スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

公開質問状提出

 2008-11-24
出しても出してもまともな返事が返ってこない公開質問状を今回は人間環境学部へ提出しました。

以下、内容。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

                                           2008年11月18日
人間環境学部長 
根崎 光男 殿

                          公開質問状
 
ビラをまく学生を暴力的に排除、撮影をするジャージを着た職員、いわゆるジャージ部隊について、事務管理職を中心とした職員であり、警備員ではないという旨の見解を学生センターは示してきました。しかしながら、11月5日に行われた5.29デモ弾圧第4回公判において、彼らジャージ部隊が「ジャパン・プロテクション」という株式会社勤務の警備員であることが判明し、学生センターが学生に虚偽の事実を学生に伝えていたことが明らかになりました。ジャパン・プロテクションは警備員である身分を隠し「職員」と偽り、倉岡をはじめ大学に抗議する学生への弾圧を繰り返してきました。
以下、ジャパン・プロテクション社員及び尾行・監視する職員に関する公開質問状に文書による回答を求めます。

(1) ジャパン・プロテクション社員の肩書きは警備員であるが、警備員が大学と学生間の争議に介入することは警備業法で固く禁じられている。にも関わらず、ジャパン・プロテクション社員は入学以降、人間環境学部の倉岡雅美を監視、尾行、撮影、暴力を振るっての排除行為を行っていた。警備員でありながら制服を着用せず、ジャージを着て職務にあたる彼らは明らかに警備業法に意図的に違反している。人間環境学部の学生である倉岡はジャパン・プロテクション社員に監視、尾行、撮影、暴力的排除など不当に長期間常軌を逸した弾圧を受けてきた。このような行為を人間環境学部は容認するのか見解を求める。

(2) ジャンパン・プロテクション社員がキャンパスに現れなくなった以降も法政大学の腕章をつけた職員又はジャージを着た職員が倉岡に対して、ジャパン・プロテクション社員と同様なことが繰り返されている。サークル部屋で友人と話しているとサークル部屋まで入ってくるなどジャパン・プロテクション社員以上の行為もなされている。人間環境学部はこのような行為を看過するのか、彼らの所属と彼らに対する見解を明らかにすることを求める。

(3) 法政大学職員勝又秀雄はジャージ部隊と同じジャージを着用し11月12日3コマの授業(社会学・562教室)において、倉岡が授業を受けるために教室に入り着席していると、13:35という授業時間内に教室に入り教室内を歩き回り、周囲の学生を威圧する行為を行っている。9月24日にもジャージ部隊が授業を受ける倉岡を終始監視するという行為を行っている。教授として、勝又のこのような態度を容認するのか、見解を求める。また教授会として勝又に対してこのような行為を止めさせることも強く求める。
以上の項目に1週間以内に文書で回答するよう強く求めます。

                                 人間環境学部3年 倉岡雅美
                                          文化連盟一同

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


回答期限は明日!返事は来るのかな?
コメント
きっとお返事くれるの、るの。。
大人の人にもいっぱいいい人いる!!なの、なの。。
【2008/11/24 20:29】 | レタス手まん #esoxbf0I | [edit]
中村哲 (政治学者)

中村 哲(なかむら あきら、1912年2月4日 - 2003年8月10日)は、日本の政治学者。元法政大学総長、元参議院議員。
東京府出身。府立三中、旧制成城高等学校(現成城大学)を経て、1934年に東京帝国大学法学部卒業。台北帝国大学の助教授・教授を経て、戦後我妻栄の引きで法政大学法学部教授に。法学部長・常務理事を歴任し、1968年に法政大学総長となった。

総長就任時は学生運動が激しく、学内で内ゲバ殺人事件が発生するなど危機的な状況にあったが、警官隊の学内導入をほのめかした秦野章警視総監と対立しながらも大衆団交を繰り返し、終に警官隊を導入することなく事態を乗り切った。

1983年に日本社会党に請われて参議院議員選挙に出馬、この選挙から導入された比例代表区名簿第一位に登載されて当選、1期6年を務めた。

著書
不安と反抗 法政大学出版局, 1954 (がくえん新書) 知識階級の政治的立場 小石川書房, 1948
よみがえる暗黒 警察国家への危機 小田切秀雄共編 第一評論社, 1958

中村哲 (政治学者)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E6%9D%91%E5%93%B2_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AD%A6%E8%80%85)


小田切秀雄

小田切 秀雄(おだぎり ひでお、1916年9月20日 - 2000年5月24日) は、日本の文芸評論家、近代文学研究者。

東京出身。左翼運動で旧制東京府立高等学校から放校された後、法政大学国文科卒業。

1941年、『万葉の伝統』で注目されたが、1943年応召、1944年逮捕された。戦後、雑誌『近代文学』の創刊に加わる。法政大学教授を勤め、1965年学園紛争で学長と理事が総辞職した際総長代行を勤めた。

1988年『私の見た昭和の思想と文学の五十年』で毎日出版文化賞受賞。『小田切秀雄全集』全18巻がある。

古典から現代作家までの幅広い評論をおこなった。マルクス主義芸術論による執筆が多い。国語教師の研究団体である教育科学研究会・国語部会に協力し、長年にわたって機関誌『教育国語』(むぎ書房)に文芸学や作品鑑賞論などを連載した。

弟の小田切進も文芸評論家。息子小田切有一は馬主として有名な実業家である。


著書

小林多喜二 新日本文学会 1950

小田切秀雄
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%94%B0%E5%88%87%E7%A7%80%E9%9B%84


中村哲さんは、「学内で内ゲバ殺人事件が発生するなど危機的な状況にあったが、警官隊の学内導入をほのめかした秦野章警視総監と対立しながらも大衆団交を繰り返し、終に警官隊を導入することなく事態を乗り切った。」総長であり、小田切秀雄さんも、公安警察&機動隊を構内に入れなかった総長でした。内ゲバと称される殺人事件が起こっていた当時さえも、警官隊や公安警察や機動隊を構内に入れなかった総長がいるわけですが、現代の法政を見るとやはり戦後は風化しているのかもしれません。

中村哲さんと小田切秀雄さんの著作に『よみがえる暗黒 警察国家への危機 』』小田切秀雄共編 第一評論社, 1958 がありますが完全に民主法政は風化したといってよいでしょう。

戦前の学徒出陣や特別高等警察を知り尽くしている知識人たちだからこそ、当時は堂々と警鐘乱打できたのでしょうが、今は一体何なのでしょうか?

これが中村さんや小田切さんなどの進歩的学問を継承したはずの弟子たちのやることなのでしょうか?

今法大でのたまわっている教員たちに見せ付けてやりたい著作や総長の歴史です。

とりわけ、法大と称される職員らしき人物が、「法政は改憲に反対ではない!」と弾圧される学生と逮捕する公安デカ相手にアピールしたらしいですが、その文言がすべてを語っています。

ここまできましたが、運動はまったく継続し高揚しているのが重要ですね。
塩見さんがいわれているように、権力に負けないでください。
【2008/11/26 03:38】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/302-4512f11c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。