本日裁判!

 2008-10-22
今日、明日、明後日。
本日から三連ちゃんで、法大関連の裁判が行われます。
場所は勿論東京地裁。

初日の今日は529三十三名不当逮捕の裁判です。
大学自治・思想信条の自由・表現の自由が徹底的に踏みにじられたあの日、尋常ならざる公安警察が法大キャンパスを闊歩したあの雨の日を私たちは永遠に忘れることはできないでしょう。

732221.jpg

皆さん、正義を法廷で見ようではありませんか。

尚、同日は同じ時刻に社会科学研究会倉岡雅美が所属する人間環境学部教授会が開かれますので、東京地裁前で抗議集会を行いたいと思います。
熱く熱く注目してください。


☆10月22日(水)☆
午後0時30分抽選券配布
午後1時15分開廷
コメント
京品ホテル全員解雇撤回闘争と
リーマン・ブラザーズの経営破たんに関する声明
労働組合東京ユニオン

9月15日、米国大手証券リーマン・ブラザースが連邦破産法11条に基づく会社更生手続きの適用を申請し、ついに経営破たんに追い込まれた。この経営破たんを受けて金融庁も、子会社の日本法人リーマン・ブラザーズ証券に対して9月15日から9月26日までの間、業務停止命令及び資産の国内保有命令を出したと発表した。リーマン・ブラザーズ証券が支払い不能になる危険性があるため新たな取引の禁止と保有資産が米国本社などへ流出し、日本の債権者や顧客に損害が及ぶ事態を回避するための行政処分だという。
労働組合東京ユニオンは、リーマン・ブラザーズ証券グループの中核的企業である「サンライズファイナンス株式会社」が唯一の債権者として、京品ホテル(JR品川駅高輪口)と関連の店舗の従業員を全員解雇し、債権回収のために不動産の売却を企てていることに反対し、「京品支部」(60名)を5月に結成した。「10月20日の全員解雇撤回・営業継続、サンライズファインスは労働者を犠牲にした債権回収はやめろ」と、団体交渉を申し入れ闘いを続けている。
9月12日には、自らの放漫経営から60億円以上の債務を従業員に負わせようとする京品実業株式会社(京品ホテルの経営主体)と、2年前から意図的に債権の集約を図り一括譲渡を受けたサンライズファイナンス、が実態的には借金まみれで労使紛争の解決能力がない京品実業に代わる「使用者」と位置づけ、労働組合東京ユニオンは両者を被申立人とする「不当労働行為救済申立」を東京都労働委員会に提起した。
従業員の血のにじむような努力の中で京品実業は昨年の決算で8千万円以上の営業利益を出したのにも関わらず、経営者はサンライズファイナンスにすべてを利息として差し出した。全従業員を解雇し、回収した不動産を売却して利潤を上げることを目論むサンライズファイナンスには、雇用確保や労働者が働く職場の維持にはまったく関心がない。「ハゲタカファンド」そのものである。
債権者や顧客の損害は回避されても、政府は「ハゲタカファンド」の営業譲渡や債権回収によって、多くの労働者が職を失い、生活破たんに陥ったことを救済したことがあったのか。そもそも「債権回収」を正業として認知したいわゆる「サービサー法」に問題がなかったのか。政府の対応に疑問はつきない。
リーマンブラザーズが破たんしたことでサンライズファイナンスの債権回収の圧力が強まろうとも、労働組合東京ユニオンは全国ユニオンをはじめ、全国のユニオンの多くの仲間の支援を受けながら、京品支部の組合員が直面している10月20日の全員解雇攻撃をはねのけ、職場を確保し営業の継続を実現するために、あらゆる手段を駆使して全力をあげて闘う。


以上
【2008/10/22 08:29】 | 京都生協の働く仲間の会 #- | [edit]
「初日の今日は529三十三名不当逮捕の裁判です。
大学自治・思想信条の自由・表現の自由が徹底的に踏みにじられたあの日、尋常ならざる公安警察が法大キャンパスを闊歩したあの雨の日を私たちは永遠に忘れることはできないでしょう
皆さん、正義を法廷で見ようではありませんか。」

「尚、同日は同じ時刻に社会科学研究会倉岡雅美が所属する人間環境学部教授会が開かれますので、東京地裁前で抗議集会を行いたいと思います。
熱く熱く注目してください。」

という文化連盟の提起に、京都生協の働く仲間の会さんは、京品ホテル全員解雇撤回闘争と リーマン・ブラザーズの経営破たんに関する声明 労働組合東京ユニオン のコメントをよせていますが、これは、たんにはりつけでしかありません。(似たようなはりつけをところかしこに延々とやっている馬鹿が愛知県にいるようですが・・・)

京都生協の働く仲間の会さんは、一体どういう意味で、こういうはりつけを繰り返しているのでしょうか?

文化連盟の提起に対応するコメント―はりつけ―になっているのでしょうか?

学生自治の攻防をめぐる問題に、金融恐慌と都内の労働者の「決起」を結びつける意味合いを私は否定はしませんが、たんなるはりつけを自己主張の如くやるのはいかがなものでしょうか?

スローガン化した文章をはりつけたり、織田さんたちにあてつけのように書き込みして、党派内部のいがみあいを鼓舞する人と同様に、「党派」の押し付けがましいはりつけでは、逆効果ではないでしょうか?

はりつけ後に、あなたなりの問題提起がなければ不可解極まりないので、よく考えておやりになってください。

【2008/10/22 11:05】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
日本国憲法擁護連合さんへ

「話せば分かる」と思われて必死に説得なさっているのでしょう。その熱意には頭が下がりますが…もう上の人は無視した方が良いです。
明らかに異常ですよ。延々と何の関係もない話を垂れ流して、文化連盟そのものの話は全くないコメントには、はっきり悪意を感じます。

貴方と私がどんなに一生懸命諭しても、この人は全然聞く耳を持たない。しかし、これは私たちの話が「理解できない」のではないでしょう。「理解しようとしない」、もっと言えば「ホントは分かってるけど無視している」のだとしか思えない。

貴方と私が再三批判してきたように、この人の主張はそれ自体がメチャクチャです。無責任な母性というんでしょうか、ともかく弾圧されている当事者の身になってものを考えるということをまるでせず、身勝手な夢想に明け暮れている。全くおめでたいとしか言いようのない意見です。

しかしそれだけならまだしも、この人は全く同じコメント、しかも文連とは何の関係もない話を一切自己反省せず、壊れたレコードよろしく流し続けてきた。これはもう「主張したいだけ」であり、結局のところこの人は文化連盟や大学自治や法政の自由なんてどうだって良く、自分の運動に文連を利用できればそれで良いというのがホンネなんでしょ。
では、その「運動」とは何か。
労働者として団結しよう、とこの人は言います。しかし団結した後で一体何をしろと言うのでしょうか。言うまでもありませんね、この人がやっている運動、つまり労働争議ですよ。日本全国、場合によっては世界的な労働争議に、この人は文化連盟を参加させたいんです。もう破綻し尽くしたにも関わらず、未だに中核派が本気で夢見ている共産主義革命の為にね。

だから貴方が仰ったとおり、この人にとって文化連盟はただの「将棋の駒」でしかない。もっと言えばこの人、「学生は労働運動をしなければならない」と押しつけて、異論を許さぬ言論弾圧をしようとしているとも言える。

こういう極めて悪質な同調勢力については、黙殺を決め込むのが一番良いと思います。
…て言うか、そもそも文連がこういう輩のコメントを承認しなきゃ良いのよね。
以上、失礼しました。

という訳で、京都生協のうんぬんさんは二度と来ないで下さい。来たら黙殺しますからね。
【2008/10/22 16:58】 | ハナコ #- | [edit]
>日本国憲法擁護連合さんへ

投稿するときに、「就活の学生労働者のみなさんへ、労働組合を作って、就活にも望もう」という訴えをしました。
それが、掲示されないのは知らなかったです。よろしく。

就活、労働者として大事な闘いです。是非、団結して頑張りましょう。
セクハラなどの差別については、とことん追及しましょう。

日本国憲法擁護連合さんは、就活などについては、どんな風に考えていますか?
【2008/10/22 17:56】 | 京都生協の働く仲間の会 #- | [edit]
ハナコさんとは気が合いますね。

>「話せば分かる」と思われて必死に説得なさっているのでしょう。

そんな感じですが、中核派はよくいえば確固たる精神というか、悪く言えば頭固いのが多いから、私のほうが説得しているような感じになって恐縮しているのです。

本来は、こういう掛け合いのような書き込みはしたくないのですが、法大の学生自治をめぐる攻防にとって、一党派のおしつけをやるのは正しくないと私は考えており、今回の京都生協の働く仲間の会さんのはりつけの意図がいまいちわからないという素朴な批判から問いただしたのです。

ハナコさんもこの方に対する認識は私と共通していると思いますが、この方がはりつけをした本意は、529三十三名不当逮捕に関して「大学自治・思想信条の自由・表現の自由が徹底的に踏みにじられた」と文化連盟が指摘している事柄に批判があるのではないかと思うのです。

この方は、ブルジョア的な基本的人権の立場、日本国憲法の立場からの指摘はナンセンスだといいたいのでしょう。

つまり、「学生労働者」(ママ)の「団結破壊」として529三十三名不当逮捕されたのだというような労働運動論に無理やりあてはめて、法大弾圧をとらえていきたいという願望がこの方にはあるのでしょう。

それか、この方は単純に労働争議が日本でも起こっているから、法大弾圧もそれらに連帯して「団結」していこうとよびかけたいのかもしれません。

この方はもろ中核派ですから、中核派の集会や学習会や機関紙購読(オルグが赤ペンもって指導するそれら)にまみれた立場をそのまま持ち込むことに意義があるかのように思われているのでしょう。

>その熱意には頭が下がりますが…もう上の人は無視した方が良いです。

だけど、不可解なはりつけはちょっとおかしいなと思ったので、コメントしてしまいました。この方と同じような方が愛知県在住の「市民運動家」にいらっしゃるのですが、この方と同様に、無作為にところかしこにはりつけを行っておられるのですが、はたからみると不可解極まりないのはいうまでもありません。

>明らかに異常ですよ。延々と何の関係もない話を垂れ流して、文化連盟その>ものの話は全くないコメントには、はっきり悪意を感じます。

同意します。

とりわけ、京都生協の働く仲間の会さんの書き込み、京都ー滋賀合同労組という方の書き込みといい、中核派内部分裂をひきづりながら織田さんたちの批判をあてつけに展開している方の書き込みといい、この三者(京都生協の働く仲間の会さんと京都ー滋賀合同労組さんは同一人物の可能性もあります)の意図は不可解極まりないですね。

>貴方と私がどんなに一生懸命諭しても、この人は全然聞く耳を持たない。

典型的な中核派活動家に多いタイプで、自分たちの意見しかいわず、他の意見や下からの意見はほとんど聞く耳をもたない、自己主張ばかり延々とやるタイプでしょう。

だから、この方の文面にもそれがでているし、不可解なはりつけに終始するわけです。

中核というのは、こういうのが多いから私は中核って大嫌いなんです。

>しかし、これは私たちの話が「理解できない」のではないでしょう。「理解>しようとしない」、もっと言えば「ホントは分かってるけど無視している」>のだとしか思えない。

そうかもしれません。

中核ってのは、本当にこういうのが多く、政治方針ばかりを対象者に聞いてもらおうとすることだけには熱心だけど、あとは「ボー」としたタイプが多く、裏では何をいっているかわからないような、偽善者が多く裏表ありすぎの人が多いから私は大嫌いなんです。(実際、そんなのが多いから。)

彼らは自分たちを「科学的」人間だ、科学的なマルクス主義者だと思い込んでいるけど、実際は思い込みが激しく観念的で空想にひけったような、悪く言えば「共産カルト」のような人ばっかりが多いのです。

実際、彼らの言うことはみんな同じことしかいわないし、ころころ変わりますからね。(彼らの政治方針は実はジグザグだから)本当に、ポルポトや圧制と飢餓に苦しむ北朝鮮の公民のような雰囲気なんですよね。みかけもそんないっちゃってる感じだから、一般人はキモくてよりつかない。

政治や労働運動のこととかもういいから、まず自分のこと考えなさいって感じの人が中核に多いタイプなんです。

そういう人が「カルト」に引っかかった感じなのが中核派。しかも、自分たちの意見しかいわず、みんな同じことしかいわない、みかけも含めて「カルト」そのものなのが中核派だから、一般学生は近寄らないという悪循環になっているだけでしょう。

その点が凛々しい斉藤さんや恩田さんたちとの雰囲気と、明確に一種異様な雰囲気を醸し出している中核派活動家は違っているのだと思います。

この方の「理解しようとしない」、もっと言えば「ホントは分かってるけど無視している」というのは、そういう如是相からでてきているのだと私は考えています。

ひとりよがりな意見やはりちけを行うのもそんな実相からきているのでしょうね。

だから中核派はとても嫌いなのです。

>貴方と私が再三批判してきたように、この人の主張はそれ自体がメチャクチ>ャです。

この方は、相手を説得させようというのがないし根拠がない話や無関係と思われる話題が多く、とにかく不可解としかいいようがないものばかりでしたよね。


>無責任な母性というんでしょうか、ともかく弾圧されている当事者の身にな>ってものを考えるということをまるでせず、身勝手な夢想に明け暮れてい
>る。全くおめでたいとしか言いようのない意見です。

一般警備員の話題をもちだしてきて、法大警備員は「そんなことはしない」といわんばかりの発言は驚愕しましたよね。

結局あれは、「軍服をきた労働者です。出兵を拒否してください」と基地で叫ぶ婦人民主クラブ全国協の方々の発想を、労働運動論をもちだしてきて、法大警備員に「制服をきた労働者」論をだしてきたということなのでしょうが、それを法大警備員から暴言をはかれたり暴行を受けたりでっちあげ弾圧をくらってきた文化連盟の人たちを介して法大警備員をオルグしろというのは、ちょっとどうかと思われる意見でしたよね。

私はこの人の意見をみて、「この人、ちょっと馬鹿なんじゃないの」って思いましたよ。

つまりこの方は、自分の主張を他人に納得してもらう術がまったくないだけで、自分の意見を押し通しつつ賛同してくれる人だけを対象にしているような典型的な中核派活動家に多いパターンなんだってことなんです。

中核派活動家しかまわりにはいないから、こんなふうになるのでしょうね。

私もそういう活動家をいっぱいみてきましたからね。

>しかしそれだけならまだしも、この人は全く同じコメント、しかも文連とは>何の関係もない話を一切自己反省せず、壊れたレコードよろしく流し続けて>きた。これはもう「主張したいだけ」であり、結局のところこの人は文化連>盟や大学自治や法政の自由なんてどうだって良く、自分の運動に文連を利用>できればそれで良いというのがホンネなんでしょ。

そうでしょうね。関西の「青年労働者」と自称したがる方々(カンサイセイネンという労組の人たち)に多い傾向みたいです。

>では、その「運動」とは何か。
>労働者として団結しよう、とこの人は言います。しかし団結した後で一体何>をしろと言うのでしょうか。言うまでもありませんね、この人がやっている>運動、つまり労働争議ですよ。

ただし、労働争議は合法的ですから私は否定はしません。
生存権剥奪には対抗手段として争議は認められていますから。

>日本全国、場合によっては世界的な労働争議に、この人は文化連盟を参加さ>せたいんです。

そういう傾向は強いですね。私は法大の学生自治の攻妨に、労働運動という一政治党派のおしつけをやるべきではないと考えており、この点ではハナコさんと認識は同じです。

>もう破綻し尽くしたにも関わらず、未だに中核派が本気で夢見ている共産主>義革命の為にね。

むしろ、彼らの共産主義革命論は「自由主義段階」の資本主義の基本矛盾―恐慌論(賃労働と資本という階級矛盾、労働力商品化の破棄、賃労働の廃止)を下敷きにした労働者「決起」論になっていることを指摘したいですね。

彼らは、レーニン『帝国主義論』に依拠した、帝国主義の根本矛盾からでてくる帝国主義戦争論を下敷きとした内乱論(帝国主義戦争を内乱に転化せよという現代革命テーゼ)を唱えていたが、これをひっこめているその「総括」なり「理由」をまったく機関紙や活動家オルグたちが説明しないという不可解さが目立ちますね。

中核派はいつも本気のようですが、方針も主張もころころ変わっていて、一環していないのに、活動家はかなりの「自信」と空気が入っている点は非常に気になるところです。

こうした傾向は、「共産カルト」といってふさわしいかもしれません。

>だから貴方が仰ったとおり、この人にとって文化連盟はただの「将棋の駒」>でしかない。

中核派の実態はそうで、あそこの地域は反応がいい、あの大学の学生は反応がいい、あの労組は反応がいいとして組織決定を行って、活動家の送り込み―潜り込みのような行いをずっとやり続けてきたわけで、オルグ対象者だけではなくて、自らの組織内活動家さえも組織の「駒」のようにしかみていないということなんです。

それは、資本主義社会における企業の会社員と同様のゲゼルシャフトとしてみてもいいのですけれども、かなり中核派はそういう傾向が強いですね。


>もっと言えばこの人、「学生は労働運動をしなければならない」と押しつけ>て、異論を許さぬ言論弾圧をしようとしているとも言える。

この方の学生は労働運動をしなければならないという押し付けは私も感じています。だから、文化連盟の指摘に批判があるから、こうしたはりつけやコメントをしてくるわけでしょうね。

昔、法大学生会館に南京大虐殺の壁画を掲げようと彼らは運動していたようですが、それは今では血債主義として彼ら自身批判しているけど、それとまったく本質的には変わっていないのが、労働運動のおしつけでしょうね。

彼らがおかしいところは、今、労働運動とかさけんでいる人たちの多くが、かつては「闘うアジア人民と連帯して、日本帝国主義のアジア侵略戦争を、内乱に転化せよ!」と血債主義といわれるスローガンを叫んでいたわけですからね。

この変わりようは何なんだって感じがしますね。だから、彼ら中核派は「カルト」なんだと思います。

昔それで、人殺しもいとわなかったのですからね。

>こういう極めて悪質な同調勢力については、黙殺を決め込むのが一番良いと>思います。

というか「カルト」として彼らをとらえる必要があるでしょうね。

>…て言うか、そもそも文連がこういう輩のコメントを承認しなきゃ良いのよ>ね。
>以上、失礼しました。

だけれども彼らの主張の一部や「組織力」は、認められるものもありますので、私は彼らを排除しようとは思っていません。

ただ、彼らは学生自治の攻防に、一党派のおしつけをやったらぶち壊しになることを理解してほしいだけです。


>という訳で、京都生協のうんぬんさんは二度と来ないで下さい。来たら黙殺>しますからね。

中核派だからずっとくるでしょう。文化連盟には中核もいるんだから。それはそれで私は認めようとは思っています。

だけど、空気入るのはいいけど、彼ら中核は空気をよんでほしいですね。
【2008/10/23 00:33】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
詳細な返答を感謝します。
うーん、しかしこの人は本当に中核派なのかなあ? だとしたら少し話も変わりますけど…本当に中核派だったら、警備員はまだしもジャージ部隊まで同情的に見るでしょうか? 彼らにとってあの反社会的死ね死ね団は「打倒対象」であって「団結対象」ではない訳でしょ。それがあって、私はずっとこの人を中核でなく革マルあたりかなと考えてたのですよ。

はっきり申し上げて、私はおそらく日本国憲法擁護連合さんよりも中核派という組織が大嫌いです。彼らの歴史認識は勿論完全否定しますし、連中が今やっている合法活動も正直支持できない。過去に中核や他の過激派に人生を奪われた何の罪もない庶民もいる中で、無節操に過激派に同情したり協力したりするのは日本人としてのマナーに反するからです。どうしても社会的に認められたかったら、まず真っ先に過去の清算をお願いしたい。革マルとの戦争から「つくる会」本部放火事件に関する所まで、洗いざらい、全部です(特にもし「つくる会」放火に中核が関与して居り、そこに悪意があったのなら、同会断固支持の立場から個人的に猛省を促したいもんです。異論があるなら口で言え、ボケ!)。
しかし法政大学内に限定して言えば、中核派は被害者以外の何者でもないんですよ。何もしてないのに逮捕、退学、でっち上げ、起訴、暴行。それだけならまだ強引に「自業自得」で片付けられなくもないですが、法大当局の矛先は中核でない学生にまで及んでる。どんな言い訳をしようと、これは明らかに「やり過ぎ」です。まあ実際、このように過激派に分のある話はあまりないと思いますけどね。大学改革の流れの中で、この先似たような事例が増える可能性はありますけど。

だからもし京都生協うんぬんが中核派なら、正直もの凄くハラ立ちますが、無理はない。しかしこの人、ホントに中核ですかね?
【2008/10/23 03:06】 | ハナコ #- | [edit]
>投稿するときに、「就活の学生労働者のみなさんへ、労働組合を作って、就>活にも望もう」という訴えをしました。
>それが、掲示されないのは知らなかったです。よろしく。

ここはすべて書き込みを行わせてくれる自由な空間ですから、あなたの書き込みの一部が、掲示されなかったというような「嘘」はやめなさい。

文化連盟の人たちに対して非礼極まりないので、そういうみえすいた「嘘」はおやめください。

あなたと似たタイプのはりつけをところかしこに貼り出す名古屋の某「市民運動家」も、いうにことかいて「嘘」をついたことがございましたが、どうしてあなたたちは、似たような人が多いのでしょう?

中核派をリタイヤした人の「理由」を、病気でやめたというような「理由」づけがよく行われていしたが、これも離脱や脱落を隠蔽する言葉になっていたことぐらいみんな知っていますので、中核派は嘘をつくのはやめたほうがいいでしょう。

では、あなたの主張である、「就活の学生労働者のみなさんへ、労働組合を作って、就活にも望もう」という意見についてです。

就職活動している学生はまだ労働者ではありませんよ。将来、賃金労働者になるということはいえても、就職活動期を迎える学生は卒業してもいないので、学生ということです。労働者になるのは、卒業・就職後のことですので、悩乱した意見はいわないでください。

それから、労働組合をつくって就職活動に望もう!というのも、あなたは悩乱しているとしかいいようがありません。

根拠は、就職活動中の学生は学生であって労働者ではないということ、どこの産業・企業に就職するのかも定まっていないうちに、産業・企業・法人・公務員その他を含めて労働組合を結成しようだなんて、馬鹿げたことがありえないからです。

結局、あなたたちは、血債主義で法大学生会館に南京大虐殺の壁画を掲げようとおしつけがましい運動をしていたころとまったくかわっておらず、今あなたたちがやっている「労働運動から革命やろう!」の「利用主義」のために学生労働者なる造語をつくり悩乱した言葉を、学生相手におしゃべりしているということなのです。

しかも、労働者ではない学生相手に労働運動のおしゃべりをするというあなたがた中核派の馬鹿げた行為は、相手の立場を全く省みない極めて自己満足的な行いであることを知るべきであり、学生を自分たちの組織運動体の駒として「利用」しようと爪を磨いで接近しようとしていることに他ならないのです。

ではきく。なぜあなたたちの、帝国主義段階論的アプローチだった現代革命テーゼ(日米対立の帝国主義間争闘戦を内戦に転化せよ!)から、賃労働と資本の階級関係と恐慌からアプローチした革命論(労働運動から革命やろう!)に変わったのですか?

「闘うアジア人民と連帯して~」と絶叫してきた活動家たちが、一瞬にして「労働運動から革命やろう!」に変わったのか説明してください。

全国連に糾弾闘争よりも、労働運動を強制させ、労組をごり押しして強制させてつくらせていったことに反発をうけている事実をあなたたちは知りなさい。

また、全国連中田書記長は、中小企業経営者だったため、弾圧が長引けば実害があったわけで、この点がまったく革共同救対部も全国委員会指導部も考慮されず、無対応だったことが、分裂・離脱のきっかけになったことを知りなさい。

公安警察は、その人の弱みにつけこんでターゲットを絞って弾圧していることを中核派は知れ!

そんな姿勢が学生自治をもぶち壊す元凶になる可能性があること、あなたたちの分裂にじょうじて公安警察が小躍りして弾圧強化していること、そもそも法大弾圧の最中に、関西の地区党がもめはじめたこの情けなさをあなた自身が嘆き悲しみ怒りなさい。あんたたち中核派は、そんなことしてる場合かよってことです。

だから私は中核派が嫌いなのです。

>就活、労働者として大事な闘いです。是非、団結して頑張りましょう。

あなたの党派の主張をおしつけないでください。

就職活動とは、学生が就職して労働者になる前段階のものであって、労働者としてのそれではないということです。

労働者として大事な闘いというように、あなたたちはねじ込みたいだけでしかないので、学生労働者なる不可解極まりない造語はおやめください。


>セクハラなどの差別については、とことん追及しましょう。

あなたは法大警備員の弾圧を、セクハラと矮小化してごまかしたいのでしょうか?

あなたは、差別問題も労働者の問題として扱わなければならないとでもいいたいのでしょうか?

ここがあんたたちのおかしなところ。労組でも中核でも全国連でも差別発言をはく人物は厳然と存在するわけです。


>日本国憲法擁護連合さんは、就活などについては、どんな風に考えています>か?

就職活動とは、学生が就職して労働者になる前段階のものであって、労働者としてのそれではないということです。

就職活動中の学生は学生であって労働者ではないということ、どこの産業・企業に就職するのかも定まっていないうちに、産業・企業・法人・公務員その他を含めて労働組合を結成しようだなんて、馬鹿げたことがありえないからです。

【2008/10/23 03:56】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
ハナコさん、怒っちゃだめなの、なの。
ipodなの
【2008/10/24 13:46】 | レタス手まん #esoxbf0I | [edit]
……?
「レタス手まん」さんの今までの書き込みからして、私は貴方を常識ある人と思っています。で、上のコメントは冗談と受け取っていいんでしょうか?

じゃ、冗談であることを前提にちょっと回答させて貰いますわね。
残念ですが笑えないです。冗談にしてはやり過ぎかな。て言うかこれがネット右翼の発言だったら、ケンカ売ってるとしか思えないのでそれなりの対処をするところです。正直一寸不愉快ですから。
私の発言に行き過ぎがあれば、具体的に言って頂けますか。
【2008/10/24 17:56】 | ハナコ #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/230-9beb941b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク