不当弾圧に対する抗議、世界に広まる!

 2014-07-07
 許しがたいことに、我らが委員長雄飛丸が逮捕されてもう一月以上経ちました。
 ですが、全学連国際部の尽力もあり、なんと外国で闘う仲間から雄飛丸奪還を求めるアピールが届けられました。
 心強い声援に感謝申し上げます。

 早速紹介しましょう。

メッセージその一:
ILWU (※1 International Longshore & Warehouse Union)前委員長ダン・コフマン
 
 ILWUロゴ

 Immediate release of Y.Takeda san
 I have been notified of the outrageous conduct of Japanese authorities of unlawfly arresting the Honorable Brother Takeda for openly and publicly requesting truth and fair dealing from authorities in the aftermath of the Fukushima disaster.
 I demand the immediate release of Brother Takeda with full University reinstatement. Worldwide I ask all union members and citizens to join me.
 Local 21 former president
 International Longshoreman and Warehouseman Union
 Dan Coffman

 邦訳
 武田さんの即時釈放を
 日本の権力者が、武田さんの不当逮捕というとんでもない暴挙を働いたことを知りました。彼が立派にも、正々堂々と、そして公然と、権力者たちに対して福島原発事故の影響についての真実と公正な扱いを求めたことに対して、です。
 武田さんの即時釈放と、大学におけるすべての処分の撤回を要求します。また、世界的にあらゆる労働組合のメンバー・市民たちに賛同を求めていきます。
 第21支部前委員長
 国際港湾倉庫労働組合
 ダン=コフマン

 ※1ILWUとは
 国際港湾労組と言い、主にアメリカ合衆国の港湾労働者によって構成される、流血をも厭わない戦闘的な労働組合である。我らが連帯し、見本としてきた動労千葉がイラク戦争時に出した戦争協力拒否宣言を見たことから交流が実現。
 このたび、ローカル21の前委員長がその関係で委員長逮捕に関する抗議声明を寄せていただいた。標語が「いかにも」の労働組合である。
 標語は、An Injury to one is an injury to all. ‐ 「一人の痛みはみんなの痛み」
ILWU行動 
f2558_2_3.jpg
 ※争議の様子

 コフマンさんの指導していたLocal 21は、巨大穀物輸出ターミナル(日本の伊藤忠商事も出資)建設による外注化・労組破壊と実力で闘い、地域ぐるみの団結を作ってきた、ILWUの中でも特に戦闘的な支部です。
 そのような所からの応援メッセージは非常に心強いかぎりです。

メッセージその二:
ドイツ・ゴアレーベン(※2)で闘うヤニックさん

ventland

 I hope the brother TAKEDA is free again!
 I see you have made a good demo in Iwaki! Exellent!
 The contermination is terrible!
 We in Germany are conducting the fight against the nuclear power plant "Grohnde".
 A few miles from my hometown.After problems is the nuclear power plant from the power supply.
 Our minister of the Environment has not approved the restart. This is great!
 Now we have the chance of that it is turned off.
 Keep it up!
 In solidarity!
 Danketsu Ganbaro!
 Jannik from Germany!
 
 邦訳
 武田さんの早期釈放を求めます!
 いわきで行われた集会・デモの記事を見させていただきました!すごい!
 ひどい汚染の状況にも驚いています!
 ドイツでは、グローンデ原発(ニーダーザクセン州)の廃炉を求める運動が盛り上がっています。
 この原発は私の故郷から数マイルしか離れていません。ですが、問題を起こし今は電気を供給していません。
 今のところ環境省は再稼働を認めていません。すごいことです!
 廃炉を勝ち取るチャンスがきました!
 がんばります!
 連帯をこめて。
 団結ガンバロー!
 ヤニック、ドイツより!

s20111201b-22.jpg
 ※2:ゴアレーベンとは
 北部ドイツに計画されている核廃棄物最終処分場反対の闘い。
 1977年に計画が発表された当初から、地元の農民たちによる流血をもいとわないような、激しく強力な抵抗闘争が展開され、核廃棄物が輸送されるたびに2万人近い人々が集まる状況となっている。処分場もいまだに完成しておらず、中間貯蔵施設とされているが、ほぼ毎回搬入は阻止されている。
 77年に結成される以前から二つの原発計画を白紙撤回させた歴史もあり、ドイツ反核運動の中心地となっている。
 

 ゴアレーベンの闘争には現参議院議員の山本太郎さんも参加したことがある。


 また、レイバーネット・オーストリアのカール=フィッシュバッハーさん。
 
この方は、動労千葉を支援する会会長の山本さんの呼びかけに応え、そのウェブサイトに法大弾圧に抗議する声明を載せてくださいました。
Baidu IME_2014-7-7_1-9-402


 法大闘争は諸外国にさらに広まっています。これを見ても勇気がわきあがります。
 メッセージを寄せていただいた諸氏の皆様、そして拡散していただいた多くの方々に深い感謝の意を表し、わが文化連盟もこのメッセージを胸に、大学と社会の不正を糾し、学生自治を復権していきます。
 さあ、7/9デモへLet' Go!


武田奪還!学祭規制粉砕!7・9法大デモ

日時:7月9日 12時40分~13時30分
場所:法政大学市ヶ谷キャンパス


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/1017-7e190eb0
【2014/07/28 00:00】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク