3・5「ゆかいな仲間で法政をぽぽぽーんお花見」企画に連帯決起

 2011-04-06
自粛粉砕を夢見る万国暇人が法大外濠公園に大決起。



3・11天災大情勢をもって、90年代以来引き続いていた退屈な「ポストモダン」の時代は終わった!



法大解放! 飲酒規制粉砕!



齋藤委員長も連帯。



法大校歌、インターナショナル、君が代、酒研のテーマソングその他を唱和。



トーク1。



トーク2。



千代田区当局の「自粛要請」もどこ吹く風。



終始一貫、「自重!笑」多発のお祭騒ぎをやりぬきました。企画コーディネーターに感謝です。みんな、またやろうね(^ー^)ノ
コメント
 新歓の酒宴もいいですが、今まさに「メーデー」が目前に迫っています。
 震災後、連合、全労連のメーデーに何万人集まろうが、それが大失業で苦しんでいる民衆の希望には繋がらない。電力労連などの労働組合は自分たちがリストラされないよう、又、既得権にしがみつくのが精いっぱいで未組織、派遣、請負の組織化なんてとっくに絵に描いた餅と化し、その餅にもとっくにカビが生えている有様です。
 こうした状況下、何故多くの労働者がリストラとも闘えず過剰なノルマに追いまくられ慢性的な職業病や過労死、自殺に追い詰められていくのか。
【2011/04/06 10:31】 | #- | [edit]
一枚目の写真はわざと色統一してるの?
みんな季節感の無い黒い服ばかり着てるけど
【2011/04/07 01:42】 | #- | [edit]
法大って飲酒規制まであんのかよ!?
【2011/04/08 01:22】 | くおん #- | [edit]
この記事書いた奴のセンスを疑うね。
【2011/04/08 07:57】 | #- | [edit]
64条発令でクーデターとかはしないんですか?
【2011/04/08 16:51】 | 質問です #- | [edit]
 震災後、「大増税」が画策されている。
 しわ寄せは全て労働者だ。労働者は震災不況の真っただ中に投げ込まれている。
 大企業増税はせず、収奪対象は中小零細と賃金労働者だ。
 賃金労働者の所得はほぼ百%と把握され既に源泉徴収で根こそぎ取り上げられてしまっている。農業の所得は6割、商人の所得は四割しか把握できていないので、これ以上の所得を取るにはまず彼らの売上と収入を丸裸にしなければならない。
 十%以上の消費税増税が狙われている。   
【2011/04/09 07:20】 | #- | [edit]
「大学」を出ても所詮「賃金奴隷」労働者。
【2011/04/09 07:23】 | #- | [edit]
歴代の自民党政権は何をやってきたか?原発を進し行政「改革」(実は真逆で官僚機構はむしろ肥大化している)、国家主義を全面化し防衛力整備計画、箱モノ、空港等公共事業の乱発、強引な税収奪。
 その結果、歴代の自民党政府は毎年、膨大な赤字を国債で穴埋めしてきた。すなわち金融資本や独占資本の「財界」に膨大な国債を買ってもらい膨大な利子を払ってきた。その結果、遂に膨大な利子を払うために膨大な国債を発行しなければならなくなった。
 そのツケをわれわれ押し付けてきたことを決して忘れてはならない。
 
【2011/04/09 12:08】 | #- | [edit]
今日、東日本大震災と大不況と500万失業時代の到来によって派遣、請負、下請孫請け孫孫請けや下層労働者だけでなく基幹産業(鉄鋼、自動車、エレクトロニクス、造船)の労働者にまで犠牲を転嫁せざるをえなくなっている。
 震災と不況の犠牲を下へ下へ玉突き的に転嫁することによって生き残り同時に安定した労資関係を維持してきた構造自体を自ら掘り崩さざるをえないほどの深刻な危機を迎えて日本帝国主義は膨大な長期大量失業者群の存在が階級支配の根幹を危うくする要因になりかねないが故に新たな労使関係、ファシズム支配への再編を不可避かつ不可欠な課題として迫られている。
 既に「中流意識」や「平和で豊かな日本」という「生活保守主義」を形成してきた戦後基盤は崩壊し同時にこの上に胡坐をかき資本の利潤の分け前に預ってきた連合の命脈も尽きてきている。
 考えてもみてもらいたい。戦後一貫して階級的底辺を切り捨て独占資本の分け前を享受してきた旧総評右派・旧同盟ー「連合」に労働者の未来と解放を託すことができるだろうか?
 今こそ腐敗する「連合」を葬り去り帝国主義の底辺に虐げられ生きるために闘う以外にないという労働者の怒りを原動力に階級的労働運動を構築する時である。
【2011/04/09 17:26】 | #- | [edit]
インターナショナルと君が代、大いに結構(笑)
何でもござれ

若者はこうでなくちゃ(笑)

自由法政文化連盟、万歳!!
【2011/04/10 01:52】 | 洞口ちゃんファン #mQop/nM. | [edit]
税金、租税とは何か?
 それは公的権力として諸階級の上に君臨する支配階級の国家が、その公的暴力装置(軍隊・警察)と官僚組織機構を維持し肥大化する費用を諸階級諸階層から収奪する物とカネであることを忘れてはならない。
 ヤクザ抗争の真っ只中から勝利した最強のヤクザが縄張りを一手に収めて街を支配し、弱小ヤクザを従えて、街の住民に「街の秩序と住民の生活を守ってやるから一定の金額を納めろ」と恫喝して収奪するのと同じである。
 国家権力の収奪する税金、租税はヤクザの取る冥加金、みかじめ料と本質的に同じである。公的権力が「公共の秩序と安全を守るという大義名分で支配階級の国家権力が諸階級諸階層に納税を義務付けるのである。
【2011/04/10 03:24】 | #- | [edit]
 一つ、軍隊を廃止しこれを「全人民の武装」に代える。
 二つ、警察制度と官僚制度を廃止し、これを公務員の完全な選挙制とリコール制に代え、議員と全公務員の収入を労働者並み賃金にする。
 三つ、「支配階級のどの成員が議会で人民を抑圧し踏み躙るかを数年に一度決めるブルジョア議会制」を廃止して、これを司法と行政を合わせた「行動団体」に代える。
 四つに、官僚的、軍事的な中央政府機関を廃止し、これを田舎の村落コミューンに選出される中央政府機関に代える。
【2011/04/12 16:00】 | #- | [edit]
 「共産主義とは何か?」
 「共産主義とは、プロレタリアート解放の諸条件に関する学説である」
 「プロレタリアートとは、ただ労働力を売ることだけによって自分の生活を支え、どんな種類の資本の利潤によってでも自分の生活を支えない社会階級をいう。プロレタリアートの禍福、生死、全存在は、労働に対する需要の有無と景気変動に左右される」
 そして同時に貧乏で働く階級はどの時代にもいたが、プロレタリア階級は、産業革命によって資本家とともに誕生し、生産に必要な手段、機械工場を一手に握ったブルジョア階級に押しのけられて、自分の労働力を売らなければ生きていけなくなった階級である。
 「労働力は他の全ての商品と同じように一つの商品であるから、その価格は、他の商品の場合と同じ法則によって決められる。一商品の価格は平均してみると何時でも商品の生産費に等しい。だから労働力の価格も同様に生産費に等しい。労働力の生産費は、労働者階級が死に絶えないために必要な最低の生活資料から成り立っている」
【2011/04/13 11:29】 | #- | [edit]
 「奴隷は一個の物とみなされ」「一度売られたら」「個々の奴隷は一所有者の財産」となるが、「プロレタリアは、日々刻々自分を売らねばならない。個々のプロレタリアは、ブルジョア階級全体の財産であって、資本家の誰かが必要とする時だけ労働力を買うので、労働者個人に生存の保障はない。生存はプロレタリア階級全体に保障されているにすぎない。
 同時に農奴は自分の生産用具をもっているが領主の土地にしばりつけられて労役に服するか収穫の半分以上を献上させられ、プロレタりアは生産用具を一切持たずブルジョアの生産用具を使って奴隷のように働かされ「賃金」をもらう。賃労働者は特定の資本家個人の工場にしばりつけられてはいないが、労働力の買い手がブルジョア階級に限定されているので、賃労働者は労働力を売る前から資本家階級に見えない鎖で繋がれている。
 かくてプロレタりアは、競争や私的所有や全ての階級対立を無くすことによって解放される。
【2011/04/13 11:50】 | #- | [edit]
第一に「大工業は全世界の国民を互いに結び付け、一つの世界市場とし」世界革命の客観条件をつくりだした。
 第二に大工業は資本家を最強の階級とし、「ブルジョアジーが政治権力を握」った。
 第三に、大工業は資本と労働力を大都市に集め「一つの場所に密集させることによってプロレタリアに彼ら自身の強さを意識させ、一方ではプロレタリアートの不満が増大することにより、他方ではプロレタリアートの勢力が増大することによって、プロレタリアートによる社会革命を準備するのである」
 同時に大工業自身は、その発展に不可欠な自由競争の結果として過剰生産恐慌を産み出した。
 恐慌は「革命的激動や現存状態全体に対する最大の危機と結び付いていた。」
【2011/04/13 12:09】 | #- | [edit]
かくて、私的所有を廃止し「あらゆる生産部門を個人の手から取り上げ、私的所有者が産業を経営するやり方」を止め、「生産用具を共同で利用し、みんなの合意で生産物を分配する財産の共有」「生産部門を共同の計算と計画により社会の成員全員を参加させて経営させる」「新しい社会組織」を要求するのである。
 この革命は一国だけで起こりえるだろうか?否、起こり得ない。大工業は世界市場をつくりだし地球上の全ての人民を結びつけているので、どの国の人民も他国で起きたことに依存している。さらに大工業はブルジョアジーとプロレタリアートを社会の二つの決定的な階級にし、二大階級間の闘争を現在世界のおもな闘争にした。この点で大工業は先進諸国の社会発展を均等にしている。だから、共産主義革命は決して一国だけのものではなく、全ての先進国で、言いかえれば、少なくとも、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツで同時に起こる革命となるであろう。この革命は工業の発展、富の大きさ、生産力の高さで早さと遅さが決まるだろう。ドイツは最も緩慢で困難、イギリスは最も急激で容易だろう。それは、世界の他の国々にも同じように著しい反作用を及ぼしそれらの国々のこれまでの発展様式を一変させ、非常に促進させるだろう。それは一つの世界革命であり、従って世界的な地盤で起こるだろう」
 しかし、このF・エンゲルスの展望は的中せず帝国主義の弱い環ー遅れたロシアで革命は勝利したが世界革命戦略は共産主義者の「綱領的生命」である。 
【2011/04/13 12:38】 | #- | [edit]
 カール・マルクスの「ゴータ綱領批判」では
 プロレタリアート独裁は資本主義から共産主義への過渡期に「搾取者をせん滅する」限りで「抑圧の暴力装置としての国家」であるが、「それは既に過渡的な国家であり、既に本来の意味で国家ではない」のである。
 それは、多数者の被搾取者による少数者の搾取者の抑圧が、特殊な抑圧機関ではない労兵ソヴィエトによってわずかな流血で片付くからである。
 共産主義の第一段階では、「資本家は最早いない、階級も最早なく、どの階級も抑圧できないという限りでは国家は死滅する。しかし国家はいまだ完全に死滅したのではない」
 社会の成員は、労働の義務を負い、労働時間に応じて分配を受ける権利を得ている。
 未だ消費と生産の量と水準を測定し誰を何処で働かせるか決めて規制する管理が機構が不可欠となるが、これは「脳死したが心臓の止まっていない国家」にすぎない。
 人々が権利意識抜きで働き精神労働と肉体労働の差が消える共産主義の高い段階で「国家」も完全に消滅する。
【2011/04/13 15:57】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/805-83b5ee47
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク