FC2ブログ

馬鹿は死んでも治らない、腋臭は死んだら治るかも

 2008-12-23
CA3A0034.jpg

写真右は法大職員九段校舎別館勤務・勝又秀雄である。
氏は「この気違い女!」「このデブ!」等、法大全職員の心象を低める数々の暴言・珍言を提供して下さる、腋の臭いの濃い50男だ。
本日、この腋臭男がまたやってくれた。
現在法政大学ではテスト期間真っ盛りなのであるが、驚くなかれ、何をあらんか腋又臭雄は我らがズートロ先生のテスト中、カメラ片手に教室に出現したのだ。
試験教室に発臭し始めたのだ!
ズートロ先生は、思想関係を中心として月の書籍代に3万円をかける、克己勉励の聖学徒である。
「先生」である。
その先生のテスト中に何故、何をしに腋又臭雄は現われたのか?

問い詰めたところ、答えは昨日のブログ記事「ズートロ、怒りの抗議声明!」にあることが判明した。
腋臭は以下の記載に反応したらしい。

>腹が立つ。月曜日、文学部主任でもある酒井健のゼミのテストだ。テストは受けるけれど、それなりにやるべきことはやってやりたい。 (注・原文はズートロ先生加筆の際に削除されているため現在の記事に該当箇所はない)

最早つっこむのも面倒くさいのだが、腋又は、

>それなりにやるべきことはやってやりたい

というこの一文に革命的警戒心を払ったようです。
本当に腋の臭い人の考えることはわかりません。

ってか、アホやろwww
コメント
腋又臭雄ってナイス名前ww
テスト中にカメラで撮影されたら集中できないよ…

てかアタシも夏は少しワキ臭くなるよ…

だヶドアタシはちゃんとデオドラントしてもん…

おやすみなさいませzzZ
【2008/12/23 03:01】 | 九州火の国熊本腐女子 #- | [edit]
勝又って外濠公園にたむろする醜い中年の公安デブどもと同化してますね。

あと、2ちゃんねるに巣くう薄汚い下劣な馬鹿ウヨと同様の類といえましょう。もっとも公安デカが書き込みしている場合も多いですが。

それなりにやるべきことはやってやりたいって書き込みに対して、勝又氏がこういう反応をしてくるのは、今まで散々「挑発」してきた勝又氏たちの側ですから、本末転倒としかいいようがなく、学生弾圧担当の職務につく勝又氏の面子なのでしょうが、同時に試験時にこういうあからさまな「心理的威嚇」をしてくるのは、明らかなテストの邪魔を目的とした嫌がらせ行為=横恋慕といえるでしょう。(大事な試験を「心理的」に追い込んで落としてやろうという迷惑行為そのもの)

こういう輩を本当のストーカー行為(迷惑行為)とよぶのであって、集団ストーカーの日本最大の権威であり創始者たちであり師匠に他ならない公安デカ(対象者を付回し「威嚇」し盗撮・盗聴を繰り返し嫌がらせを実行する陰湿な税金泥棒たち)どもに教えをこいて対象者をビデオカメラで「威嚇」することを目的とする「嫌がらせ」=横恋慕に手を染めているのが、勝又氏だといえるでしょう。

対象者へのあからさまな嫌がらせ、威嚇、盗撮行為をストーカー行為とよぶのですから、実際にそれらを毎日やってきた法大職員の勝又氏や外濠公園にたむろする元祖集団ストーカー男たる公安一課の公安デブどもをストーカー行為で告訴する方向性を検討してほしいと私は考えます。

でないと奴らの集団ストーカー行為&嫌がらせ行為は、やまないはずですから。

彼らが法を手前勝手に行使するわけですから、やられる側も法で対抗してやり返したらよいのです。

彼らの集団ストーカー行為や嫌がらせの証拠材料は出揃っているのですから、世間に公開する意味でも連中を告訴するべきだと私は指摘したいです。

しかしながら、そのような裁判闘争をやりたがらないのが中核派のようです。

中核派は刑務所でもさんざん人権侵害をやられた活動家がいても、国家賠償請求訴訟さえ起そうとしないわけですし、九大自治会第二次弾圧事件における活動家に対する暴行や暴言等に対する証言が出て担当弁護士が公安警察に対する国家賠償請求訴訟の提訴を検討しても、中核派の指導は国家賠償請求の方針をとらなかったわけですから、結局中核派とは、個人の活動家でさえ守ろうとはしない人たちなのです。

過去に圧力釜の爆弾を製造して自爆したような犠牲者さえいたような組織ですから、党の革命と大衆路線→労働運動路線とうちだそうとも、組織の犠牲者という構造・体質は今も変っていないのです。

確かに救援対策部は存在し、激励行動や弁護士はつくがそれは転向強要に屈服するなという趣旨のものに重点が置かれ、釈放後はすぐに運動への復帰が求められていくわけです。

つまり党の方針に依拠してオルグや組織化に時間は使えとばかりに再オルグするわけです。

建前では、団結こそが勝利!だとか刑務所は革命の学校!だとばかりに、逮捕歴をむしろ誇るような指導が行われウエイトは次の「闘い」とばかりに(逮捕歴がついてまわるから革命運動をやるほかないような状況に自然にむかっていく。彼らの人生をかけてという言葉の裏返しはそういう意味。)終始むけられていくのです。

しかしその一方で個人は、組織の犠牲になって将棋の駒、組織の歯車になるわけで(我々は資本の奴隷ではない、資本主義からの類的解放をめざすといいながら、現実は中核派という組織の歯車、将棋の駒になり類的な犠牲者の類に転落していくことになるのです。)、こういう運動では、いつまでも少数精鋭の運動にしかならず、多数派形成、大衆獲得など到底できるはずがないでしょう。

その点、カクマルや民青は(そして結柴氏や実方さんも含めて)公安警察及び権力等の暴力等に対しては、なるべく国家賠償請求訴訟を闘って活動家を守ることに勤めているといえます。

この点を中核派は反省していただきたい。いつまでもこうした体質が変らないままであれば、歴史の屑篭にすてられていくことは必須ですから。

その意味で勝又氏が洞口さんに、「君たちは何十年も同じことをやり続けるのか?二十年も三十年も同じことを続けるのか?」という罵倒を浴びせたのは意味があることになってしまいます。

自分だけ裏に引っ込んでいる清水丈夫議長以下指導部はそのへんを考慮しないと、関西の与田のように腐敗してしまうことを心えていただきたいものです。

私の指摘は、あなたたちと関わって感じた事柄です。中核派は組織を去っていく人の戯言と受け取らずに、もっと活動家を大事にしないと、あなたたちの革命は絵に描いた餅になってしまうということを自覚して頂きたいわけです。

【2008/12/23 11:32】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
法政大学のことは良く存じていませんが、文化連盟の方々は大学における学生の自治を守ろうとしているのではないのかとブログを拝見する限りで感じられます。
今日全国の大学において学生の自治というものは大学当局の管理の下失われてきているのはないのかと私は常々思っております。
大学という場が学生にとって勉学をする場だけになってしまうのは寂しいことだとです。確かに大学は勉強をしに行く場所ではありますが、学生にとって大学はそれだけでなく社会勉強をする場であり、自己育成をする場でもあると私は考えています。今の大学は学生目線での学内環境作りが損なわれ過ぎてる気がしてしまいました。

大学が学生にとってもっと意義ある場所になってもらいたいと私は願っております。
【2008/12/23 17:05】 | 社会人です #- | [edit]
左のおっちゃんって法政のなんなの。
職員?それとも街のチンピラ?

職員なら法政の品位が下がるから解雇してちょうだい。
【2008/12/23 19:42】 | #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/23 20:42】 | # | [edit]
他の文化団体(特に法大生の)と連帯しろ。裁判逃走も大事だし、文化人や法大OBと頑張るのもいいが、それはいかんせん外の価値や出来事でしかない。
【2008/12/23 21:33】 | アスパラガス手まん #- | [edit]
Woman beaten badly by police officer ( must see )

アメリカでの警察による被拘束女性の虐待シーン

http://jp.youtube.com/watch?v=eL1Y5g0YjNM&feature=related


ここまでいかなくても同様の暴行、嫌がらせが大阪市立大学の女性が拘置所で受けた被害について、もちろんこれは憲法が掲げる、拷問の禁止に抵触する行為であり、刑事訴訟法にも抵触する問題なのですから、だまってこまねいていいのですか?

これは国家賠償請求訴訟を提訴して「闘うべき」ではないのですか?

たとえ犯罪者でも基本的人権は存在し憲法や刑事訴訟法では拷問や苦役の禁止が規定されていますが、この女性は過激派であるから、基本的人権さえ侵されていいのですか?

それを看過させていいのですか?

「政治犯」といえども国家賠償請求訴訟等の当然の基本的権利のではなく、拘置所で受けた嫌がらせをバネに「怒り」と復讐の心境にしなければ、革命家にはなれないとばかりに、オルグするようなそんな方針では結局運動はどんづまりにしかならないと私は指摘したいです。(去るものはおわずでしょうが、なぜ中核派は少数のままなのかよくよく考慮してください。)

そのくせ、東京都教職員の女性教師が日の丸・君が代強制処分に対して告訴したおり当初は「裁判闘争」なんて!そんな暇があれば労働運動をやって闘え!とばかりに(都労連関係で中核派は浮き足立っているのはそういうこともあるのです。体制内左翼だという造語ですべてを語ったつもりにならないで頂きたいです。)、教育労働者の団結を掲げないカクマル教労の路線だといいなして「裁判闘争」を批判していたのを、原告が裁判で勝訴した後は、舌の根も乾かないで前言をひっくり返して、女性教師に接近して集会に呼び込んだりしている様や、結柴氏の側にいった元都革新後援会長の実方さんに対してカンパ金として支払われなくなった金を不払い労働賃金だと称して、労働運動と結びつけてながら、このような事柄では民事訴訟という裁判を自ら起して結柴氏側についた実方さんを嫌がらせ的に恫喝している様をみると、われわれ中核派は「裁判闘争」ではなく団結なんだ!とか、労働運動なのだ!とか、党の革命だ!などと主張してきた中核派の勇ましい主張や精神論は、鼻につくだけではなく、不信感さえ漂うだけでしかないことに早くきづいてください。

労働者に確信がないのではなく、中核派に不信を抱くということなのです。

こういう不信は関わった人たちでさえあるわけですから、新しい人を獲得したからといいなしても、不信の再生産になるのでしたら意味がありませんから。

中核派に対して辛らつな批判をするのは、私の実感がそうさせているからです。

【2008/12/23 23:21】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
この勝又秀雄っておっさんやばいなあ。見たまんまを言葉にして
「法大職員・勝又秀雄、学生をストーカー」だよね。

「こんな恥知らずな大学はやめる」とかいって辞職する教員とか
いないのかねえ?なんか、泣けるよね、いまの事態を黙認している
教員は、今後、何言っても、どんな論文書いても、言葉だけの
信用できない人間だと思われるんだから。
【2008/12/24 17:06】 | 他大生 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/346-a0877c65
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。さとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク