増田壽男総長へ公開質問状

 2008-10-13
我々文化連盟は来る17日の総長団交に先立ち、以下の公開質問状を送付しました。つきましては、ブログ閲覧者のみなさまにも一見頂きたいと思います。

---------------------------------------

                                          2008年10月9日
法政大学総長
増田 壽男 殿
                                   文化連盟執行委員長 齋藤 郁真
                                     同副委員長     恩田 亮


                    昨今の学内情勢について 
 「大学とは、自分から問題を発見する場所です。高校までは与えられたものを理解すればよかった。これに対し、大学は自由で、何でもできる。自分がやりたい問題を教員や様々な施設を利用して追究できる。結果として、社会に出て役に立つことも学べるはずです。だから学生には自分で問題を作り出して、考えて欲しい。学問でもサークルでもスポーツでもいい。一点を徹底的に突き詰めていくことで、自分が知っていたこととは違う、色々な面が見えてくる。その他の問題にも関心が持てるようになる。」
これは、6月23日の朝日新聞に掲載された貴殿の言葉です。今日、母校法政大学では逮捕者が延べ88名を数えるまでに至っており、これまでに多数の学生が停学や退学に処され、今も尚処分の予兆に怯える学生がいます。2006年3月14日を発端に、大学に対し正当な手段に基づいた抗議を行った学生らを、学内に警察権力を率先して導入し逮捕させ、実に恣意的で欺瞞に満ちた処分を下してきた法政大学当局の姿勢は、非常識極まりなく、常軌を逸した狂気の沙汰と言えます。全ての逮捕が不当であり、また全ての処分が不当であることは自明の理です。この現実を直視してきた私たちにとって、冒頭の貴殿の言葉は非常に不可解で理解に苦しむものであり、反射的に強い不快感を喚起するものであります。つきましては、本学の最高責任者である増田総長に端的にお答えいただきたい事項がございますので、誠実な対応と説明責任を果たされ、関係者に謝罪をすることを強く求めます。

尚、回答の際は私たちも含めた全学生の前で、公開という形で期限日である10月17日の13時、キャンパスにて会見されることを重ねて強く求めます。

                        公開質問状

(1) 自由と進歩を校是とし、校名に「法」と「政」を冠する本学において、延べ88名もの逮捕者が出ていますがそれについてどうお考えですか。同時にそれは警察権力の介入を意味していますが、どうお考えですか。
(2) 逮捕を理由とした処分が相次ぎ、不当逮捕(不起訴)であるにも関わらず逮捕事実を理由とした、法外な内容の処分が下っていることについてどうお考えですか。また、大学を批判する小論文を書いた学生までもが停学になっていますが、批判精神を持つ人材の育成を目指す貴殿はどうお考えですか。
(3) 不当逮捕された学生の一部は起訴され現在係争中です。このことは法政大学と裁判所、検察、警察の利害の一致を意味していますがそれについてはどうお考えですか。
(4) 一連の不当逮捕の背景で法政大学当局は学内規則の改変や新たな規則の制定、学園祭の規模縮小、学友会の再編などを決定してきました。その際、学生との充分な交渉はおろか、説明会すら満足に行わず、学生の要求を拒否してきました。付け加え、頻発する学内での逮捕についての満足な説明も行われていません。説明責任を明らかに果たしていませんが、総長としてどうお考えですか。
(5) 我々文化連盟を筆頭に、大学に抗議をしようとする学生への非人道的な弾圧が目下現在も行われています。ジャージを着た正体不明の男達が公然と暴力を振るい、犯罪行為を堂々と犯し、教職員も一緒になって女子学生に暴力を振るい、周囲の学生にも同じ行為をけしかけています。文化連盟と会話をした学生を数人がかりで取り囲み、学生証の提示を迫ったり、もらったビラを奪い取ったり、動きを観察したりしておりますが、批判精神を持つ人材の育成を掲げる総長はこの事実をどうお考えですか。
(6) (1)から(5)までの内容を踏まえ、今現在法政大学の学生は萎縮しきっており、ビラをもらったら逮捕されるのではないか、との声が聞こえてくる程です。大学を批判したら逮捕される、恐怖政治の如き様相を呈していますがこの現状をどうお考えですか。
(7) 我々文化連盟は大学との実利ある交渉を目的にしています。しかしながら、学生センターを筆頭に当局の担当者はまるで話し合う気がなく、我々への非人道的な弾圧を知りながらも「人権侵害は認めない」などの言葉を平然と発しています。最近では、逮捕を匂わす態度を取っていますが、この大学は本当に批判や抗議をしただけで逮捕されるのでしょうか。今日の法政大学の姿は、本学の建学の精神に著しく反しているだけでなく、大学という公的教育研究機関としてはすでに破綻していると思われますが、総長はどうお考えですか。
(8) 学内に設置された監視カメラは当方の調査だけでも60個を超え、正門前やキャンパスの周囲には有刺鉄線が張り巡らされ、ジャージを着た不審者が闊歩しています。正門にはたくさんの看板が掲げられ、特定の人物の氏名が晒しもののように提示されています。このようなキャンパスをどうお考えか。
(9) 前期まで文学部哲学科に在籍していた文化連盟の増井真琴が経済的困窮を理由に学費を滞納し、末に除籍になった。彼は通信教育部への入学手続きを行ったが不合格となった。その理由の開示を請求します。


 回答の前に当方文化連盟の運営するサイトの動画や写真などの資料を一見頂きたい。その上で伝統ある学府として品位ある誠心誠意の回答と、それに伴う謝罪を改めて強く求めます。回答の拒否または、本質問状の無視などは決してなさらぬよう要望いたします。


                                                  以上
コメント
全部が不当逮捕じゃないから起訴されてるんじゃないですかぁ?
頭平気ですかぁ?
それこそ『法』に従ってるんですがぁ?
【2008/10/13 14:16】 | バカ #- | [edit]
>全部が不当逮捕じゃないから起訴されてるんじゃないですかぁ?

不当逮捕で起訴されることがないなら、あらゆる冤罪は起こりませんけどぉ? 不当逮捕の後の起訴、つまり刑法の人権保障機能を完全に無視した裁判の、どこら辺が「『法』に従ってる」のぉ?

こんな小学生以下の論理も分からない愚か者に賞賛される行動は下らなくて、「バカ」とか「頭平気ですかぁ?」とか称される文化連盟さんの行動は正しいということでしょう。
【2008/10/13 18:05】 | ハナコ #- | [edit]
逆にどこが人権侵害だと?
建造物不法侵入は明らかだけど?
【2008/10/14 08:04】 | ハナコきも #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/209-e05912da
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク