまえだったはずのことがあたりまえじゃなくなった瞬間だったようである。

それから一年あまり。彼は、文化連盟の非公認化に伴って要求されていた本部室の明け渡しをめぐって、当時の執行部と衝突。殴り合いのケンカまで起こす。
その場にいた本部員の一名が学生部に通報し、そのことは学生部の知るところとなる。
ケンカした相手は彼と同期で、文化連盟に関わる中で、親しくなった学生だった。その相手方も、機関紙発行以来、彼が学生部から有形無形の圧力を受けていたのは知っていたので、これが弾圧に使われないよう、和解したことを示す文書を学生部に彼といっしょに提出してくれた。
しかし、彼は2週間の停学処分を受けた。
問題を暴力で解決する姿勢はよくない」というのが主な理由だった。
それを聞いた彼は、その当時の文学部長である、後藤篤子にこう言う。
「ジャージ部隊はどうなんですか?」
後藤篤子いわく、
「姿が見えない」
だそうだ。
ジャージ部隊がキャンパスに登場して一ヶ月あまり経っていた。法政大学で普通に教授職をやっていて「見えない」はないだろう。
彼は教授に対する最後の信頼の糸を捨てたようだ。

そして、彼、恩田亮は今に至る。

副長だけではない。私だってそうだ。最初の1ヶ月くらい、様子見の期間があったわけだが、基本的に集会・ビラまき・デモを行うだけの全学連を、「過激派」として(まあ過去においてそうなのだが)、暴力的にたたき出す法政大学の姿勢は、どちらが「過激派」なのかわからなかった。内海さんらと知り合って一週間もしたころ、まだ公認だったころの文化連盟の会議に彼らといっしょに参加したところを見られたらしく、その次の日から、職員が私にまとわりつくようになる。後期に入るころには、キャンパスの出入時間をチェックされるようになっていく。そして、今に至る。

右手にペンを、左手に剣を。
現在の文化連盟の誕生である。

しかしながら、問題の性質上、サークルに関わっていない人間はまったく知らない問題である。さらに、予想をはるかに超えた政治的無関心もあった。これらをどうにかせねばならない・・・。

今から一年くらい前のビッグ・イシューで石田純一がこんなことを言っていた。
「僕らの学生時代は全共闘運動があった。激しい行動スタイルを見て、まだ高校生だったけどいろいろ考えさせられた。多くの、いわゆるノンポリがそうじゃなくなった」
詳しく覚えているわけではないが、こんな趣旨だったはずだ。

2008年10・17、2009年4・24。いずれも、何かを法政大学に残したと思う。
このブログのヒット数も4・24以降1000付近をマークし続けている。
当日は一般学生と思われる学生達から多くのコメントもあった。
もちろんいきなりあんな行動が事情を知らない人間に歓迎されるわけはないので、予想された反応とみていいだろう。おそらく、単なる平和主義者であれば我々の主張を理解しても支持しないかもしれない。
誤解を与えそうなので付け加えるが、もちろん、脚光を浴びるために逮捕者を出すのは断固間違っている。事実、4・24当日は、機動隊の指揮官車が「公安条例違反」の警告をしてきたときには本来の場所に戻った。要するに、無駄な逮捕者を出さないために退いたわけだ。それでもやってくるあたりは、さすが権力、というところか。

今、文化連盟が行っている運動は何にカテゴライズされるべきなのだろう?
本当に学生運動という範疇に入るべきなのだろうか。主張と獲得目標は間違いなくそれに入るだろうが、やったら処分されたり、逮捕されたりすることを前提にしなければできない運動とは、学生運動なのだろうか。

最後に、公民権運動で有名な、キング牧師の言葉を引用する。
その前に、あまりいたずらにこの言葉を振りかざすのは多くの点で適当ではないので、二点注釈をつける。
①何かをするわけではなくとも、「がんばれ」と言う声は間違いなく励みになっている。
②法政がこうなるまでに、結局何もしなかった身体性のない説教を振りかざす「博学な小市民」たちに告げたものだということ(どれくらいがこのブログを見ているのか知らないが)
それではお読みいただきたい。

「最も恐ろしいのは、悪人の暴力ではなく、善人の沈黙である。沈黙とは、暴力の陰に隠れた同罪者である」
                         マーティン・ルーサー・キング
歴史の表舞台に出てくるまでの間に、彼が感じたことなのだろう。

                                                齋藤 郁真

【長くて】4.24逮捕事件の記者会見の模様【ごめん】

 2009-04-29
前編




中編




後編

4.29集会の模様

 2009-04-29

4.28集会の模様

 2009-04-28

家宅捜索突入!

 2009-04-28
日午後、恩田亮の自宅に家宅捜索が入った。
大量の公安警察が恩田邸を滅茶苦茶にしていった。
先日、4.24に、「東京都公安防止条例違反」なる嫌疑で不当逮捕された恩田亮であるが、統治権力はいよいよ恩田のホームベースにまで触手を伸ばしてきたのである。

大変だ! 大変だ!
恩田の愛の巣に、無骨で無礼な税金泥棒共が押し寄せてきたのだ!


マルコメ巡査長「恩田、お前の家族関係を徹底的に破壊してやる!」
集会 049kai


エロマスク「恩田、女の子の写真ないの?」
マスクマン


岡野直人(おかのなおひと)「ざまみろ恩田! 星さん、もっとやってやりましょう。」
岡野直人


星隆夫(ほしたかお) 警視「いいぞお前ら! 恩田宅を破壊しろ! 次は斉藤の自宅だ!」
公安部 星



に不当なことである。
そういうわけで、文化連盟委員長・斉藤郁真の家にも家宅捜索が行われた。
斉藤は逮捕されていないにもかかわらず、である。
・・・許しがたい。
真昼間の斉藤邸は、警視庁のガサ隊に囲まれてしまった。


斉藤「やつら公安警察は、私のパソコンを押収していきました。この家宅捜索は4.24事件の捜査ではありません。文化連盟委員長である私、斎藤郁真のパソコンを押収するためだけに行われた公安調査です。」
003.jpg


社研・内海「不当捜索ナンセンス! 増井、ズートロ! 次はお前らの家に来るぞ! エッチなデータは隠しとけよ!」
019 (2)


増井「バッチリです!(笑)」
022 (2)


ズートロ「上記に同。でも、やだよー(泣)」
018 (2)



不当捜索ナンセンス!
警視庁公安部による不当調査を許すな!

速報! 拘留理由開示公判の日取り決する!

 2009-04-28
よいよ、恩田亮、倉岡雅美に会える。
5月1日金曜日、拘留理由開示公判が東京地方裁判所で開かれることとなった。
本公判はその名の通り、なぜ恩田亮、倉岡雅美が留置場に「拘留」されているのかの「理由」を「開示」するためのものである。
・・・いや、開示するためのものである「とされている」。
筆者も幾たびかこの種の公判には出向いたことがあるのだが、大抵は大したことは開示されない。
・・・いや、正直な話、「何も開示されない」。
だから、心から拘留の理由を知りたい人は来ても無駄である。
お約束しよう。断固、無駄である。


7a921a54.gif


が、しかし!
5月1日(金)、13時30分に東京地方裁判所に出向けば恩田亮、倉岡雅美両名に会える。
「東京都公安防止条例違反」なる意味不明の嫌疑をかけられて不当逮捕された彼らに再会できるのである。
これはもう行くしかない!
だが、当日はおそらく傍聴券の抽選が行われるだろう。
裁判制度の冒涜としか言いようがないのだが、現在、法大当局は法大関連の裁判の傍聴者を一人でも減らすため、アルバイトを雇用しての傍聴券狩りを決行しているのである。
詰まる所、傍聴券の買占めだ。
しかも、彼らアルバイトは決して傍聴することはない。
ほんの数名の大学職員に券を受け渡す他、余った券はすべて廃棄している。
「法」政大学のなんですけどね。
恥を知れ! とは法大当局に向けて発せられるべくして、生まれた言葉に違いない。


7a921a54.gif


日の3時から、文化連盟、3.14法大弾圧を許さない法大生の会、法大弾圧救援会の3団体は、マスメディアを招いての記者会見を弁護士会館にて断行することになっている。
もちろんメインは4.24弾劾だが、法大当局によるこのダフ屋まがいの不法行為も暴露しない手はない。
会見の映像は本日中にアップする予定なので楽しみにして欲しい。
とにかく、若干早めの13時に来ていただければ、抽選には間に合うだろう。
恩田倉岡に会えるだろう。
友人知人諸氏を始め、どなた様も、大同結集願いたい。
連盟一同、心よりお待ちしている。


7a921a54.gif



恩田亮、倉岡雅美の拘留理由開示公判

日時:5月1日(金)
場所:東京地方裁判所
時間:13時30分開廷

文化連盟は、止まらない。

 2009-04-28
恩田遺影


.27恩田亮追悼集会は、しめやかに遂行された。
故・恩田亮を偲び、後輩、増井真琴企画局長が早朝からビラ撒きに決起。
増井くんは語る。


増井「ほんとは家で寝ていたかった。・・・でも、恩田との最後のお別れだから。うぅぅ(泣)」
1240800484.jpg


恩田「増井、まじで殺すぞw」
恩田遺影


増井「サーセンwww」
1240800034.jpg


いうわけで、本日、恩田亮追悼集会改め恩田倉岡奪還集会が東京都は千代田区、法政大学市ヶ谷キャンパスで闘われた。
増井くんと並んで滅多なことではキャンパスに現われない、05文化連盟事務局長・友部博文(法学部退学処分)さんも、この日ばかりは断固登場。
友部さんは世論研究会での恩田の先輩にあたることから、参加せずにはいられなかったのである。


アジる、斉藤委員長。
028.jpg


排除される社研・内海。
025 (2)


正門、狭いなあ・・・。
031 (2)


学生センター事務部長・浅見信一(左)と同事務次長・森(右)。
集会妨害に現われる。
032 (2)


大学職員とおぼしき謎の女性も出現。
帽子自重www
不審者6


て。
今日のベストアジテーターは、「おい、伊藤! いい加減都立大に帰れ!」でお馴染み、東京都立大学文化部連合役員・伊藤拓也氏である。
この男、ただの酔っ払いではなかった。
都立大学で、長年、自治会やサークル本部団体の役員を務めあげただけのことはある。
要訳でしかないが、彼のアジ演説の一部をご紹介しよう。


「みなさん! 都立大学には、24時間学生自主管理自主運営のサークル棟があります。私は長らくこのサークル棟の運営に末端ながら携わってきた。その経験から言えることは、私は東京都立大学を愛しているということです。」
033 (2)


「みなさん! 公安警察作成の冊子『治安フォーラム』によれば、近年、公安警察は次のような宣言をしている。すなわち、法政大学の学生運動を壊滅した暁には、東北大学の日就寮、京都大学の熊野寮、この2つの学生自治寮を廃寮に追い込む旨の決意です。」
033 (2)


「みなさん! これは妄想ではありません。目下、富山大学の新樹寮という学生自治寮は、法大闘争と並行して廃寮に追い込まれようとしています。しかもその過程で数名の逮捕者まで出している。公安警察、統治権力は本気です。」
033 (2)


「みなさん! 法大の問題は個別法大だけの問題ではないのです。もしいま、3年間94名に顕現される法政大学の大弾圧を許したら、その猛爆は全国大学に波及します。なぜなら、現在法大弾圧に注入されている膨大な金(資本)と人が、全国大学に拡散するからです。」
033 (2)


「みなさん! 猛爆は、公安警察の言うように、東北大学に波及するでしょう。京都大学に波及するでしょう。・・・そしてそれで終わりでしょうか? いいえ違います! 巡り巡って、それは私の愛する東京都立大学にも波及するのです。」
033 (2)


「みなさん! 私は都立大の学生文化が大好きです。そこで活動する学友が大好きです。私はこれらを失いたくない。だから私は法政大学で闘っています。わざわざ多摩くんだりからやってきて闘っています(笑)。これからも闘い続けます。法大生のみなさん、学生は一つです。一緒に闘いましょう!」
033 (2)


斉藤郁真委員長「・・・伊藤さん、いい演説でした。」
023 (2)


増井真琴企画局長「先輩、見直しました!」
022 (2)


新入生「ただの飲ん兵衛じゃなかったんですね!」
020 (2)


不審者「さすがは木原大先生の後輩!」
021.jpg


社研・内海「よーし! この勢いで恩田・倉岡を奪還するぞぉ!」
019 (2)


ズートロ「そうだー! 明日も集会やるぞー!」
018 (2)


不審者「うぎょぇえー!!!」
021.jpg


文連×3.14の会×全学連「恩田亮、倉岡雅美を絶対に取り戻す!」
034 (2)



恩田倉岡奪還集会
~ポニョ助を取り戻すぞ!~

日時:2009年4月28日(火)
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
時間:12:40~
主催:文化連盟執行委員会

今日の東京警備保障株式会社

 2009-04-28
日もガードマンは大暴れ。
例えばこの人、正木敦之(まさきあつゆき)48歳である。
まずは、正木の前科をご紹介しよう。


正木敦之(まさきあつゆき)48歳
006.jpg


①斉藤委員長の腹部に蹴りを入れる
②哲研・新井拓くんの上半身を蹴りあげる⇒のち、あばら骨の骨折が判明
③倉岡さんのトイレをストーキング撮影
④拡声器を蹴る⇒拡声器破損


・・・犯罪者じゃないか!
今朝も正木は人様のデジタルカメラを破壊せんと、カメラをもぎ取りに突進してきた。
写真は若干ぶれているので、ブログ閲覧者諸氏には、改めてこの危険人物の人面を把握してもらおう。


正木敦之(まさきあつゆき)48歳
正木敦之


正木敦之(まさきあつゆき)48歳
画像 049kai


正木敦之(まさきあつゆき)48歳
正木敦之kai



覚えたかな?
はい! ではお次はこの人、久保である。


久保(くぼ)
015 (2)


周囲に男性がいない時だけとっても強気な久保くん。
女子大生相手になると、もう抑制が止まらない。
社研・洞口さんや同・倉岡さんを名指しして、


「ブス!」

「豚になって帰れ!」

「クソ女!」

と大はしゃぎ。
ここで久保のルックスをいま一度確認してみたいのだが・・・、


kubo3.jpg


一目瞭然、人の容姿をとやかく言える面構えではない。
久保くん、鏡をよく見てから人のことを言おうね(^^)
久保は今朝もなにかよくわけのわからないことを叫び散らしていた。


最後はご存じ、星景(ほし・けい)。
東京警備保障ガードマンの隊長である。


星景(ほし・けい)53歳
012.jpg
011.jpg
013 (2)


星は警備員としての通常勤務後、公安警察の車両に乗り込む姿をたびたび目撃されている。
まさに「極悪」警備員だ。
「調査費」という名目で毎年莫大な使途不明金を予算内に保持する日本国警視庁であるが、星もそのオコボレにあずかっているのは間違いない。
名実ともに「権力の犬」である。

星の必殺技は「人の足を踏む」攻撃。
これまで法大において、数多くの活動家が星に足を踏まれてきた。
殴るでも蹴るでもない。
警備員特製仕様のブーツで「足」を踏みつけるのである。
今日も星は企画局・増井くん他数名の「足」を踏むべく敢然決起、大車輪。
なんて悪い奴なんだ! なんて悪い奴なんだ!

足フェチなのだろうか?

4.27集会の模様

 2009-04-27

明日は集会!

 2009-04-26
恩田遺影




増井企画局長「恩田とも色々あったけど、いい奴だったよな」

090409_0535~0001


社研・洞口「私、悲しい! 悲しくて悲しくてしょうがない!」
IMG_1018 (2)


ドイツ研・クキノ「いや、めっちゃ笑顔だけどw」
080605_221300 (2)


織田全学連委員長「300万学生は恩田くんの屍を乗り越えよう! 団結して革命やろう!」
f2338_4_1.jpg


クキノ「勝手に殺されてるしwww」
080605_221300 (2)


増井「生前はケンカばっかりしてたけど、あいつは正直で一本気で気持ちのいいやつだった(涙) ・・・畜生っ!」
090409_0535~0001


洞口「私、悲しい! いま、世界で一番悲しい!」
IMG_1018 (2)


クキノ「顔は正直だね(笑)」
080605_221300 (2)


織田全学連委員長「労働者はゼネストをやろう! ストライキして革命をやろう!」
f2338_4_1.jpg


クキノ「もはや、恩田関係ないじゃん(笑)」
080605_221300 (2)


恩田亮(享年22歳)「この記事書いたやつ、絶対殺す!」
恩田遺影




恩田亮追悼集会
~ありがとう恩田、そして永久に!~


日時:2009年4月27日(月)
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
時間:12:40~
主催:文化連盟執行委員会

カンパのお願い

 2009-04-26

カンパのお願い
 
文化連盟執行委員会
 
文化連盟副委員長・恩田亮、文化連盟所属社会科学研究会会員・倉岡雅美が逮捕された。
 
この逮捕の不当性の具体的なことはまた別で訴えることとする。今回は別のことを訴えようと思う。もちろん、最終的な結論は「カンパお願いします」であり、無粋な言い方をすれば「金をくれ」という表現になってしまうことは疑いようがない。その上で、カンパをする気がある方もそうでない方もちょっと読んで欲しい。
 
今回、逮捕された二名も人間だ。いきなり沸いたわけではない。中核派の人間でも、中核派になるまでに過程・動機があるように、恩田・倉岡の両名にも運動を始めるに至った過程・動機がある。私にも、企画局にもある。
 
文化連盟が立ち上がったきっかけは、もちろん「恩田亮への停学処分」であったわけだが、それは獲得目標の類であって、動機とは別のものだ。
恩田亮はよく言う。「ビラをまいてるだけの女性(この場合は倉岡)を後ろから殴って逃走した学生がでてきた。にも関わらず教授たちは知らないふり。大学の合法的な手続きではこれはやめさせることができない。運動するしかなかった」
学生の本分以前に人間の本分が保てなくなるような学内の雰囲気に、怒りがこみあげた。
信じていた教授たちはその状況を放置。一年生のときの最初の哲学の授業で「批判精神をもて」といっていた牧野教授にも裏切られた。
そして己の実力をもって、暴力的であっても、2005年の彼が入学したばかりのときのような、つみつくりがバカな企画を打ち、全学連が演説し、わけのわからないビラで埋め尽くされた、そういった自由な法政大学を取り戻したかったのだ。2006年以来、6大学野球の応援にいく学生が一気に減り、自分やその友人以外の学生は、応援歌すら知らないことを嘆いていた。愛校心ゆえに、彼は法政大学に反逆した。
 
倉岡雅美は「教育」というものに興味があったらしい。現に彼女は宮城教育大学の大学院を卒業目前にしてやめ、法政大学にきた。
彼女の歩んだ軌跡をみて、客観的に「中核の送り込み」ということは可能だろう。だが、それは客観的なものに過ぎない。客観性は完璧ではない。人の「思い」を見ないからだ。
私は断言するが、彼女は送り込まれたのではなく、この法政の現状を変えたくて、自分も法大生として闘おうと思ったから法政大学に入学したのだ。「運動が本分の人間に用はない」と言う向きもあろう。だが、彼女は彼女の「思い」をもって法政大学にやってきた。
 
424日に逮捕された二人を、そしてもちろん共に闘ってくれた全学連の4名を、私は取り戻したい。文化連盟委員長としてより、齋藤郁真として。
救援の弁護士の方が忙しい中、毎日接見してくださっている。当然、救援費用はかさんでいます。
 
法政大学文化連盟に、カンパをお願いします。
 

●送付先:みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

 
文責 執行委員長 斉藤郁真

マルコメとエロマスク

 2009-04-26
化連盟副委員長・恩田亮を取り調べているのは誰だ?
恩田が、卑劣なる税金泥棒集団・公安警察によって、下劣なる罵詈雑言を浴びせかけられているのは容易に想像がつく。
下品な罵倒は恩田亮の専売特許であったはずだが、いま、立場は一変した。
恩田は現在、苦業「完全黙秘完全非転向」を決行中であり、ここに来てこれ幸いと公安警察は調子にのっているに相違ない。
過去における恩田の振る舞いの是非はともかく、恩田は常に自らの行動を社会に晒しその責任を負ってきた。
一方、奴ら公安警察の罵声は、国家仕様の密室の取り調べ室でのみトドロクわけで、その分より陰湿である。
恩田も、取り調べという名の転向強要にさぞ不愉快な思いをしていることだろう。
恩田亮を取り調べているのは、誰だ!


●容疑者その①マルコメ巡査長


社研・洞口「おい、マルコメ! お前だろ!」
画像 003kai


変態警官@麹町署「んっ、なんだい洞口さん? 困ったことがあったらぼくが助けてあげるよ。」
機動隊2


増井企画局長「ちょっ、オッサン誰だよwww マルコメを出せ!」
090409_0535~0001


変態警官@麹町署「洞口さん? 困ったことがあったら市民の味方であるこのぼくがいつだって力に…」
IMG_0773kai.jpg


新入生「エロ親父自重!」
090424_0450~0003


ウソアキラ50歳の後輩「おまえ、文連夏祭りの時のwww」
090409_0536~0001


変態警官@麹町署「・・・・・・(出たな、伊藤!)。」
IMG_0773kai (2)


マルコメ巡査長「おい伊藤、いい加減都立大に帰れ!」
marukome.jpg



「オレは高卒じゃない!」「オレは亜細亜大学卒だ!」でお馴染みのマルコメ巡査長。
まず容疑者の筆頭にあげられるのがこの人物、マルコメ巡査長だ。
故・石沢剛と並んで、常日頃恩田がもっとも好んでいじくりまわした公安警察の一人である奴が、ここぞとばかり積年の恨みを晴らすことは大いにあり得る。
取調室で、血気盛んに恩田を罵倒しているはずだ。


マルコメ「恩田、おまえ絶対起訴してやるからな!」
公安さん2


マルコメ「恩田、おまえが頑張っても法大は変わらないぞ!」
集会 046kai


マルコメ「恩田、おまえ中核に入ったんだろう!」
集会 049kai


マルコメ「恩田、おまえ革マルと組んだ方がいいぞ!」

集会 049kai


恩田亮「・・・マルコメ、うぜぇ(笑)」
080815_1851~0001



容疑者その②マスクマン(俗称:エロマスク)

yoron 763_convert_20080721212950


この男はマルコメ以上にサイテーである。
一言で言えば「女性の敵」。
発言にデリカシーがないのだ。
普段は外堀公園で写真撮影を担当しているカメ子(カメラ小僧)だから、法大生諸氏も見たことのある人は多いと思う。
それでは、これまでの彼の発言録をご紹介。繰り返しますが、ほんとサイテーです。


エロマスク「洞口って可愛いよね。」
マスクマン


エロマスク「洞口には彼氏いるの?」
マスクマン


エロマスク「倉岡は可愛いけど、ブーちゃんだからね。」
マスクマン


エロマスク「倉岡は痩せれば結構イケると思うよ。
マスクマン



我らがポニョ助に「ブーちゃん」だの「痩せればイケる」だの、この男は一体何様なんだ!
紳士でないことは確実だが、それにしても彼は一応公務員ではある。
こんな変態発言を国体護持第一義の公安警察官が税金投下中の勤務時間に繰り返しているとは、何たる緊張感の欠如、我が大日本帝国の崩壊も近い。
恩田亮が常々このエロマスクを「女の子の敵」として公衆の面前で徹底弾劾していたことは周知の事実。
であるからにして、エロマスクが恩田亮に憎しみを抱いている可能性は高い。
そして、やっぱりエロマスク。
転向強要にも「性」を動員してくるはずだ。
恩田亮も自身の性事情の告白を求められているに違いない。


エロマスク「恩田、彼女いるの?」
マスクマン


エロマスク「恩田、彼女とはどうなの?」
マスクマン


エロマスク「恩田、彼女は会いに来ないの?」
マスクマン


エロマスク「えっ? どうなのどうなの?」
マスクマン


洞口「サイテー!」
画像 003kai


増井「・・・一体何の取り調べなんだ。」
090409_0535~0001


伊藤「「東京都公安防止条例違反」じゃなかったっけ?」
090409_0536~0001


新入生「恩田先輩、エロマスクまじキモいっすね!」
090424_0450~0003



恩田亮「オレは絶倫だ!」

20090324102320.jpg


増井「・・・・・・そこか(笑)。」
090409_0535~0001


恩田亮「オレは絶倫だ! オレは絶倫だ!」
20090324102320.jpg
lohas7296_comobc0368.jpg



マルコメとエロマスクは恥を知れ!
恩田亮になめた口を聞くなや(*゚∀゚)アヒャヒャ



集会 049kai
マスクマン

不当逮捕弾劾声明および団体交渉要求書

 2009-04-26
日月曜日、大学当局へ提出予定の弾劾声明を一足早く公開する。
恩田亮、倉岡雅美への逮捕を当連盟は一ミリも認めない。
必ず奪還するのだ! 
・・・と息巻くととちょっと肩がこるから、ペタ。
恩田の好きなパフュームです。




2009427
法政大学総長 増田壽男 殿
法政大学学生センター長 宮崎伸光 殿
 
不当逮捕弾劾声明および団体交渉要求書
法政大学文化連盟
 
我々文化連盟は、当連盟世論研究会構成員にして副委員長恩田亮、および社会科学研究会構成員倉岡雅美以下6名の不当な逮捕に抗議する。
 
恩田亮・倉岡他1名は「無届けで集会を行った」として「東京都公安条例違反」になっているが、これはまったくの嘘である。以下その理由を記す。
①機動隊指揮官車が来て「サングラスにオールバックの男性・太鼓を叩いて扇動している男性・チェックを着ている女性、すぐに無届の集会をやめなさい」と発したとき、彼らは法政大学内にいた。
(参照:http://www.youtube.com/watch?v=_q3x-KbZ76U&eurl=http%3A%2F%2F08bunren.blog25.fc2.com%2F&feature=player_embedded【00:00~03:23】)。
我々は単に法的立場からのみ抗議はしない。が、法的立場からいっても今回の逮捕は不当である。「公安条例」は公道に対して適用されるものだ。彼らがいたのは法政大学構内であり、そこは公道ではない。そもそも公安条例は適用されえない。
②指揮官車の言うところの「サングラスにオールバックの男性」という言葉。
そのとき恩田亮はサングラスをつけていなかった。激突でサングラスが割れて眼を怪我しないためである。つまり、最初から恩田亮だということを知っていたということであり、いわゆる「狙い撃ち」であったということである。(同上記参照)
③指揮官車から警告が発せられた後、五分も経たないうちに場所を移動し、本来の集会場所(告知済みの場所:法政大学正門前)で集会を開始した。
にもかかわらず、機動隊が我々および支援者を包囲してきて、急に圧迫してきたのだ。その過程で、急に圧迫されたため、三十人ほどが倒れてしまい、人が下敷きになる騒動が発生した。その騒動を片付け(機動隊が押してきたので難しかったが)、外濠公園にて人数確認を行ったところ、指揮官車に警告を受けた三名および、二名が「公務執行妨害」で逮捕されたことがわかったのだ。そもそも「公安条例違反」の事実は存在しないのに、その過程で起きた「公務執行妨害」は成立しえないはずである。
 
そしてこの後、この不当逮捕に抗議して麹町署に抗議行動をしに行った際、10分ほど麹町署前で弾劾のシュプレヒコールを上げていたところ、急に機動隊が突入し、警告もなければ、法的根拠も示さずに我々を排除し始めたのだ。その過程で、排除しやすくするために、1名を「公務執行妨害」で逮捕したのだ。法的根拠も示さず、ただ排除のための排除であったこの警察側の対応は、「公務」などではないことは明らかである。
よって「公務執行妨害」は存在しない。
 
6名は無実である。
 
この事態に至る過程の原因は、2006314日のビラまき・たて看板規制およびそれからの一連の法政大学の強圧体制にある。
法政大学当局は、大学が設ける密室ではなく、公開の場所にて全学生に説明責任を果たす義務があるはずだ。我々文化連盟との公開での団体交渉を要求する。回答期限は430日昼休みである。
 
文責 文化連盟執行委員長 齋藤郁真

4.24集会の模様(後編)

 2009-04-26

恩田倉岡救出カンパをお願いします。

 2009-04-26
ローニャ大学以来の大学の歴史において、大学は真理を追究する場とされており、「自由と進歩」を謳う法政大学も自らを真理探究空間として喧伝している。
だが、特定の人間を恣意的な選別で排除する現在の法政大学ほど「真理」から縁遠い存在はあるだろうか。
法大の現状はすべて正門に象徴されていると言えよう。
常時2メートルしか開かない正門には、金で雇われた暴力ガードマンが配備され、日々入構者のふるい分け、実力排斥が行われている。
法政大学では特定の人間と会話を交わすことはできないし、特定の人間が作ったビラ・機関紙を読むこともできない。
大学は特定の人間の「言葉」を排撃しているのである。
これを思想弾圧と呼ばずして何と呼ぼうか。

法大OBに対する殴る蹴るの暴行あと↓
半澤


ジャージ職員による「殺すぞ!」発言(00:20秒前後)↓



中年職員(男)による学生へのストーキング↓



ークルの連合体、文化団体としての文化連盟は1959年に成立し、いまも存立している。
「自主文化創造」を理念に掲げる当連盟は学生の表現活動を全肯定する立場にある。
おかしいことにおかしいと言って何が悪い、と主張している。

だが、この発言は必ずしも真意をつかんでいない。

より正確に言えば、おかしいと思ったことにおかしいと言って何が悪い、になる。
つまり、我々各人の「おかしいと思ったこと」が独立客観的に「おかしい」かどうかは、問題の本質上さして重要ではないのである。
誤解を恐れずに言えば、仮に我々の主張が100%間違っていたとしても、それはそれで構わない。

そうなのだ。

文化連盟は、学生個々人が互いの思いや考えを相触れ合わせ、表現に昇華し、切磋琢磨する場が大学であると主張している。
主張の中身がどんなに誤謬極まりなくマヌケなことであっても表現は土台の上に登らなければならない、と訴えている。
ビラを手に取った学生がビラを捨てるのはよいし、機関紙を手に取った学生が機関紙を捨てるのもよい。
しかし、大学当局/統治権力がビラ・機関紙の配布を封じるのは言論圧殺以外の何物でもないではないか、と論陣を張っている。

現在の法政大学の病理は、表現行為の土台すら資本に横領されていることにある(営業権!)。
我々文化連盟が「文化連盟」として行動する際の最終行動目的はただ一つ。
すなわち、正門を全開にしろ、と、ただそれだけだ。

文化連盟は、いま一度法政大学に豊穣な表現空間を取り戻したい。
そのために、恩田亮、倉岡雅美を取り戻したい。
2人は文化連盟だけでなく、法政大学に必要とされる存在です。


1221487806.jpg
画像 294kai


接見費用や弁護士費用、その他諸費は多くのお金がかかります。
全世界人民のみなさん、恩田倉岡救出のためのカンパを、連盟一同心よりお願い申し上げます!


●みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

【ズートロ動画】4.24法大解放総決起集会【ではない】

 2009-04-26
.24法大解放総決起集会の報道動画を3.14法大弾圧を許さない法大生の会ブログより転載します。
この動画はズートロ作品ではありません。
ズートロ動画の後編はまた明日。
楽しみにしてください!


4.24集会の模様

 2009-04-25


後編もすぐあげます。

【速報】4.24集会の模様【逮捕】

 2009-04-25

嘘をつくな、TBS!

 2009-04-25
.24の模様は大手メディアでも報道されている。
日本メディア界の恥部「記者クラブ」制度の権化たる、大手5系列16社の報道機関も、カメラを片手にキャンパスへやってきた。
その結果は、下記サイトで報道されている。

・TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4116415.html
・テレビ朝日
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news6.html?now=20090425103151
・フジテレビ
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00153813.html


ちなみに、3.14法大弾圧を許さない法大生の会ブログでも4.24の写真報道がなされている。
http://hosei29.blog.shinobi.jp/Entry/424/

おまけw
・【東京】逮捕者続出の法政大学騒動について →共産党板@2ch
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1214542708/
・法政大学で大バトル…警察官200人vs学生活動家170人 → ニュース速報板@2ch
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/news/1240587403/
・法政大学で大バトル…警察官200人と中核派・学生活動家170人が激しくもみ合う、6人逮捕 →ニュー速(嫌儲)板@2ch
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1240624178/
・【社会】法政大学で大バトル…警察官200人vs学生活動家170人 6名逮捕★2 →ニュース速報+板@2ch
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1240592326/



さて。「メディアが来ると逮捕が起こる」という言い伝えが法大学生運動には存在する。
しかし、これは根拠の無いジンクスではない。
類例を基にした立派な経験則である。
立て看板撤去を巡る2006年3月14日の29名大量逮捕では、春休みの静寂としたキャンパスに200名超の公安警察が現われ、その背後からフジテレビジョンが登場した。





恩田停学処分を巡る2008年5月29日の33名大量逮捕では、雨降り激しい外堀公園へTBSが顔を出した。





両事例とも、事前に警視庁記者クラブを媒介にしたリークがあったことは間違いない。
大量逮捕の現場に取材班が「たまたま」通りかかることなどあり得ないのだ。

その証拠に見て欲しい。

大本営発表そのままの、今回のTBSの報道を。
腐敗ここに極まれり、である。

>東京・千代田区の法政大学で無許可の「集会」を行ったなどとして警視庁公安部は法政大学の学生を含む中核派の活動家6人を逮捕しました。
 東京都公安条例違反の現行犯の疑いなどで逮捕されたのは、法政大学の大学生2人を含む過激派・中核派の活動家男女6人です。

嘘をつくな! 
菊の御紋を片時も離さない恩田亮が中核派とは、捏造もいいところである。
彼らは一度恩田の書斎を案内して貰った方が良い。
恩田が中核派になる時は織田陽介全学連委員長が革マル派に転向する時である。
つまり「その時」は永遠に来ないのだ。

この辺りのメディアの汚穢は、声誉のファシストにして文化連盟賛同人でもある外山恒一トさんが喝破しておられる。
長文だが引用させて頂く。

・今どき政治犯など珍しくもない
http://ameblo.jp/toyamakoichi/entry-10239460990.html
・法政大学ノンセクトの諸君から2名の逮捕者が出た模様
http://ameblo.jp/toyamakoichi/entry-10248669108.html


 私の政見放送について、「日本には言論の自由があるんだなあ」などというマヌケな反応は無数にあるが、かねがね云ったり書いたりしているとおり、現在の日本には言論の自由などない。かろうじて選挙制度を利用した場合にのみ、例外的にある程度、言論の自由が謳歌できるにすぎない。
 そんなわけだから、ちょっとしたビラまきや集会などで逮捕される「政治犯」など、現在の日本では実はほんとはちっとも珍しくなんかないわけで、つい先日も、こんな事件が起きている。

   中核派活動家ら2人逮捕=法政大で職員に暴行 (2007.4.27)

  警視庁公安部は27日、法政大学で退学処分への抗議デモをめぐり、大学職員を引き倒したなどとして、 暴行の現行犯で、中核派全学連活動家の同大生ら2人を逮捕した。
 逮捕されたのは中核派全学連活動家で同大法学部2年の新井拓容疑者(32)と同派支持者の 元同大生友部博文容疑者(24)。

 時事通信の報道のようだが、まったくひどい内容だ。この記事を書いた記者とこれを通したデスクは腹を切って死ぬべきだし、そもそも会社が潰れるべきだ。もっとも現在の大手マスコミの報道はすべて例外なくこの程度なので、だからファシストたる私は、政権樹立後にはすべての報道機関は取り潰しにすると公言しているのだ(言論の自由など謳歌していないマスコミを取り潰したところで、それは言論弾圧ではないからね)。
 そもそも「新井拓容疑者(32)」が「中核派全学連活動家」であるのは事実そのようなんだが、「友部博文容疑者(24)」が「同派支持者」であるなんてまったく嘘、つまり完全な誤報なのだ。日本の存在価値ナシ報道機関がよくやる「警察発表の垂れ流し」というやつである。
 4月27日に法大界隈でおこなわれた集会とデモが、同大学を前世紀から活動拠点としている中核派の主導によるものだったのは事実だが、メンバーやその支持者だけでなく、同大学にどうやら数名規模で存在しているらしいいわゆる“ノンセクトラジカル”の活動家も参加していた(「友部博文容疑者」はその一人だ)し、先日私を秋葉原のメイド居酒屋とやらに連行した革命的非モテ同盟の人もいたし、私の都知事選の協力者でありネイキッドロフトのイベントでも司会をやってくれているかの中川文人氏もいたし、そもそもこの日は実は何を隠そうこの私も参加していたのだ。
 上記の「報道」が、いかに「いまどき学生運動なんかやっているのは中核派とかナントカ派とか、そういうアブない奴らであって、逮捕されて当然」という方向に、事実を捻じ曲げてでも読者を誘導しようとしているかというのは、これだけでも明らかだろう。
 もちろん、中核派だからといって今回のような微罪(というよりも単なるでっち上げ。もともと大学当局や公安当局にこの「新井拓容疑者」は目をつけられており、正門前で法大職員たちと押し問答になった時、事前の計画どおり職員の一人が「うわー、首をしめられたー」と絶叫して「こいつがやった」と彼を指差し、これを合図に公安刑事どもが彼を「現行犯逮捕」したという事件なのである)で逮捕されてよいわけがないし、こんな滅茶苦茶をやる大学職員など、仮に首をしめられても自業自得である。つーか自ら首をくくるべきである。我々団は破防法が怖いので組織的な武装闘争はやらない方針だが、勇敢な中核派の諸君が今回の暴挙に加担した法大関係者を次々と血祭りに上げていくというなら支持声明くらいは出してやってもいい。
 事件からもう一ヶ月になるが、2人はまだ釈放されていない。2人とも起訴されたとのことで、少なくともこのまま初公判までは保釈もないと思う。
 まったくひどい話。
 日本に言論の自由があるなどと思い込んでいる連中は、これまたみんな死んだ方がいい。


本当に死んだ方がいい。

法大最後のノンセクト、恩田亮を必ず取り戻すぞ! 
090324_1238~0001

4.24速報! 恩田/倉岡、逮捕!

 2009-04-25
闘の一日だった。
今日、4月24日に開催された、法大解放総決起集会は尋常一様でない結末を迎えた。
集会の最中、目算300名超の警官隊が動員され、文化連盟副委員長・恩田亮、社会科学研究会・倉岡雅美が逮捕されたのである。
当連盟からの逮捕者は恩田倉岡の2名だが、その他にも全国学生3名が集会中に、1名が集会後の麹町署前弾劾行動にて、獄入りとなった。
逮捕容疑は「東京都公安条例違反」ないし「公務執行妨害」である。
恩田倉岡両名は前者だ。

とにかく、異常である。
法政大学における2006~2009年の逮捕者数はこれで94名を数えるに至った。
・・・100名まであと6人。


016 (2)
051.jpg
044.jpg
042.jpg
052.jpg
070 (2)
074 (2)
078 (2)


こんな大学は大学ではない。
「思想信条の自由」も「表現の自由」も、どこにもありはしない。
「あなたの主張は気に入らないけれども、あなたがそのように主張する権利は全力で守る」というモンテスキューヴォルテール(訂正:ホモウーさん、ご指摘ありがとうございます)の言葉をリベラルな市民社会の倫理とするなら、万人が言論に参画するプラットフォームを破壊した現法政大学当局/統治権力の施政は、反学生/反人民的所業以外の何物でもない。
「あなたの主張は気に入らないから(私に都合が良くないから)、あなたを排除する」
こんな施策が、一部の既得権益層を除いて、一体誰に利するというのか?

考えてみて欲しい。

警察の暴力を後ろ盾にして、法政大学をビラ一枚自由に受け取れない大学にしたのは誰だ?
恩田亮、倉岡雅美をブタ箱に送りこんだのは誰だ?


法政大学文化連盟は2人を必ずや奪還することを、ここに堅く、誓う。
全国同志の御助力を賜りたい。


画像 294kai

4.24前夜祭

 2009-04-24
20090424050018
20090424050015
20090424050013
20090424050011
20090424050007

齋藤郁真委員長アピール

 2009-04-23
                       4・24へ向けて(委員長)

人間が人間である「証」はなんだろうか?
緒論あるだろう。だが、私は自信を持って言う。それは「多様性」である。

人間の思想・信条・宗教・芸術・・・。
そして、それをめぐっての行動はなんと多様なことか。

もちろん、民主主義のパラドックスである、「民主主義はそれを否定するものにも言説の資源を認める」ことと同じように、多様性という概念を最大化することは同じ議論を呼ぶ。

だが、私はそれでいいと思っている。
歴史はヘーゲル的にのみ進むわけではないから、時には全体主義とカテゴライズされるような思想がヘゲモニーをとることもあるだろう。
しかし、自身以外を認めない概念は、現実的には、思想的ヘゲモニーを獲得しても、維持することができない。ナチス体制に抗ったフランス・レジスタンスのように、そのような概念がヘゲモニーを取ったとき、多様な思考を認める、ないし求める人々がそれに反撃を開始するからだ。
そして、長い目で見れば、歴史は常に多様性を求めるものに勝利を与えてきたように見える。

新自由主義は、本来市場化してはならないとされていたものまで市場化した。地球上のあらゆる場所に市場をつくり、あらゆるものの価値基準を経済的価値にのみ統一しようとした。

法政大学は、「大学」の名をもって「営業権」を振り回している。それは、新自由主義というむき出しの資本主義に侵略された結果である。

このような大学があふれれば、確実に、日本は刺激と可能性・多様性を失うだろう。

現状の法政大学を変革する理由は、いわゆる右翼的立場・左翼的立場両方に存する。
新自由主義というむき出しの資本主義との対決。
日本という社会の可能性の喪失を防ぐこととの対決。
前者は全学連の、後者は文化連盟(執行部)の立場に近いだろう。

現状、世界を覆う新自由主義の激しさは、A・ネグリのいう「帝国」の出現を予感させる。中国戦国時代末期、秦に対抗するため行われた合従策は、結局うまくいかず、秦という「帝国」を完成させた。
今こそ団結の時である。

敵は強大である。だが、我々は勝てるから闘うのではない。勝たなければならないから闘うのだ。
4月24日、この国を憂う者、革命を目指す者、クチだけの大人たちに絶望した者は法政大学に結集してほしい。自由を、勝ち取ろうではないか。

                                           齋藤 郁真

営業権 VS 学生自治

 2009-04-23
「学生ちゅーもーく!」
yaba.jpg

「何だー!!!!」
画像 026kai

「4・24に向けて各自意気込みを語れー! 」
0726oum.jpg

「キャンパスを学生の手に取り戻すぞー! 」
124集会

「万国の労働者、学生は文連のように闘おう! 」
f2325_1_2_20081201072223.jpg

「自由は勝ち取るものだ! 営業権の下に言論を統制するならそんなものは大学ではない! 」
080814_2245~0001

「全てをゼロに! 全てをゼロに戻す! 営業権を断固粉砕するぞ! 」
増井 黒ヘル

「人権侵害を絶対に許さない! 法政大学には私を処分する資格などない! 」
124集会

「ビラもまけない大学なんて、ナンセンス! 」
画像 003kai

「法政大学は監視カメラをはずせー! 」
img668d1632zik4zj.jpg

「全てをポアだー! 全てをポアするぞー! 」
画像 294kai

「恩田w 」
080605_221300_20090124000753.jpg

「営業権を主張し、自治を放棄した結果がこれだ。女子学生への尾行や盗撮、こんなもの許せるか! 明日は全力で闘うぞ! 」
www_dotup_org13511 もやしkai

「・・・。」
080705_2310~0002

「団結してガンバロー! 」
20090409051823.jpg

「裁判員制度ふんさーい! 」
画像 1615kai

最終戦争勃発だー! 全軍突撃ー!

東へ西へ、424連帯を求めて

 2009-04-23
文化連盟、東北大学探訪の様子。
画像 033kai
画像 035kai

立て看板でかっ!
画像 048kai

法大弁護団森川先生も講演に来ていました。
画像 047kai

森川先生は現役ギタリスト。
画像 044kai
画像 046kai

さすがは弁護士、話がお上手です。
画像 051kai
画像 038kai

コイツは東北大の極悪職員、ニイヌマヒロユキ。
画像 037kai

ニイヌマは演説していた学生に土下座を要求しました。何て奴だ。
画像 036kai

ニイヌマ、お前悪い奴だな! 悪い奴だな!
画像 037kai

無事講演も済ませて帰京、いやぁ空気がうまかったです。
画像 024kai


文化連盟、京都大学探訪の様子。
画像 342kai
画像 327kai
画像 339kai
画像 328kai

なにやら正装の一団が・・・
画像 329kai

ご結婚おめでとうございます。
画像 331kai

趣のある学び舎から一転、反動建築が姿を現した!
画像 335kai

なんだこりゃ? 教育研究推進本部だ? 画像 332kai

やっぱりあった、監視カメラ。
画像 333kai

「京大が法政化していて困っている」と言われ、複雑な心境の文連有志であった。さて、気を取り直して今夜の宿へ。

熊野寮に到着。
画像 322kai
画像 321kai

これぞ自主管理の牙城、文化の発信源。
画像 320kai
画像 326kai画像 346kai
画像 355kai

市場原理から教育を守れ! 監獄大学に良識と自由を回復しよう! 

我々法政大学文化連盟の呼びかけに応じて全国の学友が24日、市ヶ谷に結集する!

法大弁護団、そしてマスコミも多数参戦! 全国の労働者と学生が営業権と真っ向対決!

さあ学生諸君、21世紀2度目の学生蜂起に参加しない手はないぞ!

速報!質問状回答拒否

 2009-04-23
案の定、法政大学は公開質問状への回答を拒否しました。

さすがは逮捕者88名、起訴者23名を誇る北朝鮮大学!

有無を言わさず抗議者は圧殺するそうです。


「大学は自由で何でもできる」「批判精神をもった学生の育成を目指す」と喧伝してやまない増田壽男総長! 
IMGkai.jpg

24日は何人逮捕するんですか?
20080715234829kai.jpg

おっと、真の悪党はコイツラだったっけな。
星野勉
20080722014202kai.jpg

法政大学の理事一覧表。

ウソアキラと不審な仲間たち

 2009-04-23
ジャージ部隊に代わる新たな不審者が登場しました。

新入生いわく、突然ぶつかってきて「いてえな! 」と言うそうです。

当たり屋でしょうか。

janpa-2.jpg
janpa-3.jpg
janpa-4.jpg
janpa-5.jpg

勇敢な新入生に襲い掛かる不審者軍団。ビラをもらっただけで包囲され、学生証を見せろなどと言われたら誰だって怒ります。不審者たちは一切名乗らずに「ルールをまもれ! 」の大合唱。もう少し気の利いたこと言えないんですかね。

自称学生センター職員 森
森

我々や新入生の問いかけには一切答えないくせに、通りがかった学生には笑顔で話しかける自称森なる人物。なんとも薄気味悪い奴だ。

自称学生センター課長補佐 佐藤
佐藤 課長補佐2
佐藤 課長補佐


不審者1
不審者

不審者2
不審者3

不審者3
不審者6


画像 1642kai

ビラをもらっただけで浅見信一から「一年のくせに法政を批判するな! 」と言われ財布を奪われそうになった新入生は連日集会に現れては職員を追及しています。恐るべし、一年生。我々も全力で援護します。

犯罪者こと半澤昌宏も登場。
半澤
半澤3
半澤

ウソアキラこと木原章。
画像 1652kai
木原章

「法政大学は人権侵害を認めない」と言いながら倉岡さんへの尾行と盗撮を黙認し、「君たちを一般学生と同じように扱う」と言いながら入校禁止にしたりする大ウソツキの木原章。この日は発狂したかのように執拗に新入生に掴みかかり、2度も転倒させ、「こいつは演説をしようとしている」と意味不明の言動を繰り返し、挙句は正門から排除するという混乱ぶり。

おい木原、新入生はビラをもっていないぞ。

新入生はお前に抗議していただけだぞ。

2度も地面にたたきつけた理由は何だ?言ってみろ。
木原章

新入生に納得のいく説明をしてみろ。
木原章

大学教授のくせに学生にまともな説明もできないで何が「ルールを守れ」だ。そもそもそのルールの正当性を我々は追及しているんだ。88名にも及ぶ不当逮捕者が出た言論弾圧の影でこっそり制定した不条理なルールだろ。

いい年こいた大人の癖に、疑問を投げかける新入生に対して「一年のくせに法政を批判するな。」などと吐いた浅見信一は今日も出てこない。

前学生センター事務部長 浅見信一(あさみしんいち)
浅見

それに、洞口さんが持っているボードを奪おうとした理由は何なんだ? 彼女は立て看板を持っているわけではないし、ビラを配ったわけでもないのに、何のルールに基いてボードを奪おうとしたんだ?

ぶっちゃけルールなんてどうでもよくて、本音は大学を批判させたくないから暴力的に排除しているんだろ?

だから満足に説明一つできないんだよな。

まったく呆れた奴らだ。

(,,゚Д゚)y─┛



ボクってきもい?2

 2009-04-23
「ボクってきもい? 」
画像 1663kai

「倉岡さんて二重(まぶた)なんだね」
画像 1664kai

「倉岡さんの隣座っちゃおうかな~」
画像 1665kai

「ボクってきもい? 」
変態職員

「ボクってきもい? 」
変態職員

「ボクってきもい? 」
変態職員

九段校舎勤務の法政大学職員のこの男。総武線内で倉岡さんに対してセクハラ三昧を働く変質者。女子学生のみなさんご注意を。

0420


「ボクってきもい? 」
変態職員

ボクってきもい?
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。