叩けば埃が出る人たち

 2009-03-23
もはや権威のカケラも無くなった腐敗の殿堂こと法政大学。

逮捕者88名、起訴者22名という前人未到の大罪を犯した次は「仮処分申し立て」だそうだ。

大学という公的機関で言論・表現の自由が封殺され、抗議者が投獄されている現状も許しがたいのだが、裁判所が「仮処分命令」という形で情宣活動=表現活動を取り締まったとしたら前代未聞、文字通り日本は三等国に落ちぶれることだろう。未だ前例の無い情宣活動禁止の仮処分命令が決定されるか否か、この闘いは日本の行く末を左右する重大決戦なのである。

北朝鮮大学こと法政大学が次に企むのは、司法も巻き込んでの言論封鎖を既成事実化することに他ならない。なんという犯罪者根性。自分たちの行いが違法なら法律を変えてしまえという、経団連御手洗の二番煎じなのだ。所詮役所なんてサラリーマンの巣窟なのだから、判例が一つできたら右へ倣えで同じような決定が乱発されるに決まってる。

ここまで来ると民主主義の敵ではないか。

犯罪大学法政は今すぐに解体しなければならない。


ところで、今回文化連盟や全学連を訴えた犯罪大学のお雇い弁護人について、どうにも胡散臭いので調べてみた。

思い出して欲しい。昔学生運動をしていた木原章といい、動労千葉の集会で講演をした増田壽男といい、横浜事件遺族の小野新一といい、ノーパンしゃぶしゃぶの児玉に至るまで、犯罪大学関係者は叩くと埃が出る奴ばかりなのだ。

国広総合法律事務所の芝昭彦(しば あきひこ)弁護士もきっと黒い経歴の持ち主に違いないのだ。

事実、そうだった。

p08_shiba.jpg
芝 昭彦(しば あきひこ)42歳
(履歴)
東京大学法学部卒。国家公務員採用I種試験に合格し警察庁に入庁。警察大学校助教授、国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)へのPKO派遣業務、国家I種試験合格者採用業務等に従事した後、米国イェール大学経営大学院(Yale Univ. School of Management)にてMBA(経営学修士)取得。その後、機密情報流出(スパイ)対 策、国際関係情報分析、海外関係諸機関との交渉、組織犯罪対策等を担当後退官し、弁護士資格取得。第二東京弁護士会所属。


111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

芝 昭彦(しば あきひこ)42歳  
隠したい過去
芝が神奈川県警外事課長の立場にあった1996年12月、部下であった某警部補が覚せい剤を使っていたことを知った。しかし「事件にする必要はない」という県警本部長の一言でもみ消し工作が始まった。警察組織において上司の命令は絶対である。そんな考えに染まりきっていた芝は、事態の成り行きをただ見守るだけであった。本部長が「女性問題を理由に(その警部補を)退職させろ」と指示するのを耳にしても、注射器など証拠品の隠滅に部下たちがかかわったという報告を受けても、「不祥事はこうやって処理するものか」と無批判に受け止めた。
 それから3年後の1999年11月4日、この事件が発覚した。覚せい剤使用の警部補が逮捕された。警察庁外事課課長補佐に昇格していた芝は事情聴取を受け、10日後に犯人隠匿容疑で書類送検された。「ああ、あの時、せめて警察庁の先輩に相談でもしていれば・・・」そう悔やんでも今更せんないことだと気持ちをかき消す。悶々と過ごすうちに横浜地検の処分が決まった。「積極的な関与ではなかった」として芝は起訴猶予となった。「ひよっとして救ってもらえるのではないか」。しかし処分が出た直後、芝は警察庁幹部から「辞めてくれ」と告げられる・・・  「天木直人・メディアを創る」より抜粋 全文はhttp://asyura.com/0510/war75/msg/616.html

こいつは元汚職警察官僚だったのだ!
p1.jpg

結局、警察庁を依願免職www
111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

不祥事をもみ消して免職www
111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

不祥事をもみ消して免職www
111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

不祥事をもみ消して免職www
111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

芝!お前悪い奴だな!悪い奴だな!不祥事をもみ消しやがって!
111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

引用元のHPにはこう続けられています。

~91年に東大法学部を卒業して警察庁に入庁。同期の中でただ一人選ばれる警察大学校助教授にも指名された。「将来は警察組織の中枢を担ったはずの逸材だった」とかつての上司は語る。それが突然の転落。一度転落した自分が志を貫ける職業は何か。そう考えた時、警察官と同じように※1社会の不正と向かい合い、しかし組織には縛られない弁護士以外の選択肢は思い浮かばなかった。警察庁を追われた直後に結婚した妻に支えられ、3度目の挑戦で司法試験に合格。
 「自分が同じ立場だったら、やはり上司には逆らえなかった」。警察庁時代の同僚や民間企業に勤める友人から、何度か同じ言葉で慰められた。警察庁を辞めた後も腐らずにいられたのは、彼らのおかげだと思う。同時に、※2自分が陥った思考停止が、「仕方のないことだ」、と同情される風土こそが、これから一生かけて闘うべき相手なのだと思う。弁護士になって一年、ある大手企業から会計処理の不正に関する内部調査を任された。「社員の命運は経営陣の判断に委ねられている。経営陣が過ちを繰り返さないよう、真実を明らかにする責任が我々にはあるはずだ」、※3「組織には過ちはつきものだが、それを隠そうとするところから問題は拡大する。事実をオープンにすることが再生の第一歩だ」、自分の経験から、そう訴え続けていこうと心に決める芝である・・・。~

※に注目。

※1社会の不正と向かい合い~

※2自分が陥った思考停止が、「仕方のないことだ」、と同情される風土こそが、これから一生かけて闘うべき相手なのだと思う。

※3「組織には過ちはつきものだが、それを隠そうとするところから問題は拡大する。事実をオープンにすることが再生の第一歩だ」

で、やろうとしていることは学生の抗議活動の圧殺?



( ´,_ゝ`)プッ




お前全然懲りてないな。芝。
111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

お前懲役行ったほうが良かったんじゃないのか?芝。
111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

組織の温情で依願免職とか、どこまで情けないんだ?芝。
111680a9533f6d58fde8fb349d304b4d.jpg

これから長い付き合いになりそうだな。芝。
画像 026


※神奈川県警覚せい剤隠蔽事件
http://www.independence.co.jp/police/hodogaya/archive2/coverup.pdf

※ブログ記事
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2005/06/post_c311.html
コメント
この芝って人、叩けばいろんな所でやらかした過去を持つ擁護連と同じ臭いがする。文化連盟諸氏、頑張れよ!声なき声の一人として応援してるぜ。
【2009/03/24 00:01】 | #- | [edit]
お抱え弁護士から見捨てられた法政・・・・・・
しかも、代わりに来た弁護士は真っ黒・・・・・・
法大当局ざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
【2009/03/24 00:55】 | #- | [edit]
「埃」というより「傷」だな。
【2009/03/24 08:27】 | #VbOj4YTo | [edit]
>思い出して欲しい。昔学生運動をしていた木原章といい、動労千葉の集会で>講演をした増田壽男といい、横浜事件遺族の小野新一といい、ノーパンしゃ>ぶしゃぶの児玉に至るまで、犯罪大学関係者は叩くと埃が出る奴ばかりなの>だ


とくに、学生運動をしていた木原章といい、動労千葉の集会で講演をした増田壽男といい、横浜事件遺族の小野新一といいというくだりが今日の法大の状況を示しているといえます。

大学運営をめぐる理事会等の大学行政上など理由は様々であるとはいえ、いずれも転向といってよいでしょう。

さて問題は、芝弁護士という警察幹部あがりで、渡辺神奈川県警本部長時代の汚職の実行部隊だったという経歴です。

ちなみに、渡辺本部長の息子は、小学校教師で小学生の児童・男子生徒の事故等の写真や裸収集をしていた事実が露呈し「変質者」として事件になって懲戒免職した人物です。

親子そろって犯罪者だということです。

組織ぐるみで隠蔽した犯罪に加担した実行部隊である前歴のある人物が弁護士として法大弾圧に加わってているのは決して偶然ではありません。

そのような人選として法大弾圧のために送り込まれているということです。

たとえば、法大学生会館にきて挑発してきた右翼学生は、自衛隊情報保全隊出身であり公安警察から指示を受けていた事実が暴露されていることがあるからです。

当時、神奈川県警の度重なる腐敗・不祥事について、法大自治会の縦看板にて、警察権力を批判するスローガンが出されたことがあり、だからこそ、神奈川県警公安部が根に持っているものと推察されるからです。

問題を起こした渡辺本部長は、公安警察上がりで、その部下が芝弁護士だったのですから、こういう人脈や背後関係は明らかです。

ちなみに霊感商法で問題になった吉田警視も、神奈川県警公安トップでしたから、公安警察という部署はそうとう腐敗している組織だといえるでしょう。

芝の事件関与もそうですが、警察組織というのは、やめても警察人脈、とりわけ陰湿なる公安人脈は継続していると推察されます。


※さて、いつもながら私が公安警察を批判すれば、「お前は公安警察のスパイだ」とただただ挑発して公安警察の暴露を妨害する権力の提灯持ち=四国の馬鹿ウヨが、いろいろと装って芝の話題に言及するふりをしながら、私を挑発しています。

普段は、文化連盟に難癖ばかりをつけ挑発してきたくせに、「文化連盟諸氏、頑張れよ!声なき声の一人として応援してるぜ。」だって。

今度は「あんたらもがんばれよ」ではなくて「声なき声の一人として応援してるぜ」だって。

すべて四国の右翼団体員とばれてますから。

四国の右翼団体員は、wを連発する癖も相変わらずです。

権力の犬は、番犬らしくもっとキャンキャンと吼えまくりなさい。

【2009/03/25 00:56】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
芝弁護士の経歴について重要な考察を追加しておきます。

今まで公安刑事あがりが弁護士にかるのは、あまり例がありませんでしたが、「司法制度改革」&「裁判員制度」導入と、改憲策動の一環として展開されだしていると推察されます。

公安警察の過去がある芝弁護士は、第二東京弁護士会の所属にとりわけ注目しましょう。

というのも、二弁というのは反権力の弁護士がとりわけ多い弁護士会で、新左翼経歴の弁護士が多い弁護士会だからです。

東京弁護士会は日本共産党の牙城、二弁はそうではない反権力の牙城、そして権力側が一弁というように、すみわけができていましたが、ここに風穴をあけたいわけでしょう。

とりわけ二弁は、大宮に法科大学院を経営していることから、権力側が浸透して「司法制度改革」をダシにして変質を促していこうという狙いがあることは明白です。

しかも彼らは法大弾圧にターゲットを絞って、いわゆる戦後民主主義、革新勢力の拠点だった法大を変質させてきた張本人としてあわられだしているということなのです。

法大文化連盟のみなさまがたは、こうした背景をどしどし暴露、追及されだしていることに敬意を表したいです。

また、天木さんのブログでは国家権力の実態を暴露されまくっていますから、こうした人たちとの連携が極めて重要になつてきていると私は考えています。

小沢代表の国策的なキャンペーンを担当している人脈も公安警察と公安検事ですので、こうした実態の暴露も重要だと私は考えています。

なぜなら、保守政党の政権交代でさえ、権力は遮ろうということですから、日本の民主主義を考えるうえで、すべてをとらえて論証することがとても重要になているからです。

ナチス・ドイツの登場を回顧的に表現した、有名な詩があるように、「われわれには関係がない」とはすまされる状況ではないからです。

このあたりについては、関西生コンの戸田門真市議のサイトでかなり重点的に追求されていますので、参考にしてください。

※四国の右翼団体員とはわちきのことでありんすか??? など正体を暴露された四国の右翼団体員(米国艦船の高知入港歓迎集会をやりつつ、日教組大会や原水禁大会妨害、日本共産党攻撃をやっている民間武装反革命の白色テロリスト集団)斉藤某が、いてもたってもいられなくなって、権力の番犬らしくもっとキャンキャンと吼えまくっていますが、実に喜ばしい限りです。

私の公安警察批判に対応し邪魔するがために、私を「公安スパイ」だとする根拠・証拠をぜひ開陳して、もっと叫びつづけないさい。

そうすれば、斉藤某が公安警察の意を受けた権力の番犬として日ごろの右翼街宣よろしく邪魔しにきているということが、明白になるだけですから、もっともっと下劣で何とも愚劣な汚らしい言葉と得意の金切り声で叫び続けなさい。

斉藤慎太郎は、四国から法大正門前にかけつけて、「福岡の田中は公安スパイ」「法大出身ではない田中は公安スパイ」と右翼街宣をやりにきなさい。

外濠にいるむさくるしいことこのうえない、権力の犬のご主人さまたちが斉藤某を称えてくれるからでしょう。

米国艦船歓迎集会以上に、権力の犬のご主人さまたちを喜ばすことこのうえなく、新たな餌=指示を権力の犬に与えてくださるに違いないからです。

鈴木邦夫氏の著作いわく、公安警察による「日教組大会に突っ込みますか?」という賛辞と推薦のように、「法大文化連盟に突っ込め」との指示があるかもしれません。

そうすれば、権力の犬たる斉藤某の気分はさぞや高揚し、脳乱する権力の犬の所業として斉藤は認知されるだけだから、なおのこと喜ばしいからです。


【2009/03/25 05:27】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
国連人権委員会が、日本の代用監獄に対して問題があると勧告し、調査団を日本に送るといわれています。

そこで私からの提案ですが、法大の現状、大阪市立大学の女性に対する政治犯に対する「見せしめ的」「懲罰」的に拷問的処置の実態等を国連人権委員会側に提出したらどうでしょう。

そこまでやらないとするならば、国連人権委員会が日本の代用監獄に対する調査団を派遣す際に、再び外国人特派員を招いた記者会見をおこなったらどうでしょう?

権力側は「あいつら過激派、テロリストなんですよ」と抗弁するでしょうが、仮にも政治犯としての扱いが北朝鮮と大差はないこと、日本の憲法上においてもそうとう逸脱して権力側は弾圧しているという実態を根拠に、かつ、国際的には様々な労組と共闘している事実、また日本国内における複数の地方自治体の議員を抱える実態(民主的な選挙で支持されているという実態であるし、その証拠に、地方議会の議長でさえいる実態、上位で当選している地方自治体り議会もある実態、首都東京の都議会にも進出した過去などを根拠にできる)や、おおやけに認められている労働組合の存在などを根拠にしつつ、憲法(表現の自由、思想・信条の自由、政治結社の自由、幸福追求権と平和的生存権を骨格とした、自由主義と民主主義を標榜する日本の国家統治権力の基本的な社会契約の国家法。)や労働法などに照らして、政治的自由などを主体とする国連人権委員会側に提言されることは有意義だと私は考えます。

国連人権委員会が、自由と民主を統治システムとして標榜してきたわが日本の代用監獄に対して問題があると勧告し、調査団を日本に送るニュースは、チャンスです。

ぜひ日本の政治犯に対する様々な弾圧の実態、とりわけ公安警察による集団ストーカー行為=コインテルプロについて、当事者たる文化連盟ほか関係団体および政治結社のみなさまは、国連人権委員会の日本調査団に暴露し訴えていただきたいと存じます。
【2009/03/25 07:02】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
公安警察の話題なら私におまかせという感じで書きなぐっていますが、今度はわかりやすい集団ストーカー行為を実践している公安デカどもの形相について指摘します。

※公安デカは中年の爺が大半をしめているが、とりわけ、その形相に特徴があります。たとえば、外国人が考える典型的な昔の日本人、昔の日本のサラリーマン、昔の海外旅行に出かけカメラを持ち歩く日本のサラリーマンタイプの日本人のようなやや小太りで、背が低くて、色白でめがねをかけたスーツ姿が極めて多く、日ごろのしつこさからか、ぬるっとした顔つきと体つきをしているのが特徴です。一言でいえば、公安デカは気持ち悪い形相をしている方が多いです。法大文化連盟や関西地方のセクト連合の数々の証拠画像や証拠映像がそれら公安デカの醜い顔や体を象徴させています。

※市民デモを襲撃する公安刑事
http://www.youtube.com/watch?v=UwZbQmGRUdg(この動画を、代用監獄に対する勧告をつきだした国連人権委員会日本調査団に提出すると同時に、再びこうした証拠を公開しながら、外国人特派員に対する記者会見を同時に開いてください。こまような非民主的な権力弾圧が首都圏や全国で日常的に続けられているなかで「平和の象徴」を掲げるオリンピックにはふさわしくないと声をあげてください。ナチス政権下のベルリンオリンピックのようなオリンピックにしてはならないと声をあげてください。)

近くに、色白の小太りの中年男で、なおかつ、メガネをかけたぬめっとした目つきでにらみつけたり、様子を伺う男や、尾行している不審者がいるとすれば、そいつは公安デカとみて間違いないでしょう。

法大文化連盟のみなさんは、醜い公安デカどもの雰囲気はすでに体験づみだしは思いますが、こんな気持ち悪い連中に集団ストーカー行為を毎日うけている法大文化連盟のみなさんと同様に、私もこのような陰湿極まりない集団ストーカー行為者たる公安デカどもに付回されているので法大の人たちの気持ちはよく理解できます。

こんな連中に税金をあてて食わせているのは実に許しがたいと思う今日この頃ですが、みなさん公安の嫌がらせに対処して奮闘されてください。

【2009/03/25 09:38】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
自分のブログに帰れよ、擁護連とかいうオナニストさん!!
公衆の場で自慰してんなよ!!!
【2009/03/25 12:36】 | #- | [edit]
とりわけ公安警察による集団ストーカー行為=コインテルプロについて私の場合は、実家の電話、自宅の盗聴、携帯電話を四六時中監視し、位置情報を確認し嫌がらせを展開する、盗聴内容で知りえた個人情報をもとにその電話内容に応じた嫌がらせを展開してくるなどが現実にあります。

なお、こうした公安警察の集団ストーカー行為に対して、市民に公開し、名誉毀損および精神的苦痛と平和に生存する権利を侵害されたことを根拠にして、かつ警察庁長官および警備局長を相手に国家賠償請求訴訟を提訴したいと考えています。

さらに国連人権委員会等の調査団にもこうした実態を暴露したいと考えています。

もちろん、二弁の森川弁護士や鈴木達郎弁護士に相談して具体的に進めたいと考えています。

したがって、公安警察は覚悟されたい。
【2009/03/25 14:41】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/431-d6c2f15d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク