3・20デモへ向かって

 2011-03-18
この間の地震情勢をうけて、3・20のデモの趣旨が修正されました。それにあたって、3月17日に行われた緊急行動における齋藤委員長の基調をアップします。



3・17 基調

 この社会を、根本から変えなくちゃいけない時代が来た。3月11日に起きた東日本大地震の死者・行方不明者はすでに一万人を優に超えました。現在、現地では毛布などの物資が圧倒的に足りない中、雪が降りつもり、大変な状況になっていることが報告されています。さらに、福島原発を中心に、原発が爆発し、放射能がまき散らされ、チェルノブイリすら超える事故になるかもしれないとまことしやかに言われています。
 この中で、私たちも、東北にいる仲間を救援するために地震の翌日の夜には、物資を準備して現地に向かいました。15日の夕方にはいったん帰ってきましたが、その救援活動の中で私たちには見えてきたことがあります。それは、今の政府、菅政権は何もしていないということです。それどころか復興の邪魔ばかりしている。仙台市を中心に救援をしたのですが、その間、自衛隊はおろか警察すらひとりも見かけませんでした。そのうえで、東北高速道を封鎖している。ガソリンもどんどん高くなり、統制が始まっている中、東京から8時間で現地に行けるところを12時間もかけて行かなければならない状況にしているのは、どこのどいつだ! そのうえで「募金だけはしろ」と宣伝している。
 しかも、あれだけ募金を集めているにもかかわらず、物資は大々的に宣伝されているわりにはほとんど届いていません。仙台市内ではそのような情報は聞いたことがありません。その一方で「治安維持のため」―救援ではなく治安維持のため―機動隊を現地に八万人派遣したそうです。菅政権は、地震後すぐに「九万食の食糧を送った」として自慢していましたが、その機動隊八万人分の食糧や装備、寝床を確保する余力はどこから出てきたんですか。機動隊一日で八万×三食で二十四万食も物資が消費されているじゃないですか。さらに、米軍や韓国軍と協力してこの事態に当たっているといいますが、新聞報道ではこの間米軍がやったことは「一名救出」ですよ。一名であっても人命を救助したことは賞賛されるべきですが、空母を八隻も用意してきていったい何をやっているんですか。菅政権はこれを機に日米安保体制を強化する口実をつくろうとしているだけです。戦争体制の構築のためにこの地震を利用しているのです。
 そして原発です。「新成長戦略」の目玉商品として各国に原発を売るために、菅政権は原発を停止しようとせず、原発政策を維持するために報道を規制し、デマばかり流している。一号機が12日の午後3時半に爆発したときも、御用学者を使って「冷却作業の一環で白煙がでることがある」とか言わせて事実を隠ぺいしようした。避難命令が出たのはそれから5時間も後ではないですか。そのような政策の結果が今じゃないんですか! この数日間でいったいどれだけの人が被爆し、殺されているのか! ただちに原発を停止すべきなんだ。
 事態ははっきりしています。菅はこの地震が起きなければ献金問題で政権が倒れていたかもしれない。あいつは地震によってつくりだされた今の事態を利用して、むしろこの「国難」を自ら維持することで延命しようとしているんだということです。

 みなさん。そもそも私たちは今の事態をどうとらえるべきなのでしょうか。私は、この地震で社会が壊れたのではなく、この地震で今の社会の矛盾が暴露されたのだと思います。最も津波の被害がひどかった気仙沼市は、そもそも津波のメッカとして、東北大学を中心に世界中から津波の研究者が集まる場所でした。にもかかわらず、付近の住民の再三の要請を無視して、「カネがない」という理由で堤防を作っていなかった。原発政策のためにあんな危険なものを地方におしつけ、反対運動はカネで黙らせてきた。こういう事態に備えて多めに雇われていた自治体職員が、合理化の名の下に非正規に置き換えられたり、クビにされてきた結果、炊き出しなどの現地行動がまったく間に合わない。介護も商業化され、非正規雇用がほとんどのせいで、多くの介護を必要とする人々が孤独に死んでいっている。人件費削減のために労働組合をつぶした結果、地域の結集軸になる組合がない。現地で食糧やガソリンを効果的に分配できるネットワークが削り取られているのです。今日(17日)の朝刊で「市役所には食糧が山積みになっている」といわれていましたが、何万食送ろうが、これでは現地に分配されないんだ。それは軍隊にはできない! 一言でいって、カネのために徹底的に人間の団結が解体されていったこれまでの社会のあり方の帰結が、今の事態なんだということです。
 今、株価が暴落しています。これから、日本発の世界恐慌が始まります。現地はもちろん、全国で地震を理由にした解雇が吹き荒れる時代が始まろうとしています。すでに地震を口実にした増税が議論されている。国内の不満を外にそらすために戦争がますます準備されようとしている。
 
 だからこそ、私たちはこんな社会を変えなくちゃいけない。3月20日、渋谷・代々木公園に集まろう! 菅政権やカネ持ち連中が、自らつくりだした「国難」を利用し、維持することで延命しようとするのを許してはならない。彼らのくだらない欲望ー石原都知事のいうところの「我欲」ーのために東北の仲間や友人たちが犠牲にされるわけにはいかない。「政治休戦」など吹き飛ばし、今こそ一致団結して闘おう! 3月20日から私たち自身の救援運動を始めよう。ここにどれだけ集まるかで救援運動の規模が決まります。ぜひ結集をよろしくお願いします。
 今日のデモで、全社会にこのことを訴えよう。全ての労働者・学生の力で、休戦ではなく行動で東北の人々と連帯しよう。放射能から逃げるのではなく、共に闘い抜こう! 
 以上を持ちまして、本集会の基調とさせていただきます。ありがとうございました。




3月20日、13時に代々木公園に結集を!
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/784-9723f90e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク