つれづれなること(終)

 2011-09-13
 ちっす。齋藤です。タイトルにあるとおり、今回で「つれづれ~」は終わりにしようと思います。
 理由は単純で、もう必要なくなったからです。2008年~2009年の文連ブログは今からすれば、大荒れで(あっちのほうが好きだけど)、それゆえに一定の思想性をはっきりさせようということで委員長こと私、齋藤がそれなりにまじめそうな駄文を書きつづったのがこのコーナー(?)の始まりでした。08文連決起から3年半が経ち、ブログの内容もかなり絞りあげられてきましたので、もはやこの企画は意義がないと判断しました。むしろこの部分から見た人はこのブログが何をメインにしているのかわかりづらいと思いますし。まあ、何かのひょうしにまた始めるかもしれませんが、とりあえずシリーズ的な感じにするのは終わりです。
 なので(?)もう文体も肩ひじ張らずに、正論ぽいことをガツガツぶつけるちょっとエラそうな雰囲気はやめてこんな感じでいきます。

 今から読み返してみると、この企画はおもしろいものになりましたね。一人の「民主主義的良心派」が法大闘争の弾圧の鉄火の中で、どのように思想を変化させたのかがなんとなくわかるものになったんではないかと思います。まあ、個人的なことなので皆さん的にはどうでもいいですね。すいません。

 さて、本題です。最後の主題はいろいろ考えたのですが、「客観性と主観性について」ですかね。たぶんこの主題を切り口にするだけで、結論はどうなるか自分でもよくわかりません。なんかいろいろと渦巻いているので。

 よく言われることですが、「物事は客観的にみなさい」とか同じ意味で「中立的な立場で評価しなさい」なんて言われること、あると思います。
 さて、では「客観」とはなんでしょうか? 私たちの目の前にあるのは常に物理的な事実だけです。その世界に色付けしているのは人間です。だから、「正義」も「悪」も、その言葉だけでは何も表さないし、それゆえに、たいてい単なる思考停止を意味しているときすらある言葉です。
 それゆえに、いわゆる「社会」(これまたこの言葉だけでは何も意味していません)を分析したりするときには、社会を「客観的」な事実の羅列と見るのではなく、「多くの主観の複合体」、つまり「異なる立場の人間集団間がぶつかりあう場」と見ることが重要な要素になります。このことを理解し、自分がどの立場にいるのか+分析する対象がどんな立場にいるのか、を把握せずに社会、特にその社会状態に適合したイデオロギーである上部構造=「政治」を分析しようとすると、結局、客観的にモノゴトを見ているようで、その実は非常に主観的に「自分が理解できる人間しかいない世界」を妄想して、その妄想の中で社会を云々するハメに陥ります。別に名称などどうでもいいですが、「客観性の落とし穴」とでも呼びましょうか。

 非常に難しいことを言いました。ちゃんと説明できたか自信がありませんが、とにかく実践的な話に移ればどういうことかというと、「言葉は道具にすぎず、常に問題なのは内容だ」ということです。
 たとえば、「日本民族は外国の脅威に対して団結して闘わなければならない!」という言葉があります。この言葉は明治維新のときなら帝国主義列強に対抗して闘うことを意味しており、「支配に対する抵抗の意志」がその内容です。文化連盟はこれを断固として支持します。
 しかし、それから100年後の現在、多くの国に資本を輸出し、弱小国を経済的・金融的に縛って搾取している現在の日本国家ではこの同じ言葉は、凋落する日本経済の巻き返しを図る「支配へのあくなき意志」の表明にほかなりません。文化連盟はこれを断固として支持しません。 
 ある人間が何を言っているかは、その人間が何に依拠しているか、および何を社会が成り立つ前提にしているかによって決まります。オバマ大統領のプラハでの「核廃絶」の演説は、アメリカ大統領という彼の立場からすれば、当時から新たな情勢における核戦略の見直ししか意味しないことは明らかでした。オバマ自身が学生時代に「人類を絶滅させるかもしれない核というものによって平和が成り立つのはおかしい」という趣旨の論文を書いているとしても、そこに彼の意志は関係ありません。彼の言葉が本気だとして、彼が自分の信念に依拠しているなら、アメリカ大統領にはなっていないでしょう。なぜそうなのかの説明はここでは省きますが、そういうことです。

 もちろん、人間はみずからの依拠するものが何かを認識し、その立場性を自ら批判することによって自分がどうありたいかを決めることができます。目の前の状態を無批判に肯定して「仕方ない」と言わないこと。それが人間の知性です。戦争は、数千万の人間の命とひきかえに莫大な需要をつくりだし、経済を救いますが、だからといって戦争を「仕方ない」とする人はほとんどいないでしょう。
 人間は変わることができます。「革命家」と呼ばれる人の多くはブルジョア出身ですが、彼らは目の前の社会を検討しその現実を拒否しようと決意したことによって、プロレタリアに依拠してブルジョアと闘争を始めたように、それは人間の可能性です。


 では、私の立場は何かと問われれば、私は「一人の仲間も見捨てない」法政大学文化連盟委員長であり、「反帝・反スタプロレタリア世界革命を目指す」中核派系全学連委員長であり、その依拠するところはこの世界の未来を決める学生という社会階層および労働者階級です。

 さて、立場性の話から右翼思想の本質は奴隷思想(「電気が高い」と言って国をでていく資本家は売国奴なんじゃないんですかー? てか家族愛とか故郷愛とか原発推進しといて何いってんのw ※民族派除く)だとか、ネグリ批判(自分が労働運動に敗北したからといって、労働運動に市民運動をぶつけて民衆の団結を破壊するのはやめていただきたい)だとかも入れようと思ったんですが、イスラエルの労働運動がついに、本来持っていた宗教と民族をのりこえる可能性を発揮し始めたこととか、それに関連して「アラブの春」とか語りだすと、5万字くらいいきそうなのでここらへんでやめたいと思います。

 最後に。記述は正確ではないと思いますが、ウィキリークスで有名なアサンジ氏はこういう趣旨の言葉を発しています。
「交通事故で死んだ人間と戦争で死んだ人間を同列に扱うことは愚かだ。その中立性には人間性が存在しないから」 

 人間は奴隷でもなければ商品でもありません。私は、人間がそう扱われることを容認する客観性・中立性を捨て去るべきだと考えます。
 

最近はこんなビラまいてる(いまさらだけど当局ぱねっす)

 2011-09-04
--------------0002.jpg
--------------.jpg
※ケータイのため、写真の質が粗いです。ごめんなさい。

「原発反対のビラをまくな」
学生を恫喝・監視
これが大学のやることか!


反原発のビラまき弾圧弾劾! 
 すべての法大生のみなさん! もう我慢がならない! 法大当局は、反原発のビラをまいてサークル員に訴える文化連盟の学生に対して「ビラをまくな」、「反原発のビラをまくのはダメだ」と5人がかりで取り囲んで恫喝し、しつこくつきまとって盗撮するなどを繰り返している。原発に反対し、学生が大学で考え行動することが、一体どんな理由で弾圧されなければならないのでしょうか!
絶対に許すことはできない!
 3・11福島原発事故からまもなく半年が経とうとしています。全国で多くの青年・学生が人生をかけて反原発デモに立ちあがり、福島のお母さんたちは「子どもたちを守れ! 」と決死の叫びを発し、農民・漁民は「生活を返せ! 」と腹の底から怒りを爆発させているこの時に、法大当局は一体何をやっているのか! 学生の「原発をなくしたい」という真っ当な思いと行動を、「ルール」で縛りつけ、暴力的に抑えつける。これが今、大学のやるべきことなのか! 福島を先頭とする被災地の怒り、法大当局の学生支配への法大生の怒り、全国・全世界で反原発デモに立ちあがるすべての人々の怒りの対極にいるのが法大当局だ。この大学のあり方を真っ向から問いたい!

学生の力で原発再稼働阻止!
9月9-10日は全学連大会へ!


学生が立ちあがれば原発は止められる! 
 「大学生たちががんばってくれるとおっしゃってくれました。それを信じます。若い人の力で原発を止めてください! 二度と福島のような子どもをつくってはダメです」
 これは福島の「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の佐藤幸子さんの発言だ。私たち学生は、この「フクシマ」の怒りに応えなければならない。
 今私たち学生に求められていることは、大学を根本から変えるために闘いに立ちあがることだ。学生が行動にすれば必ず原発は止められる。再稼働は絶対阻止できる!
 法大当局のやっていることは、原発とその利権にしがみつき、福島・被災地の怒りを無視して、恥知らずにも「当面は再稼働に向けて努力することが最善の策」などと宣言し、年内再稼働を狙っている民主党政権とまったく同じだ。学生の行動が暴力的に抑えつけられる、この法大のあり方こそが、全社会の縮図だ。
 これまで原発政策を推進し、そして事故が起きた今でも原発と政府・東電を支える最先兵となってきたのが今の大学・御用学者たちだ。こんな大学の腐敗を私たち学生は絶対に認めてはいけない! 今こそ声をあげる時だ!
 そのために、学生を取り巻く鎖を引きちぎらなければならない。原発事故が起きても学生が、就活や資格で競争させられ、高い学費と奨学金で金をむしりとられ、社会に目を向けることすら奪われているこの現実を変えることだ。そのうえ法大生は、キャンパスでビラ一枚をまくことすらものすごく勇気がいる。しかも学生の代表であるはずのCSKや学祭実が、当局と完全に一体となって今の大学のあり方を容認し、学生の怒りを抑えつけている! この現実を変えるために、文化連盟は闘ってきた。そして法大当局と真っ正面から闘う中で、大学の腐敗を暴くと同時に、学生が団結すれば大学のどんな攻撃にも絶対に負けないことを示してきた。

文化連盟と一緒に全学連大会へ! 
 すべての法大生に9月9-10日に開かれる全学連大会に集まってほしい! 原発再稼働をめぐって9月が正念場だ。とりわけ学生として、今大学と御用学者が「フクシマ」の怒りを押し潰すために福島をはじめ全国で「安全キャンペーン」のデマを垂れ流していることへの怒りを爆発させよう! 全学連大会には、被災地を先頭に全国から仲間が結集する。法大生は全国学生と団結して闘おう!
 そして全学連大会の高揚から、大会翌日の9・11「脱原発! 再稼働阻止! 」の新宿10万人デモを爆発させよう!
 3・11以降、多くの青年・学生が原発とこの社会への怒りを爆発させて行動を開始している。法大当局は、この街頭のうねりが今度はキャンパスの中から爆発することに死ぬほど恐怖している。大学を変え、原発を止める力を私たち学生が持っていることの裏返しだ。
 法大生のみなさん! 文化連盟とともに、法大を学生の手に取り戻そう! 全学連大会に集まりましょう!

法大を変えるために全学連大会に集まろう!
人間環境学部・2年生のアピール

 「暴力的押さえ込み」しか成り立たない存在-これが原発であり、こういうやり方を実践してきたのが法大です。学内で原発に反対する行動は一切許されません。行動したら、声を挙げたら、とにかく排除。そこに正当な理由なんて存在しない。これが法大のやり方です。
 このまま押さえつけられたままでいいだろうか・・・。こういう大学の現状に立ち向かい、吹き飛ばさなければ、再稼動も阻止できないし、私たちの未来もないと思います。
 法大のこの許しがたい現状は絶望だけではないと思います。真の絶望は、誰もが思考を停止し、一切の声を上げなくなったときです。私は、あの大震災と原発事故が起こってからずっと「私たち学生が今、大学でやるべきことは何か」ということをずっと考えてきました。
 私たちが今やるべきことは何か。この回答は、「今こそこの現状に対するNO! の声をあげなければならない! 」、「あげなきゃ何も変わらない! 」ということです。
 「脱原発は選択肢ではなく私たちの生存のための必須条件」であると思います。「変わらない」、「しょうがない」という思考の停止はもうやめて、多くの学生に全学連大会に参加してほしいと思います。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク