スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

社会科学研究会 夏の陣(報告)

 2012-11-15
今年の夏休み、八月某日。

三人の男がある部屋に集まり、あるものを中心に座っていた。

そのあるものとは・・・

1_20121115230635.jpg



ケータイアプリ・『桃太郎電鉄JAPAN+』である。

理由はもはや覚えていない。

なぜこうなったのかもわからない。

ただ、みんながこの決着のつけ方に納得しただけである。

ということで、この夏に、誰にも知られずひっそりと行われたもうひとつの法大闘争をブログをお読みの皆様に報告します(かなりの内輪ネタですがあしからず)。








エントリーナンバー①
法大闘争 太古の世代(法大レジェンド)代表
内海 祐一

images_20121019022711.jpg

法政大学文学部英文科二年(2006年退学処分)
通称:生きる法大闘争史
座右の銘:オタクとは「折れない、倒れない、屈しない」者のことである

プレイ名:勇者社長
戦略:農林物件の安定性を軸に無難に攻める。一歩一歩、しっかり進むことが重要だからね。日々のルーチンを積み重ねないやつは成功なんてしないし。そこはブルジョアもプロレタリアも同じかな。





エントリーナンバー②
法大闘争 転換の世代(文化連盟決起以降)代表
齋藤 郁真
501982635501_20121019022433.jpg

法政大学法学部政治学科二年(2010年退学処分)
通称:平成のガンジー
座右の銘:愛で世界は救えない

プレイ名:伝説社長
戦略:農林などという利潤率の低い物件に価値はない。桃鉄は資本主義ゲームだ。とにかく利潤率の高い物件を買うこと。カネがあるかぎり買うのではなく、一定ためておき、独占を狙う。自由競争などという、本質的に効率の悪い、ペテン的なイデオロギーなど気にしない。





エントリーナンバー③
法大闘争 新世代(2012年以降)代表
武田雄飛丸
DSC_0151.jpg

通称:法政谷のスナフキン
座右の銘:狂えないやつに成し遂げられることはない

プレイ名:肉社長
戦略:ぶっちゃけ初めてです。『資本論』と『帝国主義論』はちゃんと読みましたので、なんとかなると思います。要するに全国を回って、金融資本的に優良物件を買い叩いて小ブルジョアを破滅させればいいんですよね?










いろいろ考えたのですが、細かいプレイ画像をだしまくってもどうしようもないので、さっさと結果発表いきます!

優勝者はやっぱりこの人!
写真 3

サイコロの目を操れるんじゃないかと思わせる圧倒的な力でした。目的地に入りまくって得た潤沢な資金で農林とか関係なく物件を買いあさってました。この帝国主義者!

総資産
写真 4

当然ながら優勝者である内海が最高。初期マネーが1億だから、10年で成長率が200倍! 中国もびっくりです。


収益(労働者への搾取度ともいう)
写真 5

意外と一位と二位の差が小さいのは齋藤と内海の戦略の違いがいちおう出たというところでしょうか。ゆひまるはほんとがんばった。


総括:資本主義的生産様式に対する理解の度合いが桃鉄の強さを決定する要因たりうる。



次は三国志だ!
image_20121115234538.jpg



社会科学研究会は今日も元気です!

imageCAKOR4FW.jpg
スポンサーサイト

全日本無罪祭のお知らせ

 2012-11-13
まずはこれを見てほしい。

無罪戦士

そう、無罪戦士である。

もう一度、よく見てほしい。

IMG_0131.jpg

やっぱり無罪戦士である。

最後にもう一度、よく見てほしい。


IMG_0248 kai

本物の無罪戦士たちである。

て、このたび天の声、地の怒りによって無罪を勝ち取った法大闘争のレジェンドたちが腐れ外道検察による無罪への報復攻撃ともいえる、不当極まりない控訴審を迎え撃つべく、全人民結集型のナウい政治集会を開くことになった!

日本の人民のため、愛する労働者階級のため、そして若者の未来のため、新自由主義と闘い続ける法大闘争レジェンドたちを、みんなで応援しよう!

控訴審勝利に向かって、人民の勲章である無罪判決を今一度噛みしめよう!

ナウいヤングもちょい悪オヤジもゆるふわガールも職業革命家もみんなまとめて結集せよ!

新宿が熱いぜ!

                    「全日本無罪祭」

【日時】12月17日 (月)

【場所】新宿ネイキッドロフト 東京都新宿区百人町1-5-1 百人町ビル1F
http://www.loft-prj.co.jp/naked/

【時間】19時開始

【チケット】当日1200円 (前売り1000円)

★1部 法大闘争6年史を振り返る映像上映
★2部 法大弁護団、知識人、被告団、弾圧被害者を交え裁判闘争と暴処法弾圧を回想
★3部 10・19法大解放全国総決起集会にて勝ち取った展望を語る

【出演者】

藤田正人 (法大弁護団・無罪弁護士)
IMG_0229 kai

齋藤郁真 (法政大学文化連盟委員長・中核派全学連委員長)
520106510426.jpg

恩田 亮 (法政大学文化連盟副委員長・世界で一番無罪が似合う男)
k3zjs.jpg

増井真琴 (同 企画局長・世界で二番目に無罪が似合う男)
IMG_0136.jpg

武田雄飛丸 (同 構成員・無期停学処分者)
557643_4825769212817_244813381_n 目線

宮内春樹 (慶大生・宗教家・陸の王者)
____.jpg

菅谷圭祐 (ゆとり全共闘・現役法大生)
nxdy0eyj tw1 kai

洞口朋子 (法政大学文化連盟構成員・革命系女子)
A6rG6BCCUAANOwu_20121113035235.jpg

黒猫菊花 (中核派全学連構成員・革命系女子)
download kai2

あぐにゃん (学生運動が大嫌いな女子大生・満を持して参戦!)
a0126610_2027414.jpg



※出演交渉中の人

中川文人さん(レニングラード大学出身の国際的な共産主義者)
※恩田くんとの確執が決定的となり、交渉が難航中 
201001081945097c7_20121113041840.jpg

前田朗さん(東京造形大学教授)
images  前田朗教授

矢部史郎(本名・渡辺洋一)
ファン投票により出演が急浮上!果たしてどうなるか!
0 矢部史郎

島田雅彦(法政大学教授・武田君の人権を粉砕した人)
510778642681.jpg

勝又秀雄(法政大学職員・元ジャージ部隊)
A5iPRKdCEAAKR4-.jpg

増田壽男(法政大学総長)
増田壽男

登石郁郎(裁判官・ミスター推認)
toishi_ikurou.jpg

まだまだ他にも出演を依頼するぞ!

乞うご期待!



※当日は、暴処法弾圧によって自白を強要された菅谷くんと、それによって売られた形となった恩田くん増井くんが同じテーブルで対面することになりますが、恩田くんは

「新宿に血の雨が降るだろう」
images_20121113045945.jpg

と言っており、増井くんはと言うと

「菅谷を守るためなら手段を選ばない」

増井 黒ヘル

と言っており、さらに菅谷くんも

「きちんと落とし前をつけなくちゃいけない」
gq0ewi.jpg

と気炎を上げており、最悪の事態が予想されます。

みなさま覚悟の上、結集をお願いいたします。

ゆひまるの再審査請求書

 2012-11-08
武田君が出した国際文化学部教授会への再審査請求書です。ぜひお読みください。





2012年11月7日
法政大学総長 増田 壽男 殿
国際文化学部学部長 鈴木 靖 殿
国際文化学部3年(学籍番号 10G0421) 武田 雄飛丸

再審査請求

 今回、私にかけられた無期停学処分は内容的にも、手続き的にも不当である。よって、ただちに処分を撤回するよう強く求める。
 第一に、無期停学処分の理由として、本年10月6日の人間環境学部で行われた授業「健康に生きる為に」の「授業妨害」が挙げられているが、これは不当な内容である。当日の当該授業の教室前で、私は「学部が違う」という理由で、聴講すら許されず、教職員に入室を阻まれた。「開かれた大学」としてありえない姿勢に抗議した事をもって「授業妨害」とされているのだ。学生を学部が違うからというだけの理由で授業に入れず、抗議したら教職員によって暴力的に校舎から叩き出す。授業妨害を受けたのは私の方ではないか。 法政大学は、学生の学ぶ自由を侵害するな。
 第二に、「教職員や学友への迷惑行為」とあるが、これも不当な内容である。法政大学の職員はこれまで私や、私の学友に対し無断での盗撮や尾行などの人権侵害を日常的におこなってきた。職員とされる人物の中には名前も所属も不明な不審者さえ紛れており、そもそも法政大学の職員なのかすら疑わしい。また、本年6月15日には、鈴木良則学生センター長が私に対して暴行を行い、その姿が動画にあげられている。これらは、迷惑行為ではないのか。
(動画:http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=CmNhyGXqh8k)
 教員も、職員が私達への不当な人権侵害を行っている現場で「教育的措置」の美名のもと、彼らと共に行動、あるいはその行動を黙認する事で積極的にこれらの人権侵害に加担してきた。国際文化学部の島田雅彦教授は上記の状況において、「なぜ教授がこの場に職員とともにいるのか」という私からの問いに対し、「動員だよ」と答えた。「教育」を掲げておいて、いざ自分自身が問われると開き直り、何も言えなくなる。このような教授の偽善的な態度は弾劾されて当然ではないのか。
 また、教職員はこれらの無断での盗撮や尾行、付きまとい、恫喝等といった行為に対し「どういった基準で、こういった行為を行いうるのか。いかなる合法性があるのか」という私達の質問にこれまで一切回答できていない。「ルールだから」の一辺倒で、具体的にいかなる法律やキャンパス利用規則に基づいてこれらの行為が正当化されるのか説明できないのだ。私たちがキャンパス利用規則に則り、正式な手順を踏んで提出したこのような趣旨の申し入れ書や、質問状を全て無視しておいて、直接抗議されると「誹謗中傷」「恫喝的、あるいは侮蔑的な言動」と非難する。果たしてこれが教育機関として適切な態度といえるのだろうか。私達に「ルールの順守」を求める以上、大学当局には自らの行いの合法性をきちんと私達に説明する責任があるはずである。
 第三に、「学友に対する迷惑行為」についても、学友会主催行事実行委員会(以下学祭実)によって、私達文化連盟が去年まで参加できていた6月15日の学祭説明会や7月13日の全学説明会の場から排除された事に対する学祭実への抗議を指しており、何ら「迷惑行為」として非難されるいわれはない。学祭実がいつ、どこで、具体的に誰が誰に対して行ったのすらも説明されない「過去の文化連盟による学祭実に対する暴行」といった非常に侮蔑的な理由で、文化連盟を学生の全体の討議の場から排除している以上、文化連盟としてこれに抗議するのは当然である。学祭実側は、大学当局の我々に対する対応に影響されてか「なぜ排除するのか。暴行とはいつ、どこで、誰が誰に対して行ったのか」という私達の直接の抗議や質問はもちろん、正式な質問状に対してさえ、これまで一切回答していないのだ。「大学の秩序維持に努め」ているならば、なぜ文化連盟を学祭説明会や全学説明会から排除する理由を説明できないのか。秩序を維持すると言うに足る合法性は一体どこにあるのか、学祭実には私達に説明する責任があるはずである。それができない以上、「学友に対する迷惑行為」を行っているのは私達を暴力的に排除した学祭実のほうではないのか。
 第四に、正門前での情宣活動について「連日、学外者とともに拡声器を使って本学を誹謗中傷し」とあるが、これも不当な内容である。正門前は法政大学の敷地内でなく、表現活動の自由によって情宣活動の権利は保障されているはずである。そして、「本学を誹謗中傷」とあるが、私達は事実を述べ、大学当局を批判しているだけで、何の根拠もなく非難しているわけではない。また私達は上記にもあるように、大学側に正当な手順を踏んだ申し入れ書や質問状を一切無視されており、大学の職員によって行われる日常的な人権侵害等に対し、直接抗議するしか手段がないのである。「学外者」なる規定も、法政大学を批判し、私と同じように不当に処分された学友が沢山含まれており、法政大学と何ら関係がないわけではなく、彼らが大学を批判する情宣活動を行うのは当然である。そもそも、09年の「暴力行為等処罰に関する法律」で起訴された、法政大生を含む5名の学生は本年5月31日に東京地裁において無罪判決を受けているのであり、警視庁によるでっち上げ弾圧に組織的に加担した法政大学当局を批判するのはまた当然のことである。そのうえで、他大からも法政大学のあり方に疑問をもつ学友が共に情宣活動を行っているが、「法政の学籍がない者には法政大学を批判する資格がない」と言わんばかりの「学外者」規定自体がそもそも不当である。私達の情宣活動を「本学に対する誹謗中傷」だと非難する前に、なぜ他大の「学外者」を含め沢山の人々がこの情宣活動に集まるのかを法大当局はよく考えてみるべきだろう。法政大生及び教職員以外の一切の者からの批判に耳を傾けないということは、極めて閉鎖的であり、独りよがりの姿勢ではないのか。
 また、授業時間内の拡声器の使用を「授業妨害」であるというが、ほんの短時間、それもあれだけ離れた校舎内で行われる授業を妨害したと主張する以上、大学側は具体的な被害例を挙げるべきである。そして、私達はそもそも不当に処分され、授業を受けたくても受けられない学生であり、一方的な呼び出し、密室による一対不特定多数の「面談」以外、学生との一切の対話も、書面による正式な回答も拒絶してきた法大当局が、その結果として行われる学生の情宣や抗議活動を「授業妨害」だとして制動をかけようとすること自体が許しがたいものだと考える。こういった不当極まる内容に加え、手続き的にも今回の無期停学処分が出された過程は無茶苦茶である。国際文化学部長の鈴木靖氏は、二度にわたる私への呼び出しで、大学側や学祭実側の行為には一切言及せず、一方的に私の行為だけを無期停学処分の通知と同じように「迷惑行為」と非難し、やめるように恫喝してきた。しかも、そのうちの一回は私を、「卒業論文の資料を渡したい」という虚偽の理由で呼び出しており、非常に悪質かつ卑劣である。
 第五に、私にかけられた無期停学処分は、全法大生への攻撃であり、絶対に認めることはできない。本年10月19日、学祭規制や不当処分に象徴される法大当局の暴力的な学生支配に対して怒りが爆発し、キャンパス中央は1000人の法大生で埋めつくされた。これに対する「報復」として、国際文化学部は前代未聞のスピードで処分を強行した。国際文化学部は、私を呼び出した10月23日に臨時教授会を開き、その日のうちに「処分通知」を送りつけた。このことからも分かるように、国際文化学部が当該である私から何ら事情を聞かず、一方的に処分を強行したことは明らかである。国際文化学部は、一体学生を何だと思っているのか。学生の行動を抑えつけ、従わなければ処分をして大学から叩きだす。果たしてこれが「教育」なのか。「学問」なのか。国際文化学部及び法大当局は恥を知れ。

 以上の理由から、私は無期停学処分をただちに撤回するよう強く求め、再審査を請求する。再審査が行われるならば、私は関連するあらゆる資料、写真、動画などを持って、処分の不当性を証明するつもりである。国際文化学部が、またしても密室でこの再審査請求を却下するのであれば、私は法的措置を含むいかなる手段をもっても処分を撤回させる所存である。

以上





法政大学の制度において、再審査をするのは武田君を処分した同じ教授会なのですが、何はともあれ内容証明でこの文書を郵送しました。


国際文化学部教授会は武田君への処分を撤回しろ!

無罪戦士に召喚状

 2012-11-07
学生注目!
image_20121107060158.jpg


なんだー!!
image_20121107060225.jpg


東京高等裁判所から召喚状が来たぞー!
image_20121107060210.jpg


ナンセンス!!
image_20121107060225.jpg


同志の皆さんに凶報です。先日15年ぶりに釈放された、東電OL殺人事件のゴビンダ・プラサド・マイナリさんを逆転有罪にしたことでも知られる反動の牙城、東京高裁から出頭礼状が届きました。


平成24年(う)第1589号

公判期日召喚状

被告人 恩田亮 増井真琴 織田陽介 新井拓 内海佑一殿

被告人に対する暴力行為等処罰に関する法律違反被告事件について、平成25年3月29日午後1時30分に公判を開廷しますから、当裁判所刑事第429号法廷(4階)へ出頭してください。

平成24年11月5日
東京高等裁判所第12刑事部 裁判長裁判官 井上弘通



なんてこった! このままだと粛清されちまう!

image_20121107060527.jpg


東電OL殺人事件、立川テント村弾圧、安田好弘弁護士の強制執行妨害弾圧、迎賓館・横田爆取弾圧、すべて1審は無罪だった。有罪にされたのは高裁である。よって、あれだけ勝利に沸いた無罪戦士たちも、来年3月には逆転判決を喰らい、罪人の汚名をかぶせられる可能性大。
無罪戦士


image_20121107060303.jpg


image_20121107060332.jpg


image_20121107060349.jpg


image_20121107060422.jpg


image_20121107060435.jpg


image_20121107060411.jpg


image_20121107060400.jpg


image_20121107060502.jpg


3月29日は全人民の総力をもって、即日結審=逆転有罪策動を粉砕せよ! 年末12月17日は、武田君も出演する新宿ネイキッドロフトの無罪イベントへ!  
image_20121107060515.jpg


革命無罪!
c6b67420.jpg

インタビュー団体・Lianさんにインタビューされますた^^

 2012-11-01
タイトルどおり、インタビュー団体・Lianさんにインタビューされました! 
10・19闘争がいろんなつながりを生み出せて大変嬉しく思います。ぜひ読んでみてください。
ペタ。

http://tsunagalien.com/no.143144_1.html


≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。