スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

文連死すとも自由は死せず

 2008-10-17
今日の法政大学ではビラまき・演説・集会・抗議行動が犯罪とされ、厳しく取り締まられている。紛れもなく、ここは大学なのに自由な批判すらも認められない。

法大の惨劇はこれまで何度もこのブログを通じて世界に訴えてきたから、敢えてここでは詳述しない。

限られた少数者への非人道的な弾圧がエスカレートする一方で、「人権侵害を認めない」とか「大学は自由だ」とか、耳障りの良いフレーズが盛んに叫ばれている。

そして目下、人生や命をかけて抗議をするその少数者に「逮捕」という銃口を突きつけ、ねじ伏せようとする動きが活発になっている。これまでに逮捕者は延べ88名、22名が無実の罪で起訴されている。



これを圧政と言わずして何というか。



恐怖政治と言わずして何というか。



ファシズムと言わずして何というか。



法大を闊歩するジャージ部隊=変態軍団の存在は大学の死そのものではないか。



だが、非情なまでの現実とは今日でおさらばだ。本日、我々は猛反撃に出る。



法大に巣くう悪しき偽善者どもは本日をもって追放されるだろう。そしてそれを多くの人が目撃する。
21世紀最初の学生蜂起を目に刻むがいい!


先日の公開質問状に対し、総長からの返事があった。

「回答しない」だそうだ。

どうやら俺はこの男に一杯食わされたようだ。
yoron 474_convert_20080625070530[1]

最近は校歌を歌いたいという衝動に全く駆られないが、心底俺は法大を愛しているんだなと感じる。だいたい、嫌いで仕方なかったらとっくの昔に中退してるさ。


決戦を前に、我が文化連盟や全学連の同志にこの言葉を贈りたい。

「ボルジア家30年の圧政からはダヴィンチ、ミケランジェロ、ルネッサンスが生まれた。が、スイス500年の平和と民主主義からは何が生まれた?鳩時計だけだろう。」

今日もしっかりやろうぜ!



                               文化連盟執行委員会 副委員長
                               世論研究会 会長
                               停学処分者           恩田 亮
コメント
本日の集会の成功をお祈りしています。

公安警察をどのように、「料理」するかで勝負は決せられると存じます。

なぜなら、法大当局の居丈高な対応、弾圧はすべて公安警察が指示しているからにほかならないからです。

本日の奮闘を応援しています。
【2008/10/17 09:26】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
>>これを圧政と言わずして何というか。

圧政を批判してるんですよね^^



>>「ボルジア家30年の圧政からはダヴィンチ、ミケランジェロ、ルネッサンスが生まれた。が、スイス500年の平和と民主主義からは何が生まれた?鳩時計だけだろう。」

あれ?圧政マンセーになってません?

民主主義大好きなんですよねwwwwww

君たち頭悪いんですねwwwww

マジ門が封鎖されるんで無駄な活動はやめてくださいwwww

マジパネェんっすけどwwwwww
【2008/10/17 14:43】 | vipから来ますた #- | [edit]
↓の方えらすぎ♪
でも文連って人の気持ちとか意見が理解できない廃人だからさ…
【2008/10/17 18:58】 | おぉ~ #- | [edit]
恩田さんは「圧政に抗えば良いものが残るが、ぼーっと何もしなけりゃどうにもならない。下らない平和を拒否して戦う道を選ぶべきだ」と言いたい訳ですね。このてーどの話も理解できない哀れな哀れなおぼっちゃんが何か上でぎゃあぎゃあ騒いでるけど、よっぽどかまって欲しいんだね。彼女居ないでしょ?
という訳で、以下は右派の私から貴方に素晴らしいプレゼント。


>マジパネェんっすけどwwwwww

意味不明。常識的な日本語すらまともに使えないこの特A級の低脳ぶりと「マンセー」の語から察するに、この人は密入国の在日朝鮮人であると断定する。
在特会の会員として、このように右派を装って護国活動の品位を落とす偽装工作は許さん! 
朝鮮人は法政から出ていけー!
【2008/10/17 20:55】 | ハナコ #- | [edit]
>↓の方えらすぎ♪

矢印の方向からして、お褒めにあずかり大変光栄ですわ。

で、「文連が人の気持ちとか意見が理解できない廃人」? ふーん。

ホントにそう思うんなら、こんなところでそれこそ廃人よろしく便所の落書きやるのやめたらいかが? 堂々と面と向かって文句言う程度の度胸すら持ち合わせてない根暗のくせに、でかい口たたくんじゃないよ。
【2008/10/17 21:04】 | ハナコ #- | [edit]
ハナコなんかほめてねぇしwww
勘違いしてんな左翼人間!!!
【2008/10/17 22:40】 | いや #- | [edit]
完全に40処女のばばぁだわ
【2008/10/17 22:42】 | きめぇ #- | [edit]
右翼も左翼も時代遅れだな
学生運動も時代遅れだな
つまりは化石人間だな
時代の節目には滅びゆく種が最後にあがらうというが…
【2008/10/17 22:44】 | まるこ #- | [edit]
  ∩___∩  |
  |ノ\  丶  |
  / ●゛ ●|  |
 |U (_●_)ミハナコ
 彡、 |∪| | J
`/  ∩ノ⊃ 丶
f \ ノ_ノ | |
丶 “ /__| |
 \/____ノ
【2008/10/18 02:28】 | vipから来ますた #- | [edit]
あーあ、上が狂い出しちゃったよ。よっぽど悔しかったんだろーね、反論できなくて。
ま、これが常日頃右派的な発言をする連中の正体だったという訳ね。よしりんや『正論』や『嫌韓流』、2ちゃんねる発の情報は集めてもそこから学ぶことをせず、人を侮辱することしか頭になく、実際に自分で考えたことは何一つない愚か者! そのような右派の恥さらしは今すぐ出て行って下さいね。

何はともあれ恩田さん、お疲れ様でした。
早く続報アップして♪
【2008/10/18 12:47】 | ハナコ #- | [edit]
「反論できなくて」ってのもおかしな話だな

反論すべき所は別に無いだろう

あなたの勝手な推測や暴言しかコメント欄にはのっていない

まあ右派左派問わず、暴言だらけのこのブログだが・・・
【2008/10/18 19:18】 | #- | [edit]
しかし、ハナコさんはマジ右翼だったのか。
残念(笑)恩田氏と齊藤氏も右翼なんですよねぇ~、実は。

vipの厨房とかは右翼以前に頭悪すぎて論外
【2008/10/18 20:29】 | 立命大生 #- | [edit]
なんでオールバックにサングラスなんですか?
【2008/10/18 22:41】 | #- | [edit]
>「増田総長出てこい」怒りの声をあげ、外濠校舎・学生センターに迫る。この時、東京警備保障の警備員、正木(写真左)が殴る蹴るの暴行をふるった。コイツは、新井君・中島君をでっち上げた札付きの暴力ガードマンだ!怒る仲間たち

東京警備保障の警備員、正木(写真左)が殴る蹴るの暴行をふるった。との写真はあるのだろうか?あったら、掲示して下さい。宜しくお願いします。
発表されているのは、逆に、警備員が、胸ぐらを捕まれている写真だけのように思えます。10月17日の件で。
ありましたら、掲示して下さい。

もう自治体職場では、確定闘争が始まっています。賃上げ、非常勤職員の雇い止め問題など闘争の時を迎えています。警備員のみなさん、だんだん寒くなります。写真等では、やはり、高齢者が多いようです。脳溢血、脳卒中などが心配です。気を付けて下さい。
ガードマンと公安警察では、一時金も全く違います。ガードマンには冬の一時金がないようにも思えます。法政大学のガードマンになったのが、いい機会です。労組をつくって、団結して、一時金を取りましょう。もし、団交拒否などがあれば、ストライキをしましょう。きっと、文連は、応援してくれると思いますよ。
【2008/10/18 22:52】 | 京都生協の働く仲間の会 #- | [edit]
ハナコさん、顔を真っ赤にしながらのレスご苦労様です^^

やっぱし、革命家達って低脳しかいないんですねwww
【2008/10/18 23:26】 | vipから来ますた #- | [edit]
ハナコ鼻息荒いよ?
【2008/10/19 14:27】 | #- | [edit]
京都生協の働く仲間の会さんあなたの書き込みは、何を意図にしているのでしょうか?

公安警察の指示のもとに蠢いている、「警備員」に淡い期待を寄せるのは自由ですが、あなたの思い描く「労働者像」に近づけようとなさるためには、あなた自身が法大にきて情宣するだとか、オルグなしにはありえないのではないでしょうか?

あなたのように、「他力本願」では何もうまれてはきません。

また、「東京警備保障の警備員、正木(写真左)が殴る蹴るの暴行をふるった。コイツは、新井君・中島君をでっち上げた札付きの暴力ガードマンだ!」という事実をあなたは、「信じないで」、逆に、「警備員が、胸ぐらを捕まれている写真だけのように思えます。10月17日の件で。
ありましたら、掲示して下さい。 」などと、とぼけた書き込みをなさるのも、ほどほどにしろと私はいいたいです。

大久保某が警備員にまぎれて「転び公妨」ででっち上げ弾圧をくらわせた人物であること、そもそも警備員たちそのものが、学生に罵声をあびせかけてきた事実など、あなたは「知らない」とはいわせない!

あなたの本意は朗らかな労働組合団結を訴えるものとしてあるのではなく、党派的押し付け的な「利用主義」の匂いがしてならない。

またあなたの示している「ガードマン」のイメージと、法大の警備員の実態との乖離は、はなはだしくずれているといわなければならない。

あなたが、イメージしている労働者としてのガードマンと、学生に罵声を浴びせ暴行まで行い、転び公妨までしかけて弾圧部隊として法大当局に雇われている警備員の実態の違いをあなたは認識しなくてはならない!

むしろ、そんな尖兵に対してオルグしたいというならあなたが体を張ってオルグしにきなさい!

結局、労働者「利用主義」=労働者にすべてをあてはめてこれを賛美していくという、過去の血債主義、糾弾主義とかわらない利用主義はやめていただきたい。

結果的に、かつて血債主義、糾弾主義として、アジア人民や部落民を闘う主体として大絶賛していたことが、今日は労働運動主義に転化したなかで、労働者を闘う主体として大絶賛して近づいて、「利用主義」的に絡めとろうという「路線」に変化しているだけで、「利用主義」という歪な構造は何もかわっていないことをあなたたちは知るべきである。

だから私は中核派が嫌いなのだ。




【2008/10/20 00:10】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
>そして目下、人生や命をかけて抗議をするその少数者に「逮捕」という銃口>を突きつけ、ねじ伏せようとする動きが活発になっている。これまでに逮捕>者は延べ88名、22名が無実の罪で起訴されている。



>これを圧政と言わずして何というか。



>恐怖政治と言わずして何というか。



>ファシズムと言わずして何というか。

結論すれば、公安警察とは現代のナチス!です。(カクマルのみならず、公安警察が現代のナチスなのです。中核派はその点を自覚されたいです。)

文化連盟のみなさん、斉藤さん、恩田さん、倉岡さん、公安デカどもに、「公安警察は現代のナチス!」とレッテルをはりめくって、やつらを追い込んでいきましょう!

そして、「公安警察は現代のナチス!」「集団ストーカーは公安警察!」という言葉を流行させましょう!

恩田さん、公安警察による分断策動に負けないで奴らの悪巧みを木っ端微塵に粉砕しましょう!

公安警察は、インターネットカフェ等(高円寺駅南口・氷川神社前にあったインターネットカフェ)を利用して、自民独裁政権やイラク戦争の経済的暴露などを展開してきた私に対して、高円寺駅前やネットカフェの目の前に警備車両をすえつけてきたり、悪評を流したり、刺客を放ったり、ネットカフェにカメラを携えて直接やってきて威嚇したり(杉並署警備課の佐藤という公安でデカも含む。公安デカ佐藤は有事法制の反対集会が行われた明治公園で尾行しまくっていたのもつきとめられている!)、爆破予告があったなどといって私の周辺に警備車両を嫌がらせ目的ですえつけて、私を集団でストーカーして「精神的に」おいこもうとしていたような輩です。

それが、今日では自宅でインターネットをやるようになったから、公安警察は、全国テレビ放送で私の嫌がらせをやるようになり、私が東京・大阪等に上京する際、必ず公安警察はテレビ報道(ネットカフェ等で流していた悪評)を展開してくるようになっています。

みなさんも、2005年9月3日土曜日テレビ朝日報道番組『警察特番9/3 ドスペ!激録・列島縦断警察24時 』以来六度流されている、「法大の過激組織・中核派のどうのこうの」というテレビ報道をみたことがあおりでと思いますが、あれは私のことです。公安警察は、私が東京・大阪などに上京するのを日ごろの盗聴で察知し、私が上京するのと同時進行的に嫌がらせ目的で流してきたわけです。

それだけではなく、私の仕事の邪魔までしてきており、私の実家の営業妨害をも意図してさまざまな嫌がらせを公安警察は策動し続けています。

公安警察は、菅生事件や、法大学生会館に不審火をしかけただけのことはあるわけですが、こういうことをするのが公安警察なのです。本当に、彼らは現代のナチス!です。

恩田さんの人間関係を破壊しようと策動したり、法大生を自殺に追い込んだ張本人は公安警察です。

こんな公安警察の犯罪行為を洗いざらい暴きまくって全国民の前に晒しまくって、必ずや民主的手続きで完全打倒しなければなりません。

法大文化連盟のみなさん、これからも、現代のナチス!公安警察の陰湿極まりない攻撃に負けないで奮闘してください。



【2008/10/20 07:58】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
>京都生協の働く仲間の会さんあなたの書き込みは、何を意図にしているのでしょうか?

日本国憲法擁護連合さんは、失業者ですか?
就業者ですか?
労働の経験はありますか?
就労しようと言う意欲はありますか?
働くことは、なかなか難しいですか?
失業者も労働者ですし、労働組合員になれます。当然です。
労働者で、資本家のいいなりになり、同じ労働者、労働組合を襲撃する事に就いたりすることは、あります。
戦争では、同じ労働者を殺したりします。アメリカの労働者がイラクの労働者市民農民を殺しています。
しかし、そこにでも労働者は、侵略戦争に、反対の気持ちを持ち、国境を越えた労働者的連帯を求めることがあります。
ガードマン労働者も同じです。
僕たちは、争議現場でその経験をしてきました。
あなたは、そういう経験はありませんか?
学生ガードマンの経験者がこの掲示板でも言っている通りです。確かに、ガードマンにも、仕事はいろいろあります。しかし、それでも、ガードマン仕事といえます。それでも、劣悪な労働条件であること、差別的労働条件であることは、確かでしょう。
一時金闘争を、是非訴えてほしいです。
法政大学の学生は、ガードマンなどの労働者に、少なくとも、訴えることはしてほしいのです。年末一時金闘争を闘おう。年を越せるように、それだけでの一時金を勝ち取ろうと訴えてみてください。
また、寒くなれば、先にも述べたように、脳溢血、脳卒中など、考えられます。寒い中の仕事ですから暖房を要求するように、話しかけてみてください。
そうして、団結して、職場を改善することを、呼びかけてください。また、不当な業務命令には、たとえば、劣悪な労働条件には、ストライキで闘おうと呼びかけてください。宜しくお願いします。
僕たちは、また、法政大学生協で働く労働者、労組員に訴えます。法政大学の労働者の大団結を作ろうと訴えてください。法政大学生協アルバイトなどの賃金は、最低時間給2000円以上を要求しよう、年末一時金を要求しようと訴えます。



【2008/10/20 18:31】 | 京都生協の働く仲間の会 #- | [edit]
>そんな尖兵に対してオルグしたいというならあなたが体を張ってオルグしにきなさい!

完全に同意見。
地下鉄サリン事件の時や秋葉原通り魔殺傷事件の時、「彼ら(麻原や加藤)のやったことは悪いけど、彼らはこのゆがんだ日本社会の犠牲者なんだ」として犯人を庇うバカが居ましたが、京都生協の働く仲間の会さんも同様でしょう。
そんなにかばいたきゃお前がサリン吸ってみろ! 殺傷されてみろ! というように、京都生協の働く仲間の会さんもぜひジャージ軍団や警備員に、血が出るほどぼこぼこにされて盗撮もされ、逮捕されるかされないかの瀬戸際を生きてみて下さいね。その上で猶連中をかばえるというのならご立派。聖人君子様です。

しかし残念ながら人間、そんなに我慢強くないのよ!

ホント、この人はいい加減にして頂きたい。正直読んでて反吐が出る。
【2008/10/20 21:43】 | ハナコ #- | [edit]
「京都生協の働く仲間の会さんもぜひジャージ軍団や警備員に、血が出るほどぼこぼこにされて盗撮もされ、逮捕されるかされないかの瀬戸際を生きてみて下さいね。」
「ホント、この人はいい加減にして頂きたい。正直読んでて反吐が出る」

ハナコさんにまったく同意。

この京都生協なんたらかんたらの人は、何を考えているのでしょうか?この人は、警備員が暴行をふるわれたと称して学生を告訴し裁判にかけたという事実をしらないのだろうか?

しかも警備員は、あの若くて凛々しい斉藤さんの腹をいい年した中年が複数でよってたかって殴りつけるという暴行さえしているという事実が本人から語られているのに、この京都生協なんたらかんたらの人物は、それは本当ですか?などとのたまわり、警備員の暴行の事実を認めないような展開さえとって、もっぱら日常の「警備員」の仕事の話題を持ち出して、弾圧部隊そのものである警備員の実態を隠蔽すらして、労働組合をおしゃべりしているのだから、本末転倒というほかない。

この京都生協なんたらかんたらとかいう人物は、結局、血債主義・糾弾主義(かつて法大中核派支部が血債主義の立場から、南京大虐殺の壁画を学生会館に掲げることを方針化していたそれと同類)の「押し付け」と「利用主義」と大絶賛と擦り寄りが、労働運動にシフトしただけでまったく体質が変わっていないことに気づくべきだ。

京都生協なんたらかんたらの人が、中核派の空気入った意見(「空気入れる」というのは中核が好む言葉。)だとすれば、法大で闘う人たちは、中核派に対して眉をひそめるしかしないだろう。

ハナコさん、こんな空気読めない京都生協なんたらかんたらは、いい加減にしてもらいたいですよね。
【2008/10/21 00:20】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
京都生協の働く仲間の会さん、あなたは、労働運動を持ち出して、たんに「利用主義」を鼓舞しているだけです。一般的な警備員と、公安警察に指示されて学生を抑圧している警備員たちを同列におくのは、ナンセンス!です。

『3・14法大弾圧を許さない法大生の会』にはこうあります。
●暴力ガードマンにも屈せず
 後期になると「東京警備保障」のガードマンが導入され、手足をつかんでの暴力的に排除に手を染めます。さらに、ビデオを構えた正体不明の男(通称:ルンゲ)も登場。キャンパスの出入り口は半分が封鎖され、門にはガードマンが構える異様なキャンパスになります。
 処分撤回を求めるクラス決議は59クラスからあがり、学生部への公開質問状への連記が広がり、提出行動などが行われます。質問状回答期限の10月20日には、学生部が全員逃亡! キャンパス集会でストライキを宣言しました。http://hosei29.blog.shinobi.jp/Date/200804/3/参照

あなたは、斉藤さんや恩田さんや倉岡さんが警備員たちにどんな仕打ちをされてきたか知らないとはいわせない!

そんな彼ら・彼女らに対して、本当に警備員はそんな行為をしているのですか?などと疑いの書き込みをしつつ、自己主張をしまくるのは空気をよまないおおうつけだと知りなさい。

>日本国憲法擁護連合さんは、失業者ですか?

>就業者ですか?

あなたは、話題をすりかえているだけです。

それが何の関係があるのでしょうか?それで、どういう区分けをなさりたいのでしょうか?

私が働いているといえば、労働組合論・団結論をふいて煙に巻くおつもりでしょうか?

はっきりいいましょう。法大闘争は、学生「自治」をめぐるものであって、労働運動がどうのこうのということではないのです。

が中核派の「利用主義」的な政治方針をあなたは拡大解釈して、法大の主人公は警備員だなどと馬鹿げた書き込みを繰り返しているのがあなたなのです。

法大のそれぞれを明らかにすれば、学生と公安警察に指示された当局・公安警察と当局に雇われた警備会社という対立関係しかないのです。

あなたは、そこに、労働運動論をもちだしてきて、警備員に呼びかけてくださいなどと朗らかに主張しているわけですが、学生を過激派と憎悪し(公安警察が社内教育を徹底している。警備会社は公安警察の天下り先として接点が多い。)て、権力に売り込んできたのが警備員そのものである事実をあなたは知らないとはいわせない!

たとえば、大久保=ルンゲは、転び公妨など陰湿で汚い手口を使いながら、法大に常駐する警備員を率いて弾圧をそっせんし、学生弾圧を招きいてた極悪人であるのです。

>労働の経験はありますか? >就労しようと言う意欲はありますか?
>働くことは、なかなか難しいですか?

私が働いているといえば、労働組合論・団結論をふいて煙に巻くおつもりでしょうか?

働いているかいないかで、あなたの言説が変わるとすれば大変愚かだとしかいいようがありません。

そもそもあなたは、私の書き込みを読んでいないようですね。法大集会には仕事でいけないと私は最近書き込みしていますがあなたはそれすらよんでいないということです。

あなたたち中核派は、今でこそ労働運動だといいなして労働組合結成や潜りこみを実践されているが、一昔前までは職業革命家を地でいかれ、労働者やシンパ、同盟費、街宣からのカンパでしのいでいく生活をしていた人が大勢いたのではないでしょうか?

そんなあななたちが、労働運動路線というわけで、「利用主義」的な立場から労働組合結成や潜り込みのために、労働運動を鼓舞されている現実を私は多少みていますので、あなたの言葉は大変わざとらしいとしか写らないのはなぜでしょうか?

つまりかつての糾弾主義、血債主義と同様に、「利用主義」的・一直線的なそれとしてしかないあなたたちの言葉は、心にまったく響かないのです。

それは私がガードマンではないということではありません。

なぜならあなたたちは、労働運動という規定された政治方針に基づく「利用主義」的立場=囲い込み運動から言葉を発しているからに他ならないからです。

学生運動の領域から労働運動の領域に無理やり重心をかえたせいか、あなたたちの言葉は大変ふなれな言葉にしか言い表せない事実を悟りなさい。

それは大学の細胞にもいえることで中核派それ自身の言葉が、おきまりのにわか仕立ての運動と「利用主義」に貫かれているから、学生相手に労働運動を奏でるという不可解な行動を方針化してしまっているのです。

さらにいえば、その範疇であなたは、不可解極まりない言動を行い続け弾圧部隊である警備員を労働運動に獲得してほしいなどと主張してきているのです。

もっとも、「制服をきた労働者論」そのものに私は反対ではありませんし、一般的な警備員の労働環境を糾弾するあなたの意見を否定するつもりもありませんし、「敵」さえも「味方」にさせるような提起も頭ごなしに反対というのではありません。

だが、法大の警備員は、どのような立場で学生に対応してきたのかは、『3・14法大弾圧を許さない法大生の会』の暴力ガードマンに屈せずではっきりしているではありませんか!

つまりあなたは、弾圧部隊を一般的な労働者の話題を持ち出しながら隠蔽して、労働運動に獲得してほしいなどとのたまわっているだけでしかないのです。

であれば、あなた自身が法大にきて、暴力ガードマンに「そんなことをするな!私と同じ労働者ではないか?」などと演説し、労働環境を踏まえた労働運動論を提起したらよろしいではありませんか?

あなたが命がけで訴えられるのであれば、私はあなたを止めはしません。

ただしあなたは、文化連盟にやってくれと懇願するだけでしかない情けなさを嘆きなさい!

しかも、あなたは、11月2日の恒例の労働者集会の話題を持ち出してきて、「私たち非正規雇用の声が届かなかった」などとして、中核派にあてつけのように書き込むのも、かなり空気をよんでいない行為だと思います。

というのは、確かに文化連盟のなかには中核派もいるし、弾圧を受けている学生のなかには中核派もいます。

だが、そうじゃない人もたくさんいるわけですから、党派関係の話題をことさらもちだしてあてつけがましく書き込むのは、厚顔無恥だと知りなさい!


>失業者も労働者ですし、労働組合員になれます。当然です。

一般事項と法大の現場を区別しないで語るのは間違いです。

>労働者で、資本家のいいなりになり、同じ労働者、労働組合を襲撃する事に>就いたりすることは、あります。

法大の場合は、公安警察の指示のもと学生弾圧の部隊として警備員は雇われているという存在なのです。

あなたはこの事実を隠蔽しないでください。

>戦争では、同じ労働者を殺したりします。アメリカの労働者がイラクの労働>者市民農民を殺しています。
>しかし、そこにでも労働者は、侵略戦争に、反対の気持ちを持ち、国境を越>えた労働者的連帯を求めることがあります。
>ガードマン労働者も同じです。

「軍服をきた労働者論」を知っていますが、それらの運動は成功しましたか?

「制服をきた労働者論」で警備員を獲得するとあなたがいうならそれをおとめはしませんが、公安警察が背後にいるようなものをオルグするというのはどういう意味をもつかあなたは知るべきです。

>僕たちは、争議現場でその経験をしてきました。
>あなたは、そういう経験はありませんか?

あなたが思い描く労働争議を公安警察から指示されている警備員たちが受け入れると本当にお思いでしたら、あなたが法大にきて警備員たちを直接説得しなければはなしになりません。

>学生ガードマンの経験者がこの掲示板でも言っている通りです。確かに、ガ>ードマンにも、仕事はいろいろあります。しかし、それでも、ガードマン仕>事といえます。それでも、劣悪な労働条件であること、差別的労働条件であ>ることは、確かでしょう。

結局、中核派は糾弾主義が労働運動に変わっただけで、「利用主義」は変わっていないのです。

>一時金闘争を、是非訴えてほしいです。

労働者自身がやるべきでそうでない学生にいわせるのは、無理があることを中核派悟るべきです。

しかもそうでなければ説得力はありません。中核派はそのへんをよくよく理解しなさい。

そもそもあなたが法大にきておしゃべりすればよろしいではありませんか。


>法政大学の学生は、ガードマンなどの労働者に、少なくとも、訴えることは>してほしいのです。年末一時金闘争を闘おう。年を越せるように、それだけ>での一時金を勝ち取ろうと訴えてみてください。
>また、寒くなれば、先にも述べたように、脳溢血、脳卒中など、考えられま>す。寒い中の仕事ですから暖房を要求するように、話しかけてみてくださ
>い。

あなたがやりなさい。他力本願はおよしなさい。

結局あなたがたは、過去の血債主義・糾弾主義が労働運動に変わっただけで、結局、「利用主義」的に「闘うアジア人民や闘う部落民」から「闘う労働者」にオルグが変わっただけで「利用主義」はかわりがないのです。

あなたがたは今は労働運動論を主張しているが、過去熱心に説き伏せていた血債主義・糾弾主義を放棄したように、それと同じように、いつ労働運動論の主張も変わるかわからないという可能性があることを悟りなさい。

私はそういう中核派のころころかわる姿をみてきたので、いい加減にしてほしいという気持ちでいっぱいなのです。

>そうして、団結して、職場を改善することを、呼びかけてください。また、>不当な業務命令には、たとえば、劣悪な労働条件には、ストライキで闘おう>と呼びかけてください。宜しくお願いします。

あなたがやりなさい。『3・14法大弾圧を許さない法大生の会』さんのブログにもあるように、暴力ガードマンに実害を受けているのは学生ですから、あなたの提起を受けて実践したいという学生が出てくるかどうかよくお考えください。

>僕たちは、また、法政大学生協で働く労働者、労組員に訴えます。法政大学>の労働者の大団結を作ろうと訴えてください。法政大学生協アルバイトなど>の賃金は、最低時間給2000円以上を要求しよう、年末一時金を要求しよ>うと訴えます。

あなたには、法大生協には法大生が一般参加者として大勢参加しているという視点がありません。

あなたは法大の主人公は労働者で学生は「お客」だなどとのたまわってもいます。

したがって、法大の主人公は学生、その学生自治をめぐる攻防に、労働運動論を注入しているだけです。

確かにあなたの法政大学生協で働く労働者、労組員への訴えそのものに私は反対ではありませんし、労働者の大団結論も賛成です。

あなたは法大生協のことをあまりご存じないようですが、はっきりいいまして法大生協は日共系だったから、学生会館内には存在していなかったのです。

もちろん労組執行部も日共系です。ただしそんな労組執行部をつきあげ、あなたたちの労働運動論に獲得することも私は反対しません。

しかし、あなたの言葉の憶測にあるのは、そんな党派的な労働者獲得論に裏打ちされた「利用主義」が見え隠れし、11月労働者集会参加へのオルグであるような響きさえ漂っているのを私は感じてしまいます。

あなたは、学生に労働運動論を説き伏せたり、法大の主人公は労働者だと主張したり、暴力ガードマンに秋波を投げかけるアプローチを提起したり、党派系のカンパ二ア集会の話題をもちだして不平不満を述べるのは、空気をよんでいない証拠です。

しかもあなたは、京都生協の働く仲間の会として、法大生協労働者に訴える提起をしていますが、京都ー滋賀合同労組という方が、一般的な警備員の話題と暴力ガードマンたる法大警備員とを一緒にして労働運動論を語ろうとされていましたが、あなたと同一人物の方なのでしょうか?

というのも、警備員の話題をあなたもしていますし、京都ー滋賀合同労組という方の提起とあなたのふれた警備員の話題がまったく同じであるからです。

だとすれば、同じ人間のなかに、京都生協で働く立場と、警備員で働いているという立場の二つが同時に並列するという奇妙な構図ができあがっています。

だから、京都生協の働く仲間の会と京都ー滋賀合同労組と使い分けておられるのでしょうか?

あなたは、「いや、個別の労働者として提起しているのだ」と詭弁を弄すかもしれませんが、やはりあなたの問題提起をよくかみ分けてみていくと、党派の労働運動論を無理やりあてはめ、にわか仕立ての労働組合論をしたてあげて、「利用主義」的に労働者に接近していこうという浅ましさがみえてならないのです。

なぜここまで私が断言するかといえば、中核派という政治党派が、自分たちの党派にとって都合のいいような組織の歯車として、いわば人を将棋の駒のように人を扱い、結局は党派の組織拡大のために人を「利用」してやろうと接触してこようとする「利用主義」の軽薄さを私はみてきたからです。

したがって、学生自治の攻防に、党派の範疇である労働運動論を持ち出してきて、かきまわすのはやめていただきたいということです。

ただし私も法大労働法のゼミ出身ですし、労働運動そのものに反対しているのではありませんのであしからず。

この大事な攻防に、今の中核派という一政治党派の理論を振りかざして介入してくれば、ぶち壊しになる可能性だってあることをあなたは理解してほしいです。
【2008/10/21 07:51】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
>また、「東京警備保障の警備員、正木(写真左)が殴る蹴るの暴行をふるった。コイツは、新井君・中島君をでっち上げた札付きの暴力ガードマンだ!」という事実をあなたは、「信じないで」、逆に、「警備員が、胸ぐらを捕まれている写真だけのように思えます。10月17日の件で。
ありましたら、掲示して下さい。 」などと、とぼけた書き込みをなさるのも、ほどほどにしろと私はいいたいです。

いろいろ写真が掲示されています。
「東京警備保障の警備員、正木(写真左)が殴る蹴るの暴行をふるった。」写真があったら、掲示したら、みんな一目瞭然ですよ。掲示を要請することは、いいことじゃないですか?
日本国憲法擁護連合さんは、信じるかどうかで考えています。それは、宗教でしょう。信じることも大事だが、事実をきちんと示すこともまた大事ですよ。そういうことで、このHPでは、たくさんの写真が掲示されていると思います。よく考えて下さい。
信じるものは救われる!ということでは、いけないと思います。

労働者は、現場を握っています。
三笠フーズの汚染米問題でも、現場からの告発で、始まりました。それは信じるかどうかではない。労働者の目の前の労働現場で起こっていることだから、はっきりと告発できるんです。その意味で、労働者は、社会を変える力があると思います。

僕たちは、ガードマン労働者に対して、きちんと意見を言い、不当性を糺すことはあっても勿論いいと思います。ところが、法政大学での闘いには、労働者に対しての呼びかけは一切なしです。これは全くおかしいと思っています。
ガードマン労働者は、業務命令できています。それを拒否したら、首です。文字通り、首で、一家食っていけなくなります。まずは、そのことを考えなければなりません。
しかし、業務命令は不当であれば拒否できることを、説いていくことは出来ます。また、訴えることは出来ます。根津さんの闘いがいい例です。
日の丸・君が代の強制に対して、不当な業務命令であると拒否して闘っています。たくさん処分は出ましたが、首切りは阻止しています。このように闘おうと訴えることは大事です。
今の法政の学生の行動は、根津さんのように闘おうという訴えをしない、拒否していると思えてなりません。
この掲示板でも、多くの人がいっていますが、ガードマンは低賃金だ、いい年だ。等々、ガードマン労働者が、恵まれていないであろうことは、指摘されています。むしろ劣悪な労働条件であろうと思います。

イラクで、イラクの人々を殺しているのは、アメリカの労働者家族です。日本軍が、中国大虐殺等を行ってきたのは、日本の労働者家族です。だから、当然、反撃を食らうことは、当然だと思います。しかし、その中で、アメリカや日本の労働者家族の中には、虐殺の先兵になることに反対、の声がたくさんあがってきていました。います。

法政大学でのこととイラク侵略戦争のことと同列に言えるとは思いませんが、労働者は、闘いに立ちあがる。今は、虐殺の先兵になっていたとしても。と言うことを、感じることは大事だと思います。
私達は、法政大学で行動している学生にとにかく訴えたいです。
法政大学教職員労組、労働者に、連帯しよう。と訴えることです。
法政大学生協労働者、労組に、連帯しよう。と訴えることです。
法政大学ガードマン労働者などに、連帯しよう。と訴えることです。
法政大学就活をする学生労働者に、連帯しよう。と訴えることです。
労働者として団結しよう。大学の主人公は、労働者だと、訴えてほしいのです。


【2008/10/21 09:01】 | 京都生協の働く仲間の会 #- | [edit]
>いろいろ写真が掲示されています。
>「東京警備保障の警備員、正木(写真左)が殴る蹴るの暴行をふるった。」>写真があったら、掲示したら、みんな一目瞭然ですよ。掲示を要請すること>は、いいことじゃないですか?

つまり、あなたは恥ずかしげも無くそんな「証拠」がないじゃないか!といって暴力ガードマンを擁護しているのです。

結局あなたは文化連盟の人たちが暴露している話を、「そんな証拠はあるのか!そんなものはないじゃないか!」と悪罵を投げつけ、法大のガードマンを労働運動でオルグしろと恥ずかしげも無く説教しているだけなのです。

あなたは、「東京警備保障の警備員、正木(写真左)が殴る蹴るの暴行をふるった。」という言葉に矮小化して、結局は、暴力ガードマンの暴力性を隠蔽しようとつとめているだけです。

つまりあなたはつくる会のあの元日共党員藤岡信勝と同様の主張をしているわけです。

「そんな証拠はどこにあるのか」と。

だから、あなたに、抑圧を受けてきた当事者の『3・14法大弾圧を許さない法大生の会』を紹介しているのです。それについてはあなたはまったく無視を決め込んでいますがなぜですか?

それから、暴力ガードマンが、学生に対して暴言をはくシーンは、動画でおさめられていますし、あなたが本当に京都生協労組関係者で、中核派と接点があるのであれば、具体的に法大の警備員がどのような抑圧をしてきたのかは、聞けばわかるはずですから、あなたはまずそれを自覚してから書き込みしにきなさい!

●暴力ガードマンにも屈せず
 後期になると「東京警備保障」のガードマンが導入され、手足をつかんでの暴力的に排除に手を染めます。さらに、ビデオを構えた正体不明の男(通称:ルンゲ)も登場。キャンパスの出入り口は半分が封鎖され、門にはガードマンが構える異様なキャンパスになります。
 処分撤回を求めるクラス決議は59クラスからあがり、学生部への公開質問状への連記が広がり、提出行動などが行われます。質問状回答期限の10月20日には、学生部が全員逃亡! キャンパス集会でストライキを宣言しました。http://hosei29.blog.shinobi.jp/Date/200804/3/参照


>日本国憲法擁護連合さんは、信じるかどうかで考えています。それは、宗教>でしょう。

あなたは、私が資料してあげた『3・14法大弾圧を許さない法大生の会』の「●暴力ガードマンにも屈せず」 にまったく答えられないゆえに、論点をすりかえているだけです。

この具体的な証言に対してあなたはグウの音もでないから、「日本国憲法擁護連合さんは、信じるかどうかで考えています。それは、宗教でしょう。」などとのたまわって、言い返しているつもりになっているだけです。

しかも私が、信仰しているという自己紹介をブログでしていることを暗にしめして嫌味として言い返しているだけでしかないのです。

こういうのは、まったく反論になっていないばかりか、揚げ足とりでしかないのでおやめになるべきです。


>信じることも大事だが、事実をきちんと示すこともまた大事ですよ。そうい>うことで、このHPでは、たくさんの写真が掲示されていると思います。よ>く考えて下さい。

では、私が資料してあげた『3・14法大弾圧を許さない法大生の会』の「●暴力ガードマンにも屈せず」 に答えてみなさい!

大久保某がどのような行為を行ったかをあなたはちゃんと答える必要があります。


>信じるものは救われる!ということでは、いけないと思います。

まずあなたは、『3・14法大弾圧を許さない法大生の会』の「●暴力ガードマンにも屈せず」 にも答えないで、いうにことかいて、私が、信仰しているという自己紹介をブログでしていることを暗にしめして嫌味として言い返しているだけでしかないのです。

そういうのを世間では「おおうつけ」「厚顔無知」というから覚えておきなさい。

あなたは「新井君・中島君をでっち上げた札付きの暴力ガードマンだ!」という文化連盟の証言の事実を隠蔽するために書き込んでいるようなもので、文あなたの言い分だと文化連盟側は嘘をついているのだということになってしまいます。

だから、ハナコさんも私も、あなたはここから出て行ってほしいといっているわけです。

>労働者は、現場を握っています。

あなたは、その立場で法大の主人公は、警備員だとのたまわっていますが、驚愕せざるほえません。

そのうえで学生を「お客」だとのたまわっています。

あなたに欠けている点はここにあります。

あなたの提起を補足すれば弾圧させられている警備員も労働者に変わりないから、学生は、警備員を説得しろ、獲得しろということなのでしょうが、ならあなたがしなさいということです。

あなたは警備員だというわけですから、(生協の働く仲間の会でなおかつ顔を真っ黒に日焼けした警備員とのことだそうですから!)あなたの立場をそのまま法大の警備員たちに説得されたらいいわけです。

>三笠フーズの汚染米問題でも、現場からの告発で、始まりました。

あなたたちに足りないのは、「外部注入論」でしかないということです。

つまり、あなだか掲げている事例にしても、現場の人から声があがっているわけで、「外人部隊」がよそから「外部注入」的に入り込んできて騒ぎ立てたわけではないということなのです。

しかしあなたは、ありていにいえば「外部注入論」でしかなく、結局法大の警備員を党派の「利用主義」的立場から「オルグ」対象者の観点でしかみていないということに尽きるのです。

そのために、淡い期待すらこめて、優しい言葉をかければ相手はころりと落ちるとでもいいたいわけなのでしょうか?

>それは信じるかどうかではない。

あなたがたは、労働者に「確信」はないのか?などといいつのりますが、まさに、あなたはそれを信じているわけですから、言葉はそくあなたに返ります。

結局あなたは、実害を受けている学生の証言を疑っているだけです。

信じるという言葉を私が使ったことをきっかけにして、あなたの強引な意見を導くために「信じるかどうかではない」などと詭弁を弄しているだけです。

ここにあなたの、厚顔無恥さは示されているわけです。

>労働者の目の前の労働現場で起こっていることだから、はっきりと告発でき>るんです。その意味で、労働者は、社会を変える力があると思います。

あなたは、一般的な労働者の話題を横滑りさせて、弾圧部隊のガードマンを隠蔽しているだけなのです。

したがって、『3・14法大弾圧を許さない法大生の会』の「●暴力ガードマンにも屈せず」 に一言も言及できないのです。

あなたは「その意味で、労働者は、社会を変える力があると思います」といっているのですから、これも「信じる」という事柄に他ならないことを自覚しなさい!

>僕たちは、ガードマン労働者に対して、きちんと意見を言い、不当性を糺す>ことはあっても勿論いいと思います。

あなたは、権力に売り込んでいる人たち、公安警察に指示されている人たち、暴行を加えている人たちに、「きちんと意見を言い、不当性を糺すことはあっても勿論いいと思います。」ぐらいでお茶を濁してよろしいというのでしょうか?

しかも彼らは、でっち上げ弾圧さえしかけている当事者なわけなのに、あなたは何を寝ぼけたことをぬかしているのでしょうか?

ハナコさんがいわれていたように、あなたは彼らの実態を知れということです。

>ところが、法政大学での闘いには、労働者に対しての呼びかけは一切なしで>す。これは全くおかしいと思っています。

あなたが場違いだという事実をまず知りなさい!あなたがおかしいということを悟りなさい!

労働者に対しての呼びかけは一切ないというなら、あなたが上京してあなたが提起しなければ、それは伝わるわけがない!他力本願では駄目なのです。

学生に労働者がどうのこうのとおしゃべりさせて、相手に心が伝わるわけがない。

結局あなたがの存在そのものが、「外部注入主義」でしかなく、いつまでも「外人部隊」の発想でしかないということに尽きるのです。

つまり当事者ではない人がその人たちに扮して潜入していくといくという戦術でしかなく、浅はか極まりない底の浅い「外部注入論」でしかないのです。

もし仮にそうではないといいたいのであれば、あなた自身が上京して自分の言葉で警備員を説得しなかったら、まったく無意味でしかないでしょう。

あなたは、暴力行為を行ってきた警備員の実態を暴露する法大学生、文化連盟に「そんな証拠はどこにあるのか!」といっているにすぎず、また、そんな警備員も労働者だすからオルグしろなどと提起しているのがあなたなのですから、ではあなたが体をはって法大警備員に説得しなさいと私は指摘しているのです。

違いますか?

そもそも、法大警備員はどのようなことから雇われているのだとあなたは認識されていますか?

したがって、学生弾圧を直接やらされているのが警備員たちなのです。

学生弾圧を公安警察の指示のもと、当局から要請されて雇われているわけです。いわば法大警備員は、労働現場でいえば職制なのです。


>ガードマン労働者は、業務命令できています。それを拒否したら、首です。>文字通り、首で、一家食っていけなくなります。まずは、そのことを考えな>ければなりません。

当たり前じゃない。

>しかし、業務命令は不当であれば拒否できることを、説いていくことは出来>ます。また、訴えることは出来ます。根津さんの闘いがいい例です。

不当であればとは、「現実」に誰が決定権をもっているとお思いですか?業務命令と、警備員の倫理を規定する法律との乖離は、現実どのようにされているかあなたは知っていますか?

拒否するのは、警備員であって「あなた」ではありません。

説いていくとは、つまりオルグですよね。だったらあなたが上京してやりなさいということです。

学生にそれをお任せしてもらうという他力本願は通用しないし、そんなことでは相手に心は響きません。

あなたが思っていることを、学生に理解してもらって、警備員を説得できるというのはあまりにも安易すぎることを自覚しなさい!

あなたの思いは、あなたが直接警備員に説得しなければ意味はないということです。

しかも、法大の警備員のなかから、あなたがいうような根津さんのような人が出ていないのですから、あなたのはなしの前提そのものが成り立ちません。

それを一般的な警備員の労働環境を話題に出しながら説得して法大の警備員を「決起」させられるのだ!と安易に考えているのだとしたら大変甘いとしかいいようがありません。

>日の丸・君が代の強制に対して、不当な業務命令であると拒否して闘ってい>ます。たくさん処分は出ましたが、首切りは阻止しています。このように闘>おうと訴えることは大事です。

あなたが思っていることを、学生に理解してもらって、警備員を説得できるというのはあまりにも安易すぎることを自覚しなさい!

あなたの思いは、あなたが直接警備員に説得しなければ意味はないということです。

そもそも、学生弾圧をしている証拠はないじゃないか!などといわんばかりのあなたが、学生や文化連盟に対して警備員も労働者として団結させるよう警備員をオルグしなさいと書き込みを繰り返しているあなたのその浅はかさ、度し難さを恥じなさい!

>今の法政の学生の行動は、根津さんのように闘おうという訴えをしない、拒>否していると思えてなりません。

あなたが当事者ではないから、文化連盟の立場にたてないだけです。

実際に学生に暴力や暴言ばかりか、でっち上げ弾圧そのものでさえつくりだしている法大警備員に対して、その事実を隠蔽し、一般の労働者と混ぜ合わせてあなたの思い描く労働者像のイメージを語るという行為は大変愚かとしかいいようがありません。

結局あなたは、そうなってほしい!と信じているだけでしかないのです。

つまり、こうなるべきだ!こうしたらああなるだろうと、勝手に「妄信」しているだけなのです。

あくまでも、学生弾圧を当局及び公安警察から要請されている法大警備員たちに対していう言葉ではないとあなたは悟りなさい!

>この掲示板でも、多くの人がいっていますが、ガードマンは低賃金だ、いい>年だ。等々、ガードマン労働者が、恵まれていないであろうことは、指摘さ>れています。むしろ劣悪な労働条件であろうと思います。

なぜこうも憎まれ口を叩かれているのかといえば、暴力ガードマンとして学生抑圧をしているからであり、権力に学生を売る仕事をしているのが現実だからです。

一般的な警備員とは、わけが違うのです。ただし、良心が彼らにはまったくないと私はいいたてたいのではありません。

>イラクで、イラクの人々を殺しているのは、アメリカの労働者家族です。日>本軍が、中国大虐殺等を行ってきたのは、日本の労働者家族です。だから、>当然、反撃を食らうことは、当然だと思います。しかし、その中で、アメリ>カや日本の労働者家族の中には、虐殺の先兵になることに反対、の声がたく>さんあがってきていました。います。

あなたはそういうアプローチをしたいだろうから私は「軍服を着た労働者論」を引き合いに出して、「制服をきた労働者論」としてあなたに投げかけたのです。

婦人民主クラブ全国協あたりが、「あなたたちは軍服をきた労働者です。戦場にはいかないで拒否してください!」と基地前で説得していたのと同様の光景を法大で実現させたければ、あなたが上京して率先して街宣しなさいと私は指摘しています。

ただし、あなたの言葉が警備員たちの心に伝わるためには、「あなた自身がどう闘うか」しかないのではないでしょうか?(「あなたがどう闘うか?」というのは中核派が好きな言葉)

ですからあなたが体をはって説得するというなら止めませんと指摘しているのです。

しかし、暴行されたというのは嘘じゃないのか?だとか、証拠がないのではないのか?ガードマンの肖像権がどうのこうのとのたまう発言は度し難いものと認識しなさい。

また、法大警備員の批判はしてもいいぐらいに言葉をとどめて、転び公妨までやってのけた大久保某の例などを無視するあなたの姑息な「利用主義」もおやめなさい。

>法政大学でのこととイラク侵略戦争のことと同列に言えるとは思いません
>が、労働者は、闘いに立ちあがる。今は、虐殺の先兵になっていたとして
>も。と言うことを、感じることは大事だと思います。

それはまさにあなたが揶揄してみせた「宗教」とどこが違うのですか?

それは、自らを「科学的」だと称すマルクス「主義」の観念論以外ありません。

つまり、「労働者は、闘いに立ちあがる」「感じることは大事だと思います。」などというのは、ひとつの「確信」という思いに他ならないわけです。

むしろあなたたちに足りないのは、「確信」ではなくて、どうすればそうなるのか?というものがまったく欠如しているという点です。

そのために、われわれは労働運動をやっているんだとか、なんだとかいいだすのでしょうが、まずあなたがたに欠如しているのは、どのようにして成していくのか、多数を形成していくのかという点がないことです。

スローガンの絶叫や、わかった人や意見を聞いてくれる人を対象とする少数精鋭型運動や、何か「過激な行動」をとってくれる人や闘う人を少数精鋭的に獲得するということだけでは駄目なんです。

だからあなたたちは五十年ほどの歴史があるのに、多数派にはなりきれず、「過激派」で終わっているのです。

レーニンは確かに過激派と呼ばれ、ロシア革命は過激派の政権転覆だといわれたわけですけれども、ナロード・ニキやサンジカリズムではないのです。

>私達は、法政大学で行動している学生にとにかく訴えたいです。

暴行されたという証拠をあげなさいだとか、いきすぎた学生抑圧には批判してもいいとお茶を濁しつつ、警備員を労働運動に獲得せよというあなたの訴えは、学生に伝わると思いますか?

>法政大学教職員労組、労働者に、連帯しよう。と訴えることです。

あなたは法大のことをよく知らないみたいですが、法大には全法政という日共系の組合と、旧社会党系の法政大学教職員組合の二つがあるわけです。
それから、全大教という日共系の大学教員の労組があります。もともと、法大の労組は日共が牛耳り、教授会も日共系が支配的だったことをあなたは知らないようです。

そんななかで、反日共系の教員や、その方面の方々がパージされた事実をあまりしらないようです。

そういうなかでも法大のあまりにも抑圧的な惨状に危機感をもつ教員や職員もいないわけではないのであなたのその意見を否定はしません。

確かに、中核派はあまりその点を重視してはいなかったのが事実のようですから、彼らは反省していることでしょう。

ただし、教員で中核派にカンパしていた人も過去には存在していたこともあなたは知るべきです。

>法政大学生協労働者、労組に、連帯しよう。と訴えることです。

訴えるだけでは、駄目です。具体的に何かがなければ無意味です。スローガンでは駄目なのです。

>法政大学ガードマン労働者などに、連帯しよう。と訴えることです。

これはおかしいです。権力の尖兵に何を期待するのでしょうか?また彼らのなかから、「裏切り者」がでるのを期待して、彼らの暴力を我慢しろとでも説教たれるのでしょうか?


>法政大学就活をする学生労働者に、連帯しよう。と訴えることです。

現時点で、労働者ではない学生相手に労働運動を説得するのは場違いだとしりなさい。

ただし、将来は労働者になるのですから、労働組合などを理解してもらうことは意味がないことではない。

学生労働者という造語をつくって、血債主義・糾弾主義に変わる労働運動主義をさけぶ不可解さをあなたたちは理解しなさい。

結局、「利用主義」のために労働運動を主張して労働者をオルグしようというみえみえの本質が見え隠れしているだけでしかありません。


>労働者として団結しよう。大学の主人公は、労働者だと、訴えてほしいので>す。

大学の主人公は、労働者だという言葉の裏に、あなたは学生は「お客」だというあなたの一面的な見解では、学生の「決起」は促がすことはできないでしょう。

結局、あなたは党派の主張を拡大解釈して、説教をたれているということでしかないのです。

したがってハナコさんも私もあなたに対して不快感をもって仕方がないのです。

大事な学生「自治」の攻防に、中核派という一政治党派の主張を拡大解釈したあなたの独自の意見を持ち込まないでください。

中核派以外の人も存在している事実をぜひ自覚してください。
【2008/10/21 13:06】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/223-fdd10508
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。