スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

②スターリン主義について(下)

 2011-01-18
     ギレン A

 あけましておめでとう、諸君!! 久しぶりだな! もちろん、私だ! 社会科学研究会だ! 
 
 さて、最初にひとつ謝らなければならないことがある。本来であれば上下編にするなら上と下のアップにそんなに間を開けるべきではないのだが、デモなど本ブログの本流のほうがアップされていた関係で、われら傍流は引っ込まざるを得なかった。デモは前々から予定されていたので、こうなることは予測がつくはずだったにも関わらず、正月の三が日の間にやらなかったことを反省しなければならない。諸君に陳謝したい。すみませんでした・・・。
 
 


 さて。気を取り直して、今回はスターリン主義について(下)だ。前回言った通り、今回明らかにしたいのは、スターリン主義の成立理由およびそれが全世界を覆った理由、そしてそもそものその体制の破産性についてである。
 
 まずはスターリン主義の成立理由だが、これには、前回の部分も少々絡むが、どうやってスターリンが自己の権力を確立し、古くからのボリシェビキの反対を抑え込んだかを明らかにするべきだろう。

条件① 最も優良な党員の大量死亡 
 これが最も大きな理由である。ロシア革命後、帝国主義各国は革命を防ぐために即座に戦争を終結させた。そして、第一次大戦によって荒廃し、厳しい状態にあった国内の全余力を使って、即座にチェコ兵救出を名目とした連合を組んで革命ロシアに戦争を挑んだのである。これが歴史の教科書でいうところの「シベリア出兵」である。さらにここに白衛軍、つまり元ブルジョアや軍人が率いる反革命軍が内戦を開始する。ロシアの労働者は、内と外の二重の敵と闘わなければならなかった。
 ロシアの革命軍と労働者は良く闘った。軍事力学的には防衛しきれる可能性はまずないほどの重包囲の中、ボリシェビキの募兵に目標募兵数の三倍が応じ、さらに自らが軍隊内の選挙で選んだ信頼する指揮官の下、高い士気でこの戦争に勝ち抜いた。それはひとつの奇跡であった。
 しかし! もちろん戦争は厳しく、この過程で最も激しい時期の革命運動を担いぬいた優良なボリシェビキが大量に前線で闘い、結果戦死してしまった・・・。革命運動の過程で、最も労働者に信頼され、選ばれた彼らが前線で指揮を行う以外、ロシアはこの戦争に勝ち抜けなかった可能性が高いことは事実であるが、これがボリシェビキ内の腐敗を生みだす第一原因である。
 1917年の革命の過程で最もがんばった人間たちが死に、逆にその革命の過程で消極的にふるまった人間たち、スターリンを代表とする人間たちの党内における比重が大きくなってしまったのだ。革命的な層が死に、日和見的な層だけが生き残ってしまったのである。ドイツ革命が敗北に向かう中で、そのような連中が影響力を持ちやすい状況だったことも大きい。

条件② 内戦による書記局機能の強大化と腐敗 
 スターリンは、個人としては非常に事務能力の高い人間だった。一説には、10万の党員の名前・顔・経歴を暗記していたらしい。その能力を買われて、彼は書記長として書記局を任されていた。そして、白衛軍との内戦の過程で、それに勝ち抜くために書記局機能が強化され、書記局は自ら党員を募り、それらの人々の党への加盟の可否を決定する権限まで持ったのである。1921年に内戦が終結に向かった時、レーニンの提案で「書記局機能、特にチェカ(反革命阻止委員会)の権限縮小」が行われたが、荒廃する経済対策など重要政策に関わっているうちに曖昧になっていた。そしてレーニン死後、「レーニン逝去記念党員募集」として20万人の党員をスターリンは募集する。
 革命後になって、出世欲に目がくらんだゴミ共が大量にスターリンの下に集まり、こいつらが官僚としてスターリンを支えていくのだ!

 この後、トロツキーがその組織論のなさ、無責任さで敗れ、その後にはジノヴィエフが「プロレタリア独裁が党の独裁になっている」として闘うものの、皆敗れていく。
 そして、ジノヴィエフの敗北をもって、歴史は決定的な段階を迎える!! 
 なぜか!? 本企画の①革命と暴力を思い出してほしい。共産主義者の資本主義に対する「攻撃」とは全世界での革命運動の高揚である。だから、共産主義者は軍事力による資本主義国家との対決という方針は基本的にはとらない。国境線を守るための自衛戦力を確保するだけである。ジノヴィエフの敗北は、コミンテルンのヘゲモニーをスターリンにとられることを意味し、それは世界革命の実践的放棄を意味した・・・。 
 そして、コミンテルンは急速に変質する。ドイツ革命の敗北を受けて世界革命をあきらめたスターリンの、独自権力を維持するための「一国社会主義論」が「革命ロシア・ボリシェビキの権威」をもって全世界に流布されていく。第2インターナショナルの崩壊以降、分裂し、自らの路線を持っていなかった各国の共産党はロシアを守るための機関に変質させられていく・・・。ある国(ドイツ)ではむきだしの暴力で、ある国(日本)では1から「共産党」をつくることで、革命を起こした国(中国など)にもその過程で影響力を持つことで。そして最後には自らの「官僚の王国」の国益を守るためにファシズムや帝国主義とまで同盟を結ぶのである。彼らは、各国の労働運動を自国防衛の政治的力としたり、もしくは労働者には社会を運営する力がないとして「党が君たちのために政治をやってやるから一票入れろ」とし、労働者の決起を押しとどめて世界革命を阻むのである。去年暮れのCCUのストをやめさせたのは誰だったか思い出してみたまえ、諸君!!だから、われら社会科学研究会は、第二次世界大戦後の世界を「帝国主義とスターリン主義の相互依存によって成り立ってきた」とみなしている。資本主義・帝国主義は、スターリン主義を「社会主義の現実形態」とすることでマルクス主義思想を歪めることに成功してきたのだ!


 

 しかしながらスターリン主義国家は必ず破産する(スターリン主義党は資本主義体制の補完物になるが)。そもそも「一国社会主義論」はスターリンが「世界革命を目指さない」ための議論だ。それにはマルクスやレーニンが形成してきた「資本主義・帝国主義の経済分析」が抜け落ちているのである。結果から見よう。
 スターリン主義国家は歴史的に二つの破産の道をとったし、とりつつある。
①ソ連型の破産 
 資本主義とは、世界市場と一体である。資本主義の巨大な生産力の本質は、市場競争の結果としての世界的な分業にある。大規模な機械を使った工業はその結果生じたものの一つである。ゆえに、自らを世界市場から切り離し、一国規模で行う経済は必然的に経済力が弱くなる。ありていにいえば、一国社会主義国は貧乏である(笑)。ベトナムの民族解放闘争の指導者ホー・チ・ミンの「貧乏だけれど平等な社会」という言葉は、それの本質をよく捉えた言葉である。彼がスターリン主義を乗り越えることができなかったのは残念だ。
 さて、これがどうしてソ連型の破産につながるか? 資本主義の侵略から自らの国家を守るために、スターリン主義諸国は資本主義に軍事的に対抗しようとする。それは、地理的に近い場所にある資本主義国の基地を攻撃したりする力まで持たなければならないことを意味する。現在の中国であれば、米日の中国の勢力圏への侵略に対抗するため、東アジアでの軍事力を強め、沖縄の米軍基地を攻撃する力を持つ必要に迫られるわけだ。そして、軍事のための財政は経済的余剰からしか生まれない。つまり、一国社会主義国は軍事費でパンクするのである。ソ連は、それまでの危機をはらんだ状態でアメリカのレーガノミックス(軍事拡大政策)に対抗して軍事費を拡大し、パンクした(笑)。キューバや北朝鮮がこれにあたるが、北朝鮮は近年、次の②の方へ向かっていると思われる。
②中国型の破産 
 一国社会主義はパンクする。ではどうするか? 簡単である。世界市場に門戸を開けばいいのだ。中国は、自らの国の労働者を帝国主義が低賃金でモノを作るための道具にし、経済成長を果たした。しかしその結果として、国営企業の経営者は皆党員である状態が作りだされた。そして共産党自身がブルジョア化してしまったのだ! 中国は見ればわかるように、今のままではこれからどんどん「社会主義的な要素」を失い、ついには帝国主義へと変わっていくだろう。この道をとっているのは、他にはベトナムがわかりやすいだろう。 
 ちなみに、我々としてはどちらであれ結論は変わらない。中国が帝国主義になろうが、スターリン主義のままであろうが、中国の労働者と団結し、反革命政府を打倒することを目指す。




 


 共産主義は、資本主義の強固な土壌の上に、資本主義が作りだした条件の上に成立する! そもそも資本主義もまた世界革命だったのだから、それは世界革命でしかありえない! 全世界で革命が成功し、全世界でブルジョアの存立条件を奪うことによってしかプロレタリア革命は完遂されない。そこには資本主義が抱える、大きすぎる生産力による恐慌は存在せず、農業と工業の対立は消え去り、人類は資本主義では考えられないほどの生産力を手に入れるだろう(ここらへんはいずれ語ろう)! そして世界から市場や国益をめぐる対立もなくなり、軍事は単なる無駄な費用となり、戦争のために必要なもの、基地も、核も、すべての武器は博物館へ行くだろう! そのとき初めて国境は消え去る。それまでは資本主義諸国と革命に成功した諸国との国境は厳然と残る。もちろん、世界革命に成功したとしても、その過程で歴史的に決まった文化圏や言語圏は残るだろう。各民族の特質も消えはしない。それらが統合されていき、ひとつの世界文化が創りだされるには世界革命後にこの世に生を受けた世代でなければ不可能であろう。現代に生きる共産主義者は、今やれることをやるだけである!! 
 万国のプロレタリア、団結せよ!!



諸君、今回のまとめだ!
①スターリン主義は、マルクス主義やレーニン主義を歪めたものにすぎず、それは経済的根拠を持ちえず、必ず破綻する
②スターリン主義は、「世界革命をしない」ことをもって資本主義体制の補完物になる。ゆえに、現代では世界革命の路線は「反帝国主義・反スターリン主義」である


では、次回は「マルクス主義における国家論」である。アディオス!!



おまけ:社研の言葉
U海「人は、タバコ・コーヒー・コーラ・マックで生きていける」
コメント
法政大学の環境の一つ!?
一般学生にうざがられながらよくそんなことを自称できるねw
そもそもお前ら学外(門外)にいる時点で、法大の環境の一部じゃないしw
あと、「中核」は別に「法政文化」じゃないからw
勝手に「文化」にしないでくれよ
法大生じゃない奴が、そういうことするから嫌われるんだよ(はあと)

それから公安も税金を使ってやつらを「保護」する必要はない
これ以上かまわなくていいから、勝手に滅びてくれ
うるさくてもう我慢が出来ない

by法大一般学生より
【2011/01/19 07:09】 | 法大一般学生 #SdgkWg46 | [edit]
ワンワン諸君!元気にイヌっているかな。私だ。劣等労働者だ。どうやら君たちは、一国社会主義と、各国社会主義の区別がつかないようだな。宗教論争における一神論と汎神論と論理構造は、ほとんど同値な理論である。
諸君、今回のまとめだ!
①スターリン主義は、マルクス主義やレーニン主義を歪めたものではあるが、一国社会主義(ソ連)と各国社会主義(中国やベトナム)を区別しなくてはいけない。
②スターリン主義は、「世界革命をしない」ことをもって資本主義体制の補完物になる。ゆえに、現代では世界革命の路線は、それぞれの国情を十分に考慮しなければならない。

では、ワンワン諸君!アディオス!!
【2011/01/19 07:27】 | 劣等労働者 #- | [edit]
>では、〔中略〕アディオス!!
やはり、…連合と同類の患者の予感。
小中学生の頃、はっちゃけたクラスの雰囲気に乗じて調子づいた自分の言動が一気にクラス全員のドン引きと顰蹙・怒りをかった経験があれば、ピンポン!
成績はいい、むしろよすぎるくらいかな。
環境に恵まれればさかなクンさん様殿のように愛され、重用される人材になれたのにね。
合掌
【2011/01/20 08:24】 | 一日の大半は薄笑い、大半は卑屈な労働者 #- | [edit]
スターリンは1926年7月にジノヴィエフを政治局員から解任し十月にはトロツキーとカーメネフも政治局員から解任しジノヴィエフをコミンテルン議長から解任した。
 1927年4月蒋介石のクーデターで「中国革命」が敗北し五月の「八四人宣言」が批判するや十月にトロツキーとジノヴィフを中央委員から解任、翌日党から除名した。
 12月の第15回党大会は合同反対派幹部75名を除名、その翌日、反対派は崩壊した。ジノヴィエフはスターリンに降伏、翌年1月トロツキーは「アルマ・アタ」へ追放された。
 レーニンは確かに農民が大半を占めるロシアで孤立して社会主義工業を建設するには農業に市場経済を認めねばならぬと決断したが決してネップを社会主義の正道とは言わず、やむを得ず選択した国家資本主義あると公言し農業資本がプロ独の鎖を噛み切り商品経済の海が国有工業の砦を静める危険性を訴え死を前にしてスターリンの官僚主義に対する最後の闘争を挑み思想闘争の範を示した。
【2011/01/21 05:28】 | #- | [edit]
スターリンとブハーリンの富農依存政策が農民の階級分解と富農のブルジョア化を促進して彼らを富農防衛の立場に立たしめ労働者の賃金抑圧と党内左派の弾圧に向かわせ「一国社会主義論」が国民党・共産党の合作の破綻を蒋介石のクーデターによって惹起しこれを隠ぺいする秋収蜂起の冒険主義へと走らせ批判を封じるために合同反対派の粛清を強行した。
 ブハーリンは都市労働者の食糧を確保し穀物を輸出して工業機械を輸入するには富農を優遇せねばならないと考え「汝自身を富ませよ」と語った。ブハーリンはレーニンのネップ理論を継承したかに見えた。しかし根本的な違いが潜んでいた。つまりその違いは「資本主義の利用」と社会主義工業建設との矛盾に対する認識にあった。
 ブハーリンにとって市場経済の利用は社会主義工業と矛盾するものではなく社会主義建設はネップの延長上にあった。だからスターリンもネップを社会主義社会への過渡期であると断言した。
【2011/01/21 09:29】 | #- | [edit]
当然の帰結として市場経済と社会主義工業の衝突する時がきた。遊休設備が次々と稼働していく間は工業生産も回復したが稼働率が満杯になるや新たな追加設備がなくては拡大再生産が不可能となった。つまり蓄積の源泉をどこに求めるのかが問題となった。それゆえ「工業化論争」はこうして始まった。
 穀物供給力を握る富農層は24年~25年の秋冬供出を押えて春に値上げする投機行動に出た。穀物輸出の削減は機械設備輸入を困難にし都市労働者の生活を逼迫させた。
 プレオブラジェンスキーは富農を収奪して工業蓄積の源泉にせよと「社会主義的原始蓄積論」を掲げてブハーリンとスターリンを攻撃した。
 ジュノヴィエフの基盤であるレーニングラードとカーメネフの基盤であるモスクワの労働者党員達もトロツキー派とは別個に工業化を主張した。
 25年1月トロツキーの軍事人民委員を遂に解任したスターリンは「一国社会主義論」を支持するブハーリン、ルイコフ、トムスキーと組み「トロイカ体制」を解体しジュノヴィエフとカーメネフの追い落とし追放に着手した。
 10月の中央委員会でソコリニコフ、クルプスカヤは農民政策の公開討論を要求した。
 12月の第14回党大会は工業化を確認したが28年後半まで先送り棚上げされた。

【2011/01/21 10:00】 | #- | [edit]
26年1月スターリンは「レーニン主義の諸問題」で24年の「レーニン主義の基盤」(初版)で述べた一国社会主義『不可能』論を変更した。同時にレーニングラードの党組織を粛清するためにキーロフを派遣し幹部を極東やトルキスタンに左遷した。
 組織基盤を奪われたジュノビエフはトロツキーに助けを求め4月にクルプスカヤも参加して合同反対派が結成された。26~27年は反スタ運動の高潮期となった。がしかしそれは命が燃え尽きる直前に放った青い鬼火であった。
 
【2011/01/21 10:59】 | #- | [edit]
確かに富農優遇政策で失業は27年政府統計で147万8千人実質2百万に達し労働者はネップ突入を決めた第11回党大会の決定に反してスト権を奪われ農業では富農と新資本家が穀物と商品経済を押え25~26年の市場出荷量は戦前の64%、輸出量も戦前の24%に落ち、従って工業発展のテンポは遅れ食品価格は高騰を続けた。
 これが上部構造に反映してソビエト権力を握る党国家官僚と新資本家が手を結び25年以降党官僚から選挙権を与えられた富農下級層と都市ブルジョア層がソビエト機関に侵入してきた。
 27年の党員の階級構成も産業労働者が3分の1、農民と官僚が3分の2を占める。第14回党大会以降10万人の中農が入党した。郡委員会は29、5%が農民、24、2%精神労働者、地区と県委員会は13、2%を工業労働者が占めているに過ぎない。
 合同反対派はスターリン支配下の党とソビエトと労働者国家の変質を国は告発。レーニンが行うであろう官僚主義反対闘争を遂行せよ。ネップマンと富農に選挙権を与えるな。大国的民族排外主義に反対しレーニン主義の観点に帰れ、と訴えた。がしかし、レーニンの『遺書』を葬りスターリン書記長の再選を保証ジュノビエフとカーメネフ、そしてレーニンとの盟約を破ってスターリンと闘わず敗れ去ったトロツキー。偉大な革命家ではあるが「保身と野合」には勝利の路は閉ざされていた。偉大な革命家はスターリニズムを告発をする墓標となった。
             終わり
 
【2011/01/21 11:34】 | #- | [edit]
U海さん!それ前二つは先進国による後進国搾取の賜物で後ろ二つは大資本による労働者搾取の産物です!
【2011/01/27 01:18】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/759-ea7dcb91
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。