11.12集会の模様

 2008-11-13
コメント
就活の仲間へ

就職にも困難を強要するこんな政府と会社を変革しよう。共に労働組合を作って、頑張ろう。教職員組合、生協労組は、みなさんと共に歩むはずのものである。共に頑張ろう。
/////////////////////////////////////////////
就職活動、9割が「厳しくなる」=強まる学生の不安-毎日コミ調査
11月13日5時14分配信 時事通信


 就職情報サイト運営の毎日コミュニケーションズ(東京)が大学3年生らを対象にしたアンケート調査で、9割は「就職活動は厳しくなる」と回答したことが分かった。景気後退で採用を抑制する企業に対し、学生は不安を強めており、活動開始を早め、応募社数を増やす傾向にあるようだ。
 10月28-31日、2010年卒業予定の全国の大学3年生と大学院生を対象にウェブ上で実施。1472人から回答を得た。
 「先輩と比較し就職活動はどうなると思うか」との質問では、「多少厳しくなる」「かなり厳しくなる」が90.6%を占め、10.9%だった昨年とは一変した。昨年71.8%と最も多かった「変わらない」は8.4%まで下落した。
 「満足いく活動ができる自信はあるか」では、「大いにある」「少しある」が35.1%で昨年より3ポイント減少。逆に「あまりない」「まったくない」が29.9%で2.5ポイント増えた。
 応募した会社の平均は30.1社で、23.6社だった昨年同時期の約1.3倍。ニュースや新聞報道が業界・企業選択に影響するか聞いたところ、「かなり」「多少」影響するとの回答が81.2%と高く、学生が経済情勢の急激な変化に敏感になっている様子がうかがえた。 

【2008/11/13 21:46】 | 京都生協の働く仲間の会 #- | [edit]
なるほど、明大弾圧と関係があったわけね。功績を買われたわけだ…。

こういう場で、あんまり党派闘争みたいなことしたくないんですが、「同じだと思うなよ…(笑)」。てな感じかな…。

いや、支持者のみなさんには、申し訳ないと心底思っているのです。でも、マジでそう思っているのです! でも、ごめんなさい!
【2008/11/13 21:49】 | 現役 #- | [edit]
その警備会社の会長こと、高山 弘憲と言う人は自民党同志会という団体の関係者らしいです。

http://mobile.seisyun.net/cgi/read.cgi/tmp6/tmp6_sisou_1186263111参考

なお、詳細は、ジャパンプロテクション㈱会長 ・(財)日本音楽教育文化振興会 理事 (社)日本会 理事 宮崎県在京経営者会議 会長 とのこと。

あと、ジャパンプロテクション会長の高山某にはいわくつきの人物のようです。

詳細はここをご覧ください。http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/071/0050/07103080050009c.html
第071回国会 衆議院地方行政委員会 第9号
昭和四十八年三月八日(木曜日)午前十時三十四分開議
・・・職業安定法四十四条違反容疑の捜査を進めておったのでありますが、ただいまお尋ねのように、六日の朝捜索令状をとりまして、
そして、特別防衛保障株式会社の築地にあります本社と、
それから、同会社の責任者である、取締役をやっておる高山弘憲という人のうちと、
それから、警備業法が施行になる前に、元社長であってやめてしまった飯島勇という者のうちと、
もう一人、このうちの実力者でございます恩慈という者のうちと、
四カ所の捜索をやって、職安法違反容疑の資料を押収したわけでございます。
その結果、数十点のものを押収しておりますが、それで、引き続きまして、
いま申し上げました三人の者を警視庁に呼び出しまして、取り調べを進めておるところでございます

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/069/1200/06909281200003c.html
第069回国会 参議院社会労働委員会 第3号
・・・昭和四十七年九月二十八日(木曜日)午前十時八分開会
昭和四十五年の四月二十日、東京法務局日本橋出張所登記官飯塚幸三郎、
こういうことになって、明確に特別防衛保障株式会社の届け出を受理をいたしております。
法律上問題のある登記をされておるわけでありますけれども、
これによりますと、取締役が飯島勇、
同じく取締役が稲葉正三、原沢澄也、佐々木麗吉、恩慈宗武、飯島勇――飯塚勇は代表取締役ですね。
監査役が横江善輝、こういうことになっております。
大橋委員が前に質問いたしましたように、飯島勇という者は、御存じのように、
これは警察庁の刑事局長だと思うんですが、その答弁によりましても明らかなように、
前科十一犯という、まさしくわれわれ常識的には考えられないような社長ですね。
かつて陸軍少尉だそうでありますけれども、こういう前科十一犯、そしてそれに雇われている、
いま現に五十名現地に行っておる皆さんは、空手や何か、
とにかく暴力的には腕力の強い連中が行っている。
この恩慈宗武なんという人が大体責任者で行っているようであります。
そういう腕力者があらゆる暴力をやるわけでありますからね・・

なお、高山某が関係する自民党同志会とは、
「正確には党本部の中に昔から居座って恐喝、強請、タカリばかりやってきた。 もう5,6年なるのかな?裁判で負けて強制的に追い出されたんだよね。 ただ自民党も自民党で昔は散々利用してきてるからね。
事実自民党の過去の裏の歴史を支えていたのも事実。
今は隣のビルに入っているが同志会のバッヂを付けているだけで
党本部は出入り禁止! 」だそうです。

高山某が会長職をつとめる、この警備会社は六十年安保闘争の時代にできたのも注目してください。

岸信介は右翼の児玉や笹川などの裏社会に命じて学生運動つぶし、安保闘争つぶしに奔走したといいますが、この高山某もその陣形にいる人物だといってよいでしょう。

明治大学以前から、この筋が暗躍している事実を調査すればたくさんでてくるはずです。


はっきりいえば、公安警察は大学の自治や憲法の関係から大学構内で堂々と弾圧が日常できないから、こうした民間右翼に弾圧をやらせているといってよいのです。


なお、高山某は拓殖大学OBとのこと。拓殖大学はどのような筋が多いかは明らかですよね。学生右翼あがりの警察官や右翼が多いし、ここの総長などや教員たちはほとんどが右翼だというのは有名ですよね。

ということで、石原都政下のゼロ・トレランス政策の実態はもはや暴かれつつあるといえるでしょう。

なお、これらを紹介しようと書き込みした瞬間、私の所有するPCの接続が遮断されるという妨害を受けたことをふせて述べておきます。

相手は、権力と右翼ですので、慎重にかつ大胆に奮闘し、彼らの悪行を暴きまくってください。

倉岡さん、斉藤さん、そして恩田さん、まけないでね。あなたたちを支援している人たちは大勢いますから。
【2008/11/14 03:20】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
それから、自民党同志会会長の福田晃丈氏は、平成20年に右翼団体「日本青年社」の新年祝賀会に出席しているようです。

http://www.seinensya.org/katudo/soukai/081sinshun.html参考

そして日本青年社とは、「住吉会系右翼団体。1969年結成。創設者は、住吉連合会副会長の住吉一家 小林会初代会長・小林楠扶。1978年に尖閣諸島の魚釣島に上陸したことで知られる。右翼勢力で国内最大でありその構成員は約3,000人と言われている。総本部は東京都港区六本木にある。」とのこと。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%C6%FC%CB%DC%C0%C4%C7%AF%BC%D2参考



第150回国会 国家基本政策委員会合同審査会 第2号

○不破哲三君 〔略〕この日本青年社というのは、政府公安調査庁が提供した資料によりますと、暴力団住吉会小林会を母体とする典型的な暴力団系右翼団体だと、そう規定をされています。つまり、指定暴力団の中でも悪質度において重点対象団体にされている住吉会の系統だと言われている。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/136/1058/13606061058002c.html

第136回国会 地方行政委員会暴力団員不当行為防止法及び風俗営業等に関する小委員会 第2号

○有働正治君 警察の方にお尋ねします。

日本青年社の最高顧問西口茂男なる人物は、住吉会とはどういうかかわりがありますか。

○説明員(植松信一君) お尋ねの件につきましては、日本青年社最高顧問西口茂男と住吉会会長の西口茂男については同一人物と見ております。


1996年10月に中川秀直・科学技術庁長官(当時)へ内容証明郵便で「六項目の質問」(中川秀直の愛人問題と、薬物使用疑惑)を送る。2000年国会(森政権時)で、中川秀直・官房長官(当時)と日本青年社・滑川裕二の「交際疑惑(官房機密費を日本青年社へ流したとされる)」が問題となり、中川秀直は官房長官を辞任する。

http://www.ito-chuji.jp/generalmeetng.htm

本会議質問  2000年10月24日

次に、中川〔秀直〕長官の議会答弁及びこれに関連する参議院議員小川敏夫君の質問主意書に対する内閣総理大臣の答弁書について質問いたします。日本青年社の副会長滑川裕二氏との交友、認知の有無についてであります。

2000年6月、「噂の真相」編集部を日本青年社三多摩本部隊長・副隊長が襲撃。スタッフ5人に怪我を負わせる。http://www.uwashin.com/2001/masu/masu67.html


関連;救う会 ブルーリボン 中川秀直 石原慎太郎 西村眞悟 日本の領土(竹島、尖閣諸島等)を守るため行動する議員連盟


とのこと。石原都政のゼロ・トレランスがどのような実態であるかははっきりしていますね。


右翼、自民党同志会、そして外堀の公安警察というのが一体だというのは明らかですね。

このへんを存分に暴いて、連中の前で、街宣してください。そして、公安デカと弾圧される学生にアピールするように「法政大学は改憲反対ではないぞ」とあえて叫んだ学生センター職員がいたのは、そういうことなわけです。

つまり弾圧の目的は、改憲に向けられた動きだということなんです。
【2008/11/14 03:39】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
一部訂正と補足です。

高山某の経営する会社は、六十年安保時代ではなく70年安保・ベトナム反戦・全共闘時代の前年に設立されたようです。

それから、高山某が関係した警備会社が、国会で問題になり法務委員会の議事録に載っていますので詳しく紹介します。

※第071回国会 法務委員会 第12号

要点 「したがって実体論について先生の御指摘のことは決して私は否定しませんが、それが現在会社は、社長に新しい高山弘憲という男が経営しておる特別防衛保障会社とのつながりがなくて、事実上もとの関係でもって形式的には本山製作所の人間になっておる。」


ただいまお尋ねのことで、警察庁に関する部分につきましてお答えをいたします。
 第一番には、いわゆる本山製作所の事件に関して、昨年の五月以来の経過において警察のとった措置についての御指摘でございますが、御承知かと思いますが、この本山製作所の紛議に関連して警察がとるべき措置としては二つに分かれると思うのです。一つは紛争の現場におけるいろんな暴行事案、そういったものの処理の面、それからもう一つは、先ほど御指摘もございました警備会社の特別防衛保障会社の問題について、警備業法の適用その他の問題、その二つに分かれるかと思うのでございますが、個々の紛争事案についてはすでに何べんも繰り返し御指摘がございまして、私どももそのつど現場における適切な処理ということに心がけてまいっておりますが、何ぶん現場における非常に大ぜいの人が関係しての瞬間的なできごとでございますので、これは御説明する時間があればまた個々に詳細に警備課長から御説明いたしまするが、それぞれ一生懸命やっておりますけれども、何ぶん現場における臨機応変の措置が御期待どおりにいかないといった場面がありまして、いろいろ従前の教訓を得ては反省し、努力してまいっておるところであります。
 それから特別防衛警備保障会社の措置について、過去のいきさつを抜きにして現状だけということでございますので、ごくかいつまんで申し上げますと、当初、警備業法が施行になったときに、警備業法の違反行為があるのではないかという観点からいろいろと検討をし、いわゆる内偵捜査を進めたのでございますが、法の施行前になかなか巧みにいろんな措置を講じておりまして、実質的には、十一月一日以降に警備業法の違反になるような事柄を私どもとしてはなかなかっかみ得ない。そこで角度を変えまして、先ほど御指摘があったように職業安定法違反になる行為がないかということで私どももっぱら努力した結果、この点については職安法四十四条の違反容疑があるということで、そういう疑うに足る材料を得ましたので、これでもって裁判所の捜索許可状を得まして、過ぐる三月六日に宮城県警察本部では、特別防衛保障会社の現在の責任者の高山という者の居宅と、それからすでにやめた元の責任者である飯島あるいはもうやめた実力者である恩慈という者の三人の居宅、それから会社自身を捜索いたしました。そうして捜索に引き続いて、いま申し上げた三人をはじめ関係者を呼び出しまして、何度にもわたって取り調べをやっております。そうした結果と、さらに並行して進めておった捜査の結果をいろいろ検討した結果、本山製作所自体にも職安法四十四条の違反容疑があるという疑いを持ちまして、これまた捜索令状を得まして、三月二十日本山製作所の本社の関係の場所に対して捜索を行なっている。その結果、相当な帳簿その他資料を押収しまして、現在関係者について取り調べを進めておるという状況でございます。その内容は目下捜査中でございまして、詳しいことを申し上げるのはちょっと差し控えたいと思いますが、私ども当初考えておる職安法四十四条の違反の容疑がだんだん強まっており、いろいろな資料が集まっておるという段階でございます。
 それともう一つは、いずれも十月三十日以前の行為でございまして、どうもこれがきっかけになって、四十七年十一月一日から以降の違反行為が出れば、警備業法における処置ができるんではないかということを希望しながらやったのでございますが、ただいまの時点では十月三十日までのものしか出ておらない。相当額のピンはね行為などがあるようでございまして、そういうことが明らかになれば、職安法の違反として私どもは法廷で責任を問うように進められるのではないかというふうに思っております。
 それから、先ほど御指摘があった本山製作所の社長の本山軍蔵という人が警察友の会の会長をしておるということでございましたが、これはそのとおりその地区の友の会の会長をしておりましたが、本年の二月十四日本人から辞職届けが出て、これを受理いたしております。
 それからもう一つは、やはり黒松防犯協会という地区の防犯協会がありまして、そこの顧問をしておるということでございましたが、これは昨年の十月十七日、同協会の役員改正の際に再任されないでそのままになっておりますので、現在は関係しておらないということでございます。
 それから、宮城県警の警察官が本山製作所につとめておるということでございますが、これは退職をした者が二人就職しておることは事実でございまして、一人は昭和四十七年十一月十五日宮城県警を退職しまして、一たんは仙台市内のある建材会社に就職したのでございます。その後十二月一日になって本山製作所に再就職しておる。もう一人は、これは昭和四十五年三月三十一日に宮城県警を退職して、本山製作所に就職しております。こういった者はいずれも宮城県警が仲介したのではなくて、本人が自分たちの自由な意思で就職をしておるという実情でございますので、警察としては、その人たちの存在のいかんにかかわらず、厳正中立な立場で取り締まりを行ないたいと思って努力をいたしております。
 以上でございます。


本山製作所事件の職安法違反の関係の問題につきまして、私どもも警察当局と連係をとりながら調査を続けてまいったわけでございますが、まず、この特別防衛保障会社につきましては職安法四十四条違反の疑いがきわめて強い、こういうことで警察当局とも連絡をし、その警察当局の調査結果を待っておる段階でございます。
 それからもう一つ、本山製作所そのものにつきましても、職安法四十四条の規定が「何人も、その労働者供給事業を行う者から供給される労働者を使用してはならない。」、こういう規定との関係で、本山製作所そのものについても問題があるということで、それらにつきましても、警察当局とも連絡をとりながら、先般警察当局もまた捜査をされたわけでございますが、現在その捜査結果を待っておる、こういう段階でございます。

第071回国会 法務委員会 第12号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/071/0080/07103280080012a.html

つまり、高山というのは、本山製作所の職制にかかわった警備会社に関係した人物だったのです。

本山製作所というのは、全金本山のあの現場なのです。明治、法政の学生運動つぶしの警備会社は、労働運動つぶしで暗躍していた警備会社でもあったわけです。(京都生協の働く仲間の会さんは、しっかりとこの事実を抑えてください。)


なお、国会では「宮城県警の警察官が本山製作所につとめておるということでございますが、これは退職をした者が二人就職しておることは事実でございまして、一人は昭和四十七年十一月十五日宮城県警を退職しまして、一たんは仙台市内のある建材会社に就職したのでございます。その後十二月一日になって本山製作所に再就職しておる。もう一人は、これは昭和四十五年三月三十一日に宮城県警を退職して、本山製作所に就職しております」という証言があるように、公安警察が全金本山を弾圧するために本山製作所に潜入していた可能性すら高く、法大でも同様の可能性が高いといえるでしょうね。

公安警察が背後にいるというのは、これではっきりしたといえるでしょう。
【2008/11/16 05:53】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/284-ce458eef
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク