FC2ブログ

要求書への回答  (記憶の限り)

 2008-06-12
2008年6月7日付けの総長宛の要求書を受け取りました。内容について、現時点で市ヶ谷学生センター長としてお答えできる点についてご説明します。

1、恩田君への処分の過程で生じた学生センターへの不信感の原因となった点、即ち、何故一方だけの診断書を要求したのかということについて。事件当日の事情聴取の際、一方の事情聴取を担当した私(木原)は、当該学生に安心してもらう意味でも病院へ行き、診断を受けることをお勧めした。恩田君の事情聴取を担当した近藤氏の判断でそうならなかったことで、2者の対応に差異が生じました。しかし、これは恣意的な判断によるものではなく、あくまで現場の担当者の状況の差によるものだと思われます。

2、本部室閉鎖の理由は当日、当室に掲示しましたのでそのコピーをお渡しします。

3、本学職員の対応が、学生のみなさんに脅威と感ぜられたとしたら、今後はそういったイメージを持たれることのないよう、関係部署にみなさんの要望をお伝えします。

4、大学は保護者を含め、誠意ある対応をするように努めております。もし、保護者への対応で誤解を招くようなことがあったのなら、今後はそういったことのないよう関係部署にみなさんの要望をお伝えします。

5、大学運営の基本方針については、その都度コンパスなどでお知らせしてきました。さらに要望があれば、本学学生のみなさんの手に確実に届くように必要な措置を講じるよう、関係部署に働きかけます。


※ 3については後で我々からの指摘で脅威の事実を認識し、そのような行為を「停止させる」と言質を取っています。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/52-38d45449
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。さとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク