社研は常に本気であります

 2011-08-29
 去る8月26日、委員長の「そこまでしなくてもいいんじゃね?」という腑抜けた発言を圧倒的戦闘的かつ革命的・反スタ的にしてもうなんかいいや。
 ともかく、学祭実から「企画はやらせません」とは言われたが、「企画趣意書の提出は受け付けない」とは言われていない社研としては、「ともかくできる限り学祭に参加しよう!」のスローガンの下に学祭実に趣意書と企画書を提出に行きました。
 で、↓がその内容です。



趣意書

社会科学研究会

 

(1)企画趣意

私たち社会科学研究会一同は、今年度の自主法政祭をすべての法大生・参加者とともに成功させたいという立場である。自主法政祭は、法大生が年に一度大学の主人公となる祭りである。「自主」とは、誰から与えられるものでもなく、法大生が団結し、誇りと責任を持って学祭を一から百まで運営していくことによってはじめて実現されるものである。だから「自主」とは、学生の力を最大限に発揮するものである。そして何よりも、「自主」とは大学当局と闘ってこそ勝ちとられるものである。

しかし近年、学生の「代表」と名乗っている学祭実は、「『自主』に対する学生の意識・理解の低下」を声高に叫んでいる。「自主意識の低下」の原因は一体何か。学祭実はすべてを法大生のせいにしているが、それは大間違いである。「自主意識の低下」は紛れもなく、法大生から「自主」を奪うという動きが働いているからである。

この数年間を見れば一目瞭然である。学生の反対の声を無視して強行される「規制」、しかもこの「規制」をあろうことか学祭実自らが認め、最後は当局と一体となって「施設管理権」を持ち出し、「大学の決定には従え」と学生を黙らせる。これが果たして「自主」と呼べるのだろうか。法大生自身が胸をはって、「自主法政祭は自分たちが120%創りあげた祭りだ!」と言えるだろうか。学祭実による

「自主」の売り渡しを私たち社会科学研究会は法大生として絶対に許すことはできない。

社会科学研究会は、本年の自主法政祭で反原発講演会企画を行いたいと考えている。今年の3月11日の東日本大震災と福島原発事故は5ヶ月が経った今も収束のメドすらついていない。多くの人々が住む家も職も奪われ、子どもたちは殺人的被曝を強制されている。そして3・11で暴き出されたのは、大学の腐敗だ。こんな事態を引き起こしたにもかかわらず、原発を推進するためにウソとペテンを振りまく御用学者の姿こそ、フクシマを生み出したのだ。大学人の責任は大きい。私たち社会科学研究会は、すべての原発の停止・廃炉を勝ちとるために、自らの大学から原発反対の企画を行いたいと考えている。原発について、無関係・無関心な人はどこにもいない。一人でも多くの学生・参加者に参加してもらうことによって、大学や社会を変える一歩としたい。それが今年の企画にかける私たち社会科学研究会一同の思いである。

しかし社会科学研究会は、法大当局の不当な介入によって企画を排除され続けてきた。昨年からは、ついに学祭にすら参加できない(=キャンパス立ち入り禁止)事態にまで行き着いた。そして今年はなんと、学祭実自らが「処分者は学祭に入構させない」ことを断言した。大学と学祭実に抗議する学生は学祭から排除する。これが学祭実のとるべき立場なのか!恥を知れ。

  最後に。あらためて社会科学研究会は、すべての法大生とともに学祭を成功させるために、企画参加に熱意を燃やしている。法大生として、原発とこの社会に怒れる被災地をはじめとする全国・全世界の人々に向けて、反原発講演会企画を大学の中で開催することは歴史的意義があるものだと考える。

 

(2)相互保障

  自主文化・創造を発展していくうえで、相互保障は極めて重要である。サークル内だけでなく、学内外の様々な考えをもった人たちに発表し、相互検証していくことがサークル活動の活性化と発展につながると考えている。

  昨年度は企画参加どころか、学祭参加も妨害され、相互保障の場を奪われた。そして今年もまた同じことが起ころうとしている。社会科学研究会は、これこそまさに<相互保障>の理念の侵害であると考える。一人の例外もなく、すべての法大生が参加できる学祭こそが自主法政祭ではないのだろうか。

 社会科学研究会は、自身の企画だけでなく、すべてのサークル・参加者と協力し合いながら、学祭を盛り上げるべく尽力する決意である。

 

(3)学祭における全学性

  もともと多摩キャンパスと市ヶ谷キャンパスはひとつだった。それが、学生運動をつぶして学生間の団結を破壊するために、80年代に多くの学生の「キャンパス移転反対」の声を無視してキャンパス分断が強行された歴史を私たち法大生は忘れるべきではない。その思いの実践的表現が相互休講である。多摩祭との相互休講は多摩と市ヶ谷の交流と連帯を生み出してきた。この相互休講が廃止され、多摩祭との分断が行われたことは許しがたいことである。相互休講を取り戻すべく、毎年数千の署名が集まっていると聞く。自主法政祭を創るのは、法大生一人一人の力である。学生の力でもう一度相互休講を勝ち取っていきたい。

 

(4)差別問題と表現の自由

  私たち社会科学研究会は大学当局から思想・信条の自由を侵害されるという思想差別を受けている。今年こそ、企画参加を実現できることを強く望んでいる。

差別問題に取り組んだり、相互保障を実践していることが自主法政祭の最大の特徴であり、先輩たちが創りあげてきたかけがえのない歴史である。自主法政祭をさらに発展させていくためにも、差別問題を一人一人が考えていくことは重要であり、自分たちが発信しているものが周りにどのように受け止められているかを常に確認することが大事だと考える。

 

(5)飲酒問題

  飲酒は永年法大生が勝ちとってきた文化である。その飲酒が当局から規制されることは許しがたいことである。飲酒マナーの悪化は、法大生の責任ではなく、上から勝手にルールをつくって学生を縛り付ける在り方が引き起こす必然的結果である。学生が団結していれば、飲み過ぎている場合は止めさせるなど、仲間同士で気遣い合いながら飲むことは可能であり、それを歴史的に証明してきたのが法大の飲酒文化ではないだろうか。社会科学研究会は、他サークルと連携しながら、もし危険な飲み方や泥酔者を見かけたときは、注意と介抱を行うことを徹底するつもりだ。

 当局による不当な介入には抗議し、自由で楽しい飲酒を実現するために努力をする。

 

(6)夜間宿泊問題

  今もオールナイト企画の復活を求める声は多い。企画だけでなく、仕込みや準備作業などを夜に行うサークルもあるだろう。今では許可された者(社会科学研究会は今年度も夜間宿泊はしない)しか夜間宿泊はできなくなってしまったが、今後夜間も自由に活動ができる自主法政祭にしていくことを望んでいる。

 

(7)火器問題

 社会科学研究会は、企画において火器を使用しないが、プロパンガスもたばこの火も大事故につながる危険性をもっている。火災は事前に防ぐことができる問題である。プロパンガスは使用上の注意を守る、タバコは決められた場所以外では絶対吸わない、火を必ず消すということをサークル内で徹底し、展示を見にきた人にも喫煙場所を教えるなど注意を徹底する。

 

(8)音問題

社会科学研究会の企画は展示のため、音を出さないが、音楽系企画の場合特に大音量は必須不可欠だ。お互いが決められた電力を守ること、隣の企画を妨げないように心がけることは学生同士の思いやり、相互保障の重要な要素である。万が一、近隣との関係上や、企画を妨害するほどの音を出している場合は注意をする。

 

(9)電力問題

  社会科学研究会の企画では電力は使用しないが、電力は限られたものであるため、上限を超えた使用をしないことは絶対である。ブレーカーが落ちた場合は自分の企画だけでなく、他の企画まで被害が及んでしまう。これは相互保証の理念を侵していることにもつながる。お互いの企画を成功させるためにも、事前にどのくらいの電力が必要なのか調べることが重要である。

 

(10)盗難問題

  盗難の可能性が高まることは避けられない。よって貴重品の管理を徹底すること、金銭関係は常に身につける、高価な物品から目を離さないなどの注意が必要である。社会科学研究会は教室企画だが、扉開閉の管理を徹底する、企画場所にサークル員を配置することを徹底する。

 

 

(11)負傷事故・立入禁止区域

  事故を防ぐために、立ち入り禁止区域には入らない、泥酔者を発見した場合は通報するなど心がけ次第で事故は防ぐことができる。安全で楽しい学祭にするためにもケガをしないようにお互い気をつけて行動したい。

  また、立ち入り禁止区域は文字通り立ち入り禁止であり、立ち入ってはいけないことになっている。サークル内で立ち入り禁止区域の確認を徹底する。子どもたちや、外部からの参加者が間違って立ち入ろうとしていた場合は注意する。

 

(12)衛生問題

  社会科学研究会は食品を使っての出展は行わないが、食品を扱う企画は食中毒を出さないために衛生管理を徹底することが求められる。食中毒は衛生管理を徹底すれば、避けられる問題だ。生鮮食品を放置せず、冷蔵保存する、調理者は爪や髪の毛が入らないようにするために爪を切ったり、衛生管理を行って欲しい。

 

(13)環境問題

  ゴミの分別、また排水口などを食品でつまらせることのないよう後始末を徹底する。また、喫煙は決められた場所で行う。学祭におけるキャンパスの環境をよりよいものにするためにサークル員一人一人が心がけて実践する。

 

(14)対外的問題

  自主法政祭はキャンパスの近隣の住民や労働者たちと交流する決定的な場でもある。法大生が団結して祭りを盛り上げ、市ヶ谷地区一体を活性化させることは、近隣の人民にも元気を与えるだろう。そのためには、ただ盛り上げるだけではなく、音問題と一体で、ゴミなどを路上に捨てたり、酔っぱらって粗相を行うなどがないように学生の自覚ある行動が求められる。社会科学研究会は、法大生と近隣の人々とのふれあいの場としても自主法政祭を成功させる立場である。

 

(15)災害問題

  自主法政祭期間中の台風など、避けたくても避けられない災害は起こりうる。また、大勢の人がいる場なのでインフルエンザなどの流行風も蔓延しやすい。社会科学研究会は、一人一人が健康管理に気をつけ、台風などで学祭運営が止まった場合、他の法大生とともに復旧作業に全力で取り組む。

また、頻発する地震にも警戒する必要がある。学祭期間中に地震が起こった場合は、学祭実の誘導に従い、参加者の安全確保を最優先する。部員全員で事前に避難経路の確認を必ず行う。

 

以上。






 で、結論なのですが、趣意書は「意見書」として受理。企画書は手にとってすらもらえませんでした。

 ともかくそのまま引き下がるのもアレなので、社研部員は尋ねます。
「じゃあどうしたら社研は学祭実に企画を認めてもらえるのでしょうか?」

 で、学祭実も答えます。
「9月12日までに回答を用意するので、そのころに来てください。回答が遅れそうな場合は事前に連絡します」
とのこと。


 ちょっと回答が遅すぎやしないか、との疑問も抱きつつも答えてくださるとのことなので、まあその間に法大生のみなさんといろいろ討論しながら待つことにします。

 さあ! 部員の約5割が退学者・無期停学処分者で占められる(大学にとって)危険サークル・社研は何をすれば学祭実様のお眼鏡にかなうのか! ついにその全貌が明かされる! 乞うご期待!

imageCAJ3D41D.jpg
※とくに意味はない

がくさいじつおまw

 2011-08-12
 前記事にあった要求書への学祭実からの返答書です。
 



2011年8月8日

社会科学研究会 御中

返答書

 

 貴団体より、7月22日に提出された要求書について返答致します。


 一、今年7月8日の全学説明会における「処分者は学祭に参加させ
   ない」発言を撤回し、すべての人々の学祭への参加を保証せよ
 

 
 実行委員会は学祭の運営を学生より信任されている団体です。学祭期間中は実行委員会・応援団・体育会・二部体育会・武道連盟が主体となった実行委員会警備局を中心に、学生自らの手で巡回等の警備を行っております。しかしながら、学生の手に負えない危機的事態も予測され、警備局・大学側との協議の結果、昨年より学生警備に加え、法政大学の通常時の警備を併用することで、安全な学祭を運営していくこととなりました。

 上記の警備態勢においては、全学説明会にて承認された通り、学祭のルール違反やトラブルについては学生の手で、不審者などの対応は大学の警備に準ずることとなります。

 実行委員会の指示に従っていただける方であり、不審者・危険人物でない限りにおいては、すべての人々が学祭に参加できることとなっております。

 
 一、大学当局による社会科学研究会への排除を認めず、自主法政祭へ
   の企画参加を保証せよ

 

 実行委員会にて企画参加を承認した団体については、大学側より実施不許可の通達があった場合、実行委員会・該当団体・大学側の三者にて協議を行い、実施不許可の理由を追究すると共に、抗議を行うことになります。

 一、大学当局との折衝を公開せよ

 

 学生より信任を受けた実行委員会と大学側との間で行われる折衝は、比較的長い期間を掛け、学祭についての各種協議を行う場であります。その性質上、完全公開という方式を取ってしまうと「サークル・学生個人単位の個人情報が飛び交う場合がある」「不完全な情報・後に誤報となってしまう様な種類の情報が氾濫してしまう場合がある」などの危険性があり、一挙に公開に踏み切るというのは難しい現状があります。

 現在行っている、自主法政祭通信での折衝報告を増強することに加え、実行委員会ホームページでの折衝報告が可能であるかどうか検討致しております。

 
 

 要求書の返答については以上になります。

 

 この度、自主法政祭実行委員会では、先の全学説明会で配布致しました資料にある通り、

「参加者の安全を確保できないと判断した団体」に対して、学祭への参加を認めないという措置を取り行うこととなりました。学祭の運営に関して責任を持つ実行委員会が来場者・企画団体の安全を保障することは当然の義務であります。来場者・企画団体の安全を確保するべく、学祭におけるルールを学生の手により制定し、当日の警備についても厳格な運営を行っております。その様な中で、実行委員会が危険と判断した団体に対して、参加を認めないということは運営上の責務であります。

 つきましては、実行委員会にて協議の結果、貴団体、「社会科学研究会」の学祭への参加を認めない、という対応をとることとなりました。

 実行委員会にて、そのような判断を行いました要因として、

 ・過去の学内での暴行行為に加え、現在も暴力を行使する旨の発言を行っている

 ・上記の事項を受け、多くの参加団体より不安の声が上がっている

 ・学友会にて「社会科学研究会」は危険団体であるとの指摘を受けた

 ・過去に実行委に対し、脅迫に類する行為を行い、現在もその危険性がある

 ・ビラ等に虚偽の情報を載せ、学祭の円滑な運営を妨害し続けている

 ・また、その虚偽情報について改善・反省が行われていない

 ・全学説明会において、参加団体に承認された事項に従う意思が認められない

 ・学祭の運営に対して、実行委との協力の意思が認められない

 以上の理由が挙げられます。

 

 実行委員会は学祭の安全な運営を責務とする団体であり「危険団体」との交流・交渉、企画参加承認を行うことはありません。また、暴行行為に訴えられる危険性もあり、直接の異議申し立てについても忌避しております。ご了承ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自主法政祭実行委員会/学友会主催行事実行委員会






 まずは大学当局と違って「回答しない」が回答という態度にでなかったことに感謝。ともかくも言葉を交わすところからしかお互いの意見の相違をちゃんと指摘しあうこともできないのですから。

 さて、その上でこれは・・・。ごめん。やっぱボクたちは君たちを弾劾しなくちゃいけないみたいだ。

 あんまりグチャグチャ言うとくどくなるので、この返答全体に貫かれている精神とその立場性を批判して、もって我々の立場を明らかにしたい。

 

 言うべきことは一点。今年度学祭実の立場は完全に法政大学当局と一体である、ということだ。「学友会」など学生の立場から言っているように見せかけているが、これは今まで「大学側」が言っていたことの主語をそのまますりかえただけではないか。

 「危険」という言葉の評価は常に「誰にとって」かが重要な要素である。確かに、いわゆる「治安」「秩序」一般からいえば、我々文化連盟、そしてその中核である社会科学研究会は「危険」だろう。我々が目指し、復権したいと考える法大キャンパス、「学生が自由なキャンパス」とは、たとえば、某サークルが屋上から巨大な流しそうめん(通称:ジェット流しそうめん)を敢行していたり、音楽サークルは真昼間からカリヨン前で勝手に演奏会やらライブを開き、別の場所ではお笑いサークルが突然お笑いライブを始めていたり、キャンパスの広場で勝手にBBQが行われていたり、それをそこらへんの学生に配っていたり、それに自分の好きな具材を勝手に投入しているやつがいたりする。また、大学にこたつを持ちこんでるやつがいたり、「1限の次は5限だから何もすることがない」と言って昼間からべろんべろんのやつがいたりするキャンパスである。
 それは、問題だらけであり、「それはそれでどうなの?」ということが大量に存在する空間である。これは「治安」「秩序」から言わせればやっかいなことこのうえない。どこで・いつ・なにが行われるかわからないからである。しかし、そこには人間の活気があり、画一化できない人間的秩序がある。
 
 これを実践的に実現するためには、「秩序」の名の下に学生を管理したがる大学側と闘わなければならない。実際に法政大学が上に述べたような学生文化を長く保ち続けたのは学生運動の存在と無縁ではないのだ。
 我が文化連盟の委員長や副委員長や洞口さんや倉岡さんが何を争って処分されたのか。「法大闘争」もしくは「法大騒動」と呼ばれるこの5年間の激しい闘いは大学側のビラまき・立て看板規制との対立から始まったのだ。「やりかたが悪い」「やりすぎ」という意見ならまだ建設的に話あう余地がある。だが、それらすべてを「危険」だとか単なる「暴行」と表現するのは「秩序」イデオロギー一般に対する思考停止ではないのか。
 情勢に乗っかるようで悪いが、それらの「秩序」の名の下に大学が何に関わってきたのかは3・11と原発事故によって社会的に明らかにされたではないか。法政大学でいえば、かつてのジャージ部隊と今もはびこるヤクザ部隊はいったい何なのかは明らかではないのか。このようなことが許される大学を、未来を担う学生である我々は許してはならないのだ。

半澤
※ジャージ部隊
janpa-2.jpg
※ヤクザ部隊

 我々は、一貫してこのような立場を貫いてきたし、このような立場から「学生」という存在を単なるサービスの受給者としてとらえるあり方と対決してきた。そのような考え方が新自由主義の蔓延によって常識になってしまったとしても、である。
 この思想の実践的な復権こそが大学の再生への道だと考えているし、それは学問的なおしゃべりで達成されるものではないから、我々は「監獄大学粉砕」「新自由主義大学粉砕」を掲げて今日もいろいろ悩みながらがんばるのである。

 さて、口だけ達者でもどうしようもないので、とにかくいろんな学生と今回のことを焦点にいろいろ討論していこうと思います。その中から学生の団結を創りだせるようがんばることにしますか。

文化連盟はカネ儲けにしか興味のないモンスター共とガチバトルを繰り広げます! 
imageCADVTBA2.jpg
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク