倉岡へのストーキングについて

 2008-10-09
「どうしてそんなことをするのか?」というようなことしか法大職員はしない。

入構チェック・友人間の私的喧嘩介入・日常的な暴言暴行etc…。
組織としての意思決定もさることながら、社会性を備えるべき社会人として、悉く赤点モノの振る舞いです。
何よりもそれが顕著を現われているのは、彼らの口調。
ジャージ部隊の伊藤氏はついこの間まで敬語を全く使えず、キャンパスにそのぶっきら棒な語尾を漂わせていました。
最近は周囲に窘められたのか、丁寧に話そうとして下さいます。
彼の推定年齢から考え合わせれば落第点ギリギリの稚拙な敬語ですが、「~だぞ」「~なよ」に比べれば相当の進歩です。
伊藤君おめでとう、だね。
一応。

シール 038kai


ところで、社会人として疑念を抱かざるを得ないのは、ジャージ部隊だけではありません。
文連が遭遇した総務部の某職員は我々と話すにあたって、一人称が何故か「俺」。
ピンクのスクール水着があり得ないのと同じように、他人と話す際、一人称が「俺」の40男はあり得ません。
断わるまでもなく、その40を過ぎた大学職員と文連諸氏は、知り合いでもなく友達でもなく師弟でもなくましてや家族でもない、全くの他人です。
大学という比較的自閉した空間においては、そういった最低限の社会的な約束事を再認識させられる機会が乏しいのでしょうか?
市ヶ谷学生センター長木原章教授も最近は文連諸氏を「お前」呼ばわりするようになりましたが、これもまた、排泄行為ののちお尻を拭かないことぐらいあり得ないことです。
彼は市ヶ谷学生センター長の立場にあり、御年50を迎えているわけだ。
学生を「お前」呼ばわりしてはいけません。
取り分け、貴方を「お前」呼ばわりしていない学生を「お前」呼ばわりしていはいけません。
南大沢で喋喋を追っかけている暇があったら、カルチャーセンターで「社会常識講座」でも習ってきて下さい。


さて。
とはいえ「敬語が使えない」とか「一人称が俺」とか「学生をお前呼ばわり」なんて、まだ可愛いものです。
この監獄大学、法政大学では、それを超える信じられないような非常識行為が出来しています。
学外で行えば間違いなく一発で刑務所行きの違法行為です。

そう、それは女性へのストーキング行為。
倉岡雅美へのストーキング行為であります。
しかも、ビデオカメラで撮影しながらの集団ストーキングです。

皆さまには是非想像力を働かせて欲しい。

学内で女性が一人歩いている。
彼女はジュースを買いに行き、学食で食事をする。
ある時はトイレにも行くでしょう。

彼女は、この一連の行為の経過を始めから最後まで、入構から退構まで、全て法政大学の職員に追跡され、カメラで撮影されているのです。

このことを集団ストーカーの管轄部である総務部職員に追及すると「やっていない」とそらとぼけ、木原章市ヶ谷学生センター長を追及すると「………」と沈黙します。
流石に「やっていない」とは疾しくて言えないのでしょう。
当たり前です。
やっているのですから。

IMG_0394kai.jpg
IMG_0393kai.jpg
IMG_0397kai.jpg
IMG_0399kai.jpg
シール 006kai
IMG_0400kai.jpg

倉岡のストーキング行為に関わるすべての法政大学職員に告ぎたい。

人をストーキングして、撮影して、ニヤついている人間は最低の人間だ!

倉岡はこのことを病んで、軽度ではありますが抑鬱症の兆候を見せています。
大江健三郎が言うように「世界を動かすのは想像力」であるならば、大学関係者にその程度の想像力が伴っていることを信じたい。
この法人が、この教育機関が、同僚のストーキング行為すら自浄出来ない組織であって欲しくない。

しかし、だが、それにも拘らず、自浄出来ないようであるのならば我々が実力でやめさせるしか、ない。
文化連盟はあらゆる手段を持って倉岡へのストーキング行為を停止させることをここに固く誓う。

1221691216.jpg

友人を苦しめる下衆共には、死んで頂かなければならない!

コメント
私はOGです。ノンセクトの普通の学生として学生生活を送りました。
「友人を苦しめる下衆共には、死んで頂かなければならない!」
とのことですが、あなた方が本気で人を殺す集団であることは知っています。
あなた方の先輩たちがそうでしたから。
あなた方が殺人を犯したことで大学から消えることは結構なことですが、あなた方のような単なる殺人集団に命を奪われる方々と、そのご家族があまりにも気の毒です。

いつ、どこで、誰を、どのように殺害するのか明記しなさい。
「死んで頂かなければならない!」のでしょう?
殺人集団が事前に警察に逮捕され、退学処分されることが大学と社会のためです。
【2008/10/12 18:27】 | 何人殺すのですか #.8F7RpF2 | [edit]
>あなた方が本気で人を殺す集団であることは知っています。

…あのねえ。もうちょっとテクストをちゃんと読んでから言ってよね。

貴方が言ってるのはマル学同中核派のことでしょ。
文化連盟は中核派と連帯・協力はしてるみたいだけど、中核派じゃありません。読んでりゃ分かるでしょ、中核派が靖国神社を肯定的に見たり、「天下一武道会」なんて爆笑もんの抗議を出来ると思いますか? 
大体が現在合法活動に(一応)転じている中核派がもし再び路線転換して殺人に手を染めるなんてことになれば、もっともっと大々的に報じてますって。
【2008/10/13 00:47】 | ハナコ #- | [edit]
>私はOGです。ノンセクトの普通の学生として学生生活を送りました。

ノンセクトってのは<業界>では無党派左翼のことを指して、ノンポリと区別してるんだよね。
それに最近はよくしらないけど、以前は黒ヘル(関西では赤ヘルもあり)被ることが多くて、ま、あんまり「普通の学生」じゃなかったなあw

法政の教員には、元黒ヘルの情けない御仁もおられるようだけどw
ま、彼にも色々あるんだろう・・・・。
【2008/10/13 17:44】 | 一日千秋 #- | [edit]
「友人を苦しめる下衆共には、死んで頂かなければならない!」

文連が公然と殺人を予告していることを問題としています。
文連が中核派かどうかを問題にしていません。

この文連のブログに「死んで頂かなければならない!」とあるので
あなた方が人殺しをする前に逮捕されるべきだと書いているのです。


【2008/10/13 20:07】 | 何人殺すのですか #.8F7RpF2 | [edit]
>文連が公然と殺人を予告していることを問題としています。

…ちょ、ちょっと、ちょっとお!
…いや、多分この人良い人なんですよね。ただ思い込みが激しくて真面目過ぎるだけなんですよね、きっと。ふう。

あのね、言葉のアヤと冗談が分からないと大恥かいちゃうよ。正直こんなこと書くとは思いも寄らなかったんだけど…相手の死を望む言葉の記載がすべて殺人予告になるんだったら、2ちゃんねるはどうなんのよ。殺人予告編集やん。

勿論こう書くと、貴方は「文連は冗談でなく本気で人を殺す集団なんだ!」と言われることでしょう。しかしそれは断じて違う。違わないというのなら、法大の学生運動史に「中核派でないが平気で人を殺したノンセクトの文化連盟」が実在したことを立証してみて下さい。

て言うか、そもそも貴方の仰った「本気で人を殺す集団」が中核派であり(今は一応合法活動してますけどね)、文連ではないことが分かった時点で、貴方はご自分でご自分の書き込みが勘違いだったことをホントは認めてるんやないですか? だったらもう、貴方が文連さんに一言「間違えました」と謝れば済むことやん。だって、それはただのマチガイなのだから。それを強情に

>文連が中核派かどうかを問題にしていません。

と、どこまでも意地は張らないほうがいい。このまま行くと文連に対する名誉毀損にもなりますよ。
【2008/10/13 23:20】 | ハナコ #- | [edit]
ハナコさんのいうとおりです。

それから、人殺しをする前に逮捕されるべきだという観点にたつ刑事訴訟法は戦後ありません。
【2008/10/14 05:15】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/204-919b8fde
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク