スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

2月2日

 2010-02-02

 どうも。齋藤です。恩田さんはバイトの面接・増井は京都ということで今日の報告記事を書くことになってしまいました。彼ら二人がいないことでわくわくさんがお亡くなりになった時と同じくらいの喪失感を感じておりますが、まあ、元気だしていきます。

 写真嫌いの私としてはカメラなんざ持たないので今日は写真はなしで、私が今日感じたことを殴り書きにする「つれづれ~」テイストでいこうかなと思います。

 まずはなんといっても新井さんが入校できないこと。知っていらっしゃる方は知っているかもしれませんが、彼は2008年5月28日に警備員・星氏に暴行をしたという罪で起訴されましたが、事実無根につき無罪を勝ち取りました。政治的な背景を持つ裁判だったのでいろいろありましたが、正当な判決が出たわけです。さらにその判決文の中で、「処分すらなく入校を制限するのは管理裁量権の逸脱」とまで言われ、法的に言えば新井さんは今日入れるはずだったわけです。
 別に我々としては無罪になるかどうか、単純に合法か否かを目的に裁判闘争をやりませんので、けっこうそこらへんはどうでもよかったりする面もあるのですが、法政大学がこんなことをやるとはびっくりです。なぜなら、3・14事件に関連して内海さんたちが処分されたときに、裁判所に処分撤回の申し立てを行い、却下されたことがあり、それに関連して法政大学は「彼らは裁判所に申し立てが却下されたにもかかわらず自分たちの主張を繰り返す反社会的集団」という趣旨の内容を新入生に説明していた歴史があるからです。自分たちは合法的だ、という筋を通したいならそうすればいいのに、これで法政大学はその根拠をついに自ら手放してしまったようです。それとも開き直って自分たちも反社会的集団と言い出す気でしょうかw

 さて、そろそろ本題に入ろうかと思うのですが・・・なんか3・14ブログ見てたら「呼び出しがどうであったか」みたいなことは結構書いてあるので、 そこらへんが気になる方はそちらの閲覧をオススメします。ちなみに、ちょっと意外に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、私が「法律なんて現実の力関係の追認でしかない」という発言をしたのは本当ですよ。法があって人間がいるのではなく、人間がいて法ができるんだ、ということなわけですが、詳細に語りだすとタイヘンなことになるのでここでは省略します。「自然法」とか「自然権」とか現実に一度も存在したことないものを前提にした議論しかしたことがない方にはわかりかねるかもしれません。

 個人的には、今日の一番の発見だったのは京都大の方からの情報です。彼いわく、京都大で教授を回っていろいろ話をしていたら、ある教授からこんなことを言われたそうです。
「君たちが、立場の弱い非常勤講師の授業だけを狙ってクラス討論をやっている」
 ・・・・・なんですと? どうやらこのような情報が法政大学の教授から発信されているようです。う~ん。政治系の教授の授業を狙っているという面はわずかながらあるので認めますが・・・、どちらかというとその原因は法政大学の多すぎる非常勤講師に問題があるのでは? 10人中7人が非常勤講師だったら手当たりしだいにクラスに入って演説してれば70%の確立で非常勤に当たるわけでして・・・。正確な割合は手元にありませんが、英語など語学の授業はほとんど非常勤であるようですし。悪意なのか無知なのかわかりませんが、ふざけたデマを流している教授は法政大学のコストカットの問題に焦点をあてたほうがよいでしょう。非常勤という立場の弱い勤務形態を作っているのは大学側ですし。むしろ私としてはあまり日が当たりませんが、非常勤講師の待遇改善を目指した運動には連帯の意を示したい。具体的にどうなのかは私は知りませんが、学問の世界で暮らしている人間である某教授が授業で「あれはひどい」という発言をなさっていたぐらいですから、きっとそうなのでしょうし。

 最後に。いちおう杉田教授の授業をとっていた私としては彼の名誉を守らなければなりません。彼が今日、法学部の部長であるにも関わらず今日の面談にいなかったことは事実であるし、面談中に後ろの窓ガラスから中をのぞいてたとかはそのようですが、彼は「憲法9条を世界遺産に」とは言っていません。それは大田光氏だったと思います。杉田敦教授が憲法について論じた著書を2007年ごろに出したことがある、とかハードパワーをソフトパワーに置き換えていく運動に関わっている、ということを言ったのは私ですが・・・中核派は妄想に基づくはやとちりをしないでください。

 今日はこれぐらいですかね。それではみなさん、ごきげんよう。

コメント
 斎藤さん、法大「教授」どもの退廃は法大総体にまで及んでます。学生は似非学者、似非教授に「教えられる」ことを、鵜呑みにする存在ではありません。
 
【2010/02/03 11:16】 | 赤ヘル #- | [edit]
↑すみません、「齊藤」さん、「斎」と書き間違いました。
 大学も「利権」になり下がりました。もちろん私の出た関西学院も同じです。
【2010/02/03 15:28】 | 赤ヘル #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/588-b53cdc72
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。