洞口さんに譴責処分!

 2008-12-27
                                          2008年12月26日
経済学部経済学科通信教育課程 
洞口朋子 殿

                   学則第54条による懲戒処分について(通知)

貴君の行った学生の本分に悖る行為について、2008年12月19日の経済学部教授会で審議した結果、学則第54条に基づき、下記の通り処分を決定しましたので通知します。

1、懲戒処分の内容

  譴責

2、理由
  貴君は、2008年10月17日に学内諸規定に違反した集会に参加し、その後も学外団体のビラの配布や、許可なく拡声器を用いた演説などの学内諸規定違反を繰り返した。以上の事実に鑑み、経済学部教授会は、本年12月4日および12月12日に面談の機会を設けたにもかかわらず、貴君は何らの理由もなく欠席し、自己の主張の説明の機会を放棄した。経済学部教授会は上記の学内諸規定違反行為を学則
第54条に定める懲戒の対象となるものと認め、譴責処分を決定した。

なお、学則第54条の2により、本懲戒に異議のある場合は、総長に対し再審査を請求することができます。再審査請求期間は処分の決定告示後2週間以内(冬季休業のため、通信教育部事務部へ配達記録郵便にて20091月13日必着のこと)


※ 譴責=厳重注意
コメント
○○処分の

○の部分の漢字なんて読むのか分からないよ…

おやすみなさいませ.....ヾ( 〃∇〃)ツ
【2008/12/28 00:36】 | 九州火の国熊本腐女子 #- | [edit]
K岡にしてもD口にしても明らかに運動するために入ってきているので、不自然、法大生からは信用されないよ。まあMすいとかは通教はやむを得ないが、通信教育のくせにきやがってという奴らの悪口も、感情としては間違ってるが、事実としては当たってるな。
中核派関係で普通の学生の信頼を得ようとしたってまず無理。中核派が最も勘違いしてるのは反政府・反権力=中核派とは限らないことだね。中核派は文化連盟をM学同へ引きずり込もうと必死だけど、この上なく愚かだね。あるべきは全学生が中核派になるのではなく(みんな革命に人生かけろ、D千葉のように闘おうったって無理)、中核派がセクト主義を捨てて、ノンポリとも気軽に話しができるような環境だね。まあセクトっていう言い方自体も古いがな。サッカー部とテニス部をそれぞれセクトとはいわない。ただやってることが違うだけだ。それが新左翼になるとセクトになる(見える)のは不思議だ。目的が一緒だからか。まあ目的が一緒であろうと違いは違いだ。乗り越えるものではなく、認め合うことだな。
あと見た目30超えた学生活動家が気張って革命とか叫んでるのは明らかに不自然だし、普通の学生は引くね。
【2008/12/28 05:23】 | ジャガリコ手まん #- | [edit]
中核派の問題点は、組織が古いということです。

地方拠点の維持も学生寮が主ですが、それも成り立たなくなってきています。もちろん、権力が圧力を強めているわけですが。

地方からの送り込みで首都圏を維持する、法大を維持するという方針が果たして正しかったのか?ということです。

もともと首都圏の学生は、革共同分裂時代ほとんどカクマル派にいってしまって法大でわずかなマル学同中核派からスタートしたという事実に規定され、関西地方などから駆けつけていてそのまま暴力的に法大拠点を維持するというような方針をずっときてしまった「つけ」がきているのです。

それはバブル期もかわらないまま続けられてきたのです。そういうなかで、中核派学生戦線と法大をも含む社会との乖離がみえていたといえます。

そもそも外人部隊が多いわけですから(雰囲気からしてとけこめるはずがない。今中核がやっている労働運動もこういう外人部隊による潜入や外部注入論的な点が克服されていなければ、未成功におわるだろう。)、こうしたあり方の矛盾も目立ってきていたと思われます。

また、法大は三里塚闘争で闘う学生闘士の拠点と位置づけされ、学内運動よりも三里塚やゲリラやゲバルトに投入するために位置づけされてきまたしから、学内から学生自治運動をつくろうという土台さえなく、党派の主張を正体不明の外人部隊が入れ替わり立ち代り絶叫してシンパを増やして拠点を維持していく(ときには闘争参加させていくというもの)というあり方が間違っていたと私は指摘したいです。

確かに全学連本部は法大文学部自治会にありましたので、全国学生が拠点を維持するために法大にきているという言い分もあろうかと思うが、それだけになってしまって、法大生から法大の運動をつくろうというのは、ノンセクトまかせにしてきた中核派そのものの失敗だと私は痛感しています。

確かにそういう時代だったのだといわれるかもしれないが、大衆化路線を打ち出した以降の法大はどうだったのかというつけがきていると思います。

つまり中核派の幹部連中が、過去の学生運動の延長線上からしか運動をつくれないし、それしかないことに原因はあるのだということです。

彼らは、自分たちの意見をきいてくれる人を探すばかりで、どうやって聞いてもらうかだとかといった手法や、どうみられているのかという点に対して無頓着すぎるわけです。

こういう点が彼らが少数運動で終わっている重要な点であるのです。

もっとも過激派キャンペーンがあるなら全国の地区党で各地区に地方自治体議員ぐらいださないと、実がもつわけがないことさえ理解できない人たちです。

というわけで私は中核派は運動に失敗したと見ています。
【2008/12/28 15:52】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/12/28 16:10】 | # | [edit]
レタスさん最近コメント無いですね・・・
さみしいです。
ぜひコメントしてくださいネ
【2008/12/28 17:17】 | グショグショ手まん #- | [edit]
せっかく用事で東京まで行ったのに、レスがなく非常に残念でした
【2008/12/29 22:39】 | 地方学生 #- | [edit]
確かに外人部隊は不自然だな。白人が原住民を啓蒙してやろう、て感じ丸出しだな。
交流とか団結だとか言ってるがどう見ても同じ考えをもつ奴らが群れてるだけだしな。幅が狭い。
【2008/12/30 19:07】 | #- | [edit]
最後の砦、k岡にどんな処分が下されるのだろうか?どうなる、文化連盟!どうする、中核派! 来年の教授会まで、お楽しみはとっておきましょう。
【2008/12/31 02:21】 | 劣等労働者 #- | [edit]
洞口さんって通教の学生さんだったのですね。
まあ、現代ビジネス学科では絶対ないとおもいますが
【2009/05/11 23:01】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/351-8c655082
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク