祝☆文連ブログ開設一周年! その2

 2009-05-05
文連ブログ一周年を言祝ぐ祝電が、今日も企画局の携帯を轟かせた。
自称・革命家、他称・アニオタ、公称・キモオタとして世に鳴り響く天下御免の革共同戦士、人呼んで「四ツ谷のジャックナイフ」こと、内海佑一さんからのメッセージである。
謹んで掲載させていただく。

019 (2)


文連ブログ開設1周年おめでとうございます。
3・14法大弾圧から3年が経過しましたが、闘いは押しつぶさ れるどころかますます団結を拡大しています。
特に昨年5・20決起以降、文連との団結は強固なものとなり、さらにこの団結を固めて共に闘いぬいていきたいと考えております。
ついに時代は大恐慌ー革命情勢に突入し、労働者・学生による労学連帯 の闘いが今ほど求められている時はありません。
団結して6・14ー15の大爆発に向けて共に突き進んで行きましょう!

3・14法大弾圧を許さない法大生の会 内海佑一

・・・おまけ。ズートロファン必見です。
ペタ。

コメント
杉並在住の皆様で、2005年9月8日から9月9日にかけて
高円寺駅南口から新高円寺駅近辺で、公安警察に 雇われた右翼
の人たちが、か弱い男性(おネエマンです)を襲撃した状況を証言
して下さる人を探しています。 私は公安が大嫌いなので、自分
のブログや他人の掲示板などで、いかに公安と右翼が卑劣であるか
を訴え、供に国家賠償請求 訴訟を提起しようと訴えましたが、
私の過去の様々な書き込みがバレてしまい誰も共鳴してくれません。
そこで、自分が受けた2005年9月の公安に雇われた右翼襲撃
事件を、刑事告訴しようと考えています。これは事実なのです。

嘘だと思うならば私のブログ(日本国憲法擁護本当の自由主義と民
主主義連合~法大OBのブログhttp://navy.ap.teacup.com/union/
を御覧ください。私は公安の仕業を 写真に撮り、着々と準備をし
ています。この時の襲撃で 私は死ぬ か重傷を負わされそうになっ
たのです。2005年9月8日深夜から9日 にかけて、高円寺では右翼団
体の街宣車が「福岡の田中」の名前 を連呼して襲って来ました。
名前を右翼に教えて嫌がらせさた、つまり公安警察の指示というこ
とだと思いませんか?
また、公安・右翼による嫌がらせは私が出演した2005年9月3日
の土曜スペシャル(放送記録http://www.tv-tokyo.co.jp/sat/list/050903.html) 
をブログに書き込んだ事実から、テレビ報道は妄想だとは書き込めないのです。
それを書き込みすると「うちはだいこ」の主張はすべて嘘だと
レッテルをはるのが目的の右翼どもは、都合が悪いから一切ふれないのです。
九大、法大、杉並に登場して中核派を挑発していた右翼は公安警察
の指示を受けていたことは、私の脳内では判明しているのであるが、
それはネットでも同様なのです。

これはわたしが法政大学法学部卒業だから言えるのですが、刑事事件です。
今まで国家賠償の民事訴訟をすると、するする詐欺のような表現で書き
殴ってきましたが 私は民事の賠償請求よりも、もっと直接的な訴訟に
打って出るつもりなのです。そのために私は銀河さんの掲示板で書き込ん
だとされる複数のHNが公安の 謀略であることを晒し上げて皆さんに
信用してもらいたいと存じますが、「レモネードなどにおける複数云々に関して、
盗人猛々しいとはこのことだ。馬鹿ウヨたるお前自身がいつも妨害書き込みを
繰り返してきたのを自白している模様だ。お前の正体はばれてるのだよ。」
などと権力の謀略だと文連ブログに書いた手前、公表出来ません。
しかし、私の信仰に誓って複数HNでの書き込みは無かったことを、
賢人は金の如くお誓い申し上げます。
昔からシンパとして、結柴氏を支援してきましたから、私の信仰により
右翼ジャパンプロダクションは退いたのです。

杉杉並在住の関係者の皆様、私は公安のスパイとかカクマルとかホモとか
「うちはだいこ他」とか言われてますが、法大文化連盟の斉藤さんと全学連
委員長の織田さんに首都圏の日蓮正宗の寺に参詣を奨める宗教マニアなだけ
です。それは、マルクスやレーニンに縁したものは「不幸」に陥るという
ことを私は身 もって体験したということである。「私の青春を返せ!」私
もその言葉を中核派に投げつけてやりたい!
杉杉並在住の関係者の皆様の支援と、我唱う妙法、南無本因妙があれば絶対
に状況はかわります。支援のほど宜しく頼みます。
【2009/05/06 00:48】 | #- | [edit]
>右翼ジャパンプロダクション 
これは「右翼ジャパン・プロテクション」の間違いではないか?
【2009/05/06 01:51】 | トランジット・オーソリティ #- | [edit]
擁護連さんへ

私がここに書き込むようになった当初申し上げたことですが、支援者同士がもみ合うのは良いことではありません。ですから私は余り貴方にあれこれ言うべきでないと思うし、したくもありません。
しかし最後にどうしても一言だけ、貴方に申し上げておかねばならないことがあります。文連さんにも貴方にも申し訳ありませんが、これが最後なので、かなりの長文を記述することをお許し下さい。そしてその結果貴方がどんなコメントをお書きになろうとも、それは文連さんの判断にまかせ、私は今後一切口を挟まないことを確約いたします。
そのつもりで以下を読んで下さい。

一時期ここに書き込んでいた京都生協の働く仲間の会(「劣等労働者」とか称する人と同一人物かも)、あの人の書き込みは不適切であるとして、貴方と私とで激しい批判を行ったことがありましたね。あれを思い返して下さい。彼が何故やり玉に挙げられたか。それはひとえに「文連とは何の関係もない話を延々と垂れ流していたから」に他なりません。場をわきまえず、空気も読まず、自己主張を目的として自分しか見えないワガママな狂人。だからこそ私たちは注意した。そうですよね。

…結論から申し上げますけども、「場をわきまえず、空気も読まず、自己主張を目的として自分しか見えないワガママな狂人」、これはまさに現在の貴方にぴったり当てはまってしまっているのではないですか…。はっきり言って「働く仲間の会」以上に。

「狂人」という表現は甚だ厳しく、不快に感じられることと存じます。私としても正直申し訳ないとは思います。しかしまともな人間(こう書くと自分の責任から逃げているようであまり良い気持ちはしないのですが…)が貴方の書き込みを読めば、おそらく殆ど全ての人が「この人、おかしい」と感じるのではないですか。

上記と似たような批判については、過去に私も二度ほどさせて頂きました(特に「文連の活動に直結する話が皆無」というところについて)。その度貴方からは「文連への弾圧の根本原因は公安」というようなご返答を頂いたかと存じます。公安の粗暴な振る舞いが文連や中核派への不当な扱いに繋がっている、だからその公安を徹底的に叩くことこそが法大問題を解決するに最も有効な手段なのだと。

…貴方がどれ程公安を批判しようと、それはご自由です。公安警察がどの程度に文連への弾圧に関わっているかを貴方なりに説くのも、そしてそれをコメントに記載するのも当然、ご自由です。ですから貴方の仰る「文連への弾圧の根本原因は公安」という意見そのものについては、賛同するかどうかは兎も角、存在するに何ら問題ではありません。

どうやら、あたしの意図がよく伝わって居なかったようです。あたしが貴方に申し上げたいのは、もっともっと当たり前の、実に単純なことなのですよ。要するに、
「連レス・長文は止めて欲しい。」
そして
「批判をきちんと聞いて欲しい。」
これだけなのです。これ以外、私が貴方に求めたいことなど何一つないのです。…代弁は卑怯だと思いつつ敢えて申し上げますけども、貴方を批判してきた人たちにも、この二つの意見に賛同して頂ける方は多いと思いますよ。

まず「連レス・長文」について。…はっきり申し上げますけども、つくづくあなたのコメントにはうんざりさせられているというのが本当のところです。
だって…一度で結構です、貴方のこれまでのコメントを客観的に見て下さいな。
やたらに長い。
引用が多すぎる。
「ふざけるな、警視庁公安部!」とか「4.24速報! 恩田/倉岡、逮捕!」なんかもう、貴方は一体文連さんの何倍書いていらっしゃるんですか?
たとえどんな理由があろうと、記述内容がいかに正論で素晴らしくとも、こんなメチャクチャに長い文章を「コメント」として記載する、それはただ単なる「常識はずれ」以外の何ものでもありません(この文章もメチャクチャ長いですから、当然私も「常識はずれ」ということになります。この点については重ね重ね申し訳なく思いますし、二度としませんのでお許し願いたい)。「平和がいい」と3万回書かれてうんざりしない人は居ないでしょう。文連に賛同するしない以前の問題として、普通の人間が上のような書き込みを読めば「ちょっとおかしいんじゃないの」と考えますし、そういう「おかしい」人が支援している団体=文化連盟となれば、文連に対しても少なからざる不信感を抱くと思います。

勿論貴方も随分色々なところから叩かれ、不満に思われていること数多あるのでしょう。何の関係もないところに関し明らかに下劣な人間から誹謗され攻撃されれば、当然やりかえしに意気込まれることでしょう。「四国の斎藤」とかいう右翼についてもひょっとしたら本当に書き込んでいるのかも知れませんし、それに対し貴方が反発するのも無理はないでしょう。憎い相手への攻撃は過激になる、当然のことです。

しかしこれは人間としての節度の問題です。主張の中身を云々する以前の話であり、どんなに嫌なことがあってもネチケットは守るべきです。貴方がどうしても文連さんにご自分の文章を読んで欲しいのなら、貴方のホームページへのリンクを書いておき、そちらで公表なされば済む話です。ここはコメント、つまり記事への批評を書くところであり、貴方の個人的な意見を「延々と」書き連ねる場所ではない。何故そんなに大量のコピペ、引用で他人のブログをかき回されるのですか。その合理的な根拠について、貴方は「公安が悪いからだ」としか言わず、リンク先を書くだけにとどめることを一切せず、その理由をこれまで一度も釈明したことがありません。貴方は連レス・長文コメントをマナー違反であるとはお考えのはずであり、であるならば何故かくの如き「長ったらしい」文章をしかも大量に書き連ねてしまわれるのか。

大体もし「四国の斎藤」とかいう右翼が本当にコメントに書き込んでいるとしたら、そいつを連れてきたのは他ならぬ貴方ということになります。貴方が書き込まなければ、そんな「厄介者」が追って文連ブログに書き込むこともなかった。たとえ貴方が過去どんなに理不尽なやり方で右翼から中傷されていたとしても、つまりどんなに貴方の言い分が正しいとしても、貴方の存在がキチガイ右翼による文連への誹謗・中傷に繋がってしまったとすれば、当然、貴方にも責任があることになります。そう考えるのが大人というものでしょう。「原因を作ったのは向こうだから俺に責任はない」じゃ済まないでしょう、だって文連さんにとってはそんなことどうでも良いことなんですから。もしここで誹謗中傷を書き散らしているクズが「右翼の斎藤」であるとご自分で思われるのなら、そのような状況を生み出した「コブツキ」であるご自身の立場についてどのようにお考えになるのか。

そしてもう一つ、これまで色々な人からなされた貴方への批判について。

>まったく嫌がらせをするのはばれてますね。今日は土曜日だからパトカーを配置して嫌がらせしてくるだろうか?

これは前回、私のコメントに貴方がお寄せになった文章です。勿論貴方の御勘違いではありましたが、この「ばれてますね」というのは凄く気になりました。と言うのも、貴方は何の根拠もない思い込みで私を「馬鹿ウヨ」と決めつけ、「大日本愛国党関係」であると断定したということだからです。

1月31日の記事「アルバム1・24」。ここにコメントした人が「あんた」という言葉を使用したことについて、貴方はめったやたらに攻撃しましたね。
しかし「あんた」という言葉は、私自身が一度使っています(去年10月25日の記事「隣の晩御飯!」参照のこと)。こう書くと貴方は「私(ハナコ)と『アルバム1・24』に書き込んだ人とでは、『あんた』という言葉が違う文脈で使われているから同列には並べられない」と主張なさるかも知れませんが、貴方はあの時明らかに、「あんた」という言葉を使用することそのものを不当と見なしていました。はっきり言いますが、「あんた」という言葉は親しみを込めて使うことも往々にしてある為、文連さんの支援者が書いたとしても何の不思議もない。もし「あんたらが頑張るから私もがんばるよ。ありがとう。」と書いた人が本当に公安警察だったとしても、余りに早急すぎる判断です。そしてもし、上記の文章が文連さんの支援者によって書かれたものだとすれば、貴方はその人に「もう二度とコメントは書きません」と言わしめ、つまりは味方を一人失わせたことになり、文連にとって迷惑なことこの上ない過ちを犯したことになります。

下品な誹謗中傷を行う愚か者は論外ですが、その他の貴方に対する批判者に関し、貴方はレッテルを貼り過ぎています。それが一種の「冤罪」を生んでいる可能性は、私以外のケースに即しても「ある」と言わざるを得ません。人の批判をほとんど不問に附してしまう貴方の体質は、
「日本国憲法擁護連合が坂本千秋氏の講演会に参加し雑談をした正確な日時と場所」
「革共同関係者を自称する日本国憲法擁護連合が、関係者なら『女性』と答えるはずの坂本千秋氏を『男性』と強弁した理由」
について一切貴方が回答していないことにも現れては居ませんか。文連とは何の関係もないこの二点について私は知りたいとも思いませんけど、しかし貴方が私への書き込みに対し何らの訂正もしないのを見ていると、どうも貴方からは左翼団体に多く見られるような「自分のミスを隠蔽し、ごまかしてしまいがちな無責任体質」を持った「とんでもなく不誠実」な人、という印象を強く受けてしまいます。「紺色」さんや「逃散主義者同盟」さんらが指摘されている通り、あなたは今一度、ご自分の言動を振り返り、場合によっては少し休まれた方がいいと思います。

貴方が公安警察に対し腹を立てる、それはおそらく正当な理由に基づいているのでしょう。しかし繰り返しますが、どんな理由があろうと、ブログ主の書いた文章を遙かに上回る膨大なコメントを平気で書き連ね、独占せんばかりに振る舞う今の貴方は、こう言ってはなんですが…ネット右翼と同レベルのマナー違反者であり、極めて異常と言わざるを得ません。貴方は文連を擁護することをいい口実に、日頃の公安警察に対する個人的な恨み辛みを言い募ってストレスを解消し、己の単なる自己主張欲を正当化している! そうやってやりたい放題な書き込みをした挙げ句、批判者をことごとく右翼と決めつけ、被害妄想に突っ走っている!…きつい言い方でしょうが、これははっきり申し上げます。

公安警察に対する批判は必要です。「監視を怠らない」という民主主義の基本を死守する為にも重要です。実際公安(に限らず警察全般)のやり方には甚だ粗暴なところが目立ちますから、時として義憤に駆られ長々と文句を垂れるのも当然です。
しかし擁護連さんの公安警察に対する恨み辛みは、正直なところ単なる「いちゃもんづけ」に終始しています。あの史上最低の偽善スキャンダル雑誌『噂の眞相』まで引き合いに出し、職務執行中に怪我をし、酷い場合には殺された警察官の受難を「罰」「馬鹿」とまで言い募り、ひたすら「公安憎し」「警察憎し」で権力を叩き続けている貴方のその態度は、生産性が全くないばかりか、警察という「正義を守る」職務への冒涜ではないですか。

公安に限らずあらゆる警察に対する批判は、おしなべて庶民と権力の間の信頼回復のためにこそされるべきです。長々と数百行に渡る引用を繰り返し、めったやたらに公安批判をがなり立てているだけの貴方の姿勢は、単なるヤジ飛ばし、公の秩序維持という目的を忘却した万年野党のごね得狙いと寸分変わらないのではないですか。挙げ句の果てには「民主党に入れよう」だの何の関係もない話まで飛び出す始末。こんな発言が連レスされれば、誰だってうんざりするとは思いませんか。


この疑問を提示し、日本国憲法擁護連合さんには今一度ご再考願いたいというところで、筆を置くことと致します。
長文にお付き合い下さり誠に有り難う御座いました。ネチケット破りのかかる行為に関し、文連さん、並びに全ての良心的コメント主様方に心よりお詫びする次第です。
では。

ハナコ
【2009/05/06 03:22】 | ハナコ #- | [edit]
スートロファンじゃなく洞口ファンです><
【2009/05/06 10:44】 | #- | [edit]
ハナコさんが丁寧な書き込みをしておられるので一応答えますね。

簡単にいいますと、大日本愛国党高知県本部の斉藤という人物は、左翼系掲示板やブログ、宗教系掲示板などにも挑発的な書き込みしている人物で、彼の製作している動画において彼が憎悪するすべての団体に関係する掲示板すべてが「被害」にあっているわけです。

たとえば『土佐高知の雑記帳』さんのブログでは、大日本愛国党の斉藤がおしかけて攻撃を繰り返しています。

彼は、ハンドルネームを大日本愛国党と称して書き込んでいる場合が多数ですが、2ちゃんねるにも名乗って書き込みしているようです。

そういう人物は、私以外にも粘着して攻撃しているようですし、法大文化連盟のブログだけではなく、関西のA&U大阪のブログでも右翼団体員だと称して書き込みをしている形跡がありますし、彼は自発的に書き込みをしている人物です。

で、彼の目的そのものが左翼への挑発・攻撃ですので、私も攻撃されるのはむしろ当然と認識しています。

彼は浅沼社会党委員長を刺殺したような右翼結社の党員ですからしつこいことはご理解いただけるかと存じます。

当然、法大文化連盟には新左翼最大大手の中核派もいますから、右翼結社の党員が攻撃と挑発を繰り返すのはむろし当然でしょう。

したがって私を攻撃する以前にこの四国の右翼は法大文化連盟のブログを攻撃しにきているのです。

杉並のつくる会教科書反対運動の際、右翼がおしかけていますが、あれも同類です。

ネットに右翼が進出している形跡がありますが、ソフトにみせかけているだけでしかなく本質は右翼です。

四国の右翼斉藤が私をしつこく粘着しているのは、数年前からですが、彼なりの挑発と攻撃とネットストーカーなんだということです。

公安警察に関する情報は、法大弾圧を指揮し企画してきた公安警察の実態を暴露するがためのものです。

これは法大文化連盟の人たちに対する情報提供と、一般の人たちに公安警察の実態を認識してもらうがためのものですので、長い内容になるのは必然なのです。

というわけで、右翼と公安に関する情報は、ともに攻撃される左翼系の人たちに対する情報提供にもなっていますので、どうぞご理解のほどを。
【2009/05/06 14:21】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
【2009/05/06 00:48】 |の正体不明の書き込みは、私の文体をにせて嫌がらせしているつもりのようだが、ばかばかしいとしかいいようがない。

四国の馬鹿ウヨはネタ切れで、こういうことしかやれなくなったのだろう。
【2009/05/06 17:33】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
憲法擁護連合はキモいから巣に帰れよ
【2009/05/06 17:42】 | #- | [edit]
久しぶりにコメントします。

前に斎藤君の発言に感激し2,3度投稿して以後、擁護連とその関係者との間で部外者にはまったく理解できないおぞましい言葉のやり取りが続き、文連さんには申し訳ないがROMに徹してきました。2チャンネル以下の口をきわめたののしりあいと飛び交う差別用語に恐れをなしてしまいました。ハナコさんの言われることは全くもっともなことです。擁護連は完全な「あらし」だと今では思わざるをえません。

たとえば5月5日には私が数えただけでも13回書き込んでいます。その中には5分刻みの書き込みもあり、それが長い長いものであることから、何処かのブログの記事のコピペか、あるいは二重投稿のいずれかです。見るだにうんざりするするのは、私でけではないでしょう。ハナコさんの言われるように、そのほとんどが文連のもと記事とまったく無関係です。「公安」という共通項があると弁解されていますが、それも個人的な経験(読者が確認しようもない)がほとんどです。特に5月5日の1000行をはるかに超える中南米に関する書き込みは、いくらなんでもひどすぎるでしょう。初めてブログを訪れた人は一体これは何だ、といぶかしく思うはずです。擁護連が文連を支援したいと思うなら、ハナコさんの誠意のこもったやむにやまれぬ諫言を聞きいれなさい。

文連の運動が少しずつですが広がりを見せてきたのは喜ばしいことです。洞口さんといっしょに闘っている新入生の姿には感激しています。洞口さんもこれまでよりもぐっと迫力が出て人間的に成長されました。それに比べて木原某先生は焦りが感じられます。そろそろ法政大学も路線をある程度変えなければならなくなっているのではないでしょうか?
【2009/05/06 18:45】 | 体制派老人 #UaG1u/Os | [edit]
>そういう人物は、私以外にも粘着して攻撃しているようですし、法大文化連
>盟のブログだけではなく、関西のA&U大阪のブログでも右翼団体員だと称し
>て書き込みをしている形跡がありますし、彼は自発的に書き込みをしている>人物です。

この書き込みは無いだろ。

http://aanduosaka.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_ec94.html 

このリンク先は大阪A&Uのブログだ。
擁護連がここと同様に訳の判らない書き込みを洪水のように書き連ね、結果と
して 管理人さんから荒らしと認定されたのが擁護連じゃないか。擁護連が
右翼団体員と言っている人は、過去に擁護連がやって来た悪行三昧のまとめを
A&Uブログに書き込んだだけだろ。擁護連がいくつもの掲示板・ブログで、
国賠訴訟をやりましょうと提起しても、誰も共鳴してくれない原因ってやつを
書き込んである。その書き込んだ人(自分の意に添わぬ人)を掴まえて右翼だと?擁護連は本物の病気だな。












【2009/05/06 21:25】 | #- | [edit]
ハナコさんと体制派老人さんへ

文章で表現する時の大切な原則を教えて頂きました。冷静に自分の思っていることをまとめ、判りやすい言葉で書く。

自分も「問題の人物」に言いたいことは沢山あるのですが、書き出すと子供の喧嘩になってしまうと自覚しているので遠慮していました。

とにかく読んでいてスキッとしました。他のテーマでもご意見を聞かせて下さい。自分も早く精神的に大人にならなくてはいけないと思い至りました。
【2009/05/07 02:18】 | 法大生その2 #- | [edit]
>国賠訴訟をやりましょうと提起しても、誰も共鳴してくれない原因ってやつ>を


動労千葉は今回、公安警察を国家賠償請求訴訟で告訴しています。

そして、大日本愛国党高知県本部斉藤をはじめとして右翼は中核派を憎悪し杉並に登場し公安警察と連携して弾圧をひきだしています。

九大の石井、法大学生会館に登場した自衛隊情報保全隊出身の右翼学生、杉並に登場した右翼などいすべて背後には公安警察が指示をだしていたといわれています。

以上。
【2009/05/07 03:00】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
>久しぶりにコメントします。

>前に斎藤君の発言に感激し2,3度投稿して以後、擁護連とその関係者との>間で部外者にはまったく理解できないおぞましい言葉のやり取りが続き、文>連さんには申し訳ないがROMに徹してきました。

部外者であれば介入はやめていただきたいがひとことだけ、右翼の分断策動にあなたは理解できないだけです。

これは私をずっと追い掛け回している右翼団体員とのさけられない軋轢でしかありません。

おざましい言葉というのは、私と右翼の間に対してですけれども、あなたはそのときは何もなさらなかったわけですので、評論家のようないいまわしで指摘される必然性は一切ありません。

そもそも私に粘着している右翼がとのような「嫌がらせ行為」をやっているかあなたは理解していますか?

あなたは、右翼に対してではなく、文化連盟に対して絶えず難癖をつけてきた右翼にではなく、「私」に対して批判を意図されるのは「自由」ではありますが、それは非常にナンセンスだと指摘しておきたいと存じます。

もっともあなたとただ討論したり批判することを目的としているのではなく、あなたのご意見に反論する意味でいわなければならないのは、あなたご自身が、私に対する批判を書き込んでいるからですのでご容赦のほどを願います。


>2チャンネル以下の口をきわめたののしりあいと飛び交う差別用語に恐れを>なしてしまいました。

あなたは、差別用語という言葉を持ち出していますが、私を粘着している人物がどれほどの悪意をもって書き込みしてきたかを理解できていないのではないでしょうか?


>ハナコさんの言われることは全くもっともなことです。擁護連は完全な「あ>らし」だと今では思わざるをえません。


そもそもあなたに、「擁護連」という呼称でよばれる必然性は一切ありません。

また、「擁護連」という言葉を発してきたのは、粘着している右翼です。

かれは、「きちがい擁護連」などと罵倒目的で使用しているのですが、差別用語が飛び交う、おぞましさといわれるのなら、なぜそのときあなたは、介入なさらなかったのでしょうか?

あなたの主観で「あらし」規定を私にしているのは、恣意的な意図さえ感じます。

「体制派老人」とあなたはなのられていることからもあなたの立場は明らかに恣意的な意図が感じられるし、反体制としてくくられている学生運動の場所に「体制派」と称して書き込みされることそのもののあつかましさを私は感じられてなりません。

そのような方から、「パージ」を受ける必然性はまったくありません。


>たとえば5月5日には私が数えただけでも13回書き込んでいます。その中>には5分刻みの書き込みもあり、それが長い長いものであることから、何処>かのブログの記事のコピペか、あるいは二重投稿のいずれかです。
見るだにうんざりするするのは、私でけではないでしょう

批評は「自由」ですが、恣意的な評価はおやめくだい。

>ハナコさんの言われるように、そのほとんどが文連のもと記事とまったく無>関係です。

同文。


>「公安」という共通項があると弁解されていますが、それも個人的な経験
>(読者が確認しようもない)がほとんどです。

勝手なきめつけはおやめください。公安警察の実態として事例をだしているのですが、あなたの発言によってそれらの暴露を封じ込めることになるのでそのような批評はおやめください。

また参考例として日本国内で発生してきた公安警察の動向を情報として暴露することは、とりわけ公安警察に狙い撃ちされている法大文化連盟にとって重要な意味をもっているし、民衆に対しても公安警察の実態を暴露する意味は大きいのです。

テレビではほとんど公安警察の問題など報道するわけもなく、過激派キャンペーンとしてかたづけられているだけですから、その実態を暴露するのはとても意味があります。

しかしあなたは、恣意的に公安警察の話題をするなといっているに等しく、法大文化連盟を弾圧している公安警察の実態を隠蔽する働きさえしているといわざるをえません。

>特に5月5日の1000行をはるかに超える中南米に関する書き込みは、い>くらなんでもひどすぎるでしょう。

中南米はアメリカの裏庭とよばれ、凶暴な右翼軍事政権、警察国家、ほとんどが新自由主義政策のなかで民衆は弾圧されてきたが、現在は、ほとんどの民衆が勝利して民主化を勝ち取っているという歴史的な意味を私は日本の法大現場とリンクさせて紹介しているのです。

あなたは中南米の闘いを隠蔽したいのでしょうか?

>初めてブログを訪れた人は一体これは何だ、といぶかしく思うはずです。

それはあなたの主観でしかないし、恣意的な意見でしかありません。

そんな言葉をはかれるのならば、「体制派老人」などと堂々となのって、反体制の学生運動の現場を伝えるブログに書き込みされているあなた自身の心をいぶかしく思わざるをえません。


>擁護連が文連を支援したいと思うなら、ハナコさんの誠意のこもったやむに>やまれぬ諫言を聞きいれなさい。

そもそも「体制派老人」と称されるあなたに「擁護連」という呼称で呼び捨てにされるいわれはございません。

やむにやまれぬ諫言を聞きいれなさい。とあなたに命令されるいわれもまったくございません。

そもそも「体制派老人」と称されるあなたが、なぜ反体制の学生運動を伝えるブログに書き込みされるのかその意図をつまびらかに開陳なさってほしいものです。


>文連の運動が少しずつですが広がりを見せてきたのは喜ばしいことです。洞>口さんといっしょに闘っている新入生の姿には感激しています。洞口さんも>これまでよりもぐっと迫力が出て人間的に成長されました。それに比べて木>原某先生は焦りが感じられます。そろそろ法政大学も路線をある程度変えな>ければならなくなっているのではないでしょうか?

その意見について反対者はいないでしょう。

ただし、
私はいろいろな左翼の現場や、インターネット空間をみてきたが、右翼が攻撃したり押しかけたり、偽装したり、挑発したり、とりこむために擦り寄ったりとあの手この手を使っている場面をみきました。

たとえば、『土佐高知の雑記帳』では攻撃的な大日本愛国党の右翼団体員は、『コミュニスタ紅星の幡多荘草紙』のブログでは運営者を取り込もうと必死になっているさまが現実としてあります。

したがって、「体制派老人」と称して、反体制派の学生運動の現場を伝えるブログに書き込みされているその言葉にこめられた真意をお聞きしなければならないと考えます。

あなたは、なぜ粘着する右翼には一言も意見もなく、難癖をつけてばっかりの右翼の書きこみに対して意見もなく、私に対して「あらし」だと規定されるのか、その本意として反体制派の学生運動の現場を伝えるブログにわざわざ皮肉をこめたような「体制派老人」となのられている言葉にすでに現れていると思われてなりません。

ということで、あの手この手であなたがいかように指摘されようと私のスタンスを変えるつもりは一切ございません。

そもそも正体がよくわからない人から恣意的に「あらし」規定をされる必然性もありません。あなたはブログなり掲示板なりをおもちであれば紹介されるべきだし、何がしの正体をご自身が明かされないと説得力はありません。

以上
【2009/05/07 03:51】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
それから、無関係な話題をずらずらと書き込みしてきたのは私を粘着している右翼ですが、「体制派老人」さんは、その人物に対して一言も言葉がないのはどうしてでしょうか?

しかも私の文体をまねて偽装までしている人物ですがあなたはその人物に対して一切の言葉がないのですから、あなたにいろいろいわれる必然性はありません。

また、あなたは、私と右翼団体員との軋轢を問題視されながら、公安警察の話題はするな、中南米の新自由主義に対する民衆側の勝利に対する話題をするな、と話を拡大されてくるのも恣意的としかいわざるをえません。

そもそも私はさまざまな偽装や成りすましをこらしてあの手この手を使って邪魔してきた右翼を相手にしていますので「あなたに」(?)何を指摘されようが私はゆるぎません。

とどのつまり、あなたの指摘は、右翼と論争するな、公安警察の暴露をするな、中南米の民衆を話題にするなといわれているに等しいのであり、これらを「あらし」だとくくられているにすぎないのです。

そもそも私を挑発してきたのは、右翼団体員ですし、その右翼団体員に対する反論権は私にあります。

ところで、反体制の学生運動の現場を伝えるブログに「体制派老人」あえて称されているのは、皮肉のおつもりなのでしょうか?

であれば、そのようないちもつ持つ人に私がいろいろと指摘されるのは非常に「光栄」なことと存じます。

というわけであなた様からの返答は結構ですので、一応あなたへの反論までにこの話題はここで打ち切りとさせていただきます。
【2009/05/07 04:03】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
ハナコさんと体制内老人さんへ

「擁護連」という方には、私も同じことを思っていました。
きちんとした文章で伝えていただいてありがとうございました。

【2009/05/07 07:47】 | #- | [edit]
先日、鴻上さんの記事にて軽い気持ちでコメント致しました。
私が職業上接する機会の多い典型例だと直感し、専門家の知見が非常に役に立ったことを踏まえ、直球での応対が全くのムダであることをほのめかしたつもりでした。
要らぬお節介だったようです。
これほどまでに的確、丁寧な応対をなさるとは思いませんでした。
全面的に同意致します。
平素の有能ぶりがうかがえるようです。
併せて賛同のコメントを寄せていらっしゃる方の存在にも改めて気付き、遅ればせながらさかのぼって拝読しました。
有意義な投稿をかなりの頻度で見落としていたようです。
【2009/05/07 14:57】 | 諜報員メアリー #/f7vzQoU | [edit]
あなたの立場が明確にしめされている点がありますので、反論をしておきます。これ重要ですから。

そもそも法大弾圧をしているのは、公安警察権力ですので、その点が重要です。

そもそも公安警察とは何かといえば、国家の暴力装置なのです。その認識があなたとは違うのです。

>公安警察に対する批判は必要です。「監視を怠らない」という民主主義の基>本を死守する為にも重要です。

公安警察の法的な設置は、GHQの占領政策の転換から始まっていて、当初は治安維持法の廃止と特高警察の廃止が促されました。

が、占領政策の転換によって、特高警察や中野学校の関係者を復権させて、公安警察は設置されていったわけです。

また破防法制定時、菅生事件を公安警察は自作自演して国会成立をもちらした謀略的な体質がスタート時からあります。

緒方盗聴事件も坂本弁護士拉致事件の真相が遅れたのも長野県警所属の公安刑事による日本共産党事務所窃盗事件も松元サリン事件の被害者である河野さんに対する過激派キャンペーンが当初やられたのもすべて公安警察によるものです。

彼らが日常どのような職務をしているかについては、なかなか実態が明らかにされていないが、はっきりいえば思想・政治警察であり、その本質は国家暴力です。

現場では、でっちあげ逮捕や転向強要が日常であり、最近は集団ストーカー行為をやって嫌がらせをしてくるという実態があります。

『日本の公安警察』や『公安警察の手口』やサンデープロジェクトではこうした公安警察の実態が暴露されています。

また、渋谷の転び公妨弾圧も動画で配信されており、公安警察の実態は世間に認識されつつあります。

とくに、しんぶん赤旗や自由法曹団の決議にもあるように、公安警察は自衛隊情報保全隊とともに国民監視のための国家暴力装置、弾圧・謀略部隊だといって過言ではないのです。

公安警察は、交通警察や刑事警察とは違って思想警察そのものです。

したがって、公安警察に対する批判は必要です。「監視を怠らない」という民主主義の基本を死守する為にも重要です。というレベルではないのです。

政権交代さえ権力の力を使って阻んでいる状況に、公安警察のトップだった漆間氏がかかわり彼が描いて指示を出しているという実態さえあります。

こうした関係性はすべてつながっていて、すべての点から公安警察は自衛隊とともに国家権力のための国家暴力装置であり、政治警察だと断言してよいと思います。

中村哲や小田切秀雄が警察権力(内政的)の本質を問う著作を戦後直後に出しているのは、その本質が軍隊(国外的)と同様に国家の暴力装置であり、権力が暴走しだすときは戦争動員の前兆だという歴史を踏まえて二度とこんな歴史は歩んではならないという総括ゆえです。

文化連盟の斉藤さんの発言や法大社会科学研究会の学園祭企画にもあったように、改憲攻撃として法大弾圧はしかけられているということ、学徒出陣にいたる歴史と戦前の学生運動の弾圧と今日の状況がにてきているという実態のなかでの出来事なのです。


>実際公安(に限らず警察全般)のやり方には甚だ粗暴なところが目立ちます>から、時として義憤に駆られ長々と文句を垂れるのも当然です。

そんな粗暴かどうかの問題ではなく、文化連盟の斉藤さんの発言や法大社会科学研究会の学園祭企画にもあったように、改憲攻撃として法大弾圧はしかけられているということ、学徒出陣にいたる歴史と戦前の学生運動の弾圧と今日の状況がにてきているという実態のなかでの出来事なのです。


>しかし擁護連さんの公安警察に対する恨み辛みは、正直なところ単なる「い>ちゃもんづけ」に終始しています。

公安警察は逮捕した倉岡さんや恩田さんにどのような尋問や暴言をはきまくっているかあなたは理解してますか?

公安刑事たち自身デモ隊や日常法大の現場でどのような暴言や挑発をしているか知っていますか?

法大文化連盟のブログでもそのような公安刑事たちに対して言葉を投げつけているのがどうしてかあなたに理解できますか?

私も公安警察から集団ストーカー行為、嫌がらせを受けているので文化連盟の方々の言葉に共感し、私も公安刑事たちの心に対応した言葉を使っているわけです。

あなたはそこに「いちゃもんづけ」をしているのです。あなたは、公安警察の「監視」は民主主義の基本だとおためごかしをしながら、公安警察に「いちゃもんづけ」するなといってきているのです。

公安警察の批判、暴露をやめろとあなたはいっているに等しいのです。

今回の弾圧事件では公安警察が具体的に弾圧し動き、尋問では度し難い暴言や転向強要がおこなわれているなかで、似たような人が続出して公安警察の暴露をやめろと言い募ってきているのは果たして偶然でしょうか?

法大文化連盟は連日、麹町警察署前で抗議の声と激励の声をあげているのに、弾圧している公安警察の暴露はやめよという声が文化連盟のブログで沸いてくるのは偶然ではないでしょう。


>あの史上最低の偽善スキャンダル雑誌『噂の眞相』まで引き合いに出し、

「噂の真相」はマスコミでは報道されないタブーや権力の実態を暴露させてくれる貴重な雑誌でしたが、右翼が編集部襲撃をかけたため、岡留編集長は朝日新聞襲撃事件や中央公論社社長宅襲撃事件などの歴史を踏まえて休刊されてしまいました。

右翼の暴力に岡留さんは身の危険を感じられて沖縄に移住されたのです。

というのも『噂の真相』は党派機関紙でもないし、民間反革命からの襲撃にそなえる何がしの備えを自分たちで備えるような党派ではなく商業紙だったからです。

似たようなケースでは『週刊金曜日』編集部にチャンネル桜系の右翼が抗議におしかけた話があります。

そんな実態があるわけですが、その雑誌を「史上最低の偽善スキャンダル雑誌」などと「いちゃもんづけ」をなさるあなたの立場が出ている気がします。

それからあなたは、「在日特権をゆるさない会」の話題をかつてされ、会員だといわれていましたが、あの団体は憎悪する団体や個人に対して集団で暴言をはきにいくというような排外主義右翼を扇動しているような人たちであり、杉並のつくる会教科書反対運動の現場に登場した右翼と同類としかいいようがありませんが、そのような会員が法大文化連盟のブログに書き込みされていることが実は不可解なのです。

あなたは排外主義団体の在特会のデモに加わっているのですか?

あのデモでは、「二十六万の警察人口なんだから少々おかしいのもいるだろうが、極左は警察の不祥事があればあげつらって批判している、なのになぜわれわれ在特会を監視するのか?弾圧すべきは、あの集会をやっている極左ではないのか?」などとあげつらう場面もありますが、だからあなたの発言にいたるわけでしょうか。

>職務執行中に怪我をし、酷い場合には殺された警察官の受難を「罰」「馬鹿」とまで言い募り、

不祥事の内容は、偶然ではありません。「罰」が下っているのは事実ですから。彼らが嫌がらせをすると必ずおこる不祥事について認識していなければ、また「罰」はおこるだけです。

そもそもそれらの言葉は公安警察にむけてです。

それから、彼らは法大文化連盟の人たちに日ごろ暴言をはいているし、私に対する嫌がらせのなかでも同様の挑発をしていますので、売り言葉に買い言葉です。

彼らはそれ以上の暴言をはいてきた連中でもありますが、あなたは文化連盟の倉岡さんに対する公安どもの暴言は問題にはせずに、私の言葉を問題にするのはどうしてでしょぅかねぇ。

転倒した警察官の件だけではなく、職務中にパチンコにうつつをぬかし車上あらしにあって警察手帳を盗まれた馬鹿な警官や、同じく職務中にパチンコにうつつをぬかしてトイレにピストルを忘れるという馬鹿げた警官についてはあなたは一言もいえないのはなぜですか?

ちなみに、転倒した警官の事件の内容は似たようなケースがいくつかあるわけで、警察権力の権威が失墜してきている証なのです。

それはすべて「罰」いがいないということです。

法大現場でも尋問でもレベルの低い、罵倒・暴言を連発することしかできなくなったのが現在の公安警察ともいえ、それはかれら自身が説得力をもっていないから、嫌がらせや暴力しかみせつけられないわけで、それ事態が公安警察の実態をしめしているだけなのです。

したがって法大文化連盟は、逮捕された恩田さんに関して自信をもって転向強要を跳ね返す力があることを指摘されているのです。

あなたには、公安警察と対峙する法大文化連盟の心が理解できますか?

公安警察を監視するのが民主主義の基本というレベルではなく、弾圧を受けている立場はそんなものではないのです。

>ひたすら「公安憎し」「警察憎し」で権力を叩き続けている貴方のその態度>は、


むこうは「憎しみ」をもっているから、嫌がらせするわけですが、あなたはそれに対する私の糾弾、暴露を火消したいだけです。

あなたの言葉は、公安警察と対峙している文化連盟の人たちに対して、そんな言葉をはくなと火消ししているも同然です。


>生産性が全くないばかりか、警察という「正義を守る」職務への冒涜ではな>いですか。

公安警察の暴露をすることは生産的ですが、言葉は「丁寧」であってもそれを邪魔したいのがあなたのようです。

その本音として、警察という「正義を守る」職務への冒涜などという言葉があなたから出ているのです。

志布志事件や法大弾圧をする人たちのどこに、正義がありますか。

これは驚き以外なく、公安警察から弾圧を受け対峙している文化連盟のブログに、警察という「正義を守る」職務云々と出てくること事態、法大文化連盟に対する「挑戦」いがいないでしょう。

警察という「正義を守る」職務とまでいう、あなただからこそ公安警察の暴露そのものを邪魔したいということになるのです。

そもそも警察は正義を守る職務というよりも(それはイメージにすぎず実態はそうでないから警察の自殺などが現実あるのです。警察の内部告発者に対するしうちもそうとうひどいし、神奈川県警の麻薬常習者に対する隠蔽工作からして腐敗は明らかです。)、刑事や交通ではなくて公安警察が支配的であり、国家権力のための暴力装置であるというのが実態であり、だからこそ、憲法違反もおかまいなしに彼らは嫌がらせや弾圧をやるのです。


>公安に限らずあらゆる警察に対する批判は、おしなべて庶民と権力の間の信>頼回復のためにこそされるべきです。

あなたの立場本音が出でいますが、あなたは、警察の不祥事によって民衆から警察権力への信頼が希薄になっているから問題であり、権力側の信頼回復が重要だと問題をたてるのですから、権力の提灯持ちというのがあなたの姿ではありませんか?

だからこそ公安警察の暴露はやめろと邪推しているわけです。

国家の暴力装置として公安警察をとらえるということがそもそもあなたには不可能だということです。

したがって法大文化連盟に対する公安警察の許しがたい弾圧に対してまったくといって言葉がないのです。

>長々と数百行に渡る引用を繰り返し、めったやたらに公安批判をがなり立て>ているだけの貴方の姿勢は、

勝手なイメージレッテル付けはおやめください。その言葉は、公安警察から弾圧を受けている法大文化連盟の方々が対抗して公安に投げかけられている言葉そのものに対する「あてつけ」にもつながる言葉です。

私は、彼らの嫌がらせを許しがたいと思っているし、であればこそ当然ああいう言葉になるわけですが、それだけではなく、公安警察の動向や彼らの実態に関する資料を紹介していることそのものが、警察という「正義を守る」職務だとか「庶民と権力の間の信頼回復」だとかいうあなたにとって許せないということではないでしょう?


>単なるヤジ飛ばし、公の秩序維持という目的を忘却した万年野党のごね得狙>いと寸分変わらないのではないですか。

あなたの本音がいよいよい出ています。実質は政治思想警察にすぎない「公の秩序維持」という公安用語のような言葉をはく人がどうして、公安警察から弾圧されている法大文化連盟のブログに書き込みされるのかがみえてきたように思います。

あなたは、警察という「正義を守る」職務だとか「庶民と権力の間の信頼回復」だとか「公の秩序維持」などいうのが本音でありその立場から法大文化連盟のブログに書き込みしてきているということです。

しかも在特会の会員といわれているわけですから、本心がみえみえです。在特会こそデマゴーグの野次飛ばしの典型のような人たちです。

「公の秩序維持という目的を忘却した万年野党のごね得狙いと寸分変わらないのではないですか」というあなたの言葉どおりあなたは、与党支持者だとみえます。

その意味で、野党攻撃に結び付けてくるあたりもあなたの正体がみえてきたといえるでしょう。

ウヨが自民シンパをかねて工作しているのが2ちゃんねるの風景になっていて、在特会などの排外主義を鼓舞する書き込みが工作されているのがあの掲示板の特徴ですが、まさにあなたはその拠点から法大文化連盟に登場されているのではないでしょぅか?

言葉は「丁寧」であっても、あなたの本心はみええみなのです。


>挙げ句の果てには「民主党に入れよう」だの何の関係もない話まで飛び出す>始末。こんな発言が連レスされれば、誰だってうんざりするとは思いません>か。


「公の秩序維持という目的を忘却した万年野党のごね得狙いと寸分変わらないのではないですか」というあなたの言葉どおりあなたは、与党支持者だとみえます。したがって、あなたはうんざりするといって邪魔したいわけです。

また、警察という「正義を守る」職務だとか「庶民と権力の間の信頼回復」だとか「公の秩序維持」などいうのが本音でありその立場から公安警察から弾圧されている法大文化連盟のブログに書き込みしてきているということです。

したがって公安警察の暴露や与党の批判があなたにはたえられないから邪魔したいとこうなるわけです。

以上。
【2009/05/07 15:29】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
つまりは、今の所、かの「日本国憲法擁護連合」氏のコメントを許容しよう
という意思が文連ブログの管理人氏に存在している訳で、その判断基準自体が
つまびらかではありませんし、それを明示しなければならない義務を当管理人
氏が負うことでもありません。ここでの「議論」は一応の匿名性が担保されて
おり、そこでの「議論」を無責任なコメントの応酬と言えばそれまでであり、
しかし、だからこその有益性もあると思います。まあ、この問題はネットの
掲示板、ブログのコメント欄などにおいて「議論」が成り立つのか、どうかの
問題にも転化します。この場自体がそのようなテーマを「議論」する場ではないのですが、いやおうなくその問題を「議論」しなければこの場の存在自体が立ち行かなくなる=でないと、何らかの「規制」を当管理人氏が取らねばならなくなる、という可能性もあるでしょう。自由とは常にこのような危機を孕みながら進んで行くとでもいいましょうか、この問題自体も運動のダイナミズムで乗り越えていくべきとでもいいましょうか(微苦笑) ともあれ、この場がこのような「議論」の場としても機能、存在していることを当管理人を始めとする文連関係者諸氏に感謝するとともに、そのことを再度確認しながら書き込むべきではないでしょうかね、如何。 
その1点においてのみ、「 日本国憲法擁護連合」氏の無謬性の追求には少々ついていけない気もします。「公安警察の実態を暴露するがためのもの」なのは充分理解しているつもりなんですけど、ね。

では、「この話題はここで打ち切りとさせていただきます」。。。


【2009/05/07 16:28】 | コスモス #s0G6cbFY | [edit]
>右翼が編集部襲撃をかけたため、岡留編集長は朝日新聞襲撃事件や中央公論
>社社長宅襲撃事件などの歴史を踏まえて休刊されてしまいました。

もともと噂の真相は2000年で休刊予定の雑誌だった。
ソース→噂の真相編集後記


>右翼の暴力に岡留さんは身の危険を感じられて沖縄に移住されたのです。

岡留氏は「那覇のキャバクラ嬢が気に入って沖縄に移住した」とCS番組で自己申告しておりました。

※ソースのある情報は正しく書き込んで欲しい。岡留氏は法政OBであるし。



【2009/05/08 01:38】 | 噂の真相定期購読者だった人 #- | [edit]
>もともと噂の真相は2000年で休刊予定の雑誌だった。


右翼団体の襲撃が突然の休刊宣言の真相。


>岡留氏は「那覇のキャバクラ嬢が気に入って沖縄に移住した」とCS番組で>自己申告しておりました

この情報は正確さにかける。

岡留氏は法政OBということだけは本当。

ところで、それ以外は揚げ足とりさえできない模様。
【2009/05/08 16:10】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
ハナコ氏に対する反論で、「コスモス」となのって、「この話題はここで打ち切りとさせていただきます」と書き込んでいるあなたは同一人物なのでしょうか?別人なのでしょうか?

そんな不確かな人と「議論」することはありえないし、「公安警察の実態を暴露するがためのもの」なのは充分理解しているつもりなんですけど、ね。 とあなたは口でいわれても、あなたは公安警察の暴露はするなといっているに等しいことに何も変わりはありません。

決定的にいえばあなたは、警察という「正義を守る」職務だとか「庶民と権力の間の信頼回復」だとか「公の秩序維持」などいうのが本音でありその立場から法大文化連盟のブログに書き込みしてきているということです。

あなたの立場ですと、「公の秩序維持」という言葉は「公安条例違反」に通ずるものであり、今回の逮捕は「公の秩序維持」を守るためという公安警察と寸分かわらぬ建前になってしまいますが、あなたはどうして文化連盟のブログに書き込みされているのでしょうかそもそもが不思議です。

おまけに、在特会会員だというあなたが(ちなみにあなたは自衛隊ともしょうされていましたよね。法大学生会館には情報保全隊出身の右翼学生が挑発してきたことがあるし、自衛隊には公安警察と同等の部門がありますので、あなたの本当の姿がみえていると思います。ちなみにアメリカ大使館前で抗議する民衆に対して「われわれは反戦運動を取材したいから撮影させてくれ」としょうして接近してきた公安グループの集団がいましたし、杉並にはネットでよびかけられた右翼の挑発があったし、九大の右翼学生はネットでも過激派キャンペーンをしていたことからも、民間反革命=右翼や権力が登場してくることは予想できるわけです)、大嫌いであるだろう学生運動に関わるブログに書き込みされる理由は、ネット右翼の行為と大差はないということです。

言葉は丁寧でも本心はみえみえなのです。


その実態が露呈してしまったために、ハンドルネームを変えて「この話題はここで打ち切りとさせていただきます」といわなければならないとすれば、いくら言葉を「丁寧」に書き込んだとしても、あなたの本心はみえみえなのです。
【2009/05/08 16:26】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
傾向として、誹謗中傷のネタ切れになると、今度は丁寧な言葉ともっともらしい理屈をだしてきて書き込み内容にけち付けして排除を一斉にいいたてる、それがだめなら、運営側を挑発する、そして私の文体を真似た偽装文章を掲載する、こういうやり方はずっと私を追い掛け回している四国の右翼団体員の諸行為であり、こういうパターンはいくつもの掲示板でみられた光景だから、私はとりわけて驚いてはいない。゜

というのも、「正体」はわかっているのだから。

やっぱり、また右翼が追いかけてきたねという程度にすぎないわけだから、いくらほえても、あの手この手を使っても、邪魔はできないんだよね。

ハナコと称す人物との間の話に、今度はコスモスとなのって、「この話題はここで打ち切りとさせていただきます」などとハナコと称す人物が指摘しているような言葉をいうわけだから、そもそも複数装っているのは間違いなし。

それから、無名で書き込みした後、ハナコと称してきた人物が書き込んだと後からなのってきたこともあったが、同一人物が書いているという指摘についてだったわけで、それは自己暴露というわけだろう。

でね、「コスモス」というのは、どこかでみられたハンドルネームなんだよね。「四万十川」というハンドルネームとそろって同じような粘着をしていた人物なんだよね。

「ハナコ」というハンドルネームも、五年以上前に2ちゃんの各所で「謝罪花子」となのって、歴史修正主義・つくる会教科書の歴史認識と在日排斥を書き込んでいた人物のハンドルネームと似ているのだが、これ偶然かなぁ?

在特会という団体は、在日排斥を掲げているわけだが、その団体の会員だと自らここで書き込んでいた「ハナコ」氏とにているハンドルネームの「謝罪花子」と称して2ちゃんに書き込んでいいた意見とよくにいているが偶然かなぁ?



誹謗中傷のためのはりだしのネタ先にも関係するハンドルネームだからばれているわけだよ。

お前の目的は公安警察の実態を暴露することに対して邪魔すること、権力の提灯持ち、右翼として文化連盟に難癖をつけることだってことはとっくにばれています。

もっといいえば、書き込み内容に即して邪魔、挑発をしかけてくるということもとっくにばれてます。

【2009/05/08 16:53】 | 日本国憲法擁護連合 #- | [edit]
日本国連合擁護連合へ

・噂の真相は2000年に休刊する予定だった

大宅文庫へ行ってバックナンバーを調べてみろ。2000年休刊予定が2003年に休刊に延びたのは「和久・西川裁判の費用捻出のため」と編集後記に書いてある。2000年休刊の理由も、噂の真相読者ならば「常識」。

・沖縄移住の話し

休刊直後の雑誌やテレビ・インタビュー(雑誌名は失念したが、テレビでは筑紫哲也ニュース23、CSニュースバードなど)で、「バックパッキング世界旅行に行く前に、お気に入りのキャバ嬢のいる那覇で一休みする」と発言していた。

自分の間違いは素直に認めろ。火病患者の中学生くん。
【2009/05/09 00:19】 | 噂の真相定期購読者だった人 #- | [edit]
擁護連の正体

・戸田ひさよし氏の板を荒らし、戸田氏に「何をしている人か」を
 書くように求められ、返答できずに逃亡。そして別ハンを使って
 別人格になりすまして再登場、それがバレて永久追放決定。
・自称ホモのくせに「葉寺はホモだ気持ち悪い」などと発言。
・化け猫氏、TAMO2氏、希流氏らの「個人情報」なるものを執拗に投稿。
・ぶらくみんZ氏を、批判者であることを理由にニセ部落民規定。
・「きちがい臨夏」「かなり精神的にヤバイ奴」などと精神病者差別発言を連発。
・差別を非難すると、似てないのに「葉寺の芸風をまねただけです」と開き直る。
・敵対者、非同調者は全員「職業右翼」「宗教右翼」「原理」「生長の家」「公安」etc.。
・「イスクラ」に多数の捨てハンを使い大量の荒らし投稿、管理人瀬奈氏に
 削除されまくる。
・アッテンボロー氏に粘着罵倒メール送付、イスクラでも誹謗中傷を行ない、アッ
 同氏に絶縁さる。
・自称「中核派シンパ」のくせに、日本国憲法賛美、今上天皇賛美、
 葉寺氏への私怨晴らしのためなら革マルも利用。
・「葉っぱをみんなで襲撃しませんか」と、葉寺氏へのテロを煽動。
・「護憲集会に参加」と書くも、どこの護憲集会かも書けない。
・知花氏のスーパーで、食材を通販で買ったなどとウソをつく。
・「悪魔の辞典(笑)」編者氏を、明らかに芸風が異なる葉寺氏と決め付ける。
・葉寺氏を「原理」「平和神軍」「ホモ」「ネット右翼の親玉」と見立て、
 執拗に中傷発言を続ける。
・自分自身が粘着レスをしまくるのを棚に挙げ、敵対者を「粘着」と罵倒する。
・かわふく氏や招き猫氏、ニャンケ氏を、化け猫氏と決め付ける。
・アッテンボロー氏や草加氏は、法大弾圧救援会からお礼のメールを受け取るも、
 法大弾圧救援会は、うちはだいこを完全無視。
・ワールドアクション、解同全国連のオフ情報を、あることないこと書きまくる。
・中核派幹部坂本千秋氏を男性と力説し、懇談したとウソをつく。
・まっぺん氏のコミケ参加、グッズ販売を「四トロの資金源」と妄想。
 特に、Tシャツ販売を「アジアの民衆を搾取」などと罵倒。また、
 広範に展開された管制塔戦士救援カンパを同様に罵倒。
【2009/05/09 00:45】 | #- | [edit]
………残念です。こうなることはある程度予測していたのだけれども、実際にその光景を見せつけられると全く、残念としか…。はああ。遂に私への二人称が「お前」に変わってしまわれた…。

貴方に対しては今後一切口を挟まないと先に書きましたので、貴方のコメントに事実と異なる点、又明らかに名誉毀損となってしまっている点は多々ありますけど、私から反論はしません。

しかし貴方は何の関係もない人まで巻き込んでしまった。つまり…私と貴方の間だけの問題ではなくなってきている。こういうのは「コスモス」さん含め、新たなコメント主さんを遠ざけるだけでしかなく、絶対に避けた方が良い!

文連さん。一切は文連さんの判断に任せて居りますので、私の方から何か欲求するということは極力したくありません。しかし…ごく普通の意見でも日本国憲法擁護連合さんにとって気に入らなければ、それは彼によって「右翼の発言」であると決めつけられてしまう今の状況は、はっきり言って支援者がコメントする気を削ぐものでしかない。これを何とかするためには、日本国憲法擁護連合さんに暫く自省し休まれて貰うのが一番いい。

文連さんはコメント主のリモホをご存じと思いますので、私と「コスモス」さんが全くの別人だということ、そして私がこれまで一度も別名を使ったことがないこと(まあ、一回だけ名前を書き忘れたことがありましたが…)は当然、お分かりのはずです。それを公式に宣言して頂けませんか。

そしてその上で、日本国憲法擁護連合さん、貴方にはもう一度、お考え願えませんか。
【2009/05/09 00:49】 | ハナコ #- | [edit]
まあ、煽り合いのないコミュニケーションがいいのですが(苦笑)
私は'08/12/14記事のコメント欄にて「日本国憲法擁護連合」氏から「コスモスさんご奮闘おつかれさまです」とエールを贈られたコスモスなのですよ。
その時記入したPASSWARDを失念したので、今回書き込みのPASSWARDとは同一でないですけど。同一でないという、その1点においてまだ疑われますかね?

さて「この話題はここで打ち切りとさせていただきます」とは、まさに擁護連
氏が本コメント欄の【2009/05/07 04:03】に書き込んだ台詞を丸々頂いて書いたものですよ。お分かりかな、少々の皮肉なんですけどね。。残念ながら私の認識は擁護連氏の存在をノイズとみなしますが、この方はここに書き込むことで生き延びているようにも思えるので、今は憐みを持ちつつ静観するのみです。この場において擁護連氏を許容するか、否かという議論へ傾斜することは本意でもありませんし。擁護連氏においてはこれからもご自分が最強の論客としてこの場で振舞うことに奮闘するのでしょうし、その存在の是非は何度も言いますが文連ブログの管理人氏の裁量だと思われます。願わくば、一方通行的な罵詈雑言や悲劇的なディスコミュニケーションがこれ以上増幅しないことを。。  p.s.「ハナコ」さん、ご配慮感謝します。

      最後に「日本国憲法擁護連合」さんへ。

「というわけであなた様からの返答は結構ですので、一応あなたへの反論までにこの話題はここで打ち切りとさせていただきます」
 
 この台詞、こんな文脈で使うと効果的なのかな(微苦笑)。。
【2009/05/09 06:43】 | コスモス #s0G6cbFY | [edit]
とうとうハナコさんや体制派老人さんにまで噛み付きましたか。やはり救いようがないですね、この御仁は。今はしきりに文連に猫なで声で擦り寄ってますけど、もし文連に批判されるようなことになれば一転、斉藤君の文章や恩田君の思想性をネタに怒涛のヘイトコメントを連発しますよ。もう見えている。

以前は敬意を表していた筈の御両名に、いまや敵愾心まるだしですからね。“そもそも「体制派老人」と称されるあなたが、なぜ反体制の学生運動を伝えるブログに書き込みされるのかその意図をつまびらかに開陳なさってほしいものです。”なんて、何を頓珍漢なことをほざいているのでしょう。私に対しても「逃散主義者とは如何なる意味か?」なんて馬鹿なことを書いてましたが、要するに彼には洒落や諧謔とかいったものは通じないようです。

【2009/05/12 20:37】 | 逃散主義者同盟 #- | [edit]
>ハナコさん

彼にはもう何を言っても無駄です。誠意が通じる相手ではないということです。
ただ「コメントに事実と異なる点、又明らかに名誉毀損となってしまっている点は多々ありますけど、私から反論はしません」と書かれているが、事実と異なる点は明らかにした方がよいですよ。名誉に係わる問題は放っておくべきではないと思います。

さて、今は2ちゃんねる・共産党板で暴れている彼ですが、あちらじゃ匿名ですから本性まるだしですよ。いや、こちらでも充分本性あらわしてるんですけど。
【2009/05/12 20:44】 | 逃散主義者同盟 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/524-5300dfe4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク