723集会ご報告

 2008-07-24
723集会の御報告をします。
今週はテスト期間中ということで、授業時間がいつもより短く、その分昼休みも早い開始となりました。
恩田君は家庭の都合で集会に来れず。
委員長を筆頭に残りの人間で決行しました。
いつも通り委員長の「学生ちゅうもく」で始まった倉岡処分報告/夏休み中処分阻止集会だったのですが、開始後すぐに木原章50歳及びその部下が現れます。
現れるや否や、問答無用にトラメガで演説をしていた増井くんに章50歳が襲い掛かります。

50歳曰く
「ほら外に出ろよ。外でやればいいじゃないか」
「外だってできるよ。外でやってくれれば問題ないんだから」

それを止めに入った斉藤君も近藤清之学生センター事務次長に体ごと当たられグングン正門の方へ押しだされていきます(後に斉藤委員長は「近藤さんのおなかは蒟蒻ゼリーみたいに柔らかくて気持ち良かった」と発言。「ある意味で、ぼくは誘惑されたのでは」とも)。

……

結局非男根的軟弱集団である文化連盟男組は情けなくも正門の外に押し出されてしまいます。
その後、この時の心境を斉藤委員長は次のように振り返ります。
「とても悔しかった。ぼくは高校時代陸上をやっていたしハンストだって170時間もできた。体力には自信があった。根っからの軟弱男である増井とは違うと思っていた。でも、違った。ぼくも増井と同じだった。とはいえ今は思う。同じだからこそ、ぼくは増井と一つになりたい、と。そしてその軟弱さも含めて彼の全てを受け入れたいし、ぼくの全てを受け入れて欲しい」


………


これにより集会は一時中断され、学生センター職員たちとの論争が始まります。
増井「無許可の学内集会は例え学籍者であっても暴力的に排除するような方針に変わったのですか?以前は強制排除はなかったはずですが?」
50歳「いや、まあ、いつまでも好き勝手やらせるわけにはいかないだろうって(某会議体で)決まった」
50歳「ほらっ、お願いだよ。外でやってくれよ。外でやってくれれば問題ないんだからさあ」
斉藤「中とか外とかの問題じゃないでしょ!!大事なのは気持じゃないですか!!(ちょっ、近藤さんおなかが…、ちょっ、ちょっ、)」



…………



そんなこんなでテスト時間が始まりそうになったので、ぼくたちは挨拶で仕切り、けじめ良く昼休み集会を終えました。
言いたいことの半分も言えず残念でしたが、そのことで50歳さんを攻めても仕方がないでしょう。
木原章50歳はサラリーマンなのですから、上司の命令に従っているだけなのです。
警備員もしかり。
ジャージ職員も又しかり。
ぼくたち文化連盟は最近尊敬する先輩にお叱りを受けたばかりですので、ジャージ職員や警備員、更には木原章50歳への絡みも切に自重しようと思います。
皇太子殿下張りの笑顔とお手ふりで彼らに接しようではありませんか。
そうすると、彼らももう少し優しくなるかもしれません。


hosikei.jpg

Before星景「恩田じゃねえか!!いつも甞めた口聞きやがって。隙あらば蹴っ飛ばしてやる!!」

hosikei.jpg

After星景「恩田じゃないか。やべっ、俺のこと見てるよ。畜生、今日も可愛いじゃねえか☆」



そういうことで、文化連盟は法政大学下級サラリーマンに優しくなることにしました。
単純にカロリーの無駄ですしね。


でもね、その分、理事さんは注意した方がいいな。
特に授業持ってる人とか要注意。
文化連盟総出で団交しに行っちゃいますから。
これ幸い、常務理事は四人しかいませんしね。



浜村
常務理事 浜村 彰(はまむら・あきら)
1953年生まれ。法学部教授。 1975年法政大学法学部卒業、1978年同大学大学院社会科学研究科修士課程修了。1984年同大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期退学。1988年流通経済大学社会学部助教授、1994年法政大学法学部教授(現在に至る)、2002~2004年同学生部長、2007年~2008年同法学部長。
加藤
常務理事 加藤 豊(かとう・ゆたか)
1947年生まれ。工学部教授。1970年慶應義塾大学工学部卒業、1975年同大学院工学研究科博士課程単位取得満期退学。1988年法政大学工学部教授(現在に至る)。
星野
常務理事 星野 勉(ほしの・つとむ)
1948年生まれ。文学部教授。1972年東京大学文学部卒業、1975年同大学院人文科学研究科修士課程修了、1977年同大学院人文科学研究科博士課程退学。1992年法政大学文学部教授(現在に至る)、1997~1999年同学生部長、2003~2005年同文学部長、2004~2008年法政大学国際日本学研究所長、2008年法政大学国際日本学研究センター長(現在に至る)。
徳安
常務理事 徳安 彰(とくやす・あきら)
1956年生まれ。社会学部教授。1980年東京大学文学部卒業、1982年同大学院社会学研究科修士課程修了、1986年同大学院社会学研究科博士課程単位取得満期退学。1996年法政大学社会学部教授(現在に至る)。


……じゃあ、と・り・あ・え・ず、星野勉からいきましょう

文学部哲学科の教授で未だに単著が一冊もない星野勉さん。
何とかセンターの所長なのに単著が一冊もない星野勉さん。



ぼくたちは自分自身だけでなく周りの人間にまで手を出されてるんですよね。
入構チェックとか学内ストーキングとか自分がやられたらどう思うのかな、このおじさんは。




まっ、口で言っても分からないんだろうからさ、実施で教えてあげるよ♪
ええっと、研究室は80年館の609ね。
609、609…♪


星野
う~ん、人文系の学者で単著が一冊もない教授に「常務理事」をやらせている大学ってどういうことなのでしょうね。そもそも、教授になれていること自体驚きなんですが…
コメント
常務理事もサラリーマンだよ。雇われ店長みたいなもん。(「長」じゃないけど)

単行本の数より発表論文の本数で見た方がいいぞ。
単行本はタレント本と同じで、学術的に意義があるかどうかよりも「売れるかどうか」が基準になるからな。
【2008/07/24 08:16】 | #VbOj4YTo | [edit]
単著が一冊もなくっても、国会図書館学術論文リサーチで調べれば(法政図書館でオンラインあるはず)、紀要にのっている論文がどこにあるか、調べられるよ。で図書館でコピーでゲット。多分、ものすご~くきれいごと書いているはずよ。

で、学者っていうのは書いている以上のことは口頭でしゃべれないから。意外と本音というか思考パターンさらしているはずよ。


で、本人たちも、現行の、国家からの要請とも言える大学のネオリベ改革の必要性と、自分たちのきれいごととの間で、齟齬をきたしていて、わけがわからなくなっているはず。


けどそのしわ寄せを、若者によせるのは、学者としてダメだよねえ。

【2008/07/24 08:46】 | おっさん #- | [edit]
とりあえず、忠告。

いきなりBL系(古でいう“やおい”系)のネタは、笑える人が限られてくるから敬遠してはいかがかと…。

とりあえず、50歳木原の無内容ぶりには笑った。心の底から笑った。世界にこの状況が発信されている事実にも笑った。

本日の、中野ZEROでの集会の成功を祈っております!

【2008/07/24 14:16】 | 現役 #- | [edit]
>ぼくは増井と一つになりたい

すみません。私は萌えましたww

増井×斉藤のカップリングに近藤がどう絡むのか、考えただけで(//▽//)
【2008/07/24 22:52】 | 腐大生 #VbOj4YTo | [edit]
星野先生は素晴らしい人でした。
受講したら分かりますよ。

実践的な哲学をしているとおもいます。
言葉のひとつひとつに研究熱心さがでているとおもいました。
【2008/11/11 17:28】 | はな #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/128-383dcc0f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク