スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

4.23の学内映像

 2010-04-25
.23の学内映像。法政ドキュメンタリーブログより転載。
http://d.hatena.ne.jp/zootro/20100424/1272123367





加えて、「法政大学自由空間」のサイトに興味深いインタビュー記事がアップされているので紹介しよう。

・法政大学自由空間
http://spacefree2010.blog28.fc2.com/

漫画喫茶「自遊空間」とは縁もゆかりもない団体であるらしい当団体ブログ記事では、「自由空間ジャーナリスト部」なる団体内班が機動し、かつての法政大学関係者へのインタビューを敢行している。
まだ3回分しか公開されていないので全容はしれないが、既に2000年以後の法大学生運動史における一大事件「9.21ボアソテロ」は扱われており、今後の活躍が期待できるところだ。

それとツイッターでもツイートしているが、京都大学新聞。

・京都大学新聞HP
http://www.kyoto-up.org/

ここのコンテンツが素晴らしい。
ストレートニュースあり、インタビューあり、企画あり、批評あり。
あと文学さえ付加すれば言論の総合商社が実現するイメージである。
どれほどのアクセス数があるのかは気になるところだが(数字がすべて!)、学生のレベルでここまでの言論メディアを駆使できる事態は驚嘆に値する。
参考のために同業他社を引き合いに出すとこんな感じ。

・早稲田大学新聞HP
http://www.geocities.co.jp/wallstreet/1471/

京大新聞と比べれば早稲田大学新聞なんておしっこのようなものである。
「左翼はIT弱者」とは思想家・矢部史郎氏の言葉だが、その通りであろう。
あるいは、左翼も右翼も一般市民もIT強者/IT弱者の比率は変わらないのだが、社会運動とITの親和性が非常に高いために、その能力のない活動家連中がとりわけ無能に見えるのかもしれない。
いずれにせよ、模索舎の倒産がどうこう言う前に他にやれることはあるはずだ。
我が文化連盟IT革命軍は今後も日本全国各大学におけるIT革命情勢を真摯に見守っていきたいと思うのである。
コメント
郁真って裁判中なんですか?その経過はどうなのですか?
郁真と知り合いなので安否が気になります。
【2010/04/26 02:24】 | 通りすがり #- | [edit]
他人に団結を訴える中核が
何故、些細な意見の違いをとらえて
「反革命」だ「カクマル」だ
などと内部分裂を繰り返しているのは
何故ですか?矛盾しているとは思わないの
ですか?前進社のジジイから言われれば、
なんの疑問もなく、動労千葉は神様で
革マルは「カクマル」になるのですか?
そういう姿勢を、疑問に思われているからこそ
支持が集まらないとは考えないのでしょうか?
>マル学同中核派 法政大支部 の皆さんへ
【2010/04/27 07:05】 | #- | [edit]
日本の大学制度は末期。ちょっいとばかり、英単語、古語単語を識ってるぐらいで、形骸化された「偏差値」で受験生を切り分けたり。受験知識など半月もすれば、きれいさっぱり脳裏から消えている。
繁栄と飽食と受験で歪められた社会で培養された、今時の大学生のエゴイズム、どうしようもないネ。
【2010/04/27 09:24】 | 今時の大学生 #- | [edit]
倉岡さんは、連合赤軍の永田洋子を連想させる。
(ヒステリーに警備員を罵るさまが)
警備員にくってかかってもしょうがないだろうが・・
【2010/04/27 20:49】 | #- | [edit]
バカ田大学www
都の西北~バカ田の森にー
【2010/04/27 23:37】 | kakumaruwashine #- | [edit]
「警備員に食ってかかっもしょうがない、、、」氏へ
 東京警備の警備員は、闘う女子学生へ「ブス」「ブスに生きるはない」などと呼び立て、罵声の限りを尽くし、挙句の果てには、「闘う女子学生と一緒にいたら、そのキチガイ(ママ)が移る」という「精神障害者、女性差別」と偏見を公然と行った。
 こんな差別者と対決し糾弾するのは当たり前だろう!!
 永田女史は毛沢東教条主義者。マチャミは反スタ・トロツキスト(マルキスト)。
 マチャミがんばれ!オレは、マチャミを応援する!!
【2010/04/28 00:54】 | マチャミ大好き #- | [edit]
革マル派の裏切りは、挙げれば、枚挙にいとまがない。
たくさんある中の一つを挙げよう。
国鉄民営化の際、君も周知だろうが、国鉄闘争の戦場から旗を巻いて脱走し当局の軍門に降って、あろうことか、国労潰しの「走狗」になり果てた。国鉄労働者は革マルを評して、関ヶ原の合戦で西軍を裏切った「小早川秀秋」と揶揄している。
【2010/04/28 01:11】 | 反帝学評 #- | [edit]
操り人形を叩いて、操り師を放置じゃ意味無いでしょ。
カクマルの裏切りは、安田講堂逃走等、枚挙にいとま無い事
はよく知っている。でも「反基地」とか、では団結出来ないのか
と言っている。もう、ボス交で戦争は終了しているのでしょ。
未だに機関紙上で、せん滅するとか言っているのに疑問は
感じないのだろうか?
【2010/04/28 07:02】 | #- | [edit]
革共同中核派は、あずかり知らないが、解放派については「停戦」は断じてあり得ない。
 革マル派は解放派を「綱領的敵対党派」と規定しており、「倒すか倒されるか」だよネ。と同時に、解放派は、革マル派に、指導的同志・筆頭総務委員「中原一」、総務委員「石井真作」を倒されおり、このままオメオメと引きさがるわけにはいかないだろう。
 全党全潮流一丸となって「革マルへの報復戦」を虎視眈々と狙っている。
【2010/04/28 09:58】 | 反帝学評 #- | [edit]
 資本論は、一巻「資本の生産過程」、二巻「資本の流通過程」、三巻「資本制生産の総過程」という篇別構成になっている。
 一巻では、資本が如何にして剰余価値を生産するのかを直接生産過程で考察し、二巻では、剰余価値を市場で貨幣に変えて回収する過程と社会的総資本の再生産構造が生産手段部門と消費資料部門で成り立つことを考察、そして三巻では、見えない剰余価値から見える貨幣に変わった利潤が再投資されて剰余価値を搾取し、蓄積競争を繰り返して資本の集積を促進し、逆に過剰生産競争へ至る必然性を考察する。
 「資本論」の目的は、近代社会の経済的運動法則を暴露することにある!!
つまり資本制社会の本質が剰余価値を生産であり、その本質そのものの矛盾が資本と賃労働の矛盾であり、この内的矛盾が資本家と労働者の階級的対立という資本主義社会の基本矛盾を構成すること、資本の蓄積が恐慌と階級対立を不可避とすることを暴露し、労働者階級に資本主義の打倒と勝利の必然性を確信させることを目的としたのである。
 同時にマルクスは資本主義の内的経済法則が必然的に資本独占を導くことを示唆した。しかし、法政大学の宇野弘蔵先生は、独占形成の法則的解明を否定した。
【2010/04/28 11:29】 | 法政大学、故・宇野弘蔵先生を偲ぶ #- | [edit]
 マルクスは一巻冒頭で、商品が資本制生産の源基形態であるという。これは資本の一切の生産物が商品形態をとり、労働力さえ商品化され、資本も株式商品として売買されるということである。そして次に商品の価値は、他の商品と交換される比率つまり交換価値として量的に表現されるが、その比率は商品に投下された労働の分量によって決まること、労働こそ価値の実体であることが論証される。
 これが労働価値説である。
 そして、貨幣は、商品交換が生み出した特殊な商品で価値の塊であるから労働力を買う資本に転化しえたのであると説くのである。
 かくしてマルクスは資本主義の本質である剰余価値の生産の解明に移行する。
 すなわち労働価値説に基くならば商品は価値通りに売る限り、儲けは生まれないはずであるが、資本家は労働者の生産した商品を市場で価値通り売って儲けている、という謎の解明から始まる。
 そしてこの謎は、労働力が商品として価値通り資本家に売られ、資本家は労働者を働かせて彼に支払った価値ー賃金より大きな価値を生み出すという秘密が暴露されることによって解かれる。 
 いずれ続編を送ります。            
【2010/04/28 15:23】 | 法政大学、故・宇野弘蔵先生を偲ぶ #- | [edit]
マルクスは、如何なる社会の生産も継続的な生産でなければならぬという経済の原則から、剰余価値の生産を、剰余価値の資本への再転化すなわち資本の蓄積過程と捉え、この資本蓄積を、搾取関係の拡大再生産である生産関係の拡大再生産として捉え、更に、この資本の蓄積による生産関係の拡大再生産を、歴史的一回事象である本源的蓄積の労働主体と生産手段の暴力的分離が、完成した資本主義の土台の上で原罪の如く作用したものとして捉える。
 賃金労働者は、本源的蓄積の経済外強制で生産手段から切り離された被支配階級である。
 だから「労働者階級は、直接的な労働過程の外部でも、資本の付属物である」「労働者は、彼が自己を資本家に売る前に資本に属している」「資本制生産過程は、再生産過程としては、商品を生産するばかりでなく、剰余価値を生産するばかりでなく資本関係そのものを、一方には資本家を他方では賃労働者を生産し、再生産する。
 「資本制的生産過程は、それ自身の進行によって、労働力と労働条件との分離を再生産する。労働者の搾取条件を再生産し、永遠化する。それは、絶えず労働者をして生きるために労働力を売ることを余儀なくさせ、絶えず資本家をしていた致福のために労働力を買うことを得せしめる」
【2010/04/28 17:33】 | 法政大学、故・宇野弘蔵先生を偲ぶ #- | [edit]
二巻では資本の流通過程が剰余価値の姿態を変えた循環と回転であること、社会的総資本の再生産構造が生産手段部門と消費資料部門の関連によって成り立っていること、この二部門構成の再生産表式の発見によって大規模販売を不可欠な前提として大規模生産が可能になり、恐慌が個人消費需要の減少においてでは無く、資本と資本の交換、資本の再生産過程の減退で勃発することを開示し展開する。
 この再生産表式の発見は、ケネーの経済表の発見にまさる経済学上の快挙であった。
 三巻では、①平均利潤率の法則、②恐慌と集中、③三大階級の収入減が展開される。
 まず、資本構成(不変資本と可変資本の比率)の高低に伴う利潤率(不変資本と可変資本の和で剰余価値を割った比率)の高低が、産業間の資本移動を惹起して平均利潤率を形成するが故に、各産業は自らの費用価格に平均利潤を加えた生産価格で販売すること、したがって産業資本主義段階では賃金も均一化の傾向性を持つことが論証される。
 次に資本構成の高度化に伴う利潤率の傾向的低落の法則が、資本の蓄積競争を激化させて資本の集積を促進し、遂に過剰生産恐慌を爆発させること、この周期的恐慌が生産力と生産関係の衝突であり資本自身による資本制生産の制限であることを論証し更に恐慌は大資本が小資本を収奪し併呑する資本の集中を惹起し独占を形成を内在的に準備することを論証する。
 分配関係が生産関係の裏面であること、三大階級の収入減がことごとく剰余価値に発することを論証して、資本が利潤を、土地が地代を、労働が賃金を、各自別個に生むという「国民経済学」の息の根を止めるべく経済学批判の最後の止めをさしたのである。
 マルクス主義は科学であり、スターリニズムに汚されたとはいえ今なお色褪せることなく天高く輝いている。
【2010/04/29 04:55】 | 法政大学、故・宇野弘蔵先生を偲ぶ #- | [edit]
4.28沖縄デー集会の斉藤君の演説を聞きました。
最高!
今まで聞いてきた演説(2000~3000?)のなかでもピカイチ!
全学連以上に全学連的で断固支持!
まさに層としての学生運動を体現しているよ!
凄く楽しめた。
本当にありがとう!!

そうだ、ぜひ武井昭夫「層としての学生運動」という本を読んでみてください。
あと戦争と労働者の関係でいうとブレヒトの「戦争案内人」が斉藤君と同じようなことを言っています。こちらもご参考までにどうぞ。
重ね重ね本当にありがとう!!
【2010/04/29 11:26】 | 通行人 #mQop/nM. | [edit]
法政大学、故・宇野弘蔵先生を偲ぶさんへ

投稿が硬すぎます。読んでも経済学部ではない自分には理解出来ません。
あの~、連休でもありますし、法政大学、故・宇野弘蔵先生を偲ぶさんが学生していた頃のキャンパスの思い出などを書いていただければ嬉しいです。
当時の自主法政祭の様子や、神宮の野次で笑ってしまったやつがあれば是非!
【2010/04/30 02:06】 | #- | [edit]
似非憲法を語る団体はここですか?
【2010/05/03 13:45】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/668-109da842
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。