自主法政祭についての文化連盟および社研アピール

 2011-06-30
文化連盟アピール(ビラより転載)

学祭規制反対!
キャンパスの主人公は学生だ!

 
 先日6月17日、学祭説明会が開催されました。ある意味予想どおり、今年も学祭規制が狙われようとしています。以下、今年何が行われようとしているのか、そしてそれに対して文化連盟がどう考えているのかを明らかにしたいと思います。

①「自主」=自主規制 
 2011年度学祭実は、学祭説明会で配布された資料の中で、「震災だからといって自粛することになんの意味があるのか」と述べておきながら、大学側が「踊り場スペースを震災時の避難経路の確保のために企画スペースとして使わせない」よう要求してきているんだ、などと事実上は「震災自粛」を容認しようとしています。昨年提起された「施設管理権」(大学は理事会の「所有物」だからあらゆる決定権は理事会にあるということを意味する言葉)を今年は前提として扱い、「自分は反対している」的な装いをとりながら、実際には大学の要求を全て容認しようとしているのです。飲酒問題についても、「これ以上問題がでれば、「自主的」に規制していく所存です」などと述べ、法政祭を盛り上げる立場から完全に逸脱しようとしています。

②責任だけは法大生 
 そして特にゆるしがたいのは、いっさいの責任を法大生のせいにし、「ほとんどはマナーを守っているが、一部がそれを乱している」かのように言ってわたしたちの間に分断を持ちこんでいることです。実際には、ルールとその適用が毎年厳しくなっているだけであって、法大生のマナーが悪くなっているわけではないと考えられないのでしょうか? 
 もちろん、人間が万単位集まれば、それなりに問題は出てくるでしょう。しかし、だからこそ毎年応援団を中心に警備を配置して、いきすぎが出ないようにできる限り注意しているのではありませんか。

③責任は学祭実にある! 
 結局のところ、学祭実は自主法政祭を盛り上げる立場にたたず、毎年規制と闘わずに、その責任をなすりつけて言い訳を繰り返しているにすぎないのです。学祭規制が毎年激しくなってきた真の原因は、学生ではなく、学祭実にあります。このままでは来年も間違いなくそうなるでしょう。

④サークルの排除 
 文化連盟所属サークルである、社会科学研究会の学祭からの排除が始まったのは、文化連盟本体の非公認化が行われるようになった2007年度からです。まず最も政治的なサークルの排除を容認して前例をつくり、現在では、われわれ文化連盟もつかめていないほど多くのサークルを学祭から排除しているのも学祭実です。「大学側から排除されるのはまだしも、味方であるはずの学祭実から切られるのはなんでだ」・・・こんな声も文化連盟に届いています。もちろん、まず悪いのは学生の自主活動を規制して学生を管理したがる大学のほうですが、その手先になっている学祭実の責任をわたしたち法大生は問わなければなりません。

⑤学生は団結しよう! 
 批判だけしてもしかたありません。重要なことは、学生が団結して行動することです。今年の学祭実はともかくも「私たちはやりますよ!」と述べているようですので、口だけにならないように私たちの力で突き上げて実際にやらせなければなりません。参加団体それぞれが、たとえば「準備のために直前は大学に泊まらせよ」などの要求で団結し(ほんの6~7年前まで実際にこれは行われていたのですから)、学祭実に学祭実らしく責任をとらせるべきです。文化連盟も、社会科学研究会が中心となってもう一度学生の団結を創るべく奮闘したいと思います。

⑥キャンパスの主人公は学生だ! 
 子供が自分で作った砂山に愛着を持つように、人間は自分で作ったものに責任を持とうとするものです。大学によって決められたルールを「とにかく守れ」と言われても、それが私たちのキャンパスライフを活性化させることに真っ向から対立するなら、そんなものを守る気にならないのは当然です。交通法規(信号とか)のように、本当に守るべきルールは誰でも尊重するものですし、大学は学生がいてこそ大学なのですから、もっと私たちはこのキャンパスを自分のものとして扱うべきです。そのうえで、もちろん問題がなくなるということはありえませんから、それはそのつど学生間で話し合えばいいのです。学生間なら、現在の法政大学の理事会のように、大学をカネ儲けの道具とみなしているような人間はまずいませんから、話し合いが不可能なほど対立することなどまずあり得ないでしょう。キャンパスは理事会のオジイサンたちのためではなく、未来を創る学生の主体性を伸ばす場としてあります。私たち学生は若く、確かに未熟かもしれませんが、未熟という言葉は「可能性」の裏の言葉にすぎません。
 キャンパスの主人公は学生です。団結しよう!

※法政大学文化連盟とは 
 法政大学のサークル団体連合。1956年からあったと言われているが、公式には1959年、大学から公認を勝ち取る。学生の「自主」を守るために一貫して大学と闘ってきた。最盛期には50以上のサークルがあり、毎年学祭実に執行委員を出向させていた。非公認化される直前の2007年には34サークルが加盟していた。2008年、非公認化される過程でほとんどのサークルが脱退し、今は数サークルを残すのみ。2008年以来、よりいっそう政治色を強めて激しく運動を展開している。武装系ゆとり世代代表。


社会科学研究会アピール(ビラより転載)

法大生のみなさん! 自分は国際文化学部2年の学生です。17日の学祭説明会の報告を簡単にさせていただきます。

 まずもって確認したいのは今年も当局はさらなる規制を狙っており、学祭実はこれに早々に屈服しようとしているということです。去年の学祭は、初めて飲酒規制が導入されたうえ、当局の警備員が学祭警備にあたりました。ハレの日にキャンパスで自由に酒が飲めない、それどころか当局に抗議している学生は門前で止められ、キャンパスにすら入れない。こんな許しがたい現実が、何よりも学祭実の屈服によって生み出されたのです。


 今年も本質的には同じで、学祭実の言っていることは、去年の「施設管理権は大学にあるんだから規制は仕方ない」から、今年は「震災下だから規制は仕方ない」に置き換わっただけです。両者とも、自らの屈服を「学生のマナーと自治意識の低下」等と学生のせいにしている点でも共通しています。

 さらに悪質なのが、今年は震災下の安全問題と規制問題を故意にごっちゃにして、当局が要求してくる規制を、「学生自らがしなければならない規制」として持ち出してきたことです。

 とりわけ飲酒規制については、「自分達は飲酒文化を守りたいが、去年は飲酒が、酒乱の問題というより治安の問題として目立った」として、今年もそのようならば来年は「当局に言われずとも学祭実が自ら、全面的な飲酒規制を強行する」とまで言い放ちました。ふざけるな! そもそも去年実施された飲酒規制と、その強化を前提化してる時点で許しがたいし、来年度の屈服まで見越した伏線作りとしてこの発言があるのは間違いありません。

 他にも当局の警備員導入については、「いきなり包丁を持った人が入ってくるかもしれないから」等と言い出す始末。所詮これが彼等のいう「治安」や「安全」の中身であり、当局による規制の正当化であることは明らかです。

 さて、批判ばかりしていても仕方ありません。今年の学祭実もこのような体たらくである以上、去年にもまして、私たち学生からの突き上げが重要だということです。これ以上自主法政祭に対する攻撃を許してはなりません。

 是非、このビラを受けとって、自主とは何か、大学とは何か、学生とはどういう存在なのか討議して欲しい!
 そのうねりを広げていく中にこそ規制を阻止する力があります!
 皆さん、共に闘い自主法政祭を爆発させていきましょう!!
コメント
 「共産主義とは何か?」
 「共産主義とは、プロレタリアート解放の諸条件に関する学説である」
 「プロレタリアートとは、ただ労働力を売ることだけによって自分の生活を支え、どんな種類の資本の利潤によってでも自分の生活を支えない社会階級をいう。プロレタリアートの禍福、生死、全存在は、労働に対する需要の有無と景気変動に左右される」
 そして同時に貧乏で働く階級はどの時代にもいたが、プロレタリア階級は、産業革命によって資本家とともに誕生し、生産に必要な手段、機械工場を一手に握ったブルジョア階級に押しのけられて、自分の労働力を売らなければ生きていけなくなった階級である。
 「労働力は他の全ての商品と同じように一つの商品であるから、その価格は、他の商品の場合と同じ法則によって決められる。一商品の価格は平均してみると何時でも商品の生産費に等しい。だから労働力の価格も同様に生産費に等しい。労働力の生産費は、労働者階級が死に絶えないために必要な最低の生活資料から成り立っている」
【2011/04/13 11:29】 | #- | [edit]
 「奴隷は一個の物とみなされ」「一度売られたら」「個々の奴隷は一所有者の財産」となるが、「プロレタリアは、日々刻々自分を売らねばならない。個々のプロレタリアは、ブルジョア階級全体の財産であって、資本家の誰かが必要とする時だけ労働力を買うので、労働者個人に生存の保障はない。生存はプロレタリア階級全体に保障されているにすぎない。
 同時に農奴は自分の生産用具をもっているが領主の土地にしばりつけられて労役に服するか収穫の半分以上を献上させられ、プロレタりアは生産用具を一切持たずブルジョアの生産用具を使って奴隷のように働かされ「賃金」をもらう。賃労働者は特定の資本家個人の工場にしばりつけられてはいないが、労働力の買い手がブルジョア階級に限定されているので、賃労働者は労働力を売る前から資本家階級に見えない鎖で繋がれている。
 かくてプロレタりアは、競争や私的所有や全ての階級対立を無くすことによって解放される。

【2011/04/13 11:50】 | #- | [edit]
第一に「大工業は全世界の国民を互いに結び付け、一つの世界市場とし」世界革命の客観条件をつくりだした。
 第二に大工業は資本家を最強の階級とし、「ブルジョアジーが政治権力を握」った。
 第三に、大工業は資本と労働力を大都市に集め「一つの場所に密集させることによってプロレタリアに彼ら自身の強さを意識させ、一方ではプロレタリアートの不満が増大することにより、他方ではプロレタリアートの勢力が増大することによって、プロレタリアートによる社会革命を準備するのである」
 同時に大工業自身は、その発展に不可欠な自由競争の結果として過剰生産恐慌を産み出した。
 恐慌は「革命的激動や現存状態全体に対する最大の危機と結び付いていた。」
【2011/04/13 12:09】 | #- | [edit]
かくて、私的所有を廃止し「あらゆる生産部門を個人の手から取り上げ、私的所有者が産業を経営するやり方」を止め、「生産用具を共同で利用し、みんなの合意で生産物を分配する財産の共有」「生産部門を共同の計算と計画により社会の成員全員を参加させて経営させる」「新しい社会組織」を要求するのである。
 この革命は一国だけで起こりえるだろうか?否、起こり得ない。大工業は世界市場をつくりだし地球上の全ての人民を結びつけているので、どの国の人民も他国で起きたことに依存している。さらに大工業はブルジョアジーとプロレタリアートを社会の二つの決定的な階級にし、二大階級間の闘争を現在世界のおもな闘争にした。この点で大工業は先進諸国の社会発展を均等にしている。だから、共産主義革命は決して一国だけのものではなく、全ての先進国で、言いかえれば、少なくとも、イギリス、アメリカ、フランス、ドイツで同時に起こる革命となるであろう。この革命は工業の発展、富の大きさ、生産力の高さで早さと遅さが決まるだろう。ドイツは最も緩慢で困難、イギリスは最も急激で容易だろう。それは、世界の他の国々にも同じように著しい反作用を及ぼしそれらの国々のこれまでの発展様式を一変させ、非常に促進させるだろう。それは一つの世界革命であり、従って世界的な地盤で起こるだろう」
 しかし、このF・エンゲルスの展望は的中せず帝国主義の弱い環ー遅れたロシアで革命は勝利したが世界革命戦略は共産主義者の「綱領的生命」である。 
【2011/04/13 12:38】 | #- | [edit]
 カール・マルクスの「ゴータ綱領批判」では
 プロレタリアート独裁は資本主義から共産主義への過渡期に「搾取者をせん滅する」限りで「抑圧の暴力装置としての国家」であるが、「それは既に過渡的な国家であり、既に本来の意味で国家ではない」のである。
 それは、多数者の被搾取者による少数者の搾取者の抑圧が、特殊な抑圧機関ではない労兵ソヴィエトによってわずかな流血で片付くからである。
 共産主義の第一段階では、「資本家は最早いない、階級も最早なく、どの階級も抑圧できないという限りでは国家は死滅する。しかし国家はいまだ完全に死滅したのではない」
 社会の成員は、労働の義務を負い、労働時間に応じて分配を受ける権利を得ている。
 未だ消費と生産の量と水準を測定し誰を何処で働かせるか決めて規制する管理が機構が不可欠となるが、これは「脳死したが心臓の止まっていない国家」にすぎない。
 人々が権利意識抜きで働き精神労働と肉体労働の差が消える共産主義の高い段階で「国家」も完全に消滅する。
【2011/07/05 04:07】 | #- | [edit]
大学の自治という制度的保障の判例を知ってる?
大学の自治は教授に与えられ、学生は単なる校舎の使用人でしかなく、学内で政治活動を行うのであれば大学の自治は及ばず、警察権に伏するのもやむを得ないんだよ。
よって君達は、憲法で保障されていない行為を行っているわけだから前科がついても文句は言えないわけだ。
おかしな思想に惑わされることなく、もう少し、現実を知るために、法律を学ぶべきだ。そして、何のために大学に在籍するのかという根本を考えるべきだ。
【2011/07/14 17:24】 | 市ヶ谷 #- | [edit]
 景気後退局面で核総力戦戦争体制と闘うにはファシズム労働運動の頭目を打倒するばかりではなく日本帝国主義の超過利潤と独占利潤の分け前にあずかってきた「基幹」「本工」労働者総体の倒錯せる反階級的意識や↑こいつのように、繁栄と飽食と受験で歪められた社会の中で培養された「大学生」のエゴイズムと非妥協的に対決しなければならない。
【2011/07/18 23:53】 | 赤ヘルノンセクト #- | [edit]
↑↑闘って負けるのならまだしも納得がいく。抵抗を貫いたことでの敗北は決して無意味ではない。必ずその教訓が継承されるし、敗北の歴史を識ることで次の団結の糧になる。

問題なのはお前みたいに、闘う前に敗北すること、すなわち屈服することである。これが積み重なると、お前みたいに闘うという意味すら識らず、敗北の痛みすら分からないで、虐げる者のなすがままにされてゆく。

単純な法律形式論ナンセンス!!
【2011/07/19 09:09】 | #- | [edit]
>大学の自治という制度的保障の判例を知ってる?

判例ネタの95%はpe!が持ち出してくる。
憲法ネタの97%はpe!が持ち出してくる。
法律を学ぶべきだネタの99%はpe!が持ち出してくる。
pe!に会うとズボンの裾とベルトの位置がなんか変だ。
pe!に会うと靴底のすり減り方がなんか変だ。
pe!に会うと会話文で「単なる」「及ばず」「行為」「在籍」「根本」なんて単語がビシバシ出てくる。
pe!は腹式呼吸ができない。
pe!はコンパの席で東女の女に向かって「ブタ女ですね」って陽気な冗談をとばす。
てか、そもそもなんでお前がここにいるんだ。
私はpe!がこわい。
でも、それなりにがんばれpe!
【2011/07/20 23:33】 | ハウス市ヶ谷 #- | [edit]
市ヶ谷とかいう青二才は法律が誰の為の物かを知っているのかな?
何も考えずに「法律に反しているから仕方ない」と主張しているようなら
本当に救いようのない「ガリ勉くん」としか言い様がない。

普通に用語や判例だけ詰め込んで覚えている君から帰ってくる答えはどうせ
「国民の為」なんだろうな。思想だの法律だのを語る前に君はちゃんと法律
という物について考え直すべきだよ。



【2011/07/21 00:57】 | #- | [edit]
 かつて、韓国の、全斗愌政権に拷問虐殺された朴鐘哲さん(当時21歳)は1964年釜山市で生まれた。青鶴ポンプ場警備員として働く父の朴正基(パクジョンギ・当時57歳)さんと母の鄭次順(チョンチャンスン・当時54歳)さんの三人兄姉の末っ子として貧しいが仲睦まじい家庭で育まれた。
 「幼いころからよく勉強ができ、哲がソウル大学に合格した時、家族みんなが将来は立派な教授になると期待していました」と、姉の恩淑(ウンスク)さん(当時、釜山産業大、当時24歳)は語っていた。
 父母も20万ウォンという薄給の中から家計をやり繰りしながらソウルの朴鐘哲へ仕送りを続けた。
 姉の恩淑さんは、当時、東亜日報に次のような「悲しみの手記」を寄せた。
 「最近の混乱した世の中にあれほど誠実でしっかりとして純粋に生きている人は果たして何人いるでしょう?
 誰に対しても正しいことは正しいと、間違ったことは間違っていると言える人間でなければならないと力を込めて言っていた子でした。
 あの子の生活信条は『天を仰いで一点の恥らいなく生きよう』でした。そうして生きてきたあの子に、この社会がどのように映っていたのでしょうか?
 また、自分の恵まれた生活に比べて孤独で苦しい生活をしている部類の人々を黙って見ていることが出来ないと走り回っている子でした。
 そしてまた、この国の正しい明日の日のためにどのような犠牲でも払うと拳をグッと握り締める子でした
 結局、死によってこの地に大きな貢献をして旅立ったこの国の誇らしい一人の青年を国民の皆さんが忘れてくださらないことを願っています。
 道を歩いて遊んでいる子供がいたら、そのまま通り過ぎないで、ちょっとだけでも一緒に跳ねて遊んでいた私の可愛い末の弟を忘れよというのですか?」
 何という!やさしくも強い純粋な感性。路傍で遊ぶ子供たちと戯れる素直な心。社会の底辺で苦悩する基層民衆を黙視することができない純粋な思想。国の正しい明日のために如何なる犠牲も払うという強烈な激しい意志。これは日本人がもうすでに失ってしまったものではないか!!
 日本の学生に朴鐘哲さんの素直な心と純粋な思想と強く激しい意志が残されているだろうか?
 朴鐘哲さんは、基層民衆の苦悩に心を痛め社会の正しい明日のために決起しなければ、韓国支配階級のエリート中のエリートとしての富と地位を得ることが可能な「ソウル大生」であった。しかし朴鐘哲さんは、この支配階級となる明日をきっぱりと捨て民衆と生きる人生を選択し命を落としたのである。
 韓国の学生運動を担う人たちは皆、このような真摯な姿勢で命を賭して闘っているんだ!
 我々日本の学生は朴鐘哲さんの、虐げられた者と共に生きる心と抑圧する者に対する激しい怒りと真摯な生き方を学ばなければならない!!
 自分と家族の物質的な豊かさだけを追い求める利己主義的な生き方が、チャラチャラした生き方が、アジア民衆の搾取と収奪と貧困のなかで成り立っていることを自覚すべきである。
 
【2011/07/22 13:21】 | 日本の学生よ!元ソウル大生・朴鐘哲氏に学べ!  #- | [edit]
同じことを何度も繰り返すのはつまらない。
普通はいきなり話題をそらしたりしない。
的外れな意見はかえって嘲笑の的になる。
しかし、それを面白いと思っているのだろう。
かわいそうなことだ。
【2011/07/25 01:42】 | #- | [edit]
日本の民族主義者、天皇主義ファシストども!!過日この場を借りて私が突き付けた宿題に、何時、答えるんだ?
 
一つ、日本列島と琉球弧の住人は如何なる人種か?二つ、何故、琉球人はアイヌ人と似ていると言われ、何故、西日本の人と朝鮮人は頭蓋骨から血液型まで近いのか?三つ「天皇家」は、果たして日本列島の先住民である縄文人から発生したのか?それとも水稲耕作文化を持って大挙渡来した弥生人集団の末裔なのか?はたまた騎馬民族征服王朝なのか?答えてみよ!!

アイヌ人は民族文化を育てながら民族国家形成の直前に和人に滅ぼされ、琉球人は琉球王国を形成しながら大和に滅ぼされたがゆえにアイヌ人と琉球人には日帝に対して「民族的要求」「民族的大義」を突き付けるべきである!!

日本の民族主義者、天皇主義ファシスト!逃げずに答えろ!!
【2011/07/25 12:04】 | 赤ヘル  #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/815-1d59b083
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク