2・15裁判報告

 2013-02-22
学生、注目!!


ゆひまる君の無期停学処分撤回をかけた2・15第一回裁判は42席の傍聴席が39席埋まるという大勝利でもって貫徹されました。

ゆひまる君ご満悦!!

ご満悦


裁判ではゆひまる君が意見陳述書を読み上げ、処分の不当性を暴露、弾劾しつくしました。
日頃から法大闘争を支援してくださっている方に加え、初めて来てくださった方も多く、非常に素晴らしい裁判になったと思います。

本当にありがとうございました!!
第二回裁判は5月17日、是非是非、引き続き応援よろしくお願いします!!


リス




また裁判の様子は現代報道フォーラムの三上記者によって記事にもなってます。
http://www.janjanblog.com/archives/91786

これは裁判所で読み上げた意見陳述書です。

意   見   書

2013年2月15日

東京都〔以下 略〕

武田 雄飛丸

【1】

 今回私にかけられた処分は内容的にも、手続き的にも不当である。被告に処分の撤回をただちに求めると同時に、裁判所においても本件懲戒処分の無効とする判決を下すよう強くもとめるものである。

【2】

(1)まず今回の処分は御用学者への批判を封殺する為の処分であり、3・11福島原発事故への福島県民を中心とする民衆の怒りに敵対する処分である。

 私に対する処分理由の第一に、「授業妨害」とあるが、妨害されたとされる授業は、放射線影響研究所(以下「放影研」)理事長かつ、郡山市の原子力対策アドバイザーの「大久保利晃」を講師として招いた10月6日の「健康に生きる為に」という授業である。

 放影研はABCCの後継機関で、昨年2月に黒い雨に関わるデータの隠蔽が暴露された事に示されるように、広島、長崎での原爆投下以来、放射線に関わるデータを独占、隠蔽し、実質的に我が国の原子力推進機関として存在してきた。

 理事長である彼もインタビュー等では、一貫して放射線被曝について、「しきい値を含め分からない事が多い」という一方で「内部被爆や残留放射線の影響は少ない」と断言。直接被爆以外の影響を不当に過小評価しているのだ。

 そして福島でも、郡山市の原子力対策アドバイザーというポストにつき、その権威と立場をもって、今も福島県民に「百ミリシーベルトまで安全」論を振りまき、被曝に対する政府責任追求の声を圧殺し、低線量被曝を強制しているのだ。

 10月6日の授業も同様で、そこではまた放射線リスクをスポーツ上のリスクや社会生活上の一般的なリスクと並べて比較する等、リスクの質的な違いを無視した被曝問題の悪質な一般化、矮小化を図る講義を行った。

 大久保利晃氏のこれらの言説は、正に今日の福島棄民政策の根拠となる内容である。都合の悪いデータは隠蔽し、放射線被曝について「わからない」のだから予防原則に立って「被曝を最小限に」と努力するのではなく「内部被曝や残留放射線の影響は少ないのだから無視して良い」とし、政府・東京電力による被曝対策の責任を曖昧する、まさに「御用学者」そのものである。

 そして法政大学は、彼を招いた今回の授業のみ、学部生以外は、法大生であっても他学部の学生の聴講を禁止し、職員が教室前で学生証をチェックした。この法大当局の姿勢は、御用学者への反対言論の封殺にほかならない。

 「開かれた大学」を掲げながら、御用学者の授業を密室で行い、一方で学内の学生運動や反原発運動を弾圧、声をあげる学生を処分するその姿勢は、正に3・11福島原発事故以降「御用学者」を皮切りに全社会的に問題化した、国策と資本に組み伏せられた腐敗しきった原発推進大学の姿そのものである。

 その上で私はそもそも授業から職員によって不当に排除され、それに抗議しただけで、事実として授業妨害は行っていない。授業妨害を受けたのは法大当局により不当に聴講を妨げられた私の方だ。

 

(2)第二に、この処分は飲酒規制強行等の学生への管理強化の為の処分であり、規制反対を掲げて打ち抜かれた10・19集会への見せしめだ。法大生として断じて認める事は出来ない。

 近年、飲酒規制をはじめとする学生への規制管理強化は激しさを増している。私の所属する法政大学をはじめ、一橋大学や東京大学等の各有名大学の学園祭において、飲酒規制強行が相次いだ。

 これは単なる「飲む・飲まない」だけの問題ではない。飲酒規制とは学生に対する分断・自治破壊管理強化攻撃である。それは飲酒規制を強行するために、学生の自治的な組織を潰すか、あるいは一部学生を買収して当局の側につけ、学生の抵抗力を奪い一方的に規制を押し付けている点に示されている。

 法政大学では、規制強行のため、「自主法政祭実行委員(以下「学祭実」)」を買収した。

 昨年4月始め、学祭実は、法大当局からの飲酒規制を中心とした大幅な規制強化案「八項目」を、学生になんの事前打ち合わせも無しに決定事項として押し付けた。一方で、規制絶対反対を掲げる我々、学内サークルの連合体である「文化連盟」を、4月27日の「説明会」から7月13日の「全学説明会」に至る、あらゆる学生全体の討議の場から排除した。

 それも何の証拠も具体的な説明もない「過去の文化連盟の学祭実への暴行」という侮蔑的な理由でだ。これに対し我々が抗議した事が処分の理由では、「学友に対する恫喝」等と表現されている。

 また「文化連盟」の排除は、学祭実が我々を入れさせまいと会場前でスクラムを組む横で、職員や、国際文化学部の教員達も協力して、私達の抗議活動を暴力的に排除するように両者の結託のもと行われてきた。

 学生の代表として大学当局と規制について折衝する筈の学生組織が、当局と一体で、去年まで討議の場に入れていた規制絶対反対派の学生を問答無用で排除している。

 この構図に学祭実の本性を見たからこそ、法大生は、学祭実が実施したアンケートですら、半数が規制に反対した。そして、飲酒規制反対を掲げた去年の10・19集会は1000人の結集で闘い抜かれたのだ。暴力的支配と処分の乱発――これら法大当局のあり方が、1000人という数で根本的に問われたのが10・19集会だった。

 法大生の広範な怒りと10・19集会の高揚。これに対し「このままでは規制が強行できない」という危機感から法大当局は異様な速さで今回の処分を下した。「教育的措置」といいながら、処分歴無しの私に対し、初回で「無期停学処分」という法大当局のやり方も本処分の見せしめ的、報復的性質をよく表している。

   

(3)最後にこの処分は2006年以来、営々と闘われている法大闘争への攻撃だ。

 法政大学では、2006年3月14日、大学が強行した「ビラまき規制」に反対するデモを行った学生29名が公安警察によって全員逮捕され、さらに中心となった法大生5名に停学・退学という重処分が下された。

 これに対し学生への処分撤回、規制反対を掲げて始まった法大闘争は、以来のべ119名の逮捕―33名の起訴―私を含め13名の停学・退学処分をだしながらも前進してきた。

 法政大学は、今年の2月にも法大当局が大学受験を「営業行為」であるとして、我々の情宣活動禁止の仮処分を裁判所に申請した。このことに示されるように、法大闘争とは、教育を営利事業とし、「営業権」の前に学生のあらゆる表現活動、デモ、集会の自由、団結権を奪わんとする大学の新自由主義的再編に対する闘いだった。

 そして今回の私に対する処分も、これまでのあらゆる処分と同様、学生運動に対する弾圧として存在している。学生運動を弾圧し、規制を強行する在り方と、反原発運動を弾圧し、御用学者を居座らせる在り方は、本処分に見られるように一体である。このようなあり方こそ弾劾されるべきである。

 7年間にも及ぶ法大闘争の継続は、このような大学がある限り、学生の怒りは必ず不可避的に爆発し続けるという事を示した。学生の存在が貶められ、大学が資本と国家に従属するあり方が続く限り、法大闘争は終わることはない。

 再度、私にかけられているこの不当極まりない処分を撤回するよう、被告法大当局に強く要求とともに、裁判所においても本件懲戒処分無効の判決を出すよう強く求める。

新執行部決意表明:書記長

 2013-02-17
本来、一番最後に出る予定だった書記長アピール。それが3番目とはどういうことなの・・・。
そして新副委員長、ちょっとカオスすぎですよ・・・。特にネタが。
まあ、情報発信は自由なんで自重しなくてもよろしいけど、誤解を避けるために少しは注意してくださいね。
と、言うわけで、申し遅れました。書記長の岡田です。以後、しばらく文化連盟書記長の職を努めます。
以下、決意表明。

決意表明
当連盟の初代書記長に就任するにあたって、簡単に目的を述べておきたい。
現在、我が連盟はほぼ政治団体化しつつある。控えめに言っても、この性格が強い。「書記長」という役職を見れば一目瞭然であるが、これへの純化は避けたい。なぜなら文連はもともとサークル連合であり、学生の交流の手段としてのサークル活動を統括する存在だからである。故に、「法政大学文化連盟書記長」という役職は、私の一代限りの永久欠番の物にしたいと考えている。
社会に対する意味での政治性は欠かすことはできない。誰もが中立であるはずがないし、必ず偏向する部分を持っている。それは気づかないうちに刷り込まれていて、それが当然であると皆が思っている。文化連盟は「自主文化創造」をテーマとしているが、自主文化創造という観点は、新自由主義の観点(※この点はほぼ全学連の観点ですので、彼らに説明を任せます)からは容認すべからざるものとなっている。故に、文化連盟は自主文化創造を成し遂げるべく、内に外に政治闘争をしなくてはならない。特に今はなおさらである。その意味において政治性を持つことは、大切なことである。
だが、我々がサークル団体の域を飛び越えた政治活動は私としては望ましくないと考える。例えるなら、反原発行動の運動体そのものになることなどである。その場合は、私は遠慮せずに分離独立を選ぶだろう。
わかりやすく言えば、学生による自由かつ自主的な課外活動を支援すべく、内外の環境を整えることを志したい。政治闘争はその環境を整える手段である。7年間も抗争を続けているために見分けがつかなくなり始めているが、その点はハッキリさせておきたい。我々はあくまでサークル団体である。政治運動については、分をわきまえているつもりである。

さて、話を戻すが、そもそも我々をほぼ政治団体化させているのは、サークルではないと批判を浴びせる大学当局にすべての原因がある。そして我々が門前で拡声器を使わなければならない状況に追い込んだのは、いったい誰であろうか?もちろん大学当局である。サークル登録をしようとしても大学から拒否される状況に、いったい誰がしたのであろうか?もちろん大学当局である。構成員の状況を目に触れないようにしなければ国から弾圧を受けるようにしたのも、やはり大学の当局である。
まず物事は、一歩離れて見てみると多様な見方がでてくる。物事はひとつであっても、見方によっては全く違って見えてくる。社会学の常識である。現在の文化連盟の政治闘争の部分に引きつけて言えば、「文連が危険だから大学によって排除された」と見える現実も、双方の情報の吟味によっては「大学による弾圧がより文連の活動の活発化を招いた」というふうに見えてくる。なぜ前者の方に見えるのかというと、大学当局の権力が文連よりも強いからである。
じつは、この常識とも言える部面を、大学の教授どもは本当の意味で理解していない。知識は豊富だが、それだけ。みんな口だけなのだ。足元を見ないでよくもまあ人を教える立場に立っているものだとつくづく思う。真に自由と進歩を掲げる学府ならば、まず足元を浄化しろ!そう言いたい。現実に、足元を見ている人間とそうでない人間で決定的な違いは、説得力の差にある。実際の体験談が説得力を持って語られるのは、正に口だけではない事実を経験しているからである。法政の教授の中には、どうもその人格はいなくなったようだ。
かつて、法政大学は、(今でもそうだが)学生運動の最大の拠点であった。これは、単純に中核派学生の力が大きかっただけでなく、教授会までもが学生のとる行動に賛同し、一緒に声を上げていたほどであったそうである(自学部の学生がデモ中に逮捕されたことを聞いた学部長が「けしからん」として、警察に抗議しに行ったこともあるという)。要するに言えば、大学ぐるみになって政治運動をやっていたのだ。しかし、70年代中盤から起こった新左翼党派間での内ゲバという事実が突きつけられる。特に法大は中核派と革マル派の内ゲバのまさに戦場となったこともあって、大学は「大学として存続できるのか」ということを問われることになる。そこから「大学を守るために」、中核派に公に賛同する教授勢力を弱体化させた(もしくは追放した)。ここが現在の法政大学に至る、いわゆるフラグに近いものであったといえよう。この系譜を引き継いでいるのが、現在の「監獄大学」と揶揄される法政大学であるということもできる(誤解を避けるために言えば、だからといって中核派賛同教授を追放すべきではなかったというのではない。もはやこれは過去の出来事であって、過去にこだわるだけ無駄である。この問題は、ある意味仕方がなかったといえばそれで済むかもしれないが、この結果を導き出したのは、やはり内ゲバという強力な圧力であったと考えるべきである。どちらが正しく運動を行い、大衆的な獲得力を持っていたかというものをよく見ることが大切である。70年の学生運動は、少なくとも野次馬と活動家の視点からの話を聞いてみると、意外なことがわかるかもしれない。さっきも言ったが、実際に経験している人間の話は、必ず信用できる内容を含んでいる)。
そして私たちがやることは、究極的に言ってしまえば、大学から口だけの教授を追放して社会的権威を剥奪し、大学を実践的な真理追求の場として再建することである。その下地として学生間の交流を自由に行い、相互に助け合える場としての文化連盟となることである。常に今を問い、変革を志し、自分の意志を表現し、おかしい事にはおかしいとハッキリ言える人間を生み出し、実際に世界を変えていくための文化連盟となる。
常に世界の発展は疑問と夢から始まったものである。議会民主制度は封建制の強権的な抑圧への疑問から生まれたものであり、ブルジョワ革命で発展した資本主義は当時よりも世界をより良い方向へ変えていった。そして現在、資本主義体制は救いようのない状況に陥っている。いかなる政策もこの体制は救えない。救えないのなら、一度破壊して構造を入れ替え、新しく作るべきである。
現在、資本主義体制は自らを救おうとしている。だが、もはや体制に溜まった膿はもはや大きくなりすぎた。自分で膿を切り開いてそれを出す力もない。「現在の体制には、外科手術が必要である。もし手術が成功すれば、患者が死んでもこの際はやむを得ないだろう。どのみち誰もが不滅であるワケではない。」(銀河英雄伝説・Oskar von Reuenthal)

そしてもうひとつ、全学連との連帯であるが、これは断固として続けていく。
自分としては中核派と組もうなどということはどうでもいい。いようがいまいが関係のないことである。確かに過激な一面も持ってはいるが、それもどう見ても許容範囲内だと思う。ただそれを理由にして連帯を拒む人間ほど、狭量であるとしか言い様がない。実は、過去にこだわる人間や政治団体ほど、自分の主観的なものを客観的と言いなして、結束を求める政治団体や個人に対してNOを突きつける。だが、そう言う者ほど真実や、現実を見ようとしてない(見ているつもりでも、全く曇った眼鏡をかけているとしか思えない主観となる)うえに、自分が最も勝手な主観にたって行動していることに気づかない。たんなる反対派に甘んじて運動をやるくらいなら、政治運動をやめたほうがいい。全く無駄な運動であり、逆に運動を阻害し、潰す主体にもなる。要するに、政治運動をやるのだったら、勝つために現実を直視し、あらゆる手段を模索し、結束を作って権力と非和解的に対抗する物にしなければ、必ず運動は潰される。いくらデータや歴史を語ったところで、それが実践的に活かされてなければ歴史など必要ないのであって、それ自体が人間の歩んできた道の否定である。歴史は繰り返すものではなく、より良い方向に向かって前進していくための手段にしか過ぎない。重要なのは、歴史を捉え、歴史を踏まえた上で自分を見直し、悪しきところを矯め、これからどうするかと言う未来へ向かって歩みだすことである。
そしてもうひとつ言えば、歴史的に、彼らは口だけではなかった。処分や逮捕も恐れずに当局と激突し、常に当連盟のそばにいて肩を貸してくれた。かつて中核派が「中核派魂」などという自称が他称になるほどの体育会系と言われた理由もそこにあるのだろう(笑)。少なくとも、あまりにも個性を隠さない仲間たちに囲まれて、とても楽しい思いをしているので、とても裏切る気にはなれない(彼らは本当に個性を隠しません。一度あってみるとわかりますが、天然がいたり、真面目がいたりといろんな性格の個人に出会えます。最近ではオタクの人もいて、結構会話も弾みます)。

もう一度言うが、我々は体制の処刑者である。暗殺者ではない。正々堂々と挑んで権力を取る。テロ、闇討ちやクーデターなどは以ての外である。
いつになるかは分からないが、やられたことは耳を揃えてきっちり返させてもらう。こちらは鐚一文も負けない。必ずや弾圧に加担した119名の悪人を吊し上げ、33名の凶悪人どもを処刑し、13名の悪魔を晒し首にして借りを返してやろうと思う。
実際にこのようなことをできるかどうかはわからないが、まあそのような気分を味あわせてやれたら本望だ。
大学を我らが手に!学問を真理の追求の手段に!

法政大学文化連盟初代書記長 岡田 勝彦


以後、宜しくお願い致します。

武田君の処分撤回裁判へ!

 2013-02-14
いよいよ明日は武田君の処分撤回裁判です!

20120918_133639_20130121185853.jpg

第一回の処分撤回裁判の目玉はなんといっても武田君本人の意見陳述!

自らの処分を撤回させるための第一歩でもあるこの晴れ舞台に武田君のテンションはトンデモないことに!
※いつもの武田君
image_20130214074452.jpg

※今の武田君
257_20130214074844.jpg

さあ、みんな! 明日は東京地裁を埋め尽くし、武田君の処分撤回をかちとろう!


☆第一回武田君処分撤回裁判☆
日時:2月15日(金) 13時半~2時くらい?
場所:東京地裁615法廷


ミッション、スタートだ!
angelbeats_a02-260x231.jpg
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク