スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

1.8集会の模様

 2009-01-08

コメント
いつも思うことなのだが、学生がストライキを訴えても、それは、学習する権利を自ら放棄することに過ぎないのでは?君たちと、実際に賃労働をし、上司に怒鳴られ、「早く辞めろ」と恫喝される中で、必死に歯を食いしばって耐えている労働者をいっしょにされて、ストだ、団結だといわれても迷惑な話である。自分たちの宣伝に、労働者を利用することは、T核派と同じ。煽動行為は、そろそろ卒業した方が良いのでは?
【2009/01/08 20:51】 | 劣等労働者 #- | [edit]
新年早々最高の年賀状が届きましたね~。
これぞ初笑いにふさわしい。おめでとう御座います。
【2009/01/08 21:49】 | ハナコ #- | [edit]
学生は学ぶ権利をもっている
なぜ自らの権利を放棄する必要があるのだろうか
権利主張をするものが権利放棄を主張する
なんとも矛盾した話である
【2009/01/08 23:00】 | 学生 #- | [edit]
劣等労働者とかいう奴も、結局は現場を知らないDQNな奴だな。
文化連盟の連中は労働者の話など持ち出してない。
一緒にやってる中核派は出してるが。
その見分けもつかないで、批判するのちゃんちゃらおかしい。

あt、委員長はちゃんと授業に出ていたのに権利を剥奪されているのだが?
【2009/01/09 00:26】 | 大和魂 #- | [edit]
大和魂さんのいうとおりです。

斉藤さんと恩田さんはいつもにこやかで、なかなかたいしたものです。

ところで中核派の倉岡さんが演説されていたなかにおいて、森ビルで刃物を持って襲った人を青年労働者の「怒り」です!決起が始まったのです!という期待的なくくり方は、おかしいと思いますので、私は支持できません。

というのも、難波退助などやナロード・ニキにみられるような種類の期待は、ボルシェビキではなくテロリストのそれに近い発想だからです。

確かに時代状況を象徴する事件とはいえますが、労働者の決起論に結びつけて「賛美」するような風潮は、中核派が最近自己批判している血債主義と大差はありません。

やっぱりナロード二キっくな所は、昔から何も変っていないのですね。とても残念です。
【2009/01/09 07:27】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
珍核派が頑張れば頑張る程文化連盟は疎外されてゆくのだ。中核派に対する偏見はたとえ内実はそうでなかったとしても、とりのぞきようがない。蜘蛛をみて反射的に毛嫌いするのと一緒で、蜘蛛だってよく見ればいいこと一杯してるんだけど、普通はそうじっくり見るひまなんてないし。そういう学生にも昔は自治会があったが今はない。学生の自治組織を作るよう運動してみては?まあノンセクトって自称してる時点で垣根つくっちゃってるからね。裁判闘争は見た目暗いし、例え勝っても一般学生にはなんの恩恵ないしね。一部法政職員が腐ってるのは事実だけど、一般学生にどうしろと?一般が一般の一線を超えずにどうしろ?珍核派は人生かけて文化連盟は学籍かけてるけど、損ばかりだね。大学に入学した以上退学なんて真っ平御免なのが普通。
【2009/01/09 08:36】 | 阿呆太郎 #- | [edit]
権利を剥奪されたのは学内環境破壊したから
【2009/01/09 09:43】 | 学生 #- | [edit]
難波退助などやナロード・ニキにみられるような種類の期待は、ボルシェビキではなくテロリストのそれに近い発想だからです。

個人的に奥村謙三は好きだが、確かにテロ讃美はいかんな。レーニンだって、革命後は弾圧したんだから。チェカとか作ってるし。結局自分だけ。
中核すべきなのは、加藤でもいいが、ああいう若者の怒りを組織的ではなく、人間的な温かさ、楽しさ、豪快さで迎えることだな。彼がたとえプロレタリア革命とか知ってても、それにすんなり賛同する時間なんてないし、心の余裕もないし。

ロードーシャ!ってのはわかるんだけど、ロードーシャだって別に一つではないんだし。没個性的対面力ではダメなんじゃないの。
【2009/01/09 16:30】 | フツーの大学生の会 #- | [edit]
>個人的に奥村謙三は好きだが、確かにテロ讃美はいかんな。


レーニンの実兄がナロード二キのテロリストで処刑されていますから、それを革命的立場から批判して、テロリズムを否定したところからボルシェビキは始まっていますが、中核派はレーニン主義的オーソドキシーを語るのにそのへんを曖昧にしているのです。

で、どちらかというと、彼ら中核派は、耳目を引くため、表現方法、威嚇としてゲリラ・パルチザンを組織化してきたような感じがします。

彼らは「怒り」と表現するのですが、彼らの理屈でいえば、秋葉の事件や倉岡さんが話題にだしている事件について、それらを労働者の「決起」ととらえたり、そんなことをやるのなら、中核派の闘いに決起しよう!だとか、中核派がそういう層を獲得しなければならないだとかいうような空気が中核派にはあるようで、それが倉岡さんの発言になっていますが、それらを一般的な人がきいたらどのように感じるのかが、まったく考慮されないまま、派遣労働者がたくさん存在しているわけではない大学構内で主張しているのです。

私はここでも前から指摘してきたように、相手の立場や場所的な立場にそくした説得方法や、主張でなければ話にならないのは当然であって、中核派のように、よくわからない主張をゴリ押しているのが目立ちすぎていている気がします。

たとえば獄中を経験した学生の発言もありましたが、獄中は「でたらめ」な場所だったというならどのような点が「でたらめ」なのか?だとか、具体的な獄中の実態について指摘しなければ、その主張はほとんど意味がなくなってしまうのです。

相手にどのように説得するのかを考慮しないまま、ただただ自分たちの政治的主張を意思一致してアジビラのような文章を羅列した演説だけでは駄目だと私は感じました。

それはすなわち中核派の学生運動の欠点が出ているものといえるのです。

>レーニンだって、革命後は弾圧したんだから。チェカとか作ってるし。結局>自分だけ。

革命と反革命という歴史的過程でしょう。

>中核すべきなのは、加藤でもいいが、ああいう若者の怒りを組織的ではな
>く、人間的な温かさ、楽しさ、豪快さで迎えることだな。彼がたとえプロレ>タリア革命とか知ってても、それにすんなり賛同する時間なんてないし、心>の余裕もないし。

中核派は「怒り」を共通項として持ち出してくる人たちですので、それ以外の接点の持ち方は、拒絶される傾向が強いのです。

>ロードーシャ!ってのはわかるんだけど、ロードーシャだって別に一つでは>ないんだし。没個性的対面力ではダメなんじゃないの。

中核の連中をみれば、個性が潰されているのがよくわかります。私は、この党派は駄目だと思っています。
【2009/01/10 01:40】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
現場を知らないDQNな奴でも自由に見れるのがブログの性質である。労働者と団結だ、ストライキだと現に叫んでいる動画を見て、感想を述べたまでである。一緒にやってる中核派との区別が、見分けられないと批判されるのであれば、そういう動画を作る方の神経が疑いたくなる。言論の自由を主張するのは大切だが、誰が、どういう立場で話しているのか、あいまいにしているのはおかしい。中核派と文連は、趣旨目的が、本質的に違うはずである。共闘するのは、勝手にどうぞ、ということになるのだが、文連の集会で中核派の主張をさせるのは、どうなんでしょうかね。文連の幹部が、中核派に心酔してるのなら、結構な話なのだが。ただ、中核派は、大衆を党利党略のために平気で利用する党派である。同じ発言であっても、場が違えば、意味は相違するものである。自分の立場をよーく考えてみよう。これは警告である。
【2009/01/11 23:21】 | 劣等労働者 #- | [edit]
列島労働者の言う通りだな。俺もだいぶたってから文化連盟が中核派と別ってことが分かったしな。動画とか見るだけじゃよくわからんし。ゆっくり見てる暇ないし。現場を知らない人にもわかるようにしないと、事件は会議室で起こってるんじゃない現場で起こってるんだ的な発想だけだと孤立しちゃうよ。今度から動画の登場人物に肩書とか名前とか入れなよ。誰が活動家なのかわかんないのもあるし。まあくK岡みたいに中核派遣兼文化連盟がいる以上区別なんて無理か。
自民党よりはまだ中核派の方がましだが、だがらといって支持するわけじゃないしね。学生の自治とかいいながら革共同という党派がからんでる時点で矛盾してるからね。中核派のホ-ムページで礼讚されてる以上偏見は不可避だけどね。
文化連盟はもっと文化活動やらないといけないよ。政治活動だけだと文化連盟に入る人いなくなっちゃうよ。タイホタイガクヲオソレズなんてみんながみんなできるわけないじゃん。かげ支持はしてるけどね。松本哉みたいにもっと工夫しなよ。芸術的ナンセンスな中核派じゃないんだからさ。ノンセクトの色の黒ってのもね。。。。
運動って古さが少しでもあったらだめね。昔はそれが革新的だったんだろうけどね。
【2009/01/12 07:50】 | 反公安手まん #- | [edit]
学生によるストライキは意味があると思います。
学習権放棄とか批判されていますが、的はずれだと思います。
現在、日本に於いて本当に「学習権」が確立されているかと言ったら疑問です。
国連人権規約にある高等教育の無償化は実現されておらず、
しかも、学費値上げ、国立大学民営化など全く逆のことをしていて、
あくまでも、「学習サービス」に対価、つまり、お金を払って初めて高校も大学も成り立っているのです。「権利」としての学習は、保障されていないのです。
学生がいなければ成り立たないと言うことです。
だから当然、学生が自治に参画できるはずなのです。
学生がストライキすることにより、学生が大学の大きな一要素ということがはっきりと示されるのです。

その意味で、「労働者がいなければ生産は成り立たない」ということを示すためのストライキに対して、「学生がいなければ学校は成り立たない」が同じ意味と可能性を帯びてくると思います。

確かに、パリの革命でも、最後に労学が対立しました。対立の原因に何があるかというと、「労働者には養う家族がある、しかし学生にはそれがない」ということなのですが、これを発展的にとらえると、「学生には後先考えずに、社会の矛盾にぶつかっていける」というポジティブな視点が開けます。

それと、中核派に対して皆さんは、「無批判」に批判していますが、なぜ中核派が80年代に爆弾闘争に追い込まれたか、革マルとの内ゲバに追い込まれたか、大衆運動の中で排除されていったか、をしっかりと分析する必要があると思います。鈴木邦男さんなんかは、そこら辺をしっかりと分析されています。
また、中核派自治会があったから、大学が「まだまし」で、学生やサークルの声が「少なくとも」届く場合もあったという、中核派拠点校のノンポリの卒業生もいます。あるK安関係は、今の早稲田とか法政の入学勧誘パンフを見て、「早稲田も法政も俗化しちゃったな。中核とか革マルがいたら、こんな商業パンフになんないぞ。」といったそうです。

中核が運動に関わってるからダメだとかいう問題じゃなくて、今法大当局がやってることが正しいのかどうかを見極めることが大切です。
でないと、「中核が反戦やってるから、戦争は正しい」という理屈を言っていることに、変わりないと思います。

それと、「文化活動」ってなんですか。今文連がやっていることも「文化活動」と言えるはずです。文化ってそんなに狭くないし、個人の趣味でその枠を制限できるものでもない。歴史を見れば、今文連がやってることが「文化活動」だってことも明白です。

文連と中核の共闘ですが、そんなにまずいことだとは思えません。このブログのどこかで、誰かがコメントしていましたが、全労連系や、連合系、革マル系も、第四系、民主党系から社民系などと、中核系の共闘の情況は今や明らかです。もう、「中核だからやばい」って言うのはないと思います。
【2009/01/17 11:51】 | K校生 #Cn.7H3mU | [edit]
>それと、中核派に対して皆さんは、「無批判」に批判していますが、

私は、彼らと接した実体験から批判しているのです。無批判と根拠がない批判ではなく、彼らは、個人を組織の駒のようなものにしか見ていないことそのものを批判しているのです。

実際、彼らの体質はまったくかわってはおらず、他の政党や団体とはことなった、「人生」をすべてを「捨てさせられる」傾向が強いわけです。

実際に彼らと接触して、将来の希望や願望を変更したものが多いのが実際のようだし、中退したものが多いようです。

つまり、すべてを党に奉仕しなさいというようなものが根底にあるのです。

>なぜ中核派が80年代に爆弾闘争に追い込まれたか、

それは街頭における闘争の限界からでしょうか?私は自爆で死んだ活動家を生んでしまった時点で中核派そのものと関わることの不幸は象徴されていると指摘したいです。

この人たちの成就は不可能だと私は認識しています。なぜなら不幸な運動だからです。

もっとも彼らの存在を全否定しているのではありません。

ではその意義はあったのか?ということです。それがないから現在は、方針転換したのではありませんか?

もしも現在の労働運動から革命を!路線を過去からやっていれはどうだったことでしょう。

それらを機関紙や政治局は総括していますか?できないから分裂しているのです。


>革マルとの内ゲバに追い込まれたか、大衆運動の中で排除されていったか、>をしっかりと分析する必要があると思います。

カクマルとのゲバルトは、そもそも分裂したときから開始されているのですが、黒田や松崎その人に原因はあるが、中核派の闘争路線にも問題がなかったわけではありません。

>鈴木邦男さんなんかは、そこら辺をしっかりと分析されています。

公安警察に負けているという指摘はそれなりに当たっているといえます。ただし、中核派そのものがつぶれることはないでしょう。

>また、中核派自治会があったから、大学が「まだまし」で、学生やサークル>の声が「少なくとも」届く場合もあったという、中核派拠点校のノンポリの>卒業生もいます。

それは、今それがなくなったからその重要性が回顧できるわけだが、現在、未来がこのままいけば、そのような回顧を実感できない学生が増え、不自由な学生環境をむしろ当たり前のように考えるようになっていくでしょう。

ただし今日の情勢からいって、改悪している連中のばら色になることもなさそうです。

このような背景から文化連盟の奮闘は継続されていくことでしょう。

文化連盟のしごくまっとうな意見が学内でコンセンサスをへて大きなうねりになるかどうかは、今現在にかかっているといえますが、それもこれもすべては情勢に規定されていると私は考えています。

それをたぐりよせるのは、演説やビラや運動だけではなく、そのような情勢、運動する側が有利になる情勢になることを、私のように法華経で祈念するほかないのです。

信じられないと思いますが、安倍以来自民党が自滅的に失墜しているのも(それで改憲情勢がいっときとまっている。)世界的情勢がこのようになっているのも、すべて私が法華経で祈った証なのです。

>あるK安関係は、今の早稲田とか法政の入学勧誘パンフを見て、「早稲田も法政も俗化しちゃったな。中核とか革マルがいたら、こんな商業パンフにな
>んないぞ。」といったそうです。

ある公安関係とは具体的になんですか?中核担当は公安一課、カクマル担当は公安二課ですが、そのように区分けされているなかで、早稲田もカクマルも担当している警視庁公安は何ですか?

あなたは公安デカのそのような発言を聞ける位置にいるのでしょうか?


>中核が運動に関わってるからダメだとかいう問題じゃなくて、今法大当局が>やってることが正しいのかどうかを見極めることが大切です。

ごもっともですが、私は中核派の力量が不足していると批判しているのです。


>でないと、「中核が反戦やってるから、戦争は正しい」という理屈を言って>いることに、変わりないと思います。


そんな屁理屈を私は支持してはいませんが、中核派の変遷してきた理論の総括について中核派自身ができないし、彼らは組織の運動をさせようということばかりを相手に要求てくる人たちだという事実を指摘しているのです。

そしてそのやり方はどう考えても少数運動で終わるようなものだということを指摘しているのです。

>それと、「文化活動」ってなんですか。今文連がやっていることも「文化活>動」と言えるはずです。文化ってそんなに狭くないし、個人の趣味でその枠>を制限できるものでもない。歴史を見れば、今文連がやってることが「文化>活動」だってことも明白です。

>文連と中核の共闘ですが、そんなにまずいことだとは思えません。このブロ>グのどこかで、誰かがコメントしていましたが、全労連系や、連合系、革マ>ル系も、第四系、民主党系から社民系などと、中核系の共闘の情況は今や明>らかです。もう、「中核だからやばい」って言うのはないと思います。

中核だからやばいとみせているのは公安警察だと思います。二十労組を絶対につぶしたかったのは、公安警察でしょうから。

この間の弾圧や嫌がらせは、すべて公安警察による分断策動と孤立化だと思います。

国労弾圧(前進で国労闘争の重要性が指摘されたから公安警察は邪魔してつぶしたといえよう。)と法大弾圧(ワールドアクションの運動に対応しつぶしたかったということだろう。改憲情勢を前にして大学が改憲反対の拠点になる前につぶそうとしている策動が発端。)は、ある意味で中核の分断工作だといえますから。

【2009/01/18 00:51】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
それから私が思うに、公安警察は従来の過激派組織中核派に戻ってほしいわけです。

そのためにあえて中核派を挑発しまくって、怒らせて、権力にはむかってきてほしいわけです。

つまりテロとゲリラをやって殺人者集団の怖いテロリストだというように宣伝して共謀罪や改憲を制定してしまいたいわけです。

そして、国内の不満を不安に転化して公安警察の権威をたかめたいということです。

現在の中核派は総評運動と同等ですから、それじゃ公安警察は困るわけでしょう。中核派の今ですと、公安二課と統合される可能性もありえますから。

それでは公安警察そのものの過剰な人員(全共闘以降の運動に対応してきたため過剰要員を抱えている。そのためでっち上げ弾圧が組織延命のように繰り返されている。)と権威は耐えられないわけなのでしょう。
【2009/01/18 01:00】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/357-1a58052b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。