スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

恩田副委員長の再審査請求

 2009-01-09
                                       2008年1月7日
法政大学総長 増田壽男 殿
文学部長 後藤篤子 殿
                       文学部哲学科3年 (学籍番号05B0105)
                                           恩田 亮

                       再審査の請求

 2008年12月22日付けの無期停学処分決定を不服と考えますので、再審査を請求します。

(1) まず、処分理由に書かれている「事実」に全面的に不服を申し立てる。私は「文化連盟」というサークル本部団体の「副委員長」として大学当局に対して抗議行動を行った次第である。当然ながら行動に至る経緯と我々の主張を、背景とする正当性も含めて大々的に文書その他において、大学当局には通告している。しかしながら、処分理由ではそのことが一切無視されており、我々の「抗議」が「妨害」へと見事に転化されている。恣意的な論調で「文化連盟」が無軌道な暴力集団であると規定し、それを牽引する立場にある「私」を、「業務妨害」や「授業妨害」といった不確かな事実をもって処分したということは処分理由を読めば一目瞭然である。私を「文化連盟」の「副委員長」であると認めながらも、不自然なことに組織の主張には目が向けられておらず、肝心の「授業妨害」や「業務妨害」の具体的事実の記載が皆無ではないか。もし仮に、公正な審理をするならば私の行動の意義を踏まえた上で、「いつ」「どこで」「どのような」被害が出たのかを明らかにし、それが如何なる定義に如何なる抵触をしたのかを整然と表明すべきではないのか。よって次の項目を確認していただきたい。

甲、 学則第53条による処分とあるが、学則第53条の(1)(2)(3)のいずれにどういった理由で該当するのか、詳しく説明を要求する。

乙、 文化連盟並びに私の主張に対する「言葉」による回答が欲しい。再三、教授会やその他の窓口に文化連盟並びに私の主張を通知してきた。職員による盗撮、尾行の激化といった「暴力」で返事をするのではなく人間らしく「言葉」で返すべきだ。間違っても、無期停学処分は回答ではない。

丙、 私は以前にも同じような懲戒処分を受けているが、何度も耳にする「学生の本分」について伺いたい。「学生の本分」とは何か。

丁、 「授業妨害」と「業務妨害」について具体的な日時と内容、被害者の証言など証拠事実を提示するべきだ。

(2) 二つに、処分理由に記載されている「貴君は、教職員の個人名をあげて誹謗中傷、侮辱、名誉毀損、脅迫的言辞を繰り返した。」の部分に際して、詳しく述べたい。これだけを読むといかにも「私」が悪人のように見えないでもないが、私が「教職員」の「個人名」をあげて言ったのは彼らが平素から、一部の学生に対して行っている行為の詳細である。例えば、前総務部次長で現保健体育部次長と思われる佐藤友彦氏は、私の友人である人間環境学部3年倉岡雅美に対して「お前は羊の皮をかぶったオオカミだ。」や「お前は法大生ではない。」、「こいつ(ら)無職だ!」等々の言葉を常日頃から浴びせかけている。前キャリアセンター次長で現九段校舎別館勤務の勝又秀雄氏については、同じく倉岡雅美に対し「もてない女が男にくっついて、このクソ女」、「このフリーター野郎」などと言い放ち、両者とも公衆の面前にて大声でこのような言葉を彼女に浴びせかけている。法学部教授で法学部教授会執行部副主任の鈴木良則氏に至っては無言で突如、彼女に関節技をかけて学外へ叩き出している。さらに、ジャパン・プロテクション株式会社は昨春法政大学が契約していた警備会社であるが、同社から派遣されたジャージを着た警備員はビデオカメラを片手に女子トイレ前で倉岡が出てくるところを撮影し、彼女に著しい屈辱を与えている。それにも関わらず大学当局は平然とこの事実を隠し、当人たちは一向に反省しないので私が拡声器を用いて「個人名」と「所業」を世に知らしめたのだ。そもそも佐藤友彦、勝又秀雄両氏をはじめとしたこれらの教職員は自らの姓名を名乗らず、ジャパン・プロテクション株式会社に関しては契約実態を本学教職員にまで隠していたことが裁判で明らかになっている。そのジャパン・プロテクション株式会社のジャージを着た警備員たちが日頃キャンパスで何をしていたか。彼らはビラをまいていただけの私の友人たちに公然と暴行し、結果肋骨を骨折した者までいる。私はこのような大学の現状を憂いて抗議をしたのであり、対話をするどころか私にまで教職員が前述のような嫌がらせをしてきたので実力行使に出たまででだ。この事実を無視して、抗議行動を「業務妨害」などとし無期停学処分を下すとは何事か。憲法に抵触するような蛮行を重ねているのはどちらだ。念のため、知らないという方がいては困るので文化連盟のブログの証拠映像をご参照いただくことをお勧めする。http://08bunren.blog25.fc2.com/

以上を踏まえ、2008年12月22日付の無期停学処分の再審査を請求する。大学人らしい対応を切望する。
コメント
再審議の要求内容,まったく正当です.
支持します.

団交の場が開けることを祈っています.
【2009/01/09 12:44】 | こん #mUMKZ8UY | [edit]
モロ「おまえにOんだが救えるか」
【2009/01/10 08:43】 | もののけ姫 #- | [edit]
こんなこといいなできたらいいな あんな夢こんな夢いっぱいあるけど やかましい恩田をだまらせたいなぁ はい無期停学 あんあんとっても大好き法政大学
【2009/01/10 08:49】 | ジャパニメ-ションはなぜ敗れるのか手まん #- | [edit]
なお、自ら法大生の第一線にある者が弾劾声明をあげられず、停学処分を阻止できなかった事を心より恥じる、なの。。。 レタス
【2009/01/10 08:55】 | レタス手まん #esoxbf0I | [edit]
文化連盟は中核派と組んでるかぎり未来はない。中核派と聞いて普通の学生は知らないのでまずどうするか。ウィキペディアを見るのが常道だ。だかその記事を見る限り、明日から中核派を好きになるぞ、と決意する人はいないだろう。おそらくこんな感じで文化連盟に対する偏見を持ってゆく学生は膨大にのぼっているだろうし、今のままでは新入生が入っても運動は益々先細りすることはまる見えパンツだ。新入生が一端文化連盟≒(=)中核派という偏見を持つとそれを拭い去ることは至難の業だ。この最悪最低のプロセスをなんとか断ち切ってもらいたい。
【2009/01/10 13:30】 | #- | [edit]
文化連盟に人が増えれば中核なんていらないのさ~
本当に支持する気があるなら君達も今すぐ文連に加入するのさ~
【2009/01/10 14:54】 | ネット弁慶 #- | [edit]
ぜにがた「いや、やつは大切なものを盗んで行きました」
クラリス「え?」
ぜにがた「あなたの学籍です」
【2009/01/10 16:20】 | 四島由紀夫 #- | [edit]
文化連盟とその支援者の関係のみなさまに私から提起します

昔、三菱樹脂事件や東大ポポロ事件があったように、法大弾圧も公安警察を問う裁判闘争をも含めて検討すべきではないかと私は考えています。

恩田さんの私生活にも介入したり、倉岡さんに悪罵を嘆けたりしているのも、法大学生が公安デカに脅迫されて自殺したケースも含めて、すべて担当指揮してきた警視庁公安一課の星隆夫らを告訴することが重要ではないでしょうか?

公安連中は、非合法的な行為も平然とやりながら、法を運用して抑圧するわけですから、それらから身を守るためには法律でやりかえすべきです。

改憲や裁判員制度、共謀罪が推進されているなかで、現行憲法の精神をかけた裁判闘争にすべきです。

転向した法大職員が「法大は改憲反対ではない!」と弾圧される学生と逮捕する中年の醜い公安デカどもに対してアピールして発言したことを今逆に切り返すチャンスにすべきなのです。

というのも、彼らの思い描いた方向性は、実は必ずしもうまくいってはおらず、昨今の日本の政治経済情勢や、世界情勢によって、彼らの基盤(自公政権の番犬である公安警察)は決して磐石にはなっていないからです。

小泉がテレビを使って民衆を騙して掠め取った自公の議席はまったくいかされず小泉は引退し後ろに引っ込み自公政権はむしろ分裂状態にあります。

また労働情勢も含めて自公政権は追い詰められていくことでしょう。

こういう情勢によって、実はこれで連中の改悪をすべて頓挫させることもできなくないからです。

彼ら公安警察が支える自公政権はガタガタになっていて、人心は離れています。

世界情勢の勢いも激烈に「彼ら」を追い詰めていくことでしょう。

労働運動で団結をと叫ぶ党派の意気込みや、理論も重要ですが、それと同時に裁判闘争を闘うことで、改憲や改悪を頓挫させる方向性を見出す道も検討してほしいと考えます。

中核派は、都政革元後援会長の実方さんを告訴したり、石原都政を告訴し裁判した教職員と連携しているのなら、裁判闘争を闘うことを拒否する理由にはならないと思います。

中核派の悪いところは、一直線に進む傾向が強く、それだけを集中させてほかの道やほかの可能性や方法を模索しないことに尽きます。
【2009/01/10 17:40】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/01/11 01:41】 | # | [edit]
どん、どん、どん、どん底、ニ・ホ・ン!
【2009/01/11 07:03】 | きよしのどん底節 #- | [edit]
日共傘下の労働者を獲得し、、、って違うだろ!同盟しろって、、、
【2009/01/11 11:42】 | #- | [edit]
『対話をするどころか私にまで教職員が前述のような嫌がらせをしてきたので実力行使に出たまででだ。』
実力行使はまずいでしょう。短気になった方が負けです。どこかの党派は、実力行使が好きですがね。しかも、アリバイ的に戦っていると見せかけるための実力行使ですが。どうしようもなければ、裁判が一番良いのではないでしょうかね。余計な消耗をなさらないことをお祈りします。
【2009/01/11 23:45】 | 劣等労働者 #- | [edit]
裁判で勝てる、勝てないは別として裁判で公に公開していくことで、公安警察どもの陰湿な嫌がらせは減らすことは可能のようです。

渋谷の例の転び公妨、都政革元後援会長に対する警視庁公安一課の嫌がらせ的集団ストーカー行為などは、世間に公安警察の実態や犯罪行為を公開することで公安警察どもの嫌がらせ=コインテルプロ=集団ストーカー行為はかなり減らすことができているそうです。

中核派も検討してみてはどうでしょうか?過激派キャンペーンに対抗して、公安警察の犯罪性や実態を裁判で公開したり、街頭で宣伝しまくるのは効果があるはずです。
【2009/01/12 00:27】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/359-ee1fa9b1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。