学生センター長宮崎伸光教授

 2008-06-23
学生センター長宮崎伸光 (法学部教授)
宮崎


この男、宮崎伸光(みやざき のぶみつ)は今年4月から学生センター長に就任した法学部の教授である。学生センター長の宮崎の下に市ヶ谷学生センター長木原他、各キャンパスのセンター長が存在するらしい。ややこしいし、どうでもいいのだが、この度大学広報である法政コンパスの最新号が出たのでその内容を紹介しよう。
宮崎他、センター長の肩書きを持つ者が拝命に当たっての抱負を述べている。

その中で宮崎は当初、学生センター長の要請を受けようか迷ったが、奥浩平の文庫本を読み直して決意したという。長々と自身の回顧を綴っているのでここで全文掲載するような真似はしないが、宮崎の抱負は後輩である学生みなさんの学園生活を豊かにしたい、という言葉で締められていた。
学生センターとしてのサービスとしては、同郷会プロジェクト課外教養プログラム、上級生による就職活動支援云々のキャリア支援プロジェクトなど、他にも学生による学生のサポートを実現する?ピアサポートプロジェクトボランティア支援プロジェクトとネーミングセンスが粗悪なものが目白押しだが、結局のところは、かつてサークルが担っていたものを細分化し、学生部主導にしただけに過ぎず、そもそも学生部に指導を受けないとボランティアも就活もできないようではたかが知れているという一種の皮肉をも感じてしまう。

ちなみにこの宮崎伸光の明言を記しておこう。

①学友会再編時、文化連盟に属するサークルに対しての言。
「文化連盟に残るのなら補助金は一切出さない。」

②世論研究会の扱いについて問われた際
「世論研究会は公認にはなれない。」


ちなみに彼と面談をした文化連盟三役の感想は全員一致で「胡散臭い」であった。

尚、本日は先日提出した猪脇和夫への要求書に対する宮崎の回答がありますので結果をすぐに報告します。
コメント
おい、ちょっとまて(笑)。

お前、奥浩平のどこを読んで、学生弾圧の先頭にたつ決意したんだよ。さっぱりわかんねぇよ(笑)。

もしかしてあれか? 中核の学生を全部自殺に追い込む決意をかためたってか? 文字通りアイヒマンじゃねぇかよ、それじゃ(笑)。

胡散臭いのは顔だけかと思っていたが、脳みその中身もそうとう胡散臭い奴みたいだね!
【2008/06/23 09:42】 | 現役 #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/78-725655c6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク