最近話題の一年生より曽士才弾劾文!

 2011-02-22
        親をつかって「活動をやめろ」と恫喝。
     国文・曽学部長を絶対に許さない!


 私は昨年の10月末から本格的に文化連盟とともに学外におけるデモやアジ演説などの政治活動に参加するようになりました。私の政治活動の殆どは学外においてであって、少なくとも学内においては特に何もしていませんでした。キャンパス規則に触れるような行動は一切とっていないわけです。文化連盟とともに活動する私を好まない大学側も、キャンパス規則に触れていない私には手出しが出来なかった。そこが大学としては気に食わない。そこで大学は非公式の呼び出しを私に行ってきました。もちろん私自身はそんな勝手な呼び出しには応えずに無視をしました。呼び出されるようなことをしていないのだから当然です。すると業を煮やした大学は、何と私の親に連絡をしたのです。親から聞くと、国際文化学部の学部長である曽士才は「息子さんが裁判所の前でゼッケンを付けてビラを配っていた。こういうことをしていると逮捕されてしまうから今すぐ止めさせてください」、「他大の校門前でも演説をしていた」といった趣旨の内容を私の親に伝えたようです。 一見すると教え子を心配する「親切な学部長」による忠告にも見えます。しかし学部長の発言と行動を改めて考えてみると3つの疑問に突き当たります。
①一つは、何で大学が私の学外における活動(プライバシー)を把握しているのかということです。
②二つは、「ゼッケンを付けてビラを配ったら逮捕される」というのは憲法違反ともとれる発言ではないかということです。こんな大学・社会のあり方を変えるために行動するのは当然ではないでしょうか。
③そして、「心配している」などと言っている曽学部長本人が一番危険なのではないのかということです。
 ①の疑問に関しては明確な答えが出ています。学部長の警告を親から伝えられてからも私は文化連盟とともに活動を続けていたのですが、2月16日に飯田橋でビラを配っていたことがなぜか遠い故郷の親にその日の内に伝わっていました。このことからも分かるように、法大当局が公安警察とグルになっていることが明らかになりました。裁判所前で演説した日も、他大の校門前で演説をしていた日も、そして飯田橋駅前でビラをまいた日も私を唯一監視していたのは公安警察だけだからです。
更にこの電話から大学の真意も読みとれます。要するに心配だから連絡をしたと説明する大学側の本音は「お前の息子に今の活動を止めさせるように忠告したはずだが、奴はまだ活動をやっているじゃねえか。大学にとっていい迷惑だから早く止めさせてくれねえか」という私の親に対する「催促」ないし「恫喝」なのです。私は大学によるプライバシーの侵害を徹底弾劾します。
 ②に関しては最早論外としか言いようがありません。曽学部長は以前、私に向かって文化大革命に対する不信と不満の意を述べました。実は私もそこは彼と全く同じ意見なんです。私自身かつてのソ連や現在の北朝鮮や中国といったスターリン主義国家の下で行われる激しい言論弾圧や思想統制には相当の怒りの念を持っています。しかし文化大革命を批判した彼が次に発した言葉が「ゼッケンを付けてビラを配ったら逮捕されます」といったものだったことは非常に残念に思えてならないのです。それこそが学長の嫌う言論と思想の弾圧なのではないのか。
 ③については①と②で述べたことと関連するのですが、本当に学部長が教え子である私を心配しているのならばなぜ公安警察のストーカー行為によるプライバシーの侵害から私を守ろうとしないのでしょうか。なぜ教え子である私の立場ではなく公安警察の側に立って「逮捕されるからやめさせろ」と私の親に催促し、憲法で保障された政治活動の自由という当然の権利を私から奪おうとするのでしょうか。本当に危険な行為をやっているのは曽士才さん、貴方なのではないでしょうか。私が何時どこで危険な事をしたのでしょうか。学部長には教え子を守る責任があるのではないでしょうか。
 かつて法大キャンパス内には私と同じ様におかしい事にはおかしいと当然の主張してきた倉岡雅美さんという人物がいました。おかしいことにおかしいと言った結果として彼女は法大側から停学一年という不当な処分を受けました。日頃から大学当局は文化連盟を危険な犯罪者集団のように扱ってきましたが、本当の犯罪者は誰なのでしょうか。立て看板の不当撤去について抗議をしただけで退学処分、ビラを配っただけで逮捕、学内で演説をしただけで弾圧。これが教育者のすることでしょうか。
 いい大人が国家権力という暴力を使って高校を出たばかりのガキを黙らせ服従させる。それは正しいことなのでしょうか。そんな環境で学生がまともに育つのでしょうか。服従のみを信条とさせられた学生が大学を出て一体どんな社会を築くというのでしょうか。明るい未来は出来るのでしょうか。私は断じて違うと思うのです。法大生の皆さんは矛盾だらけの飲酒規制の件で十分に法大当局の本性が分かったと思います。もはやこんな腐り切ったゴミクズのようなエセ大学は完膚無きまでに叩きつぶすほかありません。その為にも必ず倉岡さんの不当処分を粉砕し、4月から彼女をキャンパスに登場させましょう。法大生ひとりひとりの力こそが法大闘争勝利への最大の希望なのです。
 すべての法大生にともに闘ってほしい。一緒に法大当局をぶっ飛ばしましょう! エジプトではまさに革命が起こっています。法大の監獄体制をぶち破るためにも、3・20渋谷反戦デモへの結集を訴えます!

コメント
「文化大革命」を批判しているようだが今の時点から、破産した過去を批判するのは誰でもできるんだよ。「曽」は今の安泰なカッコつき「知識人」として「飽食な生活」をおくりたいだけなのだ。
 毛沢東はスターリンのように農民の強制集団化はしなかった。精神労働と肉体労働の対立、工業と農業の対立、都市と農村の対立の止揚など共産主義社会の基準を生産力の低い中国で求めた人間改造であった。
 1962年9月毛沢東は「社会主義社会における階級闘争論」を提起した。マルクスもレーニンも「過渡期」を社会主義社会への過渡期(プロ独期)と規定してきたが毛沢東は「資本主義から共産主義への全歴史的期間」を過渡期として規定し資本主義が存在する限り「党内に修正主義思想を生み出す社会的根源」となるので「資本主義から共産主義への移行の全歴史的期間に階級闘争が存在する」とする理論を提起した。
             つづく   
【2011/02/24 16:55】 | 元毛沢東主義者 #- | [edit]
 日帝国家権力、石原都政は地方議会や教育現場での指導を通して「日の丸」と「君が代」を市民に強制してきた。
 「国旗も掲げず国歌も唱わない国民が何処にいる」という大義名分を振りかざして自民党、民主党右派と天皇主義者、在特会らは大攻勢をかけ日本全国を席巻した。
 天皇の君臨統治を讃美し永遠の支配を願う「君が代」を国歌として認めることは断じてできないし同時に革命的同胞の殺害と他民族虐殺の血に汚れた「日の丸」を国歌として認めることは断じてできない。
 「日の丸」「君が代」への屈服は天皇と日本帝国主義の過去の侵略と差別と虐殺を肯定し天皇と帝国主義国家への忠誠と恭順を姿形ちにおいて表明することを意味する。
 教育現場では「日の丸」「君が代」の行政命令によって良心的な教師が屈服させられようとしている。
 
【2011/02/27 17:28】 | 反「日の丸」反「君が代」反「天皇」 #- | [edit]
ある在日朝鮮人の方は、かって「人間性復活宣言」を発した。
「この世に生を享けて四〇年。人間と生まれて、祖先を恨み親を憎んだ少年時代。朝鮮へ帰れ!等、と差別され、担任の教師にさえ殴られることも幾度かあった。今はただ民族の誇りと、父母の恩愛にも報いる為にも敢えて茲に一人の人間として日本帝国主義に対して闘うことを宣言する」
 「日本国は朝鮮の大地を蹂躙し言葉・氏名を奪い多くの同胞を強制連行して異郷に棄民し今なお私たち朝鮮・韓国人を抑圧し差別し、しかも日本国、日本人はこの悪行に恥じることなく在日朝鮮人韓国人に耐え難い屈辱を行っている。私たちニ世三世もこの国に生まれこの国に育ちこの国で学びこの国で殺されて逝った全ての学生、労働者の無念を思うとき、一人の労働者として人間性宣言を発する」と。
【2011/03/01 09:46】 | ある在日労働者の人間性宣言 #- | [edit]
 私は、毛沢東死後、小平、江沢民らによって党官僚独裁に変質し小平官僚独裁によって労働者国家が「官僚制搾取国家」に変質し、その変質過程で「資本主義経済」への回帰を始めたと考える。
 故毛沢東主席も所詮は中国の民族的利害に対外路線を従属させる「民族共産主義者」でしかなかった。
【2011/03/02 13:28】 | 元毛沢東主義者 #- | [edit]
私は毛沢東主席の人民公社を基礎とする大躍進と社会主義社会における階級闘争論を掲げたプロレタリア文化大革命は失敗したが、それは依然として労働者国家の土台の上での失敗であったと考える。しかし同時に奪権後の毛沢東主席が国内建設路線を提起できず小平の帝国主義依存型建設路線を承認した時「官僚制搾取国家」への変質と資本主義経済への回帰が準備された思う。
 帝国主義の資本と設備を誘致して重化学工業の基礎を据える経済改革が果たして「官僚制搾取国家」の枠内での原始的蓄積としての性格を保持しうるのかそれとも「官僚制搾取国家」の枠組みを超え歯止めを失って資本制生産関係の創出へと走り始めるのではないか、という点にあった。
【2011/03/06 14:28】 | 元毛沢東主義者 #- | [edit]
 故毛沢東主席の一国的プロ独国家=過渡期社会=社会主義社会という区分規定にもとづく三面紅旗路線(人民公社・大躍進・社会主義建設)が何故失敗に終わったのか?プロ独下の階級闘争論にもとづくプロレタリア文化大革命が何故「林彪」派の切り捨てと小平の起用となり毛沢東・ニクソン会談を経て反ソ親米に帰着したのか?
【2011/03/07 11:58】 | 元毛沢東主義者 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/770-4e1dcbc5
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク