無罪と握手!

 2012-06-09
2012年5月31日、東京地裁において「暴力行為等処罰ニ関スル法律違反」事件の判決公判がありました。結果はもうみなさんご承知の通り、完全無罪の判決です。

この「暴処法弾圧」は、2006年3月14日以来続く法政大学における言論弾圧の中でも特に凶暴で、常軌を逸したものでした。200名を超える公安警察官が動員され、北は北海道から南は沖縄まで、まさに全国規模での弾圧劇が展開されました。空港や集会現場などの見せしめに効果的な場所を狙った不当逮捕や、全国同時一斉の家宅捜索など、法大闘争=全学連・文化連盟の団結を必ず潰すという国家権力の意思を誇示するかのような、実にあからさまな暴力の発動でした。不当逮捕された学生は11名にのぼり、織田陽介くん、恩田亮くん、内海佑一くん、新井拓くん、増井真琴くんの5名が起訴されました。

特筆すべきは周辺者への任意同行と言う名の強制連行です。警視庁公安部は法政大学当局と連携し、事件当時現場にいたとされる学生らを路上で捕まえ、強引に東京地検や近所の交番に連行します。そして昼夜を問わない長時間の恫喝を加え、さらには家族までもを連行し、権力と言う名の暴力を存分に発揮して、自白を強要しました。仲間割れを起こさせ、運動を内側から解体しようと目論んだのです。

凶暴な弾圧を前にして怯んでしまった者、自白調書を取られ自責の念に押しつぶされた者、さらには仲間を裏切り検事側証人に転向する卑劣な者、そして依然として獄中にいる被告人たち。裁判闘争はこのような過酷な環境下で闘われました。ここでは多くを語りません。傍聴に駆け付けてくれた労働者、市民、学生のみなさんをはじめ、全国の支援者のみなさんがこの苦闘を共有したはずです。

今回の無罪は、そんな暴処法裁判での無罪判決なのです。

法大闘争史上最大の弾圧である暴処法に打ち勝った無罪判決。これはまさしく、法大闘争そのものの正義性が勝ち取った無罪判決であると言えます。検事側証人のほとんどが公安警察官という、まさに国家権力総力を挙げての有罪立証を完全に打ち破り、粉砕し、爆砕した上での無罪判決です。実に清々しい、胸が晴れるような爽快感満点の勝利です。

同時にまた、改めて法大闘争の正義性を認識しました。

刑事裁判の有罪率が99.9%というこの日本において、国家権力の意思として犯罪者に仕立て上げられながらも無罪を勝ち取った、このことの背景には、裁判官をも獲得するほどの法大闘争の圧倒的な正義性があるのだと確信しています。

大学とはいかにあるべきなのか。学生とはどうあるべきなのか。法大闘争は市場原理に埋没しようとする法大当局と、それを許さず、表現の自由と学の独立を守ろうとする学生との対決です。もっと言えば、新自由主義=市場原理至上主義との対決です。大学は、学問の府であり、表現の自由が最大限に保障されなければならない。自由であるからこそ、活発な議論が起き、新たな発見が生まれるのである。自由であるからこそ、学生が自己の無限の可能性に挑戦できるのである。ゆえに、市場価値に依拠する新自由主義を全否定する。これが法大闘争のスタンスです。

資本主義経済の限界が露呈した今日、世界中で民衆が立ち上がっています。その多くは若者です。閉塞した現実を拒否し、新たな世界を求める衝動は、当たり前の行為であり、権利ですらあります。人類の歴史は常にこの「衝動」によって前進してきました。この当然の要求を法で裁こうとすること自体がナンセンスであり、不当極まる愚劣な所業であると言えます。

暴処法裁判はまさしく、学生たちの自由への渇望を法で裁くというものでした。

しかしながら、法大闘争の本当に純粋すぎる魅力が、それは学生たちの正義としか言いようのない訴えのことですが、裁判官の良心を揺さぶったのだと思います。見せしめ同然に、学生の実名を刻んだ入校禁止の通告看板を、これ見よがしに掲げることが、いかに恥ずべき行為であるか。学生の主体性を無視し、学費を払うだけの従順な消費者として扱うことがどれだけ間違っているか。もう正義としか言いようのない被告たちの訴えがことの本質を際立たせたのではないでしょうか。

今回の無罪判決で法大闘争の路線的正義性、潜在的ロマンに我々は改めて気づきました。思い知りました。

このまま完全無罪戦取、法大闘争勝利、新自由主義抹殺に向かっていよいよ邁進していきたいと思います。

ということで、前置きが長くなりましたが、労働者、市民、学生が一体となって闘い勝ち取ったこの無罪判決を、みんなで分かち合いたいと思います。みなさん、無罪判決を自分のことのように自慢して下さい。そして色んな人に広めましょう。法大闘争のように闘えば勝てるんです。そのことを万国の革命分子に耳打ちして回りましょう。

こんな風にたくさんの人と勝利を分かち合えるのを楽しみにしています。
28rgr_20120609003858.jpg
593666522.jpg
593667400.jpg
Aut_nPPCAAA0E9n.jpg
コメント
一番下の写真に写ってる美女はだれ?v-238
【2012/06/09 00:45】 | PC-Mike #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/878-f494c767
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク