スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

4・28デモを前に法大当局が、外堀門封鎖予告メール

 2015-04-26
まずはこれを見てほしい!!

image1_201504261703179cb.jpg

封鎖


 昨年に続き、またしても法大当局がデモにあわせて外濠門を封鎖するという通知をメールや学生向けポータルサイト等を使って全法大生に送りつけている。この封鎖予告は田中優子による「デモに参加するな」という恫喝であり、沖縄の怒りと韓国で巻き起こっているゼネストと連帯し、大学から戦争と新自由主義を推し進める安倍を打倒しようという4・28デモを叩きつぶさんとする国家意思の反映でもある。

 通知の文面を見ればわかる通り、当局は「組織的業務妨害団体」なるレッテルを張る事でしか、封鎖の正当性を主張する事が出来ない。そして封鎖こそ大学の私物化であり、法大当局にとって最後の弾圧手段なのだ。

 「混乱が予想される」と言うが、そもそも「混乱」なるものを作り出しているのは法大当局だ。学生をデモに合流させない為、キャンパスの閉鎖ばかりか、構内においても通行を制限し、ブラインドを全て下ろし、教授をもフル動員して、学生の監視にあたらせる。それでも運動が高揚すれば公安警察と結託して暴力的に弾圧する法大当局。

 のべ126人にも及ぶ不当逮捕、文連委員長・武田雄飛丸君をはじめ13名の退学・停学処分、そして文連非公認化や飲酒規制をはじめとした学内規制の徹底強化、誰も望まないキャンパス工事etc…自らが「混乱」を作り出しておいて反対するものに責任を押し付けるやり方は、「国策には逆らうな」という三里塚や沖縄、福島と完全に一体だ。

 我々はこうした大学のあり方に対して闘ってきた。なによりウクライナ・中東・東アジアをめぐって戦争が始まっている情勢下で「大学の戦争協力」が狙われている中、「反安倍」を騙りながら安倍の「大学改革」を率先し、学生の自治や政治行動を叩き潰す法大・田中優子体制こそ「大学の戦争協力」の最先兵だ。

 大学の戦争協力に反対するデモに対し、「デモに参加するな」という今回の通知一つとっても、奴らの戦争加担者としての本性は明らからだ。

 時代情勢は昨年の封鎖予告からも一変している。韓国ではパククネ政権打倒を掲げた27万人ゼネラルストライキが闘われ、沖縄でも辺野古新基地建設反対の闘いがゼネラルストライキに発展しようとしている。学生と労働者のキャンパスや職場生産点における闘い、そしてそれを基礎にした国際連帯が、次の社会の展望を現実に示し始めているのだ。

安倍と田中優子は追いつめられ凶暴化している。封鎖は絶対に墓穴になる。そもそも昨年は学生の怒りで封鎖を見事に粉砕した。封鎖の通知そのものがデモを全法大生に宣伝し、普段は「学生はもっとデモに出るべき」等とほざく田中優子の欺瞞性をあぶりだしたからだ。

どちらにせよ、学生の怒りの爆発は不可避だ。4.28が私たち学生にとっても、敵にとっても、大きな分岐点になる。

ともに封鎖をぶち破りデモに出よう!

爆発


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/1051-2b4d5c6c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。