スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

武田君処分撤回裁判、控訴棄却の反動判決弾劾!

 2016-03-24
f2664_05_03a.jpg 

3月16日、法政大学文化連盟委員長である私の無期停学処分撤回裁判の控訴審において、石井忠雄裁判長(東京高裁第1民事部)は私の控訴を棄却しました。許し難い反動判決であり、徹底的に弾劾します。
 控訴審では、学生の政治活動への処分を大学当局の裁量権の範囲とした昭和女子大事件の判断枠組みを採用して処分を適法とした一審判決に対し、大学自治論を焦点に争ってきました。

今や法学界の定説は昭和女子大事件や東大ポポロ事件などの判例を時代遅れとする「大学自治=学生自治論」です。これは70年安保闘争が切り開いた地平であり、事実、先の京大スト弾圧の勾留理由開示公判で辻秀樹裁判官が弁護人の追及に対し「学生も大学自治の主体」と発言し、今回の控訴審でも法大当局は「仮に学生を自治の主体と認めたとしても......」という言い回しを多用しています。
 しかし石井裁判長は、こうした大学自治をめぐる議論に一切触れず、一審判決をほぼそのままの内容で結審としたのです。これは学生を大学自治の主体として認めたら、当然私への処分を撤回せざるを得ないことの裏返しです。また、当時進行中だった京大スト弾圧を強烈に意識し、裁判所として大学自治に反動的に踏み込んだ言及をすることから逃げた結果です。
 最高裁・寺田体制のもとで、今や日本の司法は完全に安倍の戦争政治の手先になっています。しかし、京大スト弾圧6学生の3月18日の釈放に示されるように、労働者・学生の団結した闘いは必ずこれを打ち破ることができます。
 今回の控訴棄却の反動判決も、かびの生えた過去の判例に依拠してしか処分を正当化できない敵の弱さを示しています。こんなものは法大闘争10年、そして京大スト弾圧粉砕の地平をもって必ず打ち破ることができます。
 闘いはこれからです。新歓闘争を闘いぬき、ストライキを闘える法大学生自治会の建設を必ず実現し、私の無期停学処分撤回をかちとります。(法政大学文化連盟委員長・武田雄飛丸)
スポンサーサイト

全学連6名奪還! 3/13京都デモへ!

 2016-03-07
0313要項ビラ

昨年10月27日の京大反戦ストライキ(写真上)に対する弾圧を徹底弾劾し、現在も逮捕されている全学連6名の仲間を取り戻すために、京都デモへの大結集を訴えます!
警視庁公安部と京都府警などは、2月29日から3月1日にかけて、全学連の斎藤郁真委員長、京都大学全学自治会同学会の作部羊平委員長を始め、全学連の6名を「威力業務妨害」容疑で不当逮捕しました。「戦争反対! 徴兵制阻止!」の声をあげる学生を警察に売り渡した京大・山極総長は安倍政権の先兵だ!
全社会的な怒りの声で安倍と山極を包囲し、6名の奪還をかちとりましょう! 戦争と貧困の安倍政権を労働者・学生の怒りで打倒しよう!

【3月13日(日)行動要項】
12時 三条河原集合
13時 デモ出発
★デモコース★
三条河原→四条通り→八坂神社
【呼びかけ】 京大同学会中執/全学連/関西労組交流センター

京大同学会の呼びかけで「全国学生6名の即時釈放を求める署名」ができました!

 2016-03-07
syomei

京都地裁に提出します。大署名運動の爆発で6学生を奪還しよう!

京大反戦ストへの弾圧弾劾! 全学連6同志奪還へ! 救援カンパのお願い

 2016-03-06
京大反戦ストへの弾圧弾劾! 全学連6同志奪還へ!
救援カンパのお願い

2016年3月5日 法大弾圧救援会

 日頃からのご支援ありがとうございます。2月29日から3月1日にかけて全学連運動への前代未聞の大弾圧が強行されました。警視庁公安部、京都府警などは全学連の斎藤郁真委員長、京都大学全学自治会同学会の作部羊平委員長(全学連副委員長)を始め、6人の学生を「威力業務妨害」容疑で不当逮捕し、京大熊野寮や京大サークル部室など全国13カ所に家宅捜索を行いました。同学会中央執行委員会の呼びかけた昨年10月27日の京大反戦バリケードストライキを、「授業妨害」とするものです。戦争絶対反対のストライキを「威力業務妨害」とする歴史的暴挙です。
 昨年の京大反戦ストライキは、9月安保国会で安倍政権が戦争法案を強行成立させたことに対する学生の反撃であり、現実の「大学の戦争動員」(軍事研究や経済的徴兵制)への怒りの決起でした。朝鮮侵略戦争が切迫する中、安倍政権は改憲を強行して全面参戦しようとしています。全国のキャンパス・職場からの反戦ストライキが戦争を止める力です。だからこそ、「戦争絶対反対! 徴兵制阻止!」の学生運動の爆発に恐怖した安倍政権と国家権力が今回の弾圧に踏み込んできたのです。
 何よりも、学生運動に対する初めての告訴に踏みきった京大当局・山極総長体制を徹底弾劾します! 京大当局は3月1日付けでホームページに「談話」を発表し、反戦ストライキを「一般社会では許されない犯罪行為」と言い放ちました。絶対に許せません!
 大学の腐敗を暴き、戦争と原発を止め、新自由主義大学を覆すために2012年6月に京大同学会は再建されました。以来、反原発闘争と反戦闘争の先頭で闘い、2014年11月には学内に潜り込んだ京都府警の公安刑事を摘発してキャンパスから追放しました。
 今回の弾圧は京大同学会の闘いに対する「報復」であり、5月伊勢・志摩サミットと7月参院選挙に向けた治安弾圧です。衆院選挙に立候補する斎藤郁真全学連委員長への弾圧でもあります。しかし、国家権力の全体重をかけた弾圧もはね返せることを法大闘争が示し続けてきました。全学連はこの弾圧に怒りを燃やし、絶対に全員の即時奪還をかちとる決意です。
 6人は現在、京都の警察署に勾留されており、全国学生が京都で奪還闘争を闘っています。奪還に向けて弁護士費用や差し入れなどのためのカンパにぜひご協力をお願いします。全学連運動の指導部を狙い撃ちにしたデッチあげ弾圧、安倍政権と国家権力の全体重をかけた学生運動破壊-反戦闘争圧殺攻撃を、ともにうち破りましょう!

カンパ振込先
郵便振替 口座番号
00160-0-585187
「法大弾圧救援会」

京大ストライキへの弾圧を許すな!(3月2日の全学連ビラ)

 2016-03-02
0302全学連ビラ

戦争反対が「犯罪」!?
ストライキが「威力業務妨害」!?


2月29日と3月1日にかけて、斎藤郁真全学連委員長や京都大学の学生をはじめ全学連の仲間6名が「威力業務妨害」を容疑とし逮捕されました。この弾圧は京都大学の仲間が昨年10月反戦ストライキに立ち上がったことを「授業妨害」とし、「犯罪」とするものです。果たしてこんなことが許されていいのでしょうか?
ストライキに先立つ昨年9月、国会において政府与党によって、戦争法が強行採決されました。国会前―日本全土を揺るがした数百・数千万の怒りの声。そして戦火の中で声を上げ続ける世界の仲間たち。京都大学の仲間はこの現実の中で、「学生として今の時代いかに生きるべきか」を真剣に考え抜き、そして「何が何でも戦争を止めなければならない」というやむにやまれぬ思いでストライキに立ち上がりました。京大当局はこの学生の思いを汲み取るどころか、それを踏みにじり、あろうことか警察へと学生を売り渡したのです。
現在始まっている事態は再びの「大学の戦争動員」です。大学で戦争に向けた軍事研究が始まっています。経済的に困窮する学生は経済的徴兵制という形で実際に戦場に送り出されようとしています。この現実と無縁な学生、大学は一つとしてありません。京大ストライキはこの現実に対する怒りの告発であり、正義の闘いです。
現在、米日韓一体となった北朝鮮に対する侵略戦争体制構築が急ピッチで進んでいます。戦争そして伊勢志摩サミットにむけての治安弾圧、大学の戦争動員を絶対に許すな!

 

作部羊平京大全学自治会
同学会委員長からの訴え


sak
2月29日、戦争反対で闘う学友3名が逮捕された。〔注:その後、作部君ら3名も逮捕された)
容疑は10・27京大反戦バリストを「威力業務妨害」とするものだ。この大学スト=「犯罪」とする前代未聞の戦時下弾圧を、満腔の怒りを込めて弾劾する!
大学を舞台にはじまる軍事研究や経済的徴兵、反戦運動弾圧。同学会中執は、ストに至る過程で何度も何度も京大当局に「戦争反対の立場を表明してほしい」と求めてきた。その回答こそが京大史上初の政治運動に対する刑事告訴であり、つまり安倍政権とともに断固戦争を推進する立場に立つということだ!
京大・山極総長は「学生との対話を重視する」と言う。現実はどうか? 副学長と共に、「対話の必要はない」と情報公開の場の廃止を決定し、寮自治会との確約を「そんなものは引き継がない(破棄する)」と宣言している! そして彼の「平和」とは、大学において学生の怒りの反乱を「平和的方法」に押さえ込み、戦争に動員することを指すのだ!

労働者の4割が非正規という「生きていけない現実」を受けて、今や青年の半数が大学に通っている。京大反戦ストは、この未来を奪われた学生の広く深い怒りに、そして安保国会闘争で示された学生の激しい怒りに、進むべき道を切り開いた。現実の矛盾と闘う学生の誇り、戦争を止める学生の力を呼び覚ました。
安倍政権・国家権力は朝鮮戦争の切迫と経済の崩壊に直面して、学生の反乱を抑え込もうとなりふり構わず今回の弾圧を仕掛けてきた。しかし学生は必ず弾圧を打ち破って立ち上がる。これから始まるのは、弾圧のなかに「戦争の現実」と「国家権力の暴力性」を見抜いた学生の、すべてを取り戻すラジカルで広範な決起だ!
全国の学生のみなさん! 戦争のための大学支配を打ち破り、全世界の労働者とともに全国反戦ゼネストで安倍の息の根を止めよう!
そして京大生のみなさん! 同学会を学生の団結体として打ち鍛え、山極総長体制と国家権力を串刺しにする第二の反戦ストライキに立ち上がろう!
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。