勾留理由開示公判に行ってきますた。

 2008-08-09
本サイトで告知した通り、去る8月5日に勾留理由開示公判が開かれ文化連盟からは齋藤委員長と恩田副委員長、他数名が傍聴に行ってまいりました。

東京地裁の前には税金泥棒たちがウヨウヨしていました。
yoron 089_convert_20080809095400

こいつは7月24日の中野集会にも来ていた公安。
公安
公安2


以前にも書きましたが、通常の裁判では傍聴は自由であり持ち物検査などもありません。ところが法大弾圧の公判に限っては傍聴は抽選による傍聴券の配布であり、鞄その他一切の持ち物は法廷に持ち込めません。法廷も警備法廷という特殊な法廷を使用します。法大弾圧の裁判では429法廷を使うのが慣例となっていて、毎回のように機動隊がわざわざ警備にやってきます。東京地裁では当然、他にも裁判が行われています。以前何度か、普通の公判を傍聴して回ったらしい恩田君曰く「持ち物検査もないし、傍聴券もいらない。機動隊も公安もいないし、法廷の中で携帯を鳴らすヤツがいて落差に驚いた」。

地裁前にいた麹町署の機動隊。
yoron 088_convert_20080809122131
yoron 091_convert_20080809121629
yoron 095_convert_20080809122241

で、肝心の公判ですが、これまでの勾留理由開示公判同様、何も開示されませんでした。

弁護士の質問には全て「閲見記録の通り」や「証拠に関わるから言えない」「答える必要はない」と機械のように繰り返す裁判長。いつもの光景に傍聴席は騒乱状態。

ちなみに、建造物不法侵入容疑で逮捕された3名のうち、1名は前回もご紹介した通り一歩も法大には入っていません。そのことは取り調べの公安刑事が証明しています。

「未遂とはどういうことか?」

という弁護士の質問に何も答えられない裁判長。

建造物不法侵入未遂罪で逮捕したのか?という趣旨ですが裁判官は何も言えません。よくよく考えてみれば、未遂とはつまり入ろうと企てたということになりますが、一体何を根拠にそう判断したのでしょうか?脳内の思考回路を読みとったの?w
こんな体たらくではヤジが飛ぶのも当然です。裁判官は静粛にしなさい!などと偉そうに言います。あろうことか勾留理由開示公判で、国家権力が人間を拘束して自由を奪っておきながら何も理由を開示しないなどという姿勢を示しているのにこの偉そうな言いぐさは何でしょうか。裁判ではできるだけ静かに傍聴することを心掛けている齋藤や恩田もこの時ばかりは発狂します。

「いい加減射しろ!」と叫んだ齋藤がまず退廷に。それを見て「騒がせてるのはお前だろ!」と言った恩田も続いて退廷に。ちなみに恩田は人生初の退廷だそうでw 退廷の際には廷吏と呼ばれる裁判所の警備員が暴力を振るってきます。流血はいつものことです。(何故か恩田だけはVIP待遇だった)通常は退廷になっても廊下に出されるだけですが、法大弾圧裁判では構外退去が通例です。しかも移動中は機動隊員に取り囲まれての構外退去です。中には見せしめとして監置処分になることもあります。監置とは東京拘置所に数日宿泊することですよw
まったくもってカンガルーコート(かの国の人民裁判)の如き、東京裁判の再来みたいな茶番劇が日々繰り返されているのです。

「罪証隠滅の恐れがある」という理由で不当にも勾留期間が延長されています。証拠隠滅と言っても具体的にどうやるのでしょうか。法大に入った証拠って、映像などを持っているとしたらそれは大学当局であったり警察であるはずです。当の本人はそもそも入ってもいません。公安一課の警察官がそれを証明しています。

まったく世も末です。

霞ヶ関に蔓延る国賊どもを文化連盟は一掃してやります!第一撃は法大からです!今すぐ無実の人間を釈放せよ!さもなくば殲滅するぞ!
コメント
それにしても、相変わらずヒドイ公判だねぇ…(笑)。

イギリス最古の「憲法」ともいうべき「マグナ・カルタ」(1215年)では、その39条で「自由人はその同輩の合法的裁判によるか、または国法によるのでなければ、逮捕、監禁、差し押さえ、法外措置、もしくは追放を受けまたはその他の方法によって侵害されることは無い」と明記しています。

そんで、今回の弾圧を見るときに、百万歩譲って「建造物侵入」ってのを認めたとしても、「侵入」してない奴をどうして逮捕・拘留できるの? さっぱりワカンネ(笑)。

我が国の法律ってのは800年近く前のイギリスの法律にすら劣っているようですなぁ(苦笑)。「未開社会の思惟」とは、かくなるものでしょうか…。
【2008/08/09 14:21】 | 現役 #- | [edit]
もう見苦しいからこのブログやめた方がいいと思うよ
【2008/08/09 14:55】 | はぁ #- | [edit]
なんか、調べてみたら面白い事がわかった。

イギリスで「マグナ・カルタ」(1215年)が成立した頃と同じくらいの時期に、日本では武家社会での最初の成文法たる「御成敗式目」(1232年)が鎌倉幕府によって制定されてるんだよね。そんで、その第28条が重要なのだ。

第28条:「いつわりの訴えをしてはならないこと」

言葉たくみに嘘(うそ)をつき、人をだますことの罪は大変に重い。所領を望んで嘘の訴えをおこした者はその者の領地を没収する。領地がない場合は遠流(おんる)とする。また役職が欲しいために嘘をついた者はその職に就(つ)くことはできない。


キャンパスに入ってもいないのに、言葉巧みに「建造物侵入」の令状を取って無実の人間を拘束する。しかも、自分たち公安警察の点数稼ぎのために…。

なんたることか! 御家人の風上にもおけぬ連中ではないか!

よって、御成敗式目の規定に従って、公安どもは全員免職! ならびに、沖ノ鳥島へ遠流の刑! 岩なのかコンクリートなのか分からん所で、身を寄せ合いながら太平洋の荒波と戯れていなさい!
【2008/08/09 19:44】 | 現役 #- | [edit]
私は中立の立場ですが、国家権力がこのような対応をするのはとても悲しい現実だと思います。
日本はとても恐ろしい国ですね。腹が立つ気持ちは分かりますが、どうか理性的な対応をして下さい。彼らと同レベルの人間にならないで下さい。
【2008/08/09 22:50】 | ファン #- | [edit]
・・・全然おかしくないね。おかしくないおかしくない・・・
【2008/08/10 16:26】 | 木原章50歳 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/150-3bdf17f4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク