【2008】世論研究会【総括】

 2009-03-27
組織概要

1、 組織本籍 コロンビア共和国 
2、 活動内容 表現活動全般(暴力行為も含む)
3、 構成員数 128名
4、 資産総額 約1600億円(学校法人法政大学から奪取予定)
5、 政治思想 反帝・反スタ・反米・反権力
6、 スローガン 連帯を求めて孤立を恐れず
7、 文連との関係 03年に委員長、08年に副委員長を輩出
8、 組織代表 終身名誉会長 恩田 亮


今年度サークル活動実績

前期の「文化連盟夏祭り」にて、文連との共催で「キムチ鍋大会」を実施するが同時開催であった「クズ映画上映会」は未遂に終わる。
本祭は大衆の大量動員を実現し成功を収めたが、文化連盟並びに当会を敵視する日帝国家権力の横暴により強制撤去を余儀なくされる。
第61回自主法政祭では思想家矢部史郎氏を招いての講演会を予定していたが、再びの日帝国家権力の横暴により矢部史郎氏は不当逮捕・監禁され、イベント中止の危機に瀕するも、矢部氏と親交の深い白石嘉治氏(上智大非常勤講師)の助けを借り無事に挙行した。
満員御礼の大成功を収めた。なお祭最終日には第二文化連盟残党によるCSK企画「ファイヤーストーム」なる茶番劇の粉砕提起を行い、見事粉砕した。
すすんで大学当局の犬に堕しておきながら、黒ヘル・白衣・ゲバ棒という偉大な戦闘服を身に着けるという挑発行為に及んだ反革命分子どもに裁きの鉄槌を下したのだ。
政治情勢の問題から武力介入こそ出来なかったが、怒涛の罵声攻撃と威圧行為によって酔っ払いの喧嘩を誘発。
反革命分子の晴れ舞台を骨抜きにする快挙を成し遂げた。
第61回自主法政祭では、昨年度に続く法大当局の卑劣な介入が図られた。結果として社会科学研究会は昨年に続き教室提供を阻まれ、哲学研究会と文化連盟も企画中止という事態が目前に迫った。
そのピンチを救ったのは世論研究会であり、当会の企画空間供与によって全ての文連企画は成功を収めたのである。このことは学園祭に参加し、ひいては文化の発展に貢献するという、学生サークル活動の根源的な意義が問われるというだけに重大だ。
当会は2003年に文化連盟委員長を輩出し、2006年には本部員を出している。
今年度は満を持して、終身名誉会長を副委員長に送り出した。人的にも、そして会をあげて総力で文化連盟に寄与しているのである。
今後も数少ない文化連盟加盟サークルとして全力を尽くす覚悟である。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/443-e25d5d72
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク