【文化連盟緊急アピール】東電前3学生不当逮捕を許さない! 齋藤郁真委員長を必ず奪還する!

 2011-04-01
ログ、Twitter等で繰り返し報じているように、昨日3月31日正午頃、「東京電力、原子力安全保安院への緊急抗議・申し入れ行動」のデモ隊に参列していた学生が、警視庁公安部によって不当逮捕されました。
e7bd1f13.jpg


内訳は、齋藤郁真法政大学文化連盟委員長、織田陽介全学連委員長、坂野陽平全学連委員長代行の3人です。
yoron 199_convert_20080616012659[1]

b0051430_2253323.jpg

sakano1.jpg


逮捕の様子はこちらの動画から(↓)。



3・14法大弾圧を許さない法大生の会ブログでも写真つきで状況再現がなされています。
http://hosei29.blog.shinobi.jp/


逮捕容疑は「東京都公安条例違反」。
大手マスコミを経由した警視庁公安部の説明によると、3学生が「東電前でゆっくり歩いて行進を停滞させた」ことが逮捕の理由にあたるそうです(東京新聞:http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011033101000884.html)。
「ゆっくり歩いて」、逮捕? 馬鹿げています! 出鱈目至極もいいところじゃないか。


まず当日の事実関係を簡単に整理しましょう。すなわち、
(1)3学生がデモ隊最前列を行進していたところ、(2)突如警官隊がデモの進行状況を難詰するプラカードをもって登場し、(3)警告から10秒立つか立たないうちに警視庁公安部がデモ隊に突入。(4)3学生を強制誘拐(不当逮捕)の運びとなりました。
1301330310.jpeg


念入りにも、逮捕に際しては、デモ隊内部のビデオカメラ所持者が暴力的に押えつけられています。周到な事前準備を期しての出来レースです。
DSC_0178.jpg


では次に、何故今回、警視庁公安部はこのような弾圧へと至ったのか? と考えてみる必要があります。
大きく分けて警視庁公安部の狙いは3つあると、私たちは認識しています。

第1に、3月11日以後盛り上がりの機運著しい日本の「反原発運動」を鎮静化させようという意図です。東日本大震災とそれに引き続く福島原発大人災を契機とし、今、日本の反原発運動は爆発のうねりをみせつつあります。震災前から活動している左翼の人々だけでなく、これまで日本社会で息を潜めていた広範な大衆が「原発はマズい」「政府・東電のリスク管理はいい加減に過ぎる」と行政当局・大資本への不信感を募らせている。そして「何か自分にも出来ることはないか?」と行動の手だてを探し求めています。フリーターの園良太さんが企画している東京電力、原子力保安院、経済産業省への抗議・申し入れを通した「NO MORE GENPATSU!」の実践はそれら大衆のパトスを掴みつつある好例です。

ブログ「園良太の日記」より。
http://d.hatena.ne.jp/Ryota1981/
20110327235000.jpg


しかしここに「逮捕」の事態が生じるとどうなるか?
一般の方は、「あー、やっぱりこういうのって過激派のやってる運動なんだ」「逮捕されるかもしれないリスクは取れない」と考えるでしょう。例えそれが全体の一部であっても、視線は冷たくなり、足は遠のきます。運動を一般社会から孤立させること、運動を「ブサヨ」(by2ch)の運動だけにすること、運動を「イタい人たち」だけのものとすること、それが警視庁公安部の狙いです。

第2は、反原発陣営の中に「分裂」のクサビを打ち込む意図です。本来、原子力発電に「否や」の立場を表明するなら、その立場にある人は広く統一戦線を組むことを模索しなければならないはず。どこか特定の党派や自分たちの運動体だけで自己完結した反原発運動など決して影響力を持ちえないからです。しかし、多くの左翼活動家は頭ではそう思っていても、いざ弾圧の憂き目にあうとちんちんがちぢ込みあがり、小児ヒステリーを発症させます。すなわち、「お前ら極左が逮捕なんかされたおかげで普通にやってる俺たちまで実害を食うじゃねえか!」と喚き散らす。馬鹿です。公安の思う壺です。こういうときこそ、力をあわせて抵抗しなくちゃいけないはずなのに……。警視庁公安部の思惑にまんまと乗せられて、狭い金魚蜂の内部で醜い内ゲバを敢行するとは愚劣の極みであります。日本の(新)左翼史が終始一貫この種の「分断」によって破壊されてきた事実を忘れてはなりません。

第3は、法大学生運動を鎮圧する意図です。幾分学園主義的というか、第1第2の理由に比べるとローカルな話ではありますので、ここは空気を読み(笑)、逮捕された3人が文連・全学連活動家の「BIG3」であった事実、4月4日から法大で新歓が始まるという事実のみを付記するに話をとどめます。

今回の不当逮捕は個別文連や中核派に向けての弾圧ではなく、日本の反原発運動総体への「威迫」であるとの認識に立ち、広い連帯のもと、3学生の釈放要求を突きつけていきたい。私たちはそのように祈念しています。3学生を必ず奪還しましょう。
コメント
ナンセンス!
これ、中核派つぶしに決まっている。
今日もデモ隊らしき集団がいたけど、逮捕者出てないし。
【2011/04/01 19:06】 | #mQop/nM. | [edit]
たしかにこの逮捕はおかしいね。この分析には一理ある。反原発運動が一般の人たちに広がるのを防ぐ目的は、たしかに見られるね。これで素直に一般国民が黙ったら、政府に国民はなめられるよ。ここは左翼ではない一般国民も少し騒いで政府側をビビらせる必要があると思う。
【2011/04/09 02:04】 | #- | [edit]
こういう危機的な政治状況には必ずと言っていいほど在特会、主権を回復する会、そしてファシズム労働運動、天皇主義ファシストが跋扈する時でもある。労働者や学生も己の会社、大学への「忠誠」が何であったのかを問い返させる絶好のときでもある。我々は今こそ「会社の職制ども」「既成の労働運動のダラ官」「大学当局および当局公認の学生組織」の泣き面を一発張り倒し非情な会社(資本)、大学当局の本性と狡猾な国家権力の本性を頭の中に叩き込まねばならない。
 法大当局の暴力と利益誘導型の学生支配も動揺している。
【2011/04/09 10:41】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/801-01c2b8f8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク