FC2ブログ

WANTEDな人々はドルビーに集う

 2008-10-14
みなさん、ドルビーって知っていますか?
外堀を飯田橋から法政の方へと歩いて行くと、朝鮮総連の向きに左へ折れる道があるじゃないですか。
その角にある飲食店が、レストランドルビーです。

081012_1033~0002
081012_1033~0004
081012_1033~0003
081012_1033~0001

このドルビーでは、定期的に法政大学のどうしようもない教職員が集って、悪いことを企んでいます。
集まるのは以下こんな方たちです。

左から近藤清之学生センター事務次長・木原章市ヶ谷学生センター長・宮崎伸光学生センター長
シール 081kai
浅見信一学生センター事務部長
427で友部先輩の腕を笑いながら捻りあげていた男です。
浅見
総務部の豆
総務部
ジャージの伊藤さん
伊藤
ジャージの小野さん
ジャージ小野



宮崎氏については本ブログでもご紹介が足りないようでしたから若干の補足説明を致しますと、彼は市ヶ谷・多摩・小金井の法大3キャンパスの学生センター長を代表する「法政大学学生センター長」の任を担う男です。所属キャンパスはないのでしょうが、事務機能的な意味合いからかよく市ヶ谷キャンパスで目撃されます。
宮崎
ところで、この男も他の学生センター関係者と同様、もしくはそれを上回る悪徳人種です。
この御人は、昨年度来のサークル本部団体潰しの結果、学友会に公的には認められなくなった文化連盟に居留を留保していたサークル、新聞学会の会員であるA君に対し「新聞学会が文化連盟に残るのであれば補助金は一銭も出さない」と発言した男です。
結果、翌週のサークル常任委員会では新聞学会の副代表氏(当時)が「新聞学会は屈服したくて屈服したくてしょうがないんです!」との名言を残し、文化連盟を去って行きました。
「人間は人間をここまで奴隷にできるのか」
ミスター中核・新井拓君は後にそう嘆じていました。
そして言うまでもないことですが、文化連盟に所属するかしないかということと、補助金を出すか出さないかということは全く次元の異なる問題であり、宮崎氏の「次元の異なる問題を勝手にその場の空気に合わせて正当性のないハッタリに作り上げてしまう」その頭の良さは認めますが、そしてそのフェイクで新聞学会諸氏を震え上がらせてしまったその「大人」振りも認めますが、陰でこそこそとA君を呼び出していたことも含めて悪徳であることに変わりはありません。
よく高校の体育教師にいるタイプだと思われ。


さて。
先日我ら文連有志が、彼ら教職員が飲食を遊ばすこのドルビーに突撃したところ、学生・教授双方に「研究業績ゼロ」と嗤われる木原章市ヶ谷学生センター長が「プライベートに介入するな」と仰っておられました。
本当にこの50男のご都合主義には吐き気がします。

「プライベートに介入するな」ですと?

仰る通りです。
貴方がドルビーで何を食べようと、カルビーに転職しようと、我々にとっては関係のないことだし、そもそもそんなことは無限にどうでもよい。
神に誓って我々は本質的に貴方のプライベートには興味がありません。

しかしながら、先に人のプライベートに介入して、それを蹂躙してきたのは一体どちらなのか?
副委員長の恩田君とその友人の私的な喧嘩に介入し、その友人にだけ医療機関の診断書を作成してくるよう指示していたのは誰なのか?
その診断書作成の費用を負担していたのは誰なのか?
後に和解した友人がその診断書を「返却してほしい」と要望した際、無下に拒絶したのは誰なのか?
全て貴方ではありませんか。
学生の交友関係を踏みにじる行為を平然と為しているのは、プライベートに介入しているのは、貴方なのですよ、木原章さん。
倉岡へのストーキングを「必要に応じてやっている」のも貴方なのですよ。
学内で学友と談笑するのはパブリックな行為なのですか?
貴方は彼女の「パブリック」な振る舞いをストーキングしているのですか?
違うでしょう。
友人と談笑するのはパブリックではないし、お手洗いで用を足すのもパブリックではないでしょう。
繰り返しますが、先にプライベートに介入しているのは貴方なのです。

そもそも木原氏にお伺いしたいのですが、パブリックであろうとプライベートであろうと自分の娘がこんな舌使いの上手そうな男にストーキングされていたら殺意が芽生えませんか?
ジャージ小野


ドルビーに集う他の職員連についても同様です。
427に近藤清之学生センター事務次長は友部先輩に何をしたのか?
427で浅見信一学生センター事務部長は友部先輩に何をしたのか?

学生へのストーキングを「必要に応じてやっている」などと認め、にも拘らず、「プライベートに介入するな」などとノタマウ破廉恥漢には、ホトホト頭が下がる。
我々は貴方方が我々のプライベートに介入してくる限りに於いて、貴方方のプライベートにも介入し続けます。
そして、貴方方がストーキングを継続してくる限りに於いて、貴方方への……ということです。
言わなくてもわかるでしょ?
人は皆関係性の中で生きています。
貴方方が私たちの関係性を破壊しようとするのならば、私たちも貴方方の関係性を徹底的に凌虐します。
目には目を、歯には歯を。
中核もノンセクトもあんまり嘗めない方がいい。


木原さん、ほんと、南大沢で喋喋追っかけてる暇はないですよ!
南大沢で!

貴方方全員、WANTEDですから!


コメント
機動戦士JJ(=上下ジャ-ジ)キタ-
【2008/10/14 12:39】 | #- | [edit]
>「人間は人間をここまで奴隷にできるのか」
>ミスター中核・新井拓君は後にそう嘆じていました。

なるほど。ここまでやらせているのは公安警察の指示と後ろ盾であるのは間違いなののですが、中核派の「限界」は、権力の本質を知らないということに尽きるということです。

彼ら中核派は、「権力の万能論」だとして根底的な権力批判をさける傾向がありますが、公安警察は「おれたちが法律なんだ」と称して弾圧する場合が実際にありますので、ここまで仕向けている権力の実態を認識する必要があろうかと存じます。

それなしには、原因と結果をつかんで対峙することができないからです。

しかも、これらを打破するのは「団結」だとか、逮捕や事件で新たな決起が生まれるなどと、党派そのものの囲い込み運動的な「利用主義」で対抗しているという現実では、まったく新井さんたちは駄目だと私は指摘したいです。

「怒り」だけでは、勝てません。冷静沈着な対応が重要です。その点を、「中核派」は理解できないのです。彼ら中核派は、「怒り」で集中させる人たちでしかない根本的脆さが出ています。

修羅の命では、同じ修羅の塊にほかならない公安警察に勝てるわけがないからです。

なぜなら、そんな闘いでは、「苦しい・苦痛」を伴うまさに、苦闘でしかないからです。

苦しい闘いでは、らちが明かないのです。そしてそのような闘いでは、どんなに声をあげようと、「正しい方針」であろうとなかろうと、多数を獲得することなど到底できるはずがありません。

そのことを新井さんたちは気づいてほしいです。文化連盟や、ノンセクト・ラジカルの闘い方の可能性のほうがはるかに高いと私は認識しています。

それらのアプローチが中核派に発想ができないのは、中核派という統制のとれたひとつの「組織性」=セクト主義に原因があるのです。

>そして言うまでもないことですが、文化連盟に所属するかしないかというこ>とと、補助金を出すか出さないかということは全く次元の異なる問題であ
>り、宮崎氏の「次元の異なる問題を勝手にその場の空気に合わせて正当性の>ないハッタリに作り上げてしまう」その頭の良さは認めますが、そしてその>フェイクで新聞学会諸氏を震え上がらせてしまったその「大人」振りも認め>ますが、陰でこそこそとA君を呼び出していたことも含めて悪徳であること
>に変わりはありません。
>よく高校の体育教師にいるタイプだと思われ。

ブラス、国家暴力装置に多い傾向。たとえば、自衛隊や警察内部のしごきで死人が出ていますが、まさにそういう汚いやり口が彼ら国家暴力装置ならではの組織の実態でもあるでしょう。

むしろ「権力」を維持させるための重要な要素として抑圧と奴隷の関係がキーワードになっているのでしょう。

>人は皆関係性の中で生きています。
>貴方方が私たちの関係性を破壊しようとするのならば、私たちも貴方方の関>係性を徹底的に凌虐します。
>目には目を、歯には歯を。

この言葉は公安警察から同じことをされ続けている私もよく理解できます。彼ら公安警察は、人間関係を破壊するために、いろいろな仕掛けをしてくるわけです。

大学職員や暴行まがいのジャージ部隊は、外堀にいる公安警察の指示のもとだからこそ、「安心」して嫌がらせをやっているわけです。まさに、犬・畜生の類であって人間ではありません。

また、権力の本質は、まさに破壊です。相手は、修羅の命だからこそ、人間関係を破壊しようと仕掛け、それらを喜んでいる姿は、犬同然の卑しい畜生なのです。彼らのほくそえむ形相は、まさに修羅・畜生の類です。

したがって、彼らを根底的に暴くことは重要です。

ただし、目には目を、歯には歯をで、人間関係を破壊することに狂気乱舞している犬・畜生の類に自分の境涯も合わせる必用はありません。

彼らの「挑発」にのって彼らの思う壺にはまるのでは意味がないのです。とくに中核派はよくよくそれらを自覚していただきたいです。

2006年以来の法大弾圧は、国家権力側が共謀罪を制定したいがための、彼らなりの苦肉の策=「挑発」だと知ってください。

相手の狙いを知って、上をいけばよいのです。

破壊や暴力や威嚇を行って相手を屈服させようとするのは、まさに犬・畜生の類の修羅の行いです。

つまり国家暴力装置に対抗するために、奪われた暴力を追及するという中核派の認識の仕方は間違ってるのです。

暴力には暴力をと対峙するから暴力が衝突するのです。つまり修羅と修羅がぶつかっているだけなのです。

また、弾圧は新たな決起が生まれるのだと指摘するだけでも駄目なのです。相手がどんな意図でやってきているのか、それらの原因と結果を追求し知ることできなければ対峙できないのです。

それらが中核派には欠けているのです。暴力には暴力をというような暴力主義や、精神主義や利用主義の追求では駄目なのです。

それよりも実に楽で実に簡単に相手と対峙できる方法があります。

彼ら犬・畜生の類よりも高次元に自らをおいて対応すれば、犬・畜生は恐れをなして退散します。

動画で明らかなように、文化連盟のみなさんの対応に、挑発や嫌がらせをしてくる犬・畜生の類が退散していく光景がすでに出ています。

彼らのやり口に「怒り」をこめた糾弾だけの倉岡さんのアジテーションではなくて(それだけのことを倉岡さんはやられてきたから当然「怒り」の感情は起こるが、犬・畜生の類は、それを喜んでさらにやる気を出してくるのです。)、恩田さんや斉藤さんの軽いかわしで犬・畜生は退散しているという事実です。

むしろ彼らがやっている嫌がらせを逆手にとって、彼らの所業をすべて告発し世間に暴いて、法には法で対抗すること、国家賠償請求訴訟や告訴を行うことが重要だと私は考えます。

やつらの上をいくという心意気いかんでは、犬・畜生の類は退散することだってできるのです。

彼らの狙いは、新たな治安弾圧法制定のための国家権力側の「挑発」であることを新井さんたちは理解してほしいです。

破防法制定当時の公安警察が画策した菅生事件と、現在の共謀罪制定=現代の団結禁止法・治安維持法制定にあわせて行われている公安警察の策動を見抜いて奮闘してください。(米国による三浦逮捕もその一環して日米共同の共謀罪キャンペーンと、来年から始まる裁判員制度のてことして行われたが三浦氏が10月死亡したため、権力側は翌日「テロ謀議罪」として共謀罪を再び「テロとの戦い」と関連づけさせるキャンペーンを開始しはじめています。三浦氏死亡のニュースの翌日、徳島県の創価学会施設爆破事件が伝わったのがその現れです。報道によると、自公政権に反対するものの犯行といわれています。2005年の郵政選挙では、「テロ警戒」が公安警察からキャンペーンされましたが、今回は自公政権が危機的な情勢の最中に行われるといわれてきた解散総選挙の風の前に、自公政権の支持母体の施設に爆破事件というおあつらえむきな事件が起こっているのです。賢明な人であれば、破防法制定と菅生事件などを関係性を理解できるでしょうから、共謀罪キャンペーンが今度はこれで始まるのだなと、認識できるかと存じます。三浦氏が死亡した翌日に発生するという、実にタイミングのよいおあつらえむきな事件は、満州事変に匹敵するような謀略事件だなと思うほかありません。いずれにせよ、今度は共謀罪を「テロ謀議罪」として公安警察は大キャンペーンしようということのようです。あの手この手を使って、対応を打ってくる彼らに対峙するためには彼らと同じ修羅・畜生の類になっては駄目なのです。新井さんたちはまさに対象者ですから、とくにそれらを認識してほしいです。)



【2008/10/14 15:02】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/213-9b61322b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。さとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク