①革命と暴力

 2010-12-17
                ギレン

 諸君!! 「革命」とはなんであろうか!?
 プロレタリア革命とは、いったい何を変革することを目指しているのだろうか?
 簡潔に言おう! 革命とは、権力をとることではない!! 
 しかし早まるな! 誤解してはならない! 権力はとらなければならない。それなしにはプロレタリア革命は現実的には不可能であるからだ。
 だからこそ、今私が言った「革命=権力をとることではない」の意味についてその核心を語らなければならない。

 共産主義社会、つまりすべての人民による経済の計画的統制に基づく社会が可能だという根拠は、今、この瞬間、世界を動かしているのは労働者である、ということだ! 
 諸君、考えてみたまえ。社長が首をたてにふったからその会社は動いているのか? 断じて違うだろう!? 今この瞬間世界を動かしているのはそこらへんの吉野屋や居酒屋で食事をとったり酒を飲んだりしている無数の労働者たちであり、俗な言い方をすれば庶民たちである。
 だからこそ、彼らが社長や理事会=資本家をぶっとばし、普段彼らが働いている自らの職場を、普段働いているからこそ、団結し、協力しあえば自らで運営することができるということ、彼らがそういう力を本質的に持っているということが、共産主義社会が可能であることの根拠なのである。だからマルクスは、そのように運営される社会を「共に生産する社会」と名付けたのだ。それ以上でも以下でもない!

 しかしながら、じゃあ実際にそれをやる力を労働者大衆はもっているのか、ということに誰でもたどりつくだろう。
 ここが問題である! そうだ、その通りだ! 労働者大衆はそんな力を持っていない! それは現状、まぎれもない事実である。いきなり資本家が、支配者がいなくなったら社会は悲惨なことに陥ることは確実である。今いきなり警察がいなくなったら治安がどうなるか考えてみたまえ、諸君! 
 では、どうするか? 簡単だ。労働者がそのような力を持てばいいのである。
 労働者が自らの理論を持ち、自らで職場のルールを作成し、自らで責任を持ってそのルールを守ることができるようになればいいのである。労働者大衆が選挙のような「非日常=政治」ではなく、「日常=政治」となるような生活を創りあげればいいのである。簡単に言おう! 労働者大衆が、すべての人民が政治を取り戻すこと、それが「革命」なのである! 

 次に問題になるのは、ではどうやって労働者がそれを学ぶのか、ということである。労働者は、様々な要因から、資本の抑圧、理不尽に対して闘いを開始する。個人では勝てないから、団結し、労働組合を作って闘う。これだ! これが、マルクスが労働組合を「社会主義の学校」と位置づけた理由である。労働者は、労働組合運動に携わる中で、政治を学ぶ。自らの力でルールを作り、それを資本に強制し、そのルールを自ら責任を持って守ること、日常の経験の中から、自らの指導者を選ぶこと、課長や部長などの管理職がいなくとも、自ら選んだ指導者の下で職場を合理的に運営することを学ぶ。 
 ひとつの例として、ストライキをとってみよう。ストライキはサボタージュと違う。それは意識的に職場を止め、終結のさいには、意識的に職場を動かすことができなければならない。つまり、管理職なしで、労働者がみずから職場を運営することをその闘争の過程で労働者が学ぶのである! このような運動の結果として、社会のすべての人々が資本家なしで社会を運営できるようになること、その全過程が「革命」なのだ! 革命はある日突然起きはしない! 革命は奇跡ではない。革命は人類自身の、自らの変革運動全体のことであり、それに至る過程のことである! 動労千葉は、かつてもっと勢力があったころに、「外房線はJRよりおれたちのほうがうまく動かせる」と宣言したことがあるが、これは日常の闘争や数十回のストライキのすえに獲得したものなのである。彼らのような労働組合、労働者が社会の常識になることが革命なのである!

 さて、ここで問題になることがある。実際に労働者が職場を自らで運営するような事態になったとしよう。こうなると不都合な状態を強制される者がいる。そうだ、資本家だ! だから彼らは言う! 「私の所有している会社が労働者に占拠されている! これは私的所有権の侵害だ!」と。そして法律という暴力を執行するために警察がやってくる。労働者は殴られ、逮捕され、場合によっては殺される。歴史上このようなことは何度もあった。有名なのはパリ・コミューンだが、卑近な例でいえば、2008年の京品ホテルの闘争について調べてみるといいだろう。
 ゆえに! だからこそ! 労働者は権力をとらなければならない! 労働者の利益を体現する党を創り、自らを階級として組織し、現在の国家を転覆する準備をしなければならないのである! 暴力を準備する以外に、権力をとること、そしてそれを維持することは不可能である。資本家が労働者をブルジョア法=私的所有を擁護するための法律で労働者を抑圧したように、労働者権力はプロレタリア法=私的所有を廃止するための法律で資本家を弾圧しなければならないのだ! これがプロレタリア国家の役目である! 
 暴力とは、強制力一般のことであり、それには法律も含まれるのだ! 権力をとること自体は、例外的ではあるが(※)、議会で多数をとることによっても可能である。しかしそれを維持し、革命を完遂するために、資本家を抑圧するための法律を通し、実行するためには、労働者が圧倒的に動労千葉のように闘う戦闘性を持っている状況である必要があるのだ!
 マルクスは言った! 「暴力は革命の助産婦である」と。その通りだ! 暴力は革命の助産婦であり、それにすぎない! 革命を生むのは暴力ではなく、労働者階級であり、人民である! 資本との闘争の中で必要とされ、生まれる団結こそが新たな常識となり、社会を変えるのであって、暴力が社会を変えるのではない! 暴れることで社会は変わらない! 資本家を殺すことで社会が変わるわけではないし、警察を殺すことで社会は変わりはしない! 
 革命と暴力の関係を幼稚に解釈し、暴力を単なる軍事力と勘違いすると、連合赤軍のあさま山荘事件のような間違いを起こすのだ! まあ、彼らの路線については我々なりの意見があるが、ここではそういうことにしておこう。

諸君、今回のまとめだ!
①革命=人間自身が政治を取り戻し、奪われた共同性を取り戻していく過程
②暴力はその助産婦にすぎない。必要なものだが、それが社会を変えるのではない

「労働者はときどき勝利することがある。しかし、その勝利は一時的なものにすぎない。労働者の闘争のほんとうの成果は、直接の成功にあるのではなくて、労働者の団結がますます広がっていくことにあるのだ」
マルクス『共産党宣言』


団結の究極の拡大こそ、革命なのである!!

※1917年6月ごろ、レーニンは当時のロシア二月革命後の労働運動・農民運動の高揚を背景にして、憲法制定議会選挙でボリシェビキが多数派をとることによっても革命ができると考えていた。コルニーロフの反乱によってそれが不可能な情勢となり、当初のプランであった武装蜂起で10月革命へと向かった。

今回の重要文献
マルクス『共産党宣言』


おまけ:社研の会話
「我々は、圧倒的戦闘的に革命闘争を貫徹し、支配階級の暴虐を打ち砕き、プロレタリア世界革命への道を開かなければならない!!」
「第一に、圧倒的戦闘的であることが革命的とは限らない。第二に、支配階級とは誰か? 暴虐とは何か? 暴力を使うことは我々だってある。第三に、世界革命への道を開くために現在具体的に何をなすべきかを言うべきだ。つまり君は何も言っていない。強い言葉に酔うな小僧」
「ごめんなさい」
コメント
NET上で自分たちの理論を発信するのはいいが、法政のキャンパス前での街宣はやめてくれ。教室内にも音が入ってきて、自習してる生徒が迷惑だ。斯く言う、私も煩く感じ、勉強を妨害されたと感じた。

あなたたちがどんなに素晴らしい理論を吐こうが、勉学をする場所にいて大音量で街宣し、勉強の邪魔をする君たちを誰が支持するだろうか。甚だ疑問である。

【2010/12/17 05:00】 | #- | [edit]
彼らは休み時間中にだけ街宣をするように心がけていると思いますよ?本当に法政の学生さんでしょうか?大きなお世話ですが休み時間くらい勉強を休んで休憩を取ってはどうでしょう?あと何処の自習室ですか?私もたまにではありますが利用します。でも騒音と言えるほどの音は聞こえたためしがないのですが。   

ただし私も校門前の方々には言っておきたい事があります。それは受験日にビラを配る彼らのデリカシーの無さについてです。私もアレには流石に「ムカッ」としました。

貴方達にとっては勧誘の絶好の機会なのでしょうが学生にとってはある意味で人生をかけた日です。その邪魔をするのはよくないと思います。あんな事をしていては学生から支持は得られません。
【2010/12/17 06:40】 | #- | [edit]
資本家と労働者の定義について、疑問を提起したい。
マルクスの時代には一般的に、会社の保有者が自ら経営を行っていた。従って、会社の保有者=経営者=資本家という図式が成立した。
しかし、株式会社の発達により、会社の保有者と経営者が分離し、経営者の多くは雇われ経営者となった。彼らは、収入の面では高所得者ではあろうが、生産手段を所有していないという意味では、労働者的・プロレタリアート的ではないだろうか?
一方で、一般社員が株式を所有することも決して珍しいことではなくなった。彼らも会社の保有者であるという意味において、資本家的・ブルジョアジー的ではないか?
現在のこのような状況下において、どのように資本家階級・労働者階級は定義されるかについて、ぜひご意見をお聞かせください。
【2010/12/17 08:08】 | 反動的名無し #- | [edit]
>>彼らは休み時間中にだけ街宣をするように心がけていると思いますよ?本当に法政の学生さんでしょうか?

法政の学生ですよ。自習室ではなく、55年館の一般の教室です。今度機会があればどれほどうるさいか体験なされてみてください。
【2010/12/18 05:21】 | #- | [edit]
おひさしぶりです。
あいかわらず、失業しております。
法政文化連盟は、いつから、革共同全国委員会の下部組織になったのか。
上記のブログも、ジオンのような帝国主義を使うべきではない。
使うなら、アムロだ。
ガンダムの主人公である。
あまり、革共同全国委員会に従うのは、問題だ。
全国委員会には、最近、地方組織が独立した責任がある。
支援党派なので、賛同したい気持ちは、わかるが。
過度に主張まで、依存するものは、問題である。
これは、かつて、共産同赤軍派が、機動隊の弾圧のあまりに、過激な火炎瓶闘争に走り、空中分解してしまったことに、値すると私は思います。
革マル派は、赤軍派を小ブルの火遊びと罵倒したが、その主張に、間違いはない。
レーニンも、火炎瓶を投げることだけに依存するのは、左翼小児病だと、当時の社会革命党を批判している。
革命とは、計算的な要素も、必要だし、自然発生的要因も必要である。
もともと、革命党派ではない、文化連盟は、もっと多様な思想に基づく主張をすべきだ。
なんか、マルクスの若年ころの思想の称讃化の場と化した感がある。
マルクスは、議会主義的方法も、革命党派として、心がけなければならないと晩年説いた。
革命運動に序列なしも説いた。
エンゲルスは、マルクス死後、すでに、マルクス主義を手前勝手に捕らえたマルクス主義派という運動に悩まされていた。
たしかに、マルクスは、若年のころに、君主制打倒の市民革命を目指していた。
中核による一党革命論は、現実性がない。
その思想には、スターリン主義の臭いさえある。
マルチ・チュードこそ、文化連盟の歩む道である。
最近、ユーチューブの使用も少ない。
もっと、映像を使うべき、映像戦略は、文化連盟の得意とするところである。
運動姿勢を、再考してほしい。
ではまた。
【2010/12/18 13:15】 | パラノイヤ #- | [edit]
僭越ながら一言、かってエンゲルスはマルクス宛ての手紙で英国の「労働貴族」をこう批判しました。
「英国のプロレタリアートは事実上ますますブルジョア化しており、、、この国民は遂にはブルジョアジーと並んで、、、ブルジョア的プロレタリアートをもつまでになりあがっている、、、全世界を搾取している国民としては、、、ある程度もっともなことである。」
 日本人も全世界を搾取している高利貸し国家の国民として、支配的な政財官界に賄賂と買収を惹起し「野党」まで賄賂工作と買収政治に侵食させ同時に基幹労働者から専業主婦や老人までが金利生活者の夢を追って株式投資に励んでいる。
【2010/12/18 15:21】 | #- | [edit]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/12/19 16:15】 | # | [edit]
レーニン時代の帝国主義は超過利潤で労働貴族だけを買収したが、戦後現代帝国主義は労働貴族を「経営者」にまで引き上げプロレタリアートを丸ごと買収し「帝国主義、資本の召使・従順な手先になれば誰でも「経営者」に取り立てられる機会が得られる」と、ますます買収を深めている。

帝国主義的大国のプロレタリアートの特権的な層は、幾分は、幾億人の非文明民族の費用で生活している。(レーニン)
【2010/12/20 10:33】 | #- | [edit]
 レーニンは言う。「資本輸出は自棄化された寄生性である。、、、収賄、大仕掛の買収、各種の疑獄。領土併合と不可分な被抑圧民族の搾取、特に、一握りの大国による植民地の搾取は『文明』世界を、、、幾億人の非文明民族の肉体に付着した寄生虫へと変えていく。ローマのプロレタリアは社会の費用で生活していたが今日の社会は近代のプロレタりアの費用で生活していると言うシスモンディの評言をマルクスは特に強調した。だが帝国主義はこの事態をいくらか変えている。帝国主義的大国のプロレタリアート特権的な層は、幾分は、幾億人の非文明民族の費用で生活している」と。
 そこでレーニンには労働貴族の経済的基礎を暴く。
「日和見主義者は将にアジアとアフリカを踏み台にして帝国主義的ヨーロッパを作り出す為に帝国主義的ブルジョアジーに協力しているということ、日和見主義は客観的には帝国主義的超過利潤によって買収されて資本主義の番犬に労働運動腐敗化の実行者に変わった一部の小ブルジョアジーと労働者階級の若干の層をあらわしている
【2010/12/20 12:11】 | #- | [edit]
「この日和見主義者は『階級としてのプロレタリアート』と無縁なものでありブルジョアジーの召使、手代、その影響の伝達者であって、彼らから解放されなければ労働運動はブルジョア労働運動になり下がるであろう」
 エンゲルスはカウツキー宛ての手紙では
「労働者は英国の世界市場の独占と植民地独占のおすそ分けにあずかって、ノンビリ暮らしている」と書いていた。
【2010/12/20 12:25】 | #- | [edit]
パラノイヤさん事実経過は以下です。
 権力の69年の4・28破防法攻撃に「連合的体質を突かれた第二次BUNDは対立を分裂に外化し7の・6事件で事実上崩壊しました。 
 さて武闘派、蜂起戦争派ー共産同赤軍派、赤報(RG)派、神奈川左派、蜂起派、日共革左ら同志・先輩たちの「誤謬」は先進国で武装闘争を開始した点にあるのではなく、弾圧と敗北の重圧を党組織の崩壊や分裂という決定的な党的主体の敗北へ自己転化した思想政治組織戦略的脆弱性にあると思います。
 根底には階級から断絶した自己と権力の思想つまりは、小ブル・学生主義があったと思います。
 おっしゃる通り、赤軍派も海外の赤軍派を除いては完全に崩壊しました。塩見議長を除名した国内唯一の多数派、赤軍プロ革派も山谷において天皇主義ファシストとの平和共存を追及しながら合法的な改良闘争に望みを託す経済主義者になり果て、挙句の果てには「NGO」を最後に消滅しました。
 階級との結合を断ち公然闘争から召喚した赤軍(日本委員会)派も爆取弾圧の一撃で消滅に追い込まれました。
【2010/12/20 13:43】 | 赤ヘル #- | [edit]
>>法政の学生ですよ。自習室ではなく、55年館の一般の教室です。今度機会があればどれほどうるさいか体験なされてみてください。

なるほど。確かに55・58年館は音が通りそうですね。失礼しました。
でも騒音が聞こえるのは授業中ではないでしょう?休み時間中だけですよね。
またしても大きなお世話ですが休み時間中に勉強がしたいなら自習室という空間がある訳です。存分に利用して下さい。自習室までうるさいなら確かに悪質でしょう。

大変個人的な意見ではありますが学生が政治運動をする事自体は悪い事ではないと思います。人が大勢いる場所で拡声器を使うのは一般人視点ではかなり迷惑な行為(正直、私も「うるせえ!」と思う時があります)ですが政治活動という観点では全く正しいのです。浜辺で1人、主義主張や理念を唱えても誰も聞いてくれません。だから街頭での政治家のおっさんの演説はウザいのです。

でもワンマンとは違うと思います。あくまでも社会の事を考える個人ないし団体が一生懸命主張内容の良し悪しに関わらず訴えたいものがあるという事なのですから。それを迷惑行為というのはどうかと思います。確かにうるさいです。机に向かっての勉強も尊重されて然るべきです。しかし一方で学生が政治に興味を持って活動する事も重要なのだと思います。

長文失礼しました。でも校門前の皆さん、受験の邪魔だけはやめましょう。時には政治運動の立場からではなく学生の立場で考えてあげてください。
【2010/12/21 10:26】 | #- | [edit]
「自らの力でルールを作り、それを資本に強制し、そのルールを自ら責任を持って守ること」
ということを主張した以上は、自分たちで、憲法、刑法、民法、労働法を作ることが出来るぐらい、革共同は、優秀なのですね。走狗も進化したのか?。ぜひとも、その法体系の骨子だけでも、発表してほしいものだ。
【2010/12/24 06:21】 | 劣等労働者 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/729-1efa2249
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク