4.23の学内映像

 2010-04-25
.23の学内映像。法政ドキュメンタリーブログより転載。
http://d.hatena.ne.jp/zootro/20100424/1272123367





加えて、「法政大学自由空間」のサイトに興味深いインタビュー記事がアップされているので紹介しよう。

・法政大学自由空間
http://spacefree2010.blog28.fc2.com/

漫画喫茶「自遊空間」とは縁もゆかりもない団体であるらしい当団体ブログ記事では、「自由空間ジャーナリスト部」なる団体内班が機動し、かつての法政大学関係者へのインタビューを敢行している。
まだ3回分しか公開されていないので全容はしれないが、既に2000年以後の法大学生運動史における一大事件「9.21ボアソテロ」は扱われており、今後の活躍が期待できるところだ。

それとツイッターでもツイートしているが、京都大学新聞。

・京都大学新聞HP
http://www.kyoto-up.org/

ここのコンテンツが素晴らしい。
ストレートニュースあり、インタビューあり、企画あり、批評あり。
あと文学さえ付加すれば言論の総合商社が実現するイメージである。
どれほどのアクセス数があるのかは気になるところだが(数字がすべて!)、学生のレベルでここまでの言論メディアを駆使できる事態は驚嘆に値する。
参考のために同業他社を引き合いに出すとこんな感じ。

・早稲田大学新聞HP
http://www.geocities.co.jp/wallstreet/1471/

京大新聞と比べれば早稲田大学新聞なんておしっこのようなものである。
「左翼はIT弱者」とは思想家・矢部史郎氏の言葉だが、その通りであろう。
あるいは、左翼も右翼も一般市民もIT強者/IT弱者の比率は変わらないのだが、社会運動とITの親和性が非常に高いために、その能力のない活動家連中がとりわけ無能に見えるのかもしれない。
いずれにせよ、模索舎の倒産がどうこう言う前に他にやれることはあるはずだ。
我が文化連盟IT革命軍は今後も日本全国各大学におけるIT革命情勢を真摯に見守っていきたいと思うのである。

今日は何の日?

 2010-04-23
「学生ちゅーもーく!」

ginbae4_convert_20100423050220.jpg

「なんだぁ! 」

3・14④

「今日は何の日だ? 」

ginbae3.jpg

「デモの日だー! 」

3・14⑧

「今日は待ちに待った、4・23よ! 」

akb_convert_20100423052413.jpg

本日、我々は大々的な反撃を開始する。不当逮捕者延べ118名、不当起訴33件を誇る世界屈指の人権侵害機関にして、監獄大学こと法政大学に対し、正義の鉄槌を下してやるのだ。4月の開講日以降、学生を弾圧するのが大好きな法大当局は新入生に対しても牙をむきはじめた。ビラを読んでいる学生を正体不明の不審者たちが包囲し、腕を掴み強引に連れ去ろうとしたり、学生証を見せろと凄んだり、まあ早い話が脅迫行為を働いているのである。法大の職員は、ヒラの職員から管理職まで、専任講師から教授、いや学部長にいたるまでがビデオカメラを持って洞口さんや倉岡さんを追い掛け回し、尾行・監視・恫喝・暴行の限りを尽くしている。ま、法大生のみんなはいつも見ているから知ってるよね! 教育機関を名乗りながらどこかの独裁国家さながらの政治弾圧を行い、批判的な学生を監獄に送り込んでいる法政大学。警察も裁判所もグルになって学生の批判精神を根絶やしにしようとしています。抵抗の表現を認めない、つまり声を上げさせない。次代を担う我々に既存の枠組みへの従属のみを強いて、新たな創造は許さないという傲慢です。世界で学生や若者が体制に抗している今、我々は街頭に出て声を上げなければ未来を掴めないぞ! 毎年上がり続ける学費、強まるサークル規制、減っていくたまり場と増えていく教室、身近なことから言語道断な学生弾圧まで、おかしいことに「おかしい」と叫び、我々の手で世の中を良くしていこうじゃないか。1000万円以上の年収を食らいながら、洞口さんや倉岡さんを盗撮して恫喝する教職員どもに裁きの鉄槌を! 人権や倫理を語りながら一方で学生を監獄に送る似非学者たちに正義の鉄拳を! さあみんな、新入生への学生証チェックに怒りで応えようじゃないか!  

法大生のためのデモスケジュール

デモ一発目 11時20分東郷公園出発

「授業が午後からの人は、10時半に東郷公園に集合してね! 」

akb+itano_convert_20100423062917.jpg
地図

デモ二発目 13時30分正門前出発

「遅く起きた昼は、正門に集合するしかない! 」

moblog_91c06d56_convert_20100423063723_convert_20100423063845.jpg

「東郷公園と正門前で俺と握手! 」

moblog_f24af33e.jpg

求刑は懲役1年6ヶ月

 2010-04-18
をめぐる冒険もそろそろ終わりを迎えつつある、とは村上春樹。
長きにわたる裁判もそろそろ終わりを迎えつつある、とは4.24弾圧被告人一同。
昨日の4.24裁判(建造物侵入・威力業務妨害容疑)では、ついに検察側の論告求刑が行われた。
2009年4月に始まる我々の逮捕→起訴→投獄劇も、いよいよカタストロフを迎えつつある。

求刑は懲役1年6ヶ月。

キャンパスで集会をすると懲役1年6ヶ月。
キャンパスで演説をすると懲役1年6ヶ月。
あげくのはてにはキャンパスで笛を吹いているだけで懲役1年6ヶ月。


馬鹿も休み休み言え!
fuck-juiz.jpg

斉藤委員長が法大の書店に!

 2010-04-18
政大学市ヶ谷キャンパスの書店に噂の退学処分者、斉藤委員長が出現。
ビラをまけば殴られ、機関紙を配布すれば回収されるのがココ法大の現状であるが、市場のゲームにのった言論はなんとか流通するらしい。
大学の施策に批判的な人間が言葉を発するには、ブロガーになるか作家になるかしかないとでもいうのか。
何とも馬鹿らしい話ではある。


ともあれ、法大の書店に・・・、
201004151646000.jpg


『インパクション』が並んでいます。
201004151637000.jpg


委員長の他に企画局も参戦していたり。
100417_2136_01.jpg


暇な法大生はぜひぜひ立ち読みしてください。暇な大学教職員はお金を払って買いましょう。
P1080627s.jpg

文化創造!vol.3配信完了

 2010-04-15
お待たせしました。
文化創造4月15日号の配信が完了です。
コンテンツは下記の通り。
登録はこちらから、どぞ。
メルマ:http://www.melma.com/backnumber_184929/


◆文化創造!vol.3◆
2010年4月15日配信号
●コンテンツ●
【1】「法大問題はなぜ「問題」か」ズートロ(ドキュメンタリー上映委員会)
【2】「新旧百景」伊藤拓也(東京都立大学)
【3】「官能美にふれる~エロとデモ、嫌われモノが好かれるモノになるには~」春枝勉(都内学生)
【4】「学費粉砕とか」山田史郎(奨学金ブラックリストの会)
【5】「We students have power!」松室しをり(全学連書記長代行)
【6】「夕顔女と植物系男子」静御前(哲学研究会)


追伸。>激怒さん 記事読みましたが、むしろ文連ブログはこっちの曲で読んでもらいたいかも。。

大署名運動を始めるぞー!(昨日からやってたけど)

 2010-04-13
全法大生の署名の力で、斎藤郁真君への「退学処分」と
倉岡雅美さんへの「停学1年処分」を撤回させよう

<呼びかけ人>斎藤 郁真(法学部、退学処分 文化連盟委員長)/倉岡 雅美(人間環境学部、停学1年処分)/恩田 亮(文学部、無期停学処分 文化連盟副委員長)/洞口 朋子(経済学部)/増井 真琴(文化連盟企画局)/内海 佑一(文学部、退学処分)/久木野 和也(法学部、無期停学処分) 2010年4月12日現在

 2010年3月23日、法政大学は斎藤郁真君に「退学処分」を下しました。同月17日には、倉岡雅美さんに1年間の「停学処分」を下しています。彼らは、法政大学当局による、学生への管理強化に反対する活動を続けたことをもって、不当に処分されたのです。今回の不当処分に強く抗議し、即時撤回を求めます。
 処分「理由」としては「入試期間に拡声器で演説したことによる妨害」や「2009年4月24日に法政大学構内で集会を開いて授業を妨害したこと」が挙げられていますが、これらはためにする議論です。なぜなら、前者においては、演説を行ったのは入試時間前で「妨害」など成立しないのであり、後者においては、法大生との対話を拒否する法政大学の近年のあり方を批判する集会を、勝手に「授業妨害だ」と主張しているだけだからです。そもそも、4月24日の集会に1000名と言われる法大生が授業を抜け出して合流した事実も意図的に隠しています。
決定的なことは、倉岡さんへの処分を検討する事情聴取の場で、人間環境学部教授・長峰登記男氏が「こんなこと、やりたくてやってるんじゃない。上(理事会)に言われて仕方なくやってるんだ」と発言したことです。教授会が理事会の傀儡となり、法政大学の学生弾圧(自治破壊)のあり方を批判する斎藤君のような学生をキャンパスから追放するためにのみ、処分を下しているのです。
 法政大学の闘いは、2006年3月14日に、立て看板・ビラまき規制に抗議した法大生5名を含む29名の学生が全員逮捕されたことに端を発します。この逮捕は、通報からわずか2分で200人の公安警察が突入してきたこと(一番近い警察署からでも車で5分はかかる)からも分かるように、また当時の総務部長・清宮氏が裁判で語ったように、「(公安)警察と打ち合わせを行って臨んだ」計画的弾圧でした。これを理由として5名の学生は「退学」や「停学」などの重い処分を下されたのです。
 以来、わずか4年間でのべ118人の逮捕と、33人の起訴があり、この問題に関わって処分された法大生の数も12人にのぼります。そして、文化連盟副委員長・恩田亮君への「無期停学処分」をはじめ、今に至るも「退学」「停学」処分が継続されています。
法政大の闘いは、「大学で自由にビラをまけるかどうか」ということをめぐって始まりました。この当たり前の主張に対して、法政大学では近年未曾有の大弾圧と処分が繰り返されているのです。とりわけ、斎藤君文化連盟委員長として法大生の最先頭に立って闘ってきた人格です。今回の「退学処分」は、自由を求める学生の声に対して法大当局が非和解の姿勢を突きつけたということであり、今こそ3万法大生は、不当処分を撤回させるための署名運動に起ち上がろう。抗議のメッセージを集中しよう。
 われわれ法政大学文化連盟は、以下を法政大学に要求するとともに、処分撤回を求める署名運動へのすべてのみなさんの協力を訴えます。

一、斎藤君と倉岡さんをはじめ、法大生への06年以来のすべての処分を撤回せよ!
一、118人の逮捕と33人の起訴について謝罪し、ただちに訴えを取り下げよ!
一、すべての学生に、立て看板・ビラまきの自由を保障せよ!

改めてご説明させていただきます

 2010-04-12
・・・少々長いですが、改めて文化連盟の活動の経緯・目的を簡単にですがご説明します。


始まりはいつからだったか?
 発端は2006年2月27日。法政大学当局の出したビラまき・立て看板規制でした。この内容は、要するに法政大学キャンパス内で、それまで自由に行われていた(事実上は学生管理)ビラまきや立て看板の設置を、法政大学の「許可制」にすることで、学生への管理強化を推進するものでした。サークル活動など学生の自主活動に深く関わることに対する規制に、もちろん当時の学生たちは危機感を覚えましたが、時は春休み真っ最中。GLCと呼ばれるサークル団体の泊り込みで行われる会議も、その約1週間前に終了しており、政治的に身動きがとりにくい状況にあったため、交渉もままならない状態でした。
 交渉そのものは行われ、結果として決定されたことは、「学外団体の立て看板の撤去は3月14日、学内団体の立て看板撤去は5月までに行う」ということでした。そもそも学生の団体として1950年代に結成された全学連系のサークルは、勝手に学外団体にされ、無党派(サークルとしては普通)のサークルは猶予を与えられることで両者は分断されます。
 議論もちゃんと行われない中、社会科学研究会などの5名の法大生が、3月13日・14日の二日にわたってデモを企画。そして2006年3月14日、決定的な事態が起こります。
「立て看板・ビラまき規制粉砕」を掲げて、法大生5名を含む29名の学生がデモを終えた直後、法政大学教職員が「今から立て看板の撤去を始めます」と丁寧にアナウンス。それに対してデモ隊はもちろん抗議します。しかし、それとほぼ同時にキャンパス外から約200名の公安警察が学内に突入し、29名全員が逮捕されます。罪状は「建造物侵入」「威力業務妨害」・・・大学という公共性の高い場所に入ることが「建造物侵入」になり、抗議したことが「威力業務妨害」とされたのです。
 この逮捕は最初からおかしいものでした。この逮捕に際して開かれた勾留理由開示公判で、公安警察の突入は通報から2分(一番近い警察署からでも車で5分)とされていました。200名集めるだけでも2分など過ぎてしまうことは明白です。さらに、後々の話になりますが、その後の法大闘争に関連して開かれた裁判で、当時の総務部長・清宮氏は、「数ヶ月前から公安警察と当日のことを打ち合わせしていた」と証言し、当時の学生部長・安東氏もまた、「法政大学の意志を示すためにやる必要があった」と証言。仕組まれた政治弾圧であることが明らかになっています。
 話を2006年に戻します。もちろん起訴などできるわけはなく、結果として13日で29名は全員釈放されますが、問題はここで終わりません。「意志を示す必要がある」法政大学は、次の一手に踏み込みます。デモを企画した5名の法大生に停学処分や退学処分が下されます。文学部の3名は即座に退学処分に、法学部の2名は停学処分となります。この処分から、法大闘争は「処分撤回」を掲げて本格的な闘争へと進むことになります。この、いわゆる「3・14事件」とそれに付随する明らかに不当な処分が法大闘争の始まりなのです。

文化連盟、壊滅から決起へ
 2006年の6月15日には、1000名の学生が集まる大集会も行われ、いったん闘いは高揚するかに見えたのですが、活動家層の相次ぐ逮捕(公務執行妨害から暴行までの幾多のでっちあげ)により、この闘争に関わることが非常に重い話になっていきます。
 2007年、そのような状況の中で、学友会の再編が大学より「提案」されます。事実上文化系三本部団体(文化連盟・第二文化連盟・学生団体連合)の解体を意味していたこの提案に対し、当初、多くのサークルが反対の意志を表明。三本部合同会議に出席して闘争を呼びかけた、社会科学研究会の退学処分者が拍手をもって迎えられる状況でした。
 しかし、すぐに雲行きは怪しくなります。「社会科学研究会のように闘えば、同じように教室の貸し出しも部室も使えなくなる」「それはまだいい。逮捕されるんじゃないか」・・・それと平行して「まだ詳細な内容は不透明。これから交渉しだいでなんとかなると思う」という声が聞かれ始め、すぐに支配的な意見となります。
 そして、三本部団体は非公認となり、現在のCSK(サークル支援機構)へと統合されます。そのような状況の中、文化連盟だけは学生の自主的な議論機関を残すべきだ、という話になり、存続を決め、2008年度の執行部の選出を行います。2007年には34あったサークルはその時点でわずか10に。齋藤郁真を委員長とする執行部体制が7票を得て成立します。しかしながら、すぐに切り崩されることになります。「文化連盟に残ったら補助金は出さない」・・・規則と何の関係もない、しかし実際的な恫喝が報告され、非公然で行った常任会議の場所になぜかジャージを着た体育会系のガードマンが現れたりしました。最後に残ったサークル数はわずか4でした。その4のサークルとは、社会科学研究会や哲学研究会・世論研究会など、「文化は認められてやるもんじゃねえ」という信念を持っていたがゆえに、それまでの過程で大学から企画などの際に教室の貸し出しを禁じられたり、構成員が処分を受けたりしていたサークルたちでした。
 公認団体としての文化連盟は壊滅し、非公認団体としての文化連盟はいっきょに好戦的な方向へと歩み始めます。はじめは「もはや解散か」という声も聞かれ、委員長もその気になっているような状況でしたが、世論研究会代表である恩田亮(現文化連盟副委員長)への処分をきっかけに「一人の仲間も見捨てない」というスローガンを打ち出し、2008年5月20日に政治闘争を開始します。全学連との緊密な関係もこの頃からです。彼らだけがクチだけではなかったからです。

現在の文化連盟の状況
 2006年3月14日以来、この闘争に関連して現在までに118回の逮捕があり、33回の起訴、12回の処分がありました。最近の例では、委員長である齋藤郁真への退学処分、社会科学研究会所属員・倉岡雅美への一年間の停学処分があります。
 CSKが自らを「主体性の持てない組織」と規定し、その結果として学生センターの補助機関となっている今、キャンパスでの学生への管理の強化はますます進んでいます。義務教育を終え、約20年の経験に基づく自我が学生にあるはずなのに、それを引き出し、伸ばすのではなく、貶めてしまっています。未来を創るのは我々であるはずなのに。
 文化連盟には、今、非常に多くの課題が課せられています。多くの人の生活が厳しい中、年収の3分の1を占めるほど高い学費に対して、そしていまだに上がり続ける学費に対して、多くの学生が大学で自らの可能性を伸ばすために学費の値下げを組織するような闘争から、もはや絶滅しようとしている骨太な学習会系サークルの発展、そしてもちろん、処分の撤回を目指す闘争まで。自治会の消滅、学生の立場の学生団体の不在、法政大学と公安警察の弾圧・・・この中で我々は闘っています。
 文化連盟は執行部の政治闘争が目立つせいで忘れられがちですが、もちろん土台はサークル団体です。中途半端な、何か言っているようで何も言っていないような学習会にあきあきした学生は、ぜひ文化連盟にご連絡を。骨太なやつらが我々のところには集まっています。というより、骨太なやつしか現在の文化連盟には残れなかった、というほうが正確ですが。
 キャンパスで何もやっていないようで、大事なことをやっていた法政大学を取り戻そう。すべての処分の撤回し、すべての学生が自由にビラをまける空間を取り戻そう。サービスの受給者から、自らの判断で選択肢を創る力を取り戻そう。多くの新入生のご来訪をお待ちしています。

怒れる新団体登場!

 2010-04-12
その名も、「法政大学によるレッドパージと人権侵害への激怒」なる団体らしい。
いやこれはブログの名称なのか。
主張は下記サイトでどぞ。


・法政大学によるレッドパージと人権侵害への激怒


おまけ。激怒さんのプラグインに埋め込まれている動画。



頭脳警察「世界革命戦争宣言」

衝撃の3ショット

 2010-04-11




新歓の宵に140サークルの代表者と遭遇。
左から織田全学連委員長、斎藤文連委員長、中西CSK委員長です。
法大という現場においてそれぞれのセクションで活動する彼らが、それぞれの視座から意見を表明しあっていました。
人的な交流のリソースが無限大であること、大学の可能性とはそこに尽きます。
「危険サークル」や「過激派」などとレッテルを貼り、大学当局の施策に批判的な人間を片っ端から排除していく現法政大学経営陣は万死に値します(お願いです、死んでください)。
中西委員長の健闘を祈ります。

文化創造!vol.3のお知らせ

 2010-04-08



文化連盟隔週メールマガジン「文化創造!」も次号でvol.3に突入。
次回発行は4月15日、登録はブログプロフィール欄のリンク先から。よろぴこ。


◇文化創造vol.3コンテンツ◇

【1】「題未定」ズートロ(ドキュメンタリー上映委員会)
【2】「題未定」伊藤拓也(東京都立大学)
【3】「官能美にふれる~エロとデモ、嫌われモノが好かれるモノになるには~」匿名希望(首都圏学生)
【4】「題未定」山田史郎(奨学金ブラックリストの会)
【5】「題未定」松室しをり(全学連書記長代行)
【6】「夕顔女と植物系男子」静御前(哲学研究会)

新入生のみなさんへ!

 2010-04-05

         新入生のみなさん! 入学おめでとう!

  大学は、もはや義務教育の場ではなく、義務教育を終えたばかりの、まだ体ができたばかりの若者が行く高校でもない。大学は、一人の個人として歩き出し始めた、もしくは歩き出している若者が集まる場所である。 
  だからこそ大学とは、本来さまざまな思想やそれに基づく表現が入り乱れていなければならない。それらが若者の未来を決定することになるからだ。大学の個性や多様性が重要なのはこのような前提があるからである。
  ・・・実際、法政大学がどのような個性を持った大学かは後々わかるだろう。
  法政大学で学生生活を送る以上、我々文化連盟を避けては通れないだろう。我々に興味を持つか、忌避するかは君たちの自由だ。だが、法政大学に対して、もしくは社会に対して怒りを持ったなら、そのときは我々に声をかけてほしい。完璧とは言えないが、何がしかの「答え」を我々は与える自信がある。
  君たちがこの法政大学で何をつかみとるかはわからないが、何かをつかみとって社会に出れることを望む。

法政大学文化連盟委員長

文化創造!vol. 2配信完了

 2010-04-01
文化創造4月1日号、コンテンツは下記です。
登録はブログプロフィール画面から。
よろしくお願いします。


●文化創造!vol.2●
2010年4月1日配信号
●コンテンツ●
【1】「文化連盟裏話~2ちゃんねらーと公安にネタ提供~」斎藤郁真(文化連
盟委員長)
【2】「4.23法大解放総決起集会へ!」洞口朋子(社会科学研究会)
【3】「ポエム」20代匿名希望女性
【4】 「あの白いフレアスカートの活動家」静御前(哲学研究会)
【5】「過激派のカレーは自由の味」金田一(世論研究会)
【6】「大学は誰のものか?」冨山小太郎(全学連書記長)
【7】「3年後のフツーの会」ズートロ(ドキュメンタリー上映委員会)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク