【お知らせ】東京造形大「憲法学」の授業に無罪戦士が登場します

 2014-05-24
許し難い不当逮捕により、武田ゆひまる委員長が今なお勾留中ですが、同志の皆さんにお知らせです。来る6月4日(水)、東京造形大学の「憲法学」の授業(2・4限)に、無罪戦士が登壇します。造形大に登場するのは、おととし2012年の7月以来2度目。呼んでくれたのはもちろんこの方、前田朗先生です。


前田朗(まえだ・あきら)
TKY200807200142.jpg


1955年北海道札幌市生まれ。中央大学大学院法学研究科博士後期課程満期退学。東京造形大学教授。専攻は刑事人権論、戦争犯罪論。アフガニスタン国際戦犯民衆法廷実行委員会共同代表。日本民主法律家協会理事。在日朝鮮人人権セミナー事務局長。無防備地域宣言運動全国ネットワーク呼びかけ人。

単著
『鏡の中の刑法』水曜社、1992
『戦争犯罪と人権』明石書店、1998
『平和のための裁判』水曜社、2000年増補版
『戦争犯罪論』青木書店、2000
『人権ウオッチング―“思想膿漏”に御用心』凱風社、2000
『刑事人権論』水曜社、2002
『ジェノサイド論』青木書店、2002
『民衆法廷の思想』現代人文社、2003
『侵略と抵抗 平和のための戦争犯罪論』青木書店、2005
『市民の平和力を鍛える』K.I.メディア、2006
『刑事法再入門』イ​ン​パ​ク​ト​出​版​会 、2007
『民衆法廷入門 平和を求める民衆の法創造』耕​文​社、2007
『軍隊のない国家―27の国々と人びと』日本評論社、2008
『​​人​道​に​対​す​る​罪 グ​ロ​ー​バ​ル​市​民​社​会​が​裁​く』青木書店、2009
『非​国​民​が​や​っ​て​き​た​!​ 戦​争​と​差​別​に​抗​し​て』耕​文​社、2009
『ヘイト・クライム ―憎悪犯罪が日本を壊す―』三一書房労働組合、2010
『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―』三一書房、2013
『増補新版 ヘイト・クライム』三一書房、2013
『闘う平和学』三一書房、2014

共編
『無防備地域宣言で憲法9条のまちをつくる』 (自治体研究社、2006)など


授業では、日本の刑事裁判の有罪率<99.9%>の壁を打ち破り、今年2月、晴れて完全無罪を勝ち取った「法大暴処罰弾圧事件」について、お話します。事件の概要や背景、保釈生活や裁判の裏話など、無罪戦士が経験した日本の刑事司法の現実を、ありのままにお伝えする予定です。また現在、大学職員の盗撮カメラを損壊した容疑で不当逮捕されている武田ゆひまる君の事件についても、ご報告します。

弁士は“The Hosei Five”から内海佑一、恩田亮、増井真琴の3名。
10313169_544537389000403_4651134906597941663_n.jpg


前田先生は学外者がどうとか、細かいことは言わないと思うので(笑)、興味のある方は奮ってご参加ください。

とき: 6月4日(水)
じかん: 2時限目と4時限目 (授業名「憲法学」) 
ばしょ: 〒192-0992 東京都八王子市宇津貫町1556番地
JR横浜線 相原駅よりスクールバス5分(徒歩15分)
cs-lab3.jpg
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/1008-92f8346b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク