スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「The Japan Times」に無罪が登場

 2014-04-29
同志の皆さんにお知らせします!
987536300288.jpg


本日発売の「The Japan Times」で、我らが法大暴処法弾圧被告団の「完全無罪」が報道されました。
DSC_0266.jpg


「The Japan times」(1897年創刊の日刊英字新聞)
BmX3aKXCIAAdi5D.jpg


10面コミュニティ欄 ―Five win court fight but battle with Hosei not over―
BmX4VN2CcAAejIN.jpg


弾圧職員の恥知らずな振る舞いも全国デビュー
BmX43VbCMAA6lwr.jpg


記事はジャパンタイムズ社のHPでも読めます↓
www.japantimes.co.jp/community/2014/04/28/issues/five-activists-win-court-fight-but-battle-against-tokyo-university-is-not-over/#.U19PaaJUJgg



Five activists win court fight but battle against Tokyo university is not over

Top court upholds acquittal over protests but penalties issued by university still stand


by William Andrews



At first glance, Japan’s tranquil campuses would appear to have little in common with Taiwan’s universities, where police recently clashed violently with students protesting a trade deal struck with China. One marked exception, however, would be Hosei University in Tokyo, which for several years has been the scene of intense conflicts between sections of the student body, administrators and police.

Since the trouble began in 2006, there have been 125 arrests and 33 indictments for trespassing, violating bylaws on assembling and obstructing government officials, among other offenses. Eight Hosei students have been suspended indefinitely for their part in the protests and three expelled. While most of those indicted have been convicted, in February this year five activists were found not guilty in one of the main trials in the long-running saga.

Hosei students Taku Arai, Makoto Masui, Ryo Onda and Yuichi Utsumi and former Tohoku University student Yosuke Oda had been charged in June 2009 under the Law for the Punishment of Acts of Violence, a prewar statute often used against organized crime that carries a maximum penalty of three years in prison. Their first trial ended with an acquittal in May 2012 and this February the Supreme Court upheld the verdict and also rejected the prosecution’s final appeal.

The five defendants are affiliated with Zengakuren (the All-Japan Federation of Students’ Self-Government Associations) and Bunka Renmei (Culture League), an unofficial Hosei student group. Their backgrounds and political experience vary, though, and Oda, the only non-Hosei student among the five, was a former chairman of Zengakuren.

Onda was inspired to take part in the Hosei student movement after entering the college.

“I was given a flier and joined a rally. And then I really got into it and ended up an activist,” he says.

Utsumi and Oda were among 29 arrested in the first major clash between students and the police at Hosei on March 14, 2006. That day, 200 police were called in to quell protests by students from Hosei and elsewhere protesting the removal of large billboards on which students had posted political notices such as “Stop constitutional change” and “Bring down the (Junichiro) Koizumi regime.”

“The direct reason for the removal was aesthetic,” explains Utsumi. “However, it later became apparent that the university had been holding meetings with police beforehand.”

What happened that March aggravated the student activists, stirring up further protests against the university authorities in the following years, which came to a head again in the first months of 2009.

At several incidents in April and May, handfuls of protesters were arrested on a range of allegations. The five recently cleared in the Supreme Court case were eventually charged under the Law for the Punishment of Acts of Violence in connection with tearing down university notices in February of that year. Hosei had accused Masui, who was 21 at the time, of threatening staff, and notices were put up in three places announcing he was banned from entering the campus for failing to pay his tuition fees. Hosei claimed the damage to the notices amounted to over ¥120,000.

The university accused the protesters of disrupting the campus, inciting “riots” and of “inflammatory” and “libelous” speech both at the campus and online. That spring’s heated confrontations between police, security guards and protesters were covered in an article on the Community pages here.

The five spent eight months in detention, during which they maintained complete silence as the police attempted to extract a confession.

“It was like ascetic training,” Masui remembers. “It is tough to be arrested, but you can become stronger through that kind of experience, too.” They looked to role models such as left-wing activist Fumiaki Hoshino, who has been behind bars for nearly 40 years but has steadfastly refused to speak to police.

The young activists faced a lengthy and expensive legal battle, led by lawyer Tatsuo Suzuki, a candidate in the recent Tokyo mayoral election. They were also supported by a range of left-wing and nonpartisan groups.

“The Law for the Punishment of Acts of Violence was used repressively before the war as a security law, but since 1945 it has been used against both organized crime and the student movement, and today is actively employed for general cases,” says professor Norio Takahashi, a criminal-law specialist at Waseda University. “Tearing down notices is damaging property, and when this is carried out collectively, the sentence is aggravated.”

However, Takahashi also notes that an equivalent penalty can be given out under the regular property damage section of the criminal code, though the Law for the Punishment of Acts of Violence may be used instead to add weight to the charges in cases where violence or intimidation are involved.

The “Hosei Five” were ultimately acquitted because the court ruled that camera footage and witness testimony central to the allegations were inconclusive. The result is a mixed one and does not fully vindicate their cause in the long run. The prosecution had claimed the five had plotted and carried out the damage as a group, and this could be what tipped the case in the students’ favor.

“In this case, all five would need to be involved at the scene, and likely they were found not guilty because this could not be substantiated,” Takahashi says.

When I meet four of the Hosei Five away from the protests, the activists are amiable but pull no punches when it comes to describing their struggle. They are quick to label Hosei’s behavior as “suppression,” and perhaps these forthright views may help explain why their story has barely been covered in the mainstream media.

“As far as I can see, people like us who criticize and fight the state are almost never reported about,” says Utsumi.

While NHK covered the first acquittal, it then went on to interview an expert about the case’s significance rather than the five themselves.

“They don’t come to interview us!” Masui complains.

In 1968, 80 percent of Japan’s universities were paralyzed by campus strikes and conflicts. Hosei in particular became known as a bastion of student activism. The reasons for the subsequent decline of the Japanese student movement are complex, though the Hosei Five believe the current climate of neoliberalism has put a stranglehold on activism.

Hosei’s student organizations have steadily ebbed away over the years. By 2002, its Student Self-Governance Council had ceased to exist, while the Bunka Renmei (a student cultural club organization) dissolved in 2007. The current incarnation is an unofficial, unrecognized reboot.

The activists see their actions as part of a struggle against neoliberalism and nationwide changes to the university system, such as increased outsourcing, higher tuition fees and restrictions on student organizations. Hosei became a symbolic fight in the wider struggle against these changes, galvanizing student activists from around Japan.

Like many universities that invested money in the stock market, Hosei suffered heavy losses in the fallout from the Lehman Brothers collapse. The activists condemn the university for treating education as a capitalist enterprise. The Japan Times invited Hosei to comment on the accusations in this article but the university declined.

Three of the Hosei students among the five were expelled, officially for “violent behavior,” “interfering with university duties” and “interfering with classes.” Masui was removed from the register for failing to pay fees.

The punishment “wasn’t because of our arrests,” Onda says. “The reason was our student activism.”

All five are still involved in political activities, but whereas Utsumi and Onda could be described as professional activists, Arai, Onda and Masui are now in steady work. Masui, for instance, is a care worker and unionist.

Oda campaigns against nuclear power for Nazen (the No-Nukes Zenkoku Network) and Utsumi is a hard-core leftist, producing numerous fliers for demonstrations from his bag during the course of our interview.

Utsumi claims to have no regrets. He says he was dedicating his life to student activism before the court case and is carrying on regardless.

“Fantastic!” chips in Onda, a colorful character who always wears snappy suits and shirts. He says he is now a “working man,” though that does not mean he has to give up his trademark wardrobe.

“Well, I’m actually white-collar, though I wish I could be like Utsumi!” he quips.

Their arrest records and expulsions mean they are unable to work as civil servants or at major corporations.

“The large companies check up on you,” says Onda.

The five may have been acquitted but their fight is not over. Now they are petitioning to get the university to apologize and accept the verdict as a vindication of their activities, as well as to have their punishment and sanctions meted out to other Hosei students repealed.

On Friday, a rally of around 60 people in support of these goals was held outside the Hosei campus in Ichigaya, drawing a heavy police presence.

“They are trying to suppress us,” Utsumi says. “They are ready and waiting.”

The Japan Times spoke to some regular Hosei students during the demo.

“It’s totally fine for them to have their say, but they are quite loud,” said Tomohiko, a first-year student. “There’s a hospital right by the campus. I wonder if this noise is so necessary.”

The students seemed to be aware of Bunka Renmei and some were also knowledgeable about Hosei’s history of activism.

“I don’t want to take part myself but this is kind of a Hosei tradition,” noted fourth-year student Misaki. “Students should be free to make speeches like this as long as it doesn’t lead to bloodshed.”
スポンサーサイト

いよいよ本日!法大解放総決起集会!

 2014-04-25
学生、ちゅうもぉぉぉーく!

a552bec8.png 


なんだあぁぁー!


213900f9_1319826971041.jpg 無題

t02200329_0389058110246356923.jpg Milos_Sarcev_photo102.jpg

img465cc8cazik1zj.jpg body_builder_17sfw.jpg



4・25法大解放☆総決起集会、
やるよー!


2379827i.jpg 


なんかこの人たちもシンポジウムを午後6時からやるらしいけど・・・
「立憲デモクラシーの会」
constitutionaldemocracyjapan.tumblr.com/
シンポジウム 「私が決める政治」のあやうさ:立憲デモクラシーのために
法政大学 富士見キャンパス 58年館3階834教室

image_20140422234934277.jpeg 

こんなメールが出されている法政大学でどういうデモクラシーを語るんだろうね?

特に法政大学に所属してるのに呼びかけ+参加する教授は何考えてるのかな?
わけがわからないよ。

78016546_624.jpg 

来る人は真剣な人がほとんどだと思うから、ぜひ昼の法大集会にも注目してくれたらうれしいな☆







みんな気になる弾圧情勢は・・・

23日に麹町署警備課にこんなの出したけど

20140424_161008.jpg

 20140424_161021.jpg


田中優子に続いて「受取拒絶」されたよ!

逆に警察が受け取ったら「戦争反対の田中優子」より公安警察のほうが事実上誠実なわけだからよかった(?)けどね!

理由は

「警察は法律に基づいて適正に対処し
ているから」

「事実に基づかないいわれなき抗議は

受け取らない」


だそうだよ!

は?じゃあなんで昨年・一昨年と起訴すらできない逮捕してんの?
3・11以降ぐらいからまじで一回も起訴までいったことないどころか、一日とかで釈放されてんだけど。

2月27日には無罪も確定したんだけど。

064_20140425000736bd8.jpg 

もう脳みそ死んでるから生命活動やめちゃえばー?

ということで今日も公安のソウルジェムは真っ黒だよ!

参加する学生はいっさいの挑発に乗

らず、断固としてデモを貫徹しよう!






法大生を先頭とした学生のみんな!
そして労働者や市民のみなさん!

「無謬の理論」を持った「無活動」のエライ方々の言葉遊びに付き合うのはやめて、ときに誤ることがあろうと、自分たちの行動で生活と権利を現場から取り戻そう!


大学の主人公は、学生だ!


本日12時40分! 
法政大学市ヶ谷キャンパスに集まってください!
netjpappsakiraoppojokephoto-2-1-s-307x512.jpg 

<行動要項>
「大学改革」粉砕! 処分撤回! 文連無罪に謝れ!
―法大解放総決起集会―
12時40分~法政大学市ヶ谷キャンパス集合 
13時30分~法大周辺をデモ行進
終了予定 14時~14時半

―文科省申し入れ行動―
16時~文部科学省前
終了予定 17時~17時30分


戒厳令!

 2014-04-23
学友諸君、まずはこれをみてほしい!

image_20140422234934277.jpeg


ずばり、戒厳令である。

このメールは、大学当局のメールマガジンに登録している学生の下に22日夜、一斉送信されたものだ。

さすが日本の北朝鮮こと法政大学。

「見るな・聞くな・言わせるな」の三拍子

そろった見事な対応である



われらが法政大学新総長・田中優子はもちろん集団的自衛権の行使容認など「解釈改憲」には反対らしい。
ゆうこたん 

だが、彼女が責任を持つ法政大学ではすでに民主主義の根幹を揺るがす「解釈改憲」は絶賛強化中である。

田中優子のようなペテン師左翼が権力を持った場合に北朝鮮のような国ができる理由がよくわかる一例だろう。学生や民衆の「自治」を尊重せず、左翼的な頭だけの理論を振りかざして学生を「救済・保護」の名の下に「管理」する輩の行き着く先が北朝鮮のような国なのだろう。
0_201404230038595b1.jpg ゆうこたん

われらが法政大学の先輩諸兄たちは、戦前、学徒出陣第一号となった母校の惨状を憂い、その反省から「東洋最強」(自称)の学生自治文化を闘い、つくりあげた。
大内兵衛総長など、法政大学には学生の行動を尊重する、言行一致の教授たちもたくさんいた。

今、もはや伝説となってしまった学生による24時間自主管理のサークル棟「法政大学学生会館」の設立運動の第一人者である、「暁の勇者」(自称)ことわれら文化連盟は非公認化され、「法政大学とは一切関係ない学外団体」とされてしまっている。

われわれ文化連盟には意地がある。

戦後日本の民主主義を支え、闘いぬいてきた偉大な先人たちの思いや、自主文化を愛してきた、そして現在進行形で愛している多くの学生たちがいる。


てめえらみたいなペテン師集団には絶対負けないからな!
one2.jpg


すべての学生・労働者・市民は4月25

日!

法大解放総決起集会へ!


大学を、取り戻そう!

4・25法大デモにいこうぜ! ~みんなのメッセージ②~

 2014-04-22

4月25日、法大解放総決起集会に参加しようと考えているみんなからの呼びかけメッセージ②!
フッフゥ!



◆法政大学 新入生

 法大といえばMARCHの中の1つの大学としてイメージが強く、ネームバリューがあり歴史のある素晴らしい大学だと思っていました。ところが法大の説明会に参加した日の帰り際に、社会科学研究会の方々に話しかけられたのがきっかけで、この大学に対する印象が変わってきました。
 「3・14弾圧事件」の話を聞いた時には、この大学はおかしいんじゃないか、と斬新に思えるほどでした。なぜ学生を処分するのか、なぜ無罪になった学生に対して謝罪しないのか。驚きを隠せませんでした。

 当たり前のことを当たり前のようにできない体制なのは大問題。それも大学という組織が。大人がこんなようでは子どもに舐められても仕方がない。恥を知ってほしいです。
 法大に入学して、まだまだこの件について知らないことがたくさんありますが、このような実態であるということを他大学の知人や友人にも教えたいと思いました。



◆慶応大1年


 法大闘争は現代のあらゆる大学が抱え込む矛盾を告発し、打ち破る闘いの最前線だと認識しています。
 思うに、法大を含む全国の大学が「グローバル人材」などという美辞麗句の下、企業に都合の良い労働力を送り込む窓口と化し、苛烈な競争を学生に強いるようになって久しい。そこで僕らが絶対忘れてはならないのは、大学はこうした経営方針の押し付けのために、学生を分断・管理し、自由を奪うことを厭わなかったし、これからも厭わないということです。事実、歴史的に多くの大学で、自治寮やサークル棟の一方的解体が推進されてきました。
 そして今や法大当局は、ビラ撒き、サークル新歓、飲酒など学生の自主的な活動やささやかな娯楽すらをも規制するため、公権力まで動員して学生を逮捕させているではありませんか。もはや常軌を逸しています。

 だからこそ、私は他大生でも法大の現状を許すことができない。法大闘争が敗れれば全ての学生の自由が危機に晒される、その意味において私の身は自分だけのものではありません。共に闘おう。


◆上智大1年


 私が法大生の皆さんに言いたいのは「現状は放っておいても変わらない」という事です。学内に警察の介入を許し、学生が逮捕され、学生を徹底的に管理する…これが本来あるべき大学の姿でしょうか。いやしくも「自由と進歩の大学」を掲げる大学がこの有様です。この現状を変える主体は他でもない、法大生自身です。

 現在、全国の大学が、学生を管理下におき、「消耗品」として企業に送り出すための「労働者工場」の様な存在に成り果てようとしています。法大をそのような商業主義的風潮から解放し、そして全国の大学へこの闘いを広げていきましょう。

 4.25の法大デモが変革の起爆剤になることを切に望み、私は連帯します。


◆早稲田大学1年


 私は現在の日本の大学の在り方、ひいては学問の在り方に疑問を抱き続けています。
 入学前の説明会から就活の話を聞かされ、キャンパスをキレイにするための建て替えで学費が上げられ、奨学金は削られ、講義の評価はレポートや試験よりも出席を重視する、そのすべては「グローバル人材」へと成長するため。そして学生たちの大多数が就職できないかブラックな非正規職にしか就けない。大学は、批判的知性を奪い社会に従順な労働者を作り出すための工場でしかないのでしょうか?

 法政大学は大学のやり方に批判的な学生に暴力を振るい、処分し、公安警察に逮捕させており、日本で最も自由のない大学でしょう。
 しかしこれは全国の大学が共有する方針であり、決して法大だけが異常なわけではありません。すでに多くの大学で「法大化」が進行しています。
 われわれ全国の学生が今すぐ行動しない限り、日本の学問は壊滅するでしょう。今こそ大学と学問の在り方を問い直し、われわれ学生の自身の在り方を問い直そう。そして法大闘争に決起し、法大当局と御用学生団体を打倒し、闘いを全国の大学に広げよう。


◆関西学生


 おかしいことをおかしいと言う学生。ならぬことはならぬと言う学生。そういう学生を警察とグルになって迫害する法政大学。法大生のみなさん立ち上がりましょう。声をあげましょう。黙っていたら、私たちの権利はどんどん剥奪され、ナンセンスなルールを一方的に押し付けられ、学費は上げられ続けます。
 田中優子法大新総長は、権利は勝ち取るものと述べておりました。闘いましょう。団結の力で法大当局の悪政を粉砕しましょう。








短い期間で集めたけど、みんなありがとう!

4月25日! 共に法大解放総決起集会へ!


◆4・25法大解放総決起集会
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
時間:12時40分~集合 1時30分~法大周辺をデモ行進 
※終了予定 2時30分


その後、午後4時ごろに文部科学省へ行って「大学改革」の中止および学費問題等学生生活の改善を求めて申入れ行動を行う予定です(すでに文科省からのアポはとりました)。

全国の学生・労働者・市民はあつまれ!
大学を、次の社会の担い手としての学生の活力を取り戻そう!

kirurakiru_mainvisual.jpg




【おまけ】文科省への申入れ文。少し文量ありますが、読んでもらえたら喜びます。

2014年4月25日

文部科学大臣 下村博文 殿

申し入れ書

法政大学文化連盟

全国学生有志

 大学をめぐる問題はますます社会的に注目を浴びるようになっています。学費は高騰を続け、初年度入金平均額は10年度、国立大学で約80万円、私立大学で約131万となっています。消費者物価指数と合わせて考えてもわかるように、異常な高騰率です。09年度時点で学費が年収に占める割合は平均34%という巨額の負担を家計に強いています。
 それにもかかわらず、文科省の奨学金制度には国際的な意味での純粋な「奨学金」としての給付型はなく、事実上は貸与型の「学生ローン」です。文科省のHP「平成25年度:奨学金事業の充実」によれば、無利子奨学金はこの15年間で2065億円→2912億円へと増加していますが、有利子奨学金は650億円→9070億円へと急拡大しています。「学生支援」を建前として、高すぎる学費を払うために「奨学金」という名の「借金」を学生に背負わせ、その未来を搾取する構造が存在しているといわざるをえません。しかも、日本学生支援機構は、返済が困難な者の個人情報を個人信用情報機関へ提供する(ブラックリスト化)などしています。結果、アルバイト漬けになったり、将来への展望を持つことができない学生が大量にあらわれ、社会問題となっています。
 そして、長引く不況とともに、この「奨学金」を返済するため・高い学費を工面してくれた親に恩を返すために、就職活動に必死にならざるをえない構造が学生に強制され、結局、多くの学生がやりたい勉強をやることができなくなっています。
 すべての矛盾を学生に押しつける、教育を語った「貧困ビジネス」を私たちは許しません。

 学問そのものの腐敗も顕著です。2000年を境とするこの10年ほどの間に、日本の論文捏造などの事件は一挙に増加しました。STAP細胞をめぐる問題にもみられるように、一年契約など短期間で雇用される学者は極めて短期間で成果をださなければならず、ろくな実証・研究をする時間などなくなっています。「論文を書くか、さもなくば破滅するか」(publish or perish)はまさしく現在の問題です。
 一方で、利益をあげる「学問」にはスポンサーがつきやすい構造は強化されています。この腐敗の最も顕著な例は福島原発事故とその後の状況によく示されています。現在、福島県民健康管理調査検討委員会によれば、約25万人の子どもの甲状腺検査を行った結果、甲状腺がんが確定33人、疑いも含めれば74人という疫学の常識の100倍以上という恐るべき状況が報告されています。にもかかわらず東北大や広島大、長崎大、福島大および福島県立医大の教授を中心として構成される同委員会は「原発事故との関係は考えにくい」とし、「予防原則」に基づく医療活動すら放棄しています。うがいをしなくても風邪になるとは限りませんが、だからうがいをしなくていいという医者がいるでしょうか。
 学問の買収と腐敗を私たちは許しません。

 2000年以降、「行政改革」の一環として「教育改革」が叫ばれ、大学において「産官学連携」が政府・文科省によって推進されてきました。小泉政権時の2004年、国立大学の独立法人化はその画期です。国立大学への「経営協議会」の設置による大企業役員の大学運営への参加、「大学改革促進係数」による大学運営費交付金の年1%逓減原則およびこれとセットの「中期目標・中期計画」の文科省評価による交付金の競争的傾斜配分政策は、国立大学独立法人化の具体的な内容でした。大学設置の規制緩和により、それは私立大学も巻き込んだ大学間の予算をめぐる競争を激化させ、結果として産業資本への大学の従属と国家統制を強めました。2000年、自民党文教部会報告において座長・麻生太郎氏は「独立行政法人制度は、目標・計画の設定や定期的な業績評価といった仕組みをつうじて、国の意志を法人運営に反映させうる制度」だと述べており、この結果は独立法人化のそもそもの狙いであったことを語っています。
 安倍政権は下村文科大臣自身も参加する「教育再生実行会議」を設置し、それに呼応するように文科省は「大学改革実行プラン」を策定しました。大学改革実行プランは「グローバル人材の育成」「研究力の強化」を目的とし、そのために「大学のガバナンス改革」を組み合わせた政策ですが、つまるところその内容はこれまで続けられてきた大学改革のいっそう強力な継続にほかなりません。「総長のリーダーシップの確立」という建前の裏に隠された、いっそうの大学自治の破壊はとうてい認められず、「グローバル人材の育成」という建前の裏に隠された、国際競争に勝ち抜くために、一部のエリートを除いて学生を安価に使い捨てられる労働者として育成しようとする試みもとうてい認められません。
 国家・財界による、大学・学生の買収・屈服を条件とした、大学の国家への全面的な動員体制を構築しようとする試みを私たちは許しません。

 すでに小泉政権以来、全国大学で「抵抗勢力」たる自治会・自治寮がつぶされ、サークル活動など学生生活への規制は日々激しくなってきました。多くの学生の悔し涙を引き継いで、法政大学では2006年以来、のべ125名の逮捕、13名もの学生の停学・退学処分を受けながら闘いが続けられています。
 営利事業と化した大学がもたらす学生生活への圧迫、学問の腐敗、大学の国策への動員の中で、ますます多くの学生が政府・財界が一体となって進める「大学改革」の欺瞞に気づき始めています。学生を単なる「サービス受給者」にし、誇りと主体性を奪う「大学改革」を私たちは絶対に許しませんし、学生の総力をもって反撃します。

以下、申し入れます。

一、「大学改革実行プラン」の中止を求めます。

一、一昨年、留保を撤回した国際人権規約A規約第13条(高等教育の無償化)に基づき、学費の無
  償化を求めます。文科省の原発関連予算(特にその大部分を占めるJAEAの研究開発費であ
  る1129億円)をさしあたっては転用することを望みます。

一、日本学生支援機構による「ブラックリスト化」を撤回するよう指導を行うことを求めます。



田中優子、お前もか・・・! おれたちは怒ったぞ!

 2014-04-22
まずはこれをみてほしい!

20140415_180348 (1) 

法政大学総長・田中優子の自宅に送付した、内容証明付質問状は見事に「受取拒絶」をされた。


次に、これをみてほしい!

980845819943.jpg 

どんな場面なのか簡単に説明しよう。

①田中優子総長がある集会で「戦争反対」をテーマにした講演会を行うことを文化連盟IT革命軍がつきとめる。
 「受取拒絶」はされたが、まだ何かの間違いかもしれないので、武田君を先頭に、直接会って渡すために参加することに。


②当日、集会終了後に楽屋へ。
 楽屋にいないので、舞台袖にいるのだろうということでそちらへ行く。

③スタッフと話す。
武田「法政の学生なんですが、田中優子さんいますか?」

スタッフ「ちょっと待ってください・・・(スタッフが奥に消えて数分、もどってきて)今、ちょっと疲れていまして、このあと静岡に行かなければいけないのと、議員さんとも話すそうですので、時間があまりないんです」

④10分ほどして、再度接触を試みる。「田中優子のマネージャー」を名乗る男が登場。この時点でスタッフが増えており、ピケットが張られている状態になっている。
マネージャー「田中さんの教え子にあなたたちのような学生はいません。学生証を見せてもらえますか」

武田「(そんなことを言われるとは思わなかったので用意してきていなかった)すいません。だけど本当に5分くらい会って話すだけですから」

マネージャー「あんまりしつこいと警察に通報するぞ」



・・・うん。あなた、明らかに知ってますよね?


⑤(クチ)ケンカ。上の画像はそのときのものである。





・・・われわれはこの間、合計で4度もの質問状を提出した。
そのうち3度は田中優子総長宛である。

一度目は社会学部窓口での受取拒否、二度目は自宅で受取拒否、三度目はついに集会場スタッフと打ち合わせていたと思われる上述の見事な対応である。

総長だからといって何でもできるわけはないし、事情はあるだろう。現実に弾圧を仕掛けてくる権力が存在するこの社会で、個人の決起だけで「確立した市民」が保障されるわけなどない。
ゆえに、最近流行の、無責任に「個の自立」を求め、結果何もできないエセ民主主義者たちに担ぎ出されて総長になっただけならば、有形無形の協力関係を構築することはありうるだろう。

だが、田中優子! お前は徹底的に対話を拒否した! 直接会いにいっても顔を見せることさえしなかった!

もはや確信犯であることは疑いようがない!

消え去れ、このペテン師!

ゆうこたん 

何が「市民のための大学という方向をさらに推し進めていきたい」(学研インタビュー)だ?
ゆうこたん 

「法政大学の教員と学生にも、社会に深い関心を持ち、社会の矛盾に立ち向かおうとする伝統が」ある(入学式式辞)とかあんたなに言ってんの?
ゆうこたん 

「私は法政大学でその真剣な姿勢も学ぶことができました」(入学式式辞)?今の法政大学らしい発言だなぁ!
ゆうこたん 

法政大学の真剣な姿勢の図
img_6.jpg 

dd.jpg 

dsc_4432.jpg 




集会スタッフが最後に言った「この会場は私たちが借りており、私たちに管理責任がありますので、あなたたちは入れられません」っていう発言はまんま法政大学がいつも言ってる「施設管理権」のことだよなぁ?反戦集会のスタッフともよく意志一致されてますねぇ。

法政大学が施設管理権を利用して行っている弾圧の図

100708_0935~02 

5_2014042201172853a.jpg 

3_20140422011726660.jpg 

971947661368.jpg 

「秘密保護法反対」? 「戦争反対」? 戦後憲法の「学問の独立」ってこういうことやらないためにつくられた理念だったんじゃないの?ねえ?
ゆうこたん 

「原発反対」? 原発産業が労働者の被爆を隠し、放射性廃棄物の処理のことを考えないで、命と生活を安く扱って「安い電気」になってきたこと知ってるよね? そのためには労働現場で声をあげられないようにすることが必要だったから大量の非正規労働者使ってることも知ってるよね?
なあ、こんな大学で誰が声上げられんの?
ゆうこたん 

状況が悪くなって、社会の矛盾に気づく人が増えても、「自由と進歩」を掲げる大学ですらこんな状況じゃ「抗議しよう」って誰がいえんの?
ゆうこたん 

そりゃあみんな「自立した市民」なんかになんないよ。その条件つぶしてんのあんただからな!
ゆうこたん 

なんで懲りずにこんなこと言ってんの?ねえ?
→「大學新聞」(4月10日号)
www.hosei.ac.jp/gaiyo/socho/NEWS/140416.html
本学の大きな特色として、学生の旺盛なチャレンジ精神、すなわち主体性の高さが挙げられます。・・・より詳細に述べると、既成概念にとらわれない自分の考えを持ち、未知なるものごとに意欲的に挑戦する人材を育成することが本学の使命であると考えています。

・・・「ビラを読む権利」すら奪う大学の総長がなに言ってんの?
※入学式で保護者・学生からビラを奪う当局の映像


「社会の矛盾に立ち向かう伝統」で本売って、飯くってるだけならやめてくれる

この本や
41bIPPzzw0L__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_ 

この本とか
51E7MzMVw0L__SL500_AA300_.jpg 



これらを買った人たちの真剣な思いは全部お前の着物に変わっただけなわけだ。

反論ならいくらでも聞くから質問状に答えろよ。暴処法「完全無罪」について見解言ってみろよ、「秘密保護法反対」のおばさん。
ゆうこたん 


絶対に許さないからな!
8d28269e.jpg





さあ、全国の学友・労働者・市民のみなさん!
遊びで「リベラル」をやる時代は終わりにしよう。

こんな時代だからこそ、世の中のペテンをすべてはぎとっていこう!

学生の、そして民衆のまっすぐな力を

甦らせよう!
 
ace3.jpg 
文化連盟と共に、4・25法大解放総決起集会へ!

場所:法政大学市ヶ谷キャンパス正門付近
日時:4月25日 12時40分集合~ 
           13時30分~法大周辺をデモ行進

※終了後、午後4時ごろから文科省で、「大学改革」の中止および学費など学生生活の改善を求める申入れ行動も行います。法大門前は行きにくいという方々も、ぜひ集まってください。


4・25法大集会へいこうぜ!  ~みんなのメッセージ~

 2014-04-16
4月25日、法大解放総決起集会に参加しようと考えているみんなの呼びかけアピール!





◇法政大学2年

 最近、法大の学内で「ビラを受け取るな」という放送が流れています。
 田中総長は、「社会に関心を持て」とか「大学は自由なところ」と言っているのに、これは一体どういうことでしょうか?学生にはビラを受け取る自由も、ビラを読む権利もないのでしょうか?

 このような学生を縛る大学に怒りを感じます。サークルをつくりたくても審査が厳しい。規制によって学生が萎縮させられ、やりたいことをやれずに大学生活が終わる。「何のために大学に通っているのか」と、学生はくすぶっています。
 法大では職員や教授が学生を弾圧しています。本来なら、学生の立場に立って学生の権利を守るべきなのに、逆に学生の可能性を奪っているのです。これが果たして「自由と進歩」を掲げる大学のやることなのでしょうか?
田中総長の「戦争反対」は、残念ながら空語でした。まずは、無罪になった学生に謝罪するべきだと思います。

 法大の現実は、まさに社会の縮図です。学祭規制に抗議をし、福島の健康被害を隠蔽する御用学者を批判して、武田君が処分されています。
 これは大学にとどまらず、僕たちの未来に直結する問題だと思います。だから、法大の現実をぜひ全国の学生にも見てほしいと思います。一緒に考え、行動していきましょう。



◇和光大学1年 

 現在、日本の大学、法政大学が雇った暴力を振るう事になんの躊躇のない警備員が、ビラまきをしている学生の胸倉を掴み、数人がかりで恫喝するという愚行が行われている。これは、全国の大学でビラ配りの禁止、立て看板禁止、飲酒禁止、自治寮潰し、サークル自治会解体という、所謂、「管理下」の一環で行われている事だ。

 学生の人権を踏みにじる「管理下」を担ったのは、社会に対する立派な意見をお持ちの御高名な先生方、そして大学を必死に経営し、新しい建物を増設し続ける経営者の方々である。彼らからは、学生の生活などと言うものは人生の中でちっぽけで、取るに足らない物なのかもしれない。ただ、今を生きている私たちには、漠然とした未来を目の前にして、自由な時間があり、 様々な事を学べる機会があるのは、大学だけである。私は自由と言う大切な機会を奪われないために、これが全国の「管理下」の前線であると理解した故に参加を決めた。
 つまり、私は自分の大学での生活を守るために、法政大学で闘うのだ。そして、法政大学の学生を始め、全国の学生は真の大学を取戻し、守るために集まってほしい。



◇首都圏1年

 私はちょうど今、人生の節目の時期としてどのような進路を選択するのか多少なりとも考えている状況にある。

 しかし、目下のところ大学という機関には様々な問題があり、迷っている。そのうちの一つは法大が行っていることに象徴されている。 
 今の大学は商業主義に染まり、企業で評価の高い人材を送り込むことに躍起になって、それ以外の活動への配慮が全くないと言っていいだろう。大学の経営は単なる商売に過ぎずそれ以外に価値を置くことがない。とりわけ最近話題になっている法政大学や立命館大学などはその先駆けではないだろうか。
 ここの大学は法学を学ぶための所であるはず。だとすれば社会に異議を唱える学生を一方的に拒否するようなやり方をしてはならない。見栄えの良いことを主張しながら権力者からの圧力には屈してしまう、このような態度は情けない。  

 4・25法大デモでは大学としての本来の目的を果たすべく、学問と言論の場としての役割を取り戻す大きな契機になることを期待する。 






共に4・25法大解放総決起集会へ!


◆4・25法大解放総決起集会
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス
時間:12時40分~集合 1時30分~法大周辺をデモ行進 
※終了予定 2時30分


その後、文部科学省へ行って「大学改革」の中止および学費問題等学生生活の改善を求めて申入れ行動を行う予定です。

全国の学生・労働者・市民はあつまれ!
さあ、ここからはじめよう。

20140410183758.jpg
台湾学生の未来への勇気ある行動につづこう!


田中優子陛下!どうなされたのですか・・・?

 2014-04-15
この間、われらが法政大学総長・田中優子陛下は学内外へむけて多くのアピールを発している。
ゆうこたん

近いところで、法政大学がHPで公開しているものだけでもこれだけある。

「学研・進学情報」5月号
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/socho/NEWS/140411.html
大学が秩序を押しつけるということはなく、教員は率先して社会のことを考えているし、学生が社会と対峙したり真剣に考えたりすることを批判しない。むしろ歓迎する傾向がありました。・・・その後、日本の大学全体がだんだんと落ち着いてきて、なんとなくどこの大学も同質化してくるのですが、そのようななかでも法政大学の校風は残っているような気がします。・・・「自由と進歩」を大前提にして、「市民のための大学」という方向をさらに推し進めていきたいと思います。

「サンデー毎日」4・13増大号
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/socho/NEWS/140407.html
大学で、特に学んでほしいのは、自分で表現することです。ゼミなどの少人数教育で自分の考えを説明したり、意見の異なる人と議論するなど、発信するために必要なスキルを磨いてほしいと思います。

「毎日新聞」4月3日朝刊 (入学式で全新入生に配布)
http://www.hosei.ac.jp/gaiyo/socho/NEWS/140404.html
民主主義は一人一人の人間が自分で調べ、自分で確認し、自分で考えないと確立されない。そうした自覚を持った「市民」が多くなって初めて、民主主義国家と言えるわけです。そして、その市民を育てるのが大学の責務だと思っています。

2014年度 入学式式辞
www.hosei.ac.jp/gaiyo/socho/NEWS/140403.html
戦後になるまで、女性は選挙権すら持っていませんでした。選挙権は、天から降って来るものではありません。自ら獲得するものでした。・・・しかしこのような社会のめざましい変化は、ただ楽天的に待っていて訪れたわけではありませんでした。時には命をかけるほどの活動によって、獲得したものです。
法政大学の教員と学生にも、社会に深い関心をもち、社会の矛盾に立ち向かおうとする伝統があります。多くの卒業生たちが自分で考え、自由で自立した考えをもち、社会がどのようであろうと、あきらめずに「自由と進歩」をめざしてきました。私は法政大学で、その真剣な姿勢も学ぶことができました。それはこれからも大切な姿勢です。




学研や毎日新聞のインタビューで答えているように、田中優子陛下は総長選挙で「法政大学の広報の強化」を掲げて勝利し、そして自らそれを実践されているのだ。そして持ち前の「リベラル」さを発揮しておられるのである。

すばらしい!真に立派である!
特に入学式式辞はすべての学生が全文目を通すべきである。





だが、しかし!



法政大学に巣くう君側の奸どもは、これまでの行いをいっさい変えようとしていない。それどころか、よりいっそうひどくすらなっている。
下の写真をみてほしい。
971947661368.jpg

なんと!警察権力が堂々とキャンパスの中に入っている!

文化連盟のメンバーがあそこまで入れば、総務部庶務課長・浅野はそれでももちろん「学外者はでていってくださーい!」と叫ぶのである。彼らの「学外者」という基準がいかにペテンかをよくあらわしている。ついに「大学の独立」という基本的なタテマエすら完全なガン無視である。


職員の腐敗もますますひどくなっている。

法大生なら誰もが知っているとおり、今、キャンパス中央広場はこんな感じである。
971975892738.jpg

55・58年館の解体に反対した多くの教員・学生の意見を無視して行われているこの工事は、2021年まで続く。これまでの正門前広場は2008年に完成したばかりである。にもかかわらず、大成建設に学生の学費を注ぎ込んでいるのである。
法大の資産価値が上昇し、「大学債」の値がつりあがるので、きっと理事会のみなさんはホクホクだろう。かつてボアソナードタワーの竣工のときにやられたように、完成すればそれを口実にまた学費を上げるのだろう。ボロい商売である。

そして、なんとこの工事、講義の最中も平気で行われている。

法大当局は、文化連盟や全学連の演説に対し、ずっと「授業妨害」を印籠のごとく掲げてきた。
演説が講義の時間に10秒でも食い込めば、総務部・浅野がドヤ顔で看板で警告してくるのである。
DSC_0052.jpg
※↑ときどき「授業準備妨害」という意味不明の看板をだしてくるときもある。

このことで浅野を問い詰めたらなんと

「だって(工事の音は)聞こえないもん」
yjimageRFDOJVBC.jpg

である。

彼の思考力はリアルに昆虫レベルになってしまったようだ。こんな人間が庶務課長をやっているとは、庶務課のみなさんは大変だ。


極めつけは、最近前面にでてくるようになったこの男である。
969543612569.jpg
こちらの追及に対し、この男は「理学部天文学科・高橋」と名乗っている。

法政大学には「理工学部」はあるが「理学部」は存在しない。つまり、この高橋(自称)はさらっとウソをつくクズである。「ウソつきは泥棒のはじまり」と言われるが、学生をだまし、親御さんから金をまきあげる大泥棒・法政大学らしい職員であるといえる。

この高橋の真骨頂はこちらの名言。


武田君の「どこから来たんですか?」という質問になぜか「日本」と国籍を答え、しまいには「お母さんの子宮」である。文化連盟が誇るクラッシャー・武田委員長ですらさすがに声がでなかったほどの珍回答である。

この男、「無罪についてどう思うんだ?」という質問には「でも逮捕されたでしょ?」とも答えており、法観念については完全に小学生レベルである。「おまわりさんにタイホされたからわるいひと」という程度の知識しか持たない職員を雇っている大学というのは珍しい。袴田さんの冤罪についてどう思っているのか問いただしたいところだ。
高橋は法大史上でも稀にみるクズ・・・なんというか思想うんぬんというより人間として救いがたいレベルである。

この高橋は、入学式の日に文化連盟がまいていたビラを新入生・保護者から奪い取る現場にも、もちろんいた。
法大職員がビラを奪い取る瞬間の動画


毎度のことではあるが、これに加えて法政大学は昼休みを中心に、校内放送で「ビラを受け取らないでください」という趣旨のことを大音量で放送している。日本が誇る北朝鮮大学では「ビラを受け取る自由」すら公には認められていないのである。


重要なことは、これは法政大学の職員個人が業務の合間を縫ってやっているのではない、ということだ。

新歓の時期、文化連盟の闘いを応援したいという猛者学生たちがきてくれ、学内でビラをまいて宣伝してくれることがあった。もちろん職員が寄ってきて、最初は丁寧に「学生証を見せてくれますか?」と聞いてきたそうだ。
もちろん、見せたくない。どうしようか数秒思案していたら、突然職員の態度が豹変。気がついたら周りを10名近い職員に囲まれており、たたき出されたのだが、そのとき法大の職員はこう叫んだそうだ。

「総長が代わったからって、体制が変わると思うなよ!あぁぁん!?」
ひゃっはー
※画像はイメージ





もう我慢がならない!法政大学の「社会に深い関心をもち、社会の矛盾に立ち向かおうとする伝統」(入学式式辞)を取り戻さなければならない!

はやく、はやく田中優子陛下のご聖断を仰がねば!
マスコミに顔を見せることに優子陛下はきっとお忙しいだけなのだ・・・・!


しかし、君側の奸どもは記者会見の場すら中止させてしまう。どうすれば優子陛下に直接われわれの声が届くのか・・・!

そのときである。あるメンバーの一言ですべてが決まった。
「自宅だ。自宅を探そう」






そしてついに!文化連盟IT革命軍の尽力でわれわれは優子陛下の自宅を探し当てたのだ!

惜しかったな君側の奸どもよ! 

すでに田中優子陛下の自宅には質問状が送付されたぞ!今頃は陛下の手に届いているはずだ! 
もちろん内容証明・配達証明付でな!

回答期限は23日まで!内容は前回社会学部窓口に受け取り拒否されたものと同じだ!

優子陛下のご聖断を待つがいい、栄えある学府を腐らせてきた者たちよ!
ふわはははははは!

Ke1mwaCD.jpg

学友諸君よ!法政大学当局は日々追い詰められている!
勝利への反転攻勢が始まる日は近いぞ!


4月25日12時40分!

法大解放総決起集会に集まれ!



法大当局のやろう、逃げやがった!

 2014-04-02
まずはこれをみてほしい!

20140402_001303.jpg



なんと、明日に控えた田中優子新総長の記者会見の中止のお知らせである!

これはこの記者会見に申し込んだ記者・新聞社にのみ本日、速達で届けられたものである。

今回の記者会見は、六大学初の女性総長ということで、法政大学が自らの「リベラル」さを社会に押し出そうと企画された記者会見のはずだった。大学総長が就任にあたって記者会見を開くことは異例のことであり、法政大学のやる気は十分に推し量れるものだったといえる。

にも、かかわらず!

体調不良だそうだ。総長就任の翌日に早くも過労などということがありえるのか? 入学式で前に立って演説することがそんなに労力を必要とするのか?

しかもすでにこの記者会見についてのお知らせ記事は、法政大学公式HPからも削除され、最初から記者会見などなかったかのような状態である。

どうやら法政大学当局は、徹底的に「田中優子は無罪確定や武田君の処分問題について知らなかった」でシラをきりとおすつもりのようである。

こんな連中にふだんわれわれは「社会常識がない」とされ、単なる「過激派」扱いされているのだから、「社会常識」なるものはいつのまにかこんなに荒んでいたのかと思わざるをえない。

どうするんだ!明日のためにこんなビラつくっちゃったんだぞ!

0402ビラ
0402ビラ2

われわれをこんなことで止められると思うなよ! 絶対に田中優子陛下のご尊顔を直接拝見し、その天の声をお聞きするからな!徹底的においつめてくれるわ。ぐはははは。
200708_25_34_f0066434_2042626.jpg


最後に。田中優子陛下の新入生への総長メッセージ
www.hosei.ac.jp/gaiyo/socho/message.html
・・・法政大学の教職員は皆さんが世界のどこに行っても生きて行かれるように、あるいは、どのような環境にあっても、自ら学び自ら考える力を得られるように、導こうとしています・・・

そうですよね、田中優子先生!「戦争させない千人委員会」の呼びかけ人ですもんね!
きっと優子先生はぼくたちを助けてくれる! きっと4・25法大デモに参加してくれる!

jeroboam-sacrifice-to-calf-87eb9.jpg

新入生の皆さまへ

 2014-04-01

新入生の皆様、ようこそ、法政大学へ。入学おめでとう!一緒に文化を創ろう!

【文化連盟って一体何者?】
 文化連盟は、1959年に法政大学で創立されたサークル団体連合です。1970年代に設立された学生会館(2004年に小火を理由に解体され、現在の外濠校舎となっている)の設立の過程で中心的な役割も担いました。「自主文化創造」をスローガンに掲げ、学生生活を守り、発展させるための活動体として2008年までは公認団体として、三本部団体の一員として学生生活の向上に努めてきました。2008年に非公認化されるころには、34の公式サークルを抱えていました。
 では、なぜ我々は2008年に非公認化され、国家・当局と戦うのか?
この「法大闘争」の起源は2006年にまで遡り、今年で9年目となります。ゆえに、しっかり説明していきますと非常に長くなりますが、ぜひ新入生、そして在校生のみなさん、少しずつでもいいですので、読んでいただきたいと思います。

【法大闘争の始まり(3・14事件)】

 2006年2月27日に法政大学当局より突如、「ビラまき・立て看板許可制」導入が発表されました。春休み真っ最中であることに加え、伝統的に法政大学のサークル連合の中で政治闘争を担ってきた三本部団体(文化連盟・第二文化連盟・学生団体連合)が主催するGLC(Group Leaders Camp)という大会議が終わった直後のことであったため、ほとんどの学生がキャンパスにいない状況での発表でした。三本部団体の個別の会議(3月1日・2日)で反対することだけは決まりましたが、それだけで、満足に学生側の方針が決まらないまま、大学側が3月14日に社会科学研究会(当時ふつうに文化連盟や第二文化連盟によって承認され、法政大学公認のサークルであった)などの政治系・学習会系サークルを「学外団体(全学連中核派)と関わりがあり、事実上の学外団体」として、また、ノンセクト系の学生がだしていた個人の立て看板を「無秩序」としてそれらの立て看板の撤去を決定。いわゆる一般サークルと政治系サークルおよび個人の分断が図られました。それまでビラまきと立て看板については明白なルールがあったわけではありませんが、伝統的に「明らかな通行妨害になるものはやめる」という常識にしたがってうまくいっていました。過去に巨大な立て看板が設置されたときも、それによって撤去されることになったことは、その証左です。

 そして3月14日、法大生5名を含む29名が「ビラまき・立て看板規制」に抗議してデモを行いました。ところが出発地点であった法政大学に返ってきたところで大学側がこれみよがしに立て看板の撤去を開始。もちろん、デモ隊は抗議。直後に200名の公安警察がキャンパスに突入してきて全員逮捕となりました。これが私たちの言葉でいうところの「3・14弾圧」です。
※当時立てられた立て看板


 この事件は、後に裁判で、当時の学生部長(現在の学生センター長にあたる)および総務部長の証言から、数か月前から公安警察と協議を進め「大学の態度を示す」ために行われた逮捕のための逮捕であったことが明らかになっています。当時的にも当初から不審な点があまりにも多かったことで一般的に弾圧として認められていました。

①    通報から2分で公安警察が200名きたこと
 一番近い麹町警察署からでも車で5分はかかる場所に法政大学はあります。そもそも200名そろえるだけでも2分を超えることは明白です。本当に通報したのかも怪しいわけです。

②    弾圧に至る過程の法政大学側の計画性の高さ
 上でも述べたとおり、ほとんどの学生がキャンパスにいない時期を狙っての突然の規制発表であり、その後や当日の当局の行動がかなりスムーズなことからも、計画的なにおいがしており、当時の学生団体内でもそういう見方はかなりありました。ゆえに反対する意見もある中で「やるべき時にやれないやつは結局最後まで闘えない」として29名はデモに立ったのです。

③    当日の逮捕の罪状が「建造物不法侵入」「威力業務妨害」だったこと
 法大生5名も含めてです。中の一名に関しては不穏な空気を感じ取り、学生証を掲示しながら入構したのですが、関係なくその時その場にいた全員が逮捕されたのです。

 そして、結局13日で全員釈放されたのですが、「逮捕された」ことを理由に法学部の二名は停学処分(後に無期停学処分)、文学部の三名は退学処分になります。こうして、この処分および「ビラまき・立て看板規制」の撤回を求めて、法大闘争はその幕を開けます。法大闘争の事実上の公式ブログの名前が「3・14法大弾圧を許さない法大生の会」であるのはここからきています。

【弾圧、そしてサークル団体の廃止】

 当初、法大闘争はかなり勝利的に進みます。「3・14弾圧」の直後、3月15日には三本部団体名義の抗議声明がだされたことにも見られるように、多くの学生がこの闘争を支持し、2006年の6月15日には(法大生だけの!)1000人の集会になるほどの高揚を示します(「3・14法大弾圧を許さない法大生の会」の2006年6月あたりの記事を見てみるといいかと思います)。

 その後の国会デモが、多くの法大生の飛び入り参加によって100名くらいの規模で行われるほどでした。しかしここから、6月15日当日も含めてどんどん学生活動家の逮捕が行われていきます。しだいに、「抗議したら逮捕・処分」というイメージができあがり、運動は2006年末にはいっきょに孤立していきます。

 そして、2007年の夏、社会科学研究会などのサークルを学内団体として認めていた三本部団体の廃止が法政大学から打ち出されます。それまで、法政大学では「間接公認制度」という制度をとっていました。体育会など10団体それぞれが独自にサークルや部活の公認権や予算権を持ち、各団体内の協議をとおして活動内容・活動規模を見て、どのサークルを公認するか、また、毎年どれくらいの部費を各サークルにだすかを決めていました。そして、ここで承認されたサークルは、「法政大学公認サークル」となるのが「間接公認制度」でした。 

 

 つまり、政治系のサークルは、その多くが戦後の学生運動・労働運動の高まりの中でつくられたものであり、文化連盟などの本部団体を創りだした主軸になったサークルたちであった以上、当然社会科学研究会などのサークルも大学側と大学の運営方針などで争い続け、大学当局にとっては目の上のたんこぶでありながらも「法政大学公認サークル」だったのです。
 法政大学は、これを廃止し、大学側による「補助金制度」に変えることを打ち出したのです。

 これは大学当局が一方的に予算権と公認権を持つ制度でした。つまり、今実際にそうなっているように、すべてのサークルが大学の顔色をうかがいながらやるしかなくなってしまう制度でした。形式的にはサークル団体の「再編」ということになりますが、実質的には、再編後の法政大学の学内状況を見ればわかるように、自主法政祭のようなイベントだけでなく、学費値上げ阻止闘争などの政治的な闘争を担ってきた三本部団体だけが廃止されました。そして、この過程で早々と解散を決定した学生団体連合の執行部を中心にしてつくられたのがCSK(サークル支援機構)です。彼らが当局の御用団体である歴史は最初から始まるのです。当時も、学生団体連合は「各サークルが闘う気がないから勝てない」といって解散へ行きましたが、サークル連合の執行部というのは、まず自分たちが体を張る覚悟で各サークルの闘争心を引き出していくためにあるのです。サークル連合は、闘争団体としてつくられたのですから、そもそも必然的にあるものではなく、それは歴史的につくられたのです。自分たちが闘わない理由を、結集してくれている学生やサークルのせいにするCSKの体質はここからずっと受け継がれているのです。現在のCSKも、「学生の自主性がないからマナーが悪くなる、それが規制につながる」とかなんとか言っていますが、こういう論拠も全てここから始まっているのです。
 当初、この案はあまりにも破壊的なものだったので、三本部団体合同会議が開かれ、そこで一致して反対の意志を表明して闘うことを決定するところまでいきました。社会科学研究会の代表が5分ほどの演説をしてそれが満場の拍手で迎えられたぐらいでした。しかし、闘争方針は定まらず、方針については各団体一任となり、内部討議で決定されることになりました。
 ここで2006年からの弾圧が活きてきます。当時、弾圧はいっそう激しくなり、これまでは逮捕だけだったものがついに起訴が行われるようになっていました。並行して、世論研などの言論系のサークルが当局を批判した新入生歓迎号が事実上の発禁処分を受け、世論研の代表が処分を受けることも始まっていました。ほとんどのサークルが「反対の意志はある。だけど、ガチで反対したら逮捕や処分が待っているのは明らか」として「まず交渉で様子を見よう」となったのです。結果、最後まで当局に情報をだす量や時期まで決められ、手のひらの上で踊らされることになりました。9月ごろまでは、「大学側に要求しているのだけれど、情報が出てこない。これでは討議ができない」となり、10月ごろになって情報が出始めると、「これはとんでもないものだ。ここまで具体的に決まってしまってはもう反対はできない。当局の打ち出している新サークル連合構想(後のCSK)に乗るしかないかもしれない」となっていったのです。そして、三本部団体は非公認化され、なすすべもなく敗北しました。

【文化連盟決起】

 三本部団体の中で文化連盟だけが、紆余曲折はありましたが、最終的に解散しないことを決定しました。しかし、2008年度になってみると、法政大学が雇った「ジャパン・プロテクション」の警備員、通称「ジャージ部隊」(いつもおそろいのジャージを着ている)がキャンパスに現れ、当局を批判するビラをまく学生に暴力を加えるようになりました。

※最も象徴的な場面。これは後にJapan Timesにも掲載される

※キャンパスの騒乱~「不当逮捕、強制処分、公安警察による誘拐まがいの逮捕、職員による暴行。これらは南国の独裁国家での出来事ではない。東京・市ヶ谷にある法政大学のキャンパスで起こっていることなのだ・・・」
そしてこの人間たちが、もはや非公認となり、学内の空きスペースを使って行っていた文化連盟の会議の場にまで現れるようになる中で、脱退サークルが相次ぐ状況となり、34サークルあった加盟サークルは10サークルにまで減っていきました。そしてその中で、2008年度執行部を選出することになりました。もはや崩壊的状況にある中で立候補したのは三名のみ。しかもこの三名は連立承認であり、一人でも選ばれなければ三名とも選ばれないという形での立候補でした。このときにその中心だったのが社会科学研究会に所属する、08文化連盟の委員長(齋藤郁真)です。結果、10票中7票を獲得して2008年度文化連盟執行部は選出されました。


※旧役員

 しかし、こちらが動けばあちらも動きます。執行委員の一人が宮崎学生センター長(当時)に呼び出され、「文化連盟に残れば君のサークル(新聞学会)に補助金は出さない」と言われ、サークル内で討議した結果、文化連盟を脱退することになりました。時を同じく、脱退サークルはさらに増え、文化連盟は最後はたったの4サークルにまで減りました。
 この中で、一度は5月中旬に飯田橋付近のファミレスで真剣に文化連盟の解散を討議するところまでいきました。そこから、世論研の代表がまたもや処分されることが確実になる中で、文化連盟は「一人の仲間も見捨てない」「これ以上の大学の暴挙を許さない」を掲げ、それまで法大闘争の主役だった全学連(全日本学生自治会総連合)に協力を要請します。

 

 そして5月21日、キャンパスで公然と集会を行うようになりました。彼らだけがクチだけではなかったからです。
 完全に孤立した状況へ追い込まれたところから、我ら文化連盟は情勢をひっくり返すべく闘いを開始したのです。


【文連決起以降の闘い】


 5月21日以来、文化連盟は決起し、総力で闘いを始めました。最初は「サークル員同士の交流」(いろんな企画をブログに書きこむことで告知、等)を目的として立ち上げられたこのブログも完全に闘争ブログとして確立します。とにかく怒りにまかせて行動につぐ行動を行っていく様子は、このブログの2008年度の記事を読んでいただければ理解できるかと思います。
 5・28-29弾圧、

 それに抗議しての委員長の170時間ハンスト(断食)、

 10・17法大総決起集会、
 

 委員長・副委員長への無期停学処分・・・その中で「ジャージ部隊」を追放することに成功したり、運動同士の横の発展を広げたりと、一定の成果を出します。
 しかし、「不当処分撤回」を掲げた2009年4・24法大総決起集会において、ついに文化連盟執行部は全員が「建造物侵入」「威力業務妨害」で逮捕されます。さらに立て続けに、法政大学門前の看板を壊したという理由で再逮捕・起訴が行われます(これに関する無罪が今年の2月に確定)。2010年まで、文化連盟は獄中闘争へと突入します。

 そして約半年以上の拘禁の後、保釈を勝ちとって出てきたところで委員長が退学処分を受けます。

※保釈直後の写真。三役もようやく出獄。
※退学処分に対する前委員長の抗議文(?)⇒08bunren.blog25.fc2.com/blog-entry-656.html
 この過程の入試において、法政大学は「大学の営業権」をかかげて、裁判所に仮処分申し立てを行い、入試期間中の情宣を禁止してくるようになります。情宣活動が営業権の名の元に禁止される、正に憲法無視のめちゃくちゃな攻撃です。ここから「教育の民営化」=学問の商業化粉砕のスローガンが掲げられるようになります。

 

※全学連、教育の民営化粉砕を掲げアメリカへ飛ぶ!文連のメンバーも参加し、アメリカにも法大闘争が持ち込まれた。

 委員長の退学処分や社会科学研究会の会員への無期停学処分(学内で許可をとらずにビラをまき続けた)で、文化連盟は学内での合法的な活動の余地をほとんど奪われ、それを機に法政大学当局は「学外団体キャンペーン」を行って、「そもそもそんな団体は法政大学になかった」かのようにしようとしています。
 そして、2010年度から、「ジャージ部隊」がいなくなった後を埋めるため、通称「ヤクザ部隊」と私たちが呼んでいる弾圧職員が登場し、ジリジリとした攻防戦(文連・全学連の門前演説による新たな学内決起の呼びかけ VS 法大当局の特に学内との運動の結合を阻止する弾圧体制)が始まります。

※右から二人目、前列にいる白髪交じりの男。

 2010年からしばらくは、文化連盟を知る世代がほとんど卒業(ないし停退学)してしまったこと、学祭実の大幅な反動化もあり、2012年の中盤までははっきり言って苦闘の連続でした。この間、外に置いては大きな前進が見られ、新入部員の増加をはじめ、2012年5月31日には法大暴処法裁判一審無罪を勝ち取るなど、さまざまな前進が見て取れました(ちなみに、99・9%の有罪率を誇る刑事裁判で無罪を取る弁護士というのは、業界的に相当のやり手とみなされるそうである。写真の弁護団には若い方もいるので、彼らの依頼も増えたそうな)。

※新たな無罪戦士と無罪弁護団が誕生!

 また、この法大闘争を教訓にして、京都大学では同学会(京都大学全学自治会同学会)が再建、

 

 広島大学でも学生自治会が再建され、

 

 全国の大学における運動も一層の前進を勝ち取りました。また、2011年は元文化連盟委員長が全学連の委員長に選出もされました。

※福島で吠える!全学連委員長!

 この間は学内における逮捕者や処分者も出しませんでしたが、それでも学生に訴え掛けるにはかなり難しい環境でもありました。ですが、3・11があって、多数の規制が強まり始め、そして12年の自主法政祭において、全面飲酒禁止が学祭実行委員会によって提示された時から状況が180度変化しました。
 この頃から、大学の商業化という問題が社会的にもますます表面化する中、法大闘争から一歩引いていたようなノンセクト(無党派)系の一翼と再び結合が始まり、運動の横の幅もさらに広くなります。
 しかし同時に、文連側と当局側の板挟みになっていたという状況から自主性を失った学祭実は完全に腐敗し、大学当局と一体になって文連をなんの具体的な根拠もなしに排除するという暴挙(※)に手を染めました。

※その光景in多摩

 そして、学祭実は当局との密室会議を経た完全な独断で、サークルの意見を無視して学祭規制の強行を始め、その強権的な手段は全学生を失望させました。その怒りとつながるため、文化連盟は実に4年ぶりのキャンパス集会を行います。
 集会自体は陰に陽に協力する学生が現れ、当日は1000人近い学生も誘引されてキャンパス集会に集まり、文化連盟の主張が全法大生的に認められていることを小なりとも示しました。


 

 これを受けて当局も動き、現委員長である武田君を(一発目にして!)無期停学処分にすることで学生の怒りを鎮圧しようとしました。手続き的にも完全におかしいとしか言えない処分でですが、向こうもそれだけ学生の怒りに戦々恐々としているという事です。
 また、武田の処分事由の一つには(簡単に言えば)「放影研理事長大久保利晃の講義を妨害した」というものも含まれてます。大久保利晃とは日米両政府が運営する原子力推進機関である放射線影響研究所の理事長であり、郡山市の原子力対策アドバイザーとして政府の意をうけ、同市で放射能安全論を撒き散らしている札付きの御用学者です。この為、私たちは武田処分を3・11福島原発事故以降、全社会的に問題化した原発御用学者の問題とも一体だと考えています。学生自治を破壊し、学生を管理対象として貶める大学は、学問を金で売るのです。この年から、文化連盟として3月11日の反原発福島行動の成功のために、現地で事前に諸活動をする仲間を送るようにもなりました。
 武田君への処分に対し、文化連盟は処分撤回の裁判闘争を開始。同時に、12月の後期総会で代替わりを決定。12年度執行部に武田委員長・須見川副委員長・岡田書記長体制を立てることになります。全員が市ヶ谷キャンパスに学籍を持つ学内主体です。10・19型の抗議を何度でも繰り返すという方針をとります。

※学祭実行委員会は、学祭の前に参加団体全てを対象にした全学説明会で過半以上の参加団体から承認されて初めて権力を執行できる。学祭実は承認される前に、新たな執行体制で排除を繰り返した。


【12年度以降の文化連盟の闘い】

 そして13年は、より当局にすり寄る学実との攻防も激化し、かつてから(3・14事件以前から)非公認サークルで、三本部団体に所属すらしていないようなサークルにも弾圧が拡大、自主法政祭などいくつかのイベントで明らかな妨害を受けるようになります。
 
※我々ではありませんが、あるサークルが作成し、掲示されていたビラの一つ。このように当局の都合にそぐわないものが最近は無断で剥がされるようになった。

 その妨害に学祭実は大きな役割を果たし、一般学生からの信頼をさらに失墜させました。その過程でいくつかのサークルとの交流が始まりました。この年の10月に行われた集会では、そうしたサークルが組織的に参加を行いました。規模は小さいし力不足という点もありますが、学生自治の復活へ大きな一歩を踏み出したのです。また、暴処法裁判では一審無罪になりますが検察が控訴。第2審が開かれます。
 2014年、無罪弁護団の鈴木たつおも出馬した東京都知事選も経て、暴処法裁判第2審も全員の無罪判決。


※二度目の快哉!
 そして、検察が上告を断念し、ついに法大暴処法の無罪が確定します。


※無罪をうけての祝勝会の様子
 
 学生運動史上では有名な東大ポポロ事件を超える歴史上初の無罪です。法大当局は被害者面をして居直っていますが、被害届を出して公安に逮捕させ、さらに裁判で検察側証人まで出し、武田君の処分理由の肉付けに暴処法を利用していたのですから、明白に責任があります。この責任は必ず追及されなければなりません。
 また、今年度から総長が変わります。秘密保護法反対、原発反対を公言する6大学初の女性総長、田中優子氏です。リベラル知識人の代表ともいえる彼女は、上述の暴処法弾圧の記事を二度にわたって掲載した、週刊金曜日の編集委員でもあります。しかし彼女に対して私たちが内容証明・配達証明つきの暴処法弾圧の責任を問う申し入れ書を送った結果、彼女の所属する社会学部の窓口の段階で受け取り拒絶され送り返されてきました。普段、我々の運動に対しルールを守れだとか、一般社会通念上許されないとか言っているくせに、自らはこんな失礼かつ非常識な事を平然と行う。しょせんは当局を批判する学生を弾圧すべく、都合よく「常識」や「法律」を持ち出しているにすぎないという事です。

【現在の闘いの状況】

 さて法大闘争は今年で9年目、文連決起から7年目を迎えます。この間に、述べ125名逮捕-33人の起訴、二桁を超える停学・退学処分がありました。文化連盟は今、学内からの新たな決起をつくりだすため、頑張っています。大学に特定されれば様々な恫喝が加えられることもあって、ゲリラ戦のような状況に入っていますが、闘いは水面下で進んでいます。

  ますます膨れ上がる「学費・就活・奨学金」の三重苦を前に今の学生は苦しめられています。「学生の本分は勉強」とひたすら机にかじりつくことを要求される(卒業に必要な取得単位数の増加、出席確認)のに、一方で「勉強したくてもアルバイトや就職活動が忙しくてできない」という学生の要求は放置。
 学費は年々上がり、高くて払えないということにつけこんで金融機関と組んで奨学金ビジネスに精をだし、さらに学生の将来の生活からすら搾取。実際、この10年で無利子奨学金の総額は ほとんど変わっていないのに、有利子奨学金の規模は人数比で7倍、総額で10倍に増えています。何もかも金儲けの道具にする新自由主義の下で、教育そのものがビジネスの道具にされています。

 わが法政大学においても、清成総長体制の時に、「自立型人材育成」なるキャンペーンが展開されるようになります。その内容は結局のところ「自己責任」イデオロギーと一体の、資本にとって都合のいい労働者育成政策でした。それは、2005年、NPO法人「21世紀大学経営協会」総会の席上での発言、「大学の役割は企業と同じ。原材料を仕入れ、加工し、卒業証書という保証書をつけて企業に出す。これが産学連携だ」という言葉によく表現されています。

 多かれ少なかれ、新自由主義=市場原理主義で動いている今の大学は、学生を学費・就活・奨学金の三重苦+学内規制によって政治的・社会的なことに対してアクションを起こす余地をほとんどの学生から奪っています。それによって、従順な学生をつくり、「おかしい」と感じても何も言わない、そういう人材を社会に輩出してきたのです。

 例えば、現在の労組の組織率は全労働者の17%に過ぎません。相次ぐ労災や過労死など、労働組合の組織率の低下と比例して増加を見せています。もしくは、キャノン労組(※1)のように労働組合が積極的に過労死を推し進めるような協定を結んでいる場合は本当に多く存在します(特に「連合」系の労働組合に顕著に見られる)。沖縄大学の学生からの情報によれば、大学をあげて基地に反対しているようにみえる沖縄大学のような場所においても、それは同じです(※2)。労災も過労死もみんな自己責任で済ませようとする、極めて悪辣な資本の論理です。

 ※1:キャノンの労働組合は三・六協定で9時間の標準労働時間にプラスして、15時間の時間外労働を出来る協定を結んでいる。つまり、労使の協議があれば24時間働かせることができるようになっている。3・6協定とは時間外・休日労働に関する法規のことで、労使の協議で時間外労働を設定できる規定である。名称の由来は労基法第36条にちなむ。

 ※2:「琉球新報、沖縄タイムスには偉い先生がいて『基地がなくても成り立つ』というが、それはウソだ。まともな経済学はそんなことは言わない」「安倍さんは基地負担を減らそうと頑張っている」「授業中しゃべったやつは試験を受けさせない。そんなやつには就職先はありません」inとある経済学の講義。
 「沖縄の学生は長期的にものを考えられない」「非正規だと子どもの学費は払えない。結婚し子どもを産みたかったら正社員にならないとダメ」「沖縄の若者は非正規が6割。頑張ってね」inとあるキャリアデザインの講義。このように、ひたすら学生に大失業・非正規の現実を突きつけ、競争をあおり、現状に従えと刷り込む「教育」なるものが蔓延している。


 2000年代に小泉政権が行った国立大学法人化(2004)は、この現実への決定的な一歩だったと言えるでしょう。経営協議会制度によって、大学の経営陣に企業が入る構造がこれによって制度化されます。大学を企業として、競争原理に叩き込んでしまうということです。これによって教授たちはスポンサー企業を探さなければいけなくなります。国立における競争の激化は私大にも波及し、大学への補助金カットもこれに拍車をかけていきます。その結果はびこったのは、大資本と閣下に従順な御用学者を大量に生み出し、カネによって腐敗した学問なるものの量産です。

 ※増田法政大学総長(08~13年度)はこのような事を言っていました(笑)


 そして、それと同時に並行して行われたことは、全国大学で学生運動の拠点-自治会・自治寮・サークル棟、サークル団体への破壊攻撃でした。
早稲田・地下サークル棟、

 東北大学・有朋寮、


 東京大学・駒場寮、


 そしてわが法政大学・学生会館などが

 この過程で更地と化しました。 

 ほんの少し前に、 ノバルティスファーマ社が血圧の抑制剤に関する研究データを都合のいいように改ざんさせ、それをデータをもとに広告を行っていた事件がありました。誇張広告という形で問題になった原因も、教育の民営化に源流があります。 

 この図から分かるように、ノバ社は東大病院の教授に対して研究費を流しています。大学への補助金も年々少なくなる中で、その後ろ盾を失えば研究ができなくなるのは明白です。このような状況がデータ改ざんが起こる温床となっているのは、誰の目に見ても明らかです。
 この関係の最も象徴的な例の一つは、3・11以降に焦点となった「原発御用学者」の存在です。

※放射線影響研究所理事長・大久保利晃氏。現郡山市原子力災害対策総合アドバイザーも兼ねる。

※前述したように、武田君は2012年に法政大学で行われた彼の講演に出席した上で批判しようとして入室すら断られ、それに抗議したことをもって「授業妨害」として処分されている。

 東電の寄附講座なども象徴的な事例でしょう。つまり、東電や三菱重工(原発プラントメーカーの一つ)などの大資本から流れる研究資金が自らの研究の後ろ盾となる以上、 教官は莫大な資金力を持つスポンサーに逆らうことはできません。ゆえに企業の都合のいいように、それこそ東電の都合のいいような研究をせざるを得ないのです。その結果生まれたのが、山下俊一や神谷研二をはじめとする「放射能安全キャンペーン」を平気で主張しまくる原発御用学者です。

 


 私たち学生は、若く未熟ですが、しかしそれゆえに可能性を持っています。私たちが今日何を考え、何を行動するかが明日の社会を決めます。私たち学生が強い意志をもって行動に立ちあがるとき、大人も引きずって社会を変えていきます。

1968年フランス五月革命や、


2011年エジプト革命など、

歴史上の多くの事例がそれを示しています。
 

 ついに日本の学生の毎年の自殺者数は1000人を超えました。本当に多くの学生が友達に仲間外れにされたくないために、社会の事について考えていないふりをしていますが、悩んでいます。今、必要なのは説明や評論をする人間ではなく、闘いを呼びかける人間です。そしてその仲間を裏切らない不屈の闘志です。

 

※1960年三井三池争議当時の全学連。共闘団体の全学連もこの系譜を引いている。

 我々は、利害で動いているわけではありません。その結果が08年の「予算権」をちらつかせらての団結の破壊→非公認化という敗北だったのですから。
 では何で動くか?それは、この不条理のまかり通る社会をひっくり返したいからです。ゆえに自らの現場を変革する闘いから始め、キャンパスにしがみつくのです。その非和解性を恐れ、自分の現場を放棄する者に、人間に眠る真の力は引き出せません。

 我ら文化連盟は、改めて武田君をはじめとする、不当な処分の撤回を第一目標とし、もって自由な大学を社会に取り戻すため法政大学と闘っていきます。

 そしてなによりも、やはり我々はサークル団体です。誰でもウェルカムです。ここだけじゃ物足りねえ!という新入生諸君は、是非とも新サークルをここに創設してください。もちろんインカレ(インターカレッジ、別の大学から来た学生も含まれるサークル)も結構です。
 我々の理念は「自主文化創造」です。文化は認められてやるものではありません。文化はあとから認められるものです。道は元からあるのでなく、切り開かれて作られたのです。学生自治を復権させ、学生自身が考え、発信していく環境を作っていくべく努力しますので、是非共に行動しましょう。

法政大学文化連盟執行部一同


3/31回答要求行動

 2014-04-01
3月31日の午後12時~1時くらいにかけて、3月14日に提出した申し入れ書に対する回答の要求行動を行いました。

申し入れ書についてはこちらを参照:08bunren.blog25.fc2.com/blog-entry-988.html

まずは武田君がアピールを発して、無罪確定と本日が申入れの回答日であることを宣伝。

image (1) 

image (8) 



「法政大学とは無関係」(武田処分撤回裁判での法大側弁護士)のはずの弾圧職員がいつものように登場。

image (3)  

 宣伝をしていたら、これから回答を聞きにいこうとしていた学生センター長・山下(国際文化学部)がわざわざ登場。
 武田君に処分を下した直接の張本人で、どうやらその功績で出世した
ようです。「庭園学」を教えており、お花いじりしかできないので、弾圧で一花さかしたいクズです。

image (5) 


飛んで火にいる夏のお花(?)なので、さっそく回答要求および無罪が確定した学生に謝れと激しく迫ります。密室か1対1だと饒舌な山下先生は開かれた場だと完黙してつぼみになってしまうので、さらに激しく追及。

image (10) 


 無罪確定にはなにも答えないくせに、「建造物侵入」だけは必死に主張して押してくる法大職員と激しくもみあっていると、法大必殺の「おまわりさんたすけて」が発動。
 
 「なんかもみあっているって聞いて・・・」とほざく制服ポリ。ストーカー被害などは「具体的な被害」がでないと動かないのに、こういうときだけ異様なすばやさをみせてくる。
 しかもこの警察、行動が終わる直前に問い詰めたら、「なんか行けっていわれて・・・」みたいなことを言い出しました。公安が来るまでの時間稼ぎに使われたようです。なのに「もみあいがあった」とかくだらないウソついちゃったアホでした。

みよ、このアホヅラ!

image (13) 

しばらくして、もちろん税金泥棒・公安警察も登場。写真右のスーツのおっさんは平山という公安警察。「いいから帰れ」を連発してくるので、無罪確定に謝れといったら突然逆上しました。かなり悔しかったようで、ちょっと笑えました。いちおう我慢したけどw


image (15) 

 だいたいこんな感じで30分ほどやって、最後は武田くんから山下に
「法政大学は質問には答えない。内容証明つき郵便を送っても受け取り拒否をする。無罪確定についても謝らない。それでいいですか?」と質問。
 
 法大当局や公安警察はふだん、「完黙っていうのは認めているってことなんだぞ」とおっしゃっているので、きっと自分たちにもその論理を適用しているはず! ということで、法政大学の見解は「完黙=まともに交渉しない」ということです。


「社会常識」とか「マナー」、「法秩序」とか語るくせに、しょせんはこれが法大当局の正体です。


学生・保護者から学費をせしめ、学生を「商品」になるよう「加工」して企業に売りつけるぼろい商売やってるゴミどもに俺たちは絶対負けないぞ!


次の焦点は4月2日!


4月2日午後2時から、法政大学新総長であらせられる、テレビ「サンデーモーニング」御用達・日本の「リベラル」代表、田中優子先生が6大学初の女性総長として記者会見を執り行うので、われわれとしてはこのような君側の奸どもを相手にせず、直接田中優子先生のお耳にわれらの嘆きを聞いてもらうチャンスにしたい。


法大の現状を憂う万国の労働者・学生・市民のみなさん、4月2日はいっしょに田中優子陛下に直訴をしにいこう! 

35c5893e9ab13cbfc14e8b10d3f487aa.jpg 





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。