FC2ブログ

6・20集会報告

 2008-06-23
去る6月20日に我々文化連盟は緊急集会を開催した。というのも18日に84人目の政治弾圧の犠牲者を生み出した法大と警察権力、司法を弾劾するためである。
18日の午前中、中核派の活動家学生1名が建造物不法侵入の令状執行により検挙された、この日は5月28日に不当逮捕された中核派活動家の不起訴釈放の日であったことからこれに当てつけた挑発行為であったと解するのが妥当だ。そもそも、大学という公共性の高い場所において、個人所有地等に適用される「建造物不法侵入」罪が逮捕令状という形で執行されること自体がおかしい。

公園のごみ箱を蹴飛ばして「器物破損」で検挙、なんていうのと同じ類だ。

法理論的には違法であるが、このようなこじつけを容認していたら社会など逮捕者で溢れかえってしまう。常識や状況判断などを無視した機械的な所業であると断言できる。
そしてこのような事象を看過することは国民が自らの首を絞めるのに等しい行為だ。よって我々の抗議は至極正当なものであることは明白。にも関わらず、この日キャンパスは中央広場が閉鎖され、正門も開かず、学内から「集会をやめろ」という主旨の奇怪な放送が響く。

相変わらず法政大学は腐りきっているようで、この日もガンジー齋藤による辻説法を生き恥を晒す教職員どもに聞かせてやったのだ。19歳の学生にハンナ・アーレントを読めと言われた教職員のみなさん、どんな気持ちでしたか?人権を守れとか女の子を殴るなとか、言われるあなた方よりも言ってる我々の方が恥ずかしいんですけど、分かってます?ん?何?聞こえないって?

しかし世の負の元凶は間違いなく既得権益にあぐらをかく世代そのものなんだな、と日々痛感する次第である。

↓18日の集会模様
yoron 409_convert_20080623063003[1]

↓20日の集会模様
yoron 454_convert_20080623063111[1]

yoron 446_convert_20080623063854[1]


また20日は、動画の通り国家転覆を目指し奔走するファシスト「外山恒一」が法大に来校。前回の来校はたしか去年の新歓期だったから1年ぶりとなる。マイクパフォーマンスは今も健在、集会参加者の士気を鼓舞したのであった。

さらにこの日は我らが黒ヘルことノンセクトメンバーの提案で戦闘的スクラムデモを挙行した。靖国通りを行き交う人々はその異様な光景と高まる熱気に足を止め、暫し見入っていたように見える。ある者はカメラを手に、ある者はケータイを手に、昨今ほとんど見かけなくなったスクラムを見つめたのであった。因みにスクラムとは逮捕を実力で回避するための防御法でもある。

最後は我らノンセクトで記念撮影。背景が公安というのがナウい。いつしかこの黒ヘルが中核派を超える勢力を誇ってくれることを願うばかりだ。
記念撮影[1]


この日の逮捕者はゼロだったが、これは我々の勝利ではなく公安の政治判断によるところが大きい。勝利を口にするのは遠い未来のことになるだろう。
コメント
うむ、勝利を確信した堂々たる報告だ。

そうだね、党派なんてそもそも「PARTY」であって、大衆全体の「PART」=部分でしか無いのだよ。

中核派なんて勢力がちっぽけになるような、巨大な大衆運動を法大で作り出してくれい!
【2008/06/23 09:30】 | 現役 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/76-381d6173
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。さとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク