FC2ブログ

4人への処分を許すな!(12/10ビラ)

 2008-12-10
文化連盟委員長・齋藤郁真(法学部政治学科2年) 


080814_2245~0001


前回、我々文化連盟は教授会からの呼び出しを拒否しました。皆さんはきっと「話し合わないと始まらないじゃないか」と思うでしょう。しかしながら、おそらく法政大学に通ってる人ならほとんどが目撃したことがあると思いますが、我々は法政大学の総意として職員・警備員にストーキングされています。ビラもまかせてもらえない。たまに受取ってくれる方もいますが、そうすると職員がそのビラを取り上げる。
昨年度、まだ文化連盟が34サークルで構成されていたとき、その同意のもと抗議文や質問状を何度か出しました。しかし、大学側の答えは「答える必要はない」の一点張り。我々が実力で集会をするようになってからは、急に「窓口があるんだから話に来なさい」の一点張り。
今年の前期に、私がハンガーストライキ(断食)をしてまで出した質問状に対する答えは嘘だったことが裁判で明らかになりました。それを問いただすと、「裁判中だから回答できない」の一点張り。
そのような状況の中での「呼び出し」です。学生を処分するには、手続きがあります。学生の意見を聞く場として(この場合はこれが形式的なものにすぎない)、事情聴取をしなければ、処分への手続きは成立しない。だから我々は教授会の呼び出しには応じない。必死に我々の意見を話しても、作られるのは大学の意志が入った「作文」であって「意見書」ではないからです。
みなさんは、『それでも僕はやってない』という映画をみたことがあるでしょうか?その映画の中で、弁護士が「取調官の作成する調書は、取調官の作文です。何を話しても、あちら側に都合よく書かれてしまうので、取調べは黙秘してください」という台詞がありますが、そういうことです。
前回、呼び出しを断ったところ、すぐに各人の家に改めて呼び出しがきました。今度は、「次来なかったら学生部からの情報だけで判断します」という文言が加わっています。どっちにしろ学生部からの情報だけで判断するのだから、何の意味もないのですが、暗に脅迫してきました。
大学も本気なようですが、文化連盟は、呼び出しを断固として拒否します。話し合いならば、密室ではなくキャンパス中央で受けます。
文化連盟と法政大学理事会との今年最後の闘いは、まだまだ続きます!


文化連盟副委員長・恩田亮(文学部哲学科3年)


080815_1851~0001


 師走の候、法大生のみなさま、いかがお過ごしでしょうか。いつも正門前あたりでお世話になっております、文化連盟の副委員長こと恩田と申します。この度、我々文化連盟の主要な人物に対して大学当局からの面談のお誘いが来ていますのでご報告いたします。法政大学は今現在で逮捕者が延べ88名、うち約20名が起訴され裁判をやっております。2006年3月14日、大学当局の一方的なビラ・立て看板規制に反対しただけの学生29名が不当逮捕されてから、もうすぐ3年になろうとしています。大学当局に「おかしいんじゃないのか?」と言っただけの学生が次々に逮捕され、また、処分されていき大学当局の「抗議する学生」への嫌がらせは日に日に悪化していきました。抗議をした学生の両親を昨日今日で大学に呼び出して説教したり、先輩や後輩、友人といった周囲の人間にまで嫌がらせや脅迫を行うようになりました。それだけではない、教職員が公然と女子学生に関節技をかけたり、「くそ女」や「豚」などと大声で罵ったり、ついには女子トイレの前でビデオカメラをまわすといったことまでやっています。果てはジャージ部隊による殴る蹴るといった暴力行使まで、もう常軌を逸しているとしか言えません。「ビラをもらったら逮捕されるんじゃないか?」といった声が冗談でなく聞こえてくるくらい、法政大学は狂っています。監視カメラは60個以上、キャンパスの周囲には有刺鉄線が張り巡らされており、正門に貼られた入校禁止者名簿と併せて異様な光景を晒しています。我々文化連盟は、大学に抗議をしたばっかりに、「弾圧」をされている被害者の会みたいなものです。我々が殴られ蹴られ、蔑まされながらも抗議をし続けるのは、これ以上の惨劇を見たくないという気持ちからであり、被害者だからこその責任感に他なりません。今、法大キャンパスでは公然と女子学生が教職員から暴行されているわけですが、文化連盟以外から批判の声が上がったことは一度もありません。そのような空間は近く人殺しが起きてもおかしくないでしょう。まず間違いなく最悪の事態を招きます。不正を赦す土壌がるのですから。だから我々は抗議をし続けるのです。そして今回、いつものように処分が計画されているようです。学部によって呼び出し用件に差がありますが、わたくしの場合は「学内外での活動について」などと言われています。すごいですね、街中での活動を調査したいそうです。たかが大学の一教授会ごときが何の権限で学生の街中での活動を調べようというのでしょうか。本当にこの大学は狂っています。もしかしたら、逮捕もあるかも知れません。この大学は抗議をする学生は警察に逮捕してもらう習慣があるのですから。同じくして、大学に抗議をしただけの学生を警察が逮捕する社会というのは、近く北朝鮮のような独裁国家になることでしょう。いや、既になっているのではないでしょうか。このような社会に「待った」をかけるために、まず大学に物申すために、法大生のみなさんには是非文化連盟へのご協力をお願いしたい。今週、法政大学で何かが起きます。是非、注目してください。
追伸
逮捕者延べ88名、うち起訴20名あまりの学生弾圧を指揮している人物が判明しました。常務理事であり文学部哲学科教授の星野勉でした。


文化連盟社会科学研究会・倉岡雅美(人間環境学部人間環境学科3年)


081101_1205~0001


 12月3日、人環学務部から電話がきた。ちょうど、処分阻止の昼休みしている真っ直中であった。
内容は「人環教授会による事情聴取を10日に行う」というもの。これで3度目の呼び出しである。
文化連盟加盟員である恩田亮君に対する不当処分に反対するために立ち上がったのは6ヶ月前の5月。そして6ヶ月後の12月、文連4人全員に処分のための事情聴取がきた。今回、恩田・洞口さんに関しては2回目だ。法大当局は何が何でも処分を強行しようとしている。絶対に許すことはできない。これは文連絶滅攻撃だ。我々は、この攻撃に真っ向から受けてたつ!この処分は単にキャンパス利用規則に違反したかどうかという問題ではない。法政大学という真理探究の場を理事会=資本家が支配するのか、学生の手に取り戻すかという闘いなのだ。大学に批判的な学生、声を挙げる学生を逮捕し退学処分にして暴力的に排除してきたこの2年間、法大当局が行ってきた暴挙に我々の処分を粉砕することで反撃していく。
さらに今、暴力的にキャンパスから排除されていこうとしているのは我々だけではない。世界金融恐慌の中で内定が取り消される学生、返済のめどもつかないまま奨学金の誓約書にサインをさせられる4年生、学費が払えずキャンパスを去っていく友人・・・。掲示板に突如、張り出されたビラ貼りルールというもので、ビラがどんどんはがされていく。「危険サークルだから」「中核派だから」という都合のいい言い訳や建て前も通用しなくなった。学生の自主的なサークル活動、大学の名前を売らないサークル活動は大学ビジネスには邪魔な存在なのだ。このような状況で、おかしいことにはおかしいと声を挙げ、キャンパスの中で自由かつ解放的に少数であれ仲間とともに活動し元気に闘っている文連とあらゆる矛盾が噴きだし、どこからいつ爆発するかわからない怒りが合流することを法大当局はもっとも恐れているのだ。
88人の逮捕、キャンパスの回りには有刺鉄線、60個以上の監視カメラ、暴力職員、門前にいる公安警察。文化連盟は、世界中の大学の中で最も弾圧が激しいこの法政大学の中で全学・全国・全世界の学生の最先頭でこの処分攻撃を闘っていきます。絶対に仲間を裏切らない、絶対に折れることはない強いパワーが文連にはあります。学生は黙って従っているのみの存在じゃない、12月12日、一緒に声を挙げ行動しましょう!


文化連盟社会科学研究会・洞口朋子(経済学部経済学科1年)


1227967809_20081210035804.jpg


私は10月に法政大学に入学し、文連の仲間とともに闘ってきました。法政大学の在り方が絶対に許せなかったからです。それは法大生の共通の思いです。そして法大生が団結して立ち上がったときに絶対に変えられるとを確信しました。私たちはキャンパスで常に職員や警備員に尾行され、ビラをまいたらビデオに撮られ、暴力的に排除されます。はっきり言ってこれは法大生全員への「学生は大学に黙って従え!」攻撃です。増田総長は「大学は自由で何でもできる」と言っていますが、私は法大生を代表して問いたい。一体この大学のどこらへんが自由なのか?膨大な数の監視カメラや、ガラス張りのサークル室は学生の自由を奪っているじゃないか!しかも職員だと言い張って学生に公然と暴力をふるっていた「ジャージ軍団」は法大が雇った右翼警備員だった!もう全部が嘘だらけ!ふざけんな!いま世界中で金融大恐慌がどんどん進み、大勢の学生の内定が取り消されています。来年には数千、数万の規模で失業者が街に溢れ出します。誰もが「生きさせろ!」と強く叫んでいます。そんな中で、法政大学は今月中に私も含めた闘う学生4人を退学処分にして「監獄大学」を完成させようとしています。絶対に許せない!みなさん!今がチャンスです!学生の怒りを爆発させるのは今なんです!法大をさらに監獄にするのか、それとも解放するのか、まさに決戦です!全国・全世界の学生の怒りは一緒です!私たちと闘いましょう!キャンパスを学生の手に取り戻そう!授業をストライキしてみんなで一緒に集会やろう!デモやろう!キャンパスが封鎖されようが、正門が閉じようが、まったく関係ない!法大生の団結した力を見せてやろう!その力の中に退学処分をぶっ飛ばす力があります!法大生は12月12日、正門前に全員集合しよう!


文化連盟ドイツ研究会・久木野和也(法学部無期停学処分)


080605_221300.jpg



「大学が一丸となって、この問題に対処する方針を決めた」(清宮隆・前法人統括本部長の証言)4人への処分を決定しようと、法政大のすべての教職員が動員されている。大学理事たちは、「処分」を踏み絵に、全部の学生、教職員に屈服と服従を迫っている。処分をかけられている4人の闘い、3・14法大弾圧(06年3月、立て看板撤去に抗議した学生29人が不当逮捕された事件)以来の永続的な法大生の闘いが、ギュウギュウと法大当局を締め上げているからだ。
 4人の退学処分を粉砕する闘いは、法政大学全部をひっくり返すような位置をもっている。「一人の仲間も見捨てない!」このスローガンを掲げた文化連盟は、必ずや全国大学300万学生を心を獲得するものになる。金儲けしか考えない腐敗した大学当局への怒り、内定取り消し=解雇攻撃に対する怒りを一つに闘おう! 


文化連盟社会科学研究会・ズートロ(文学部哲学科3年)


080705_2310~0002


処分反対!
ビラまき・キャン中で演説しただけで退学はありえない。
大学の学生愚民化政策に反対!


文化連盟企画局長・増井真琴(文学部哲学科中退・本学通信教育部不合格)


080715_2035~0001


市場原理の名の下に世界を統べるネオリベラリズムは教育をビジネス化し、学生を商品化します。振り返って「大学は就職予備校であり学生は就職予備校生である」という現法政大学当局の施政は、学生の表現活動を徹底的に希求し全肯定する我ら文化連盟と決して相容れるものではなく、常に対立・衝突を繰り返してきました。この抗議活動の最先頭を闘っているのが、今回処分されようとしている齋藤・恩田・倉岡・洞口の4氏です。ぼくは確信しますが4氏を処分しても状況は何も変わらないでしょう。またキャンパスが五月蠅くなるだけ。誰に何をしようとも文化連盟は絶対に負けません。4氏への処分を、許すな!


哲学研究会の学生


4人の当該者の侵害がいずれは他学生への今後へ暗雲をもたらすだろう。現に今、声を挙げることに恐れ、疑念に自重を塞ぎ込み、屈する学生のその何を以って「自由」とするのか?「進歩」を謳うか?学生の権利を大学において主張できぬは、甚だしき怠慢であろう。
おまえは何がしたいんだ、どこへ向かうのか法政!!この乞えがきこえるのならば、過ぎたれ!!


☆祝!!東京拘置所より奪還!!
5月29日不当逮捕、12月5日保釈☆



文化連盟社会科学研究会・内海佑一(文学部退学処分)


081205_2320~0001


帰ってきたぞ法大!
これからますます団結を拡大し法大から革命やるぞ!
退学処分絶対阻止!
09年はゼネストやろう!
あと10人を奪還しよう!


文化連盟社会科学研究会・内山佳久(文学部退学処分)


1228561638.jpg

 
法大当局はいい加減に敗北を認めろ。文連4人への退学処分は論外!
法大当局こそ早く法大を去れ!
いやなら実力で叩き出すまでだ!
コメント
退学になったらもう二度と大学に来ないでね
平和な大学になるってみんな喜んでるから(^O^)/
【2008/12/10 23:26】 | ハナコ #- | [edit]
皆さんの活動、応援していますが。
なんだか少し大人気ない気がする。迷惑だと思っている学生がいることにも配慮すべきでは?
でも法大のやり方は客観的にみても変だと思うので頑張ってください!
【2008/12/11 10:58】 | 童子ファン #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/326-5b7c54f2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。さとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク