スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

★祝勝無罪9★ 宮本弘典関東学院大学教授からメッセージ

 2012-06-20
宮本弘典関東学院大学教授
HP宮本弘典先生HP


宮本弘典(みやもと ひろのり)

1958年、徳島県生まれ。中央大学法学部卒業。同大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学。関東学院大学教授(刑法学)。

研究テーマ
 刑法、刑法史。刑法システムの正統化戦略の位相。刑法の正義と公共性というイデオロギーの史的検証。

著書・論文
 『国家刑罰権正統化戦略の歴史と地平』(編集工房 朔)
 『冤罪・福岡事件 とどかなった死刑囚の叫び』(共著 現代人文社)
 『『治安国家』拒否宣言 「共謀罪」がやってくる』(共著 晶文社)
 「国営刑罰の論理と心理 国家テロルの偽装戦略」(『法の理論 28』成文堂)
 「刑法のプレモダンの現実 暴力行為等処罰法第1条1項「数人共同シテ」の意義をめぐって」関東学院法学第20巻4号
 「法的戒厳から道徳的戒厳へ」序局 創刊号 など



 5月31日の判決当日,鈴木弁護士から無罪判決の報をいただいた.大袈裟ではなく文字通り欣喜雀躍した.この国の刑事裁判ではまっとうな「道理」が通らない.「無実」も含めて「無罪」が当然な事件でも,「有罪」とされることが珍しくはない.無罪判決は当然だと思いつつも,つい身を躍らせてしまった.この国の刑事裁判はそれほどに恐ろしく,また悲しい.

 暴力行為等処罰法の適用の可否を云々するまでもなくという判決内容だと聞き,無罪判決ならそれしかあるまいというのも予想の範囲ではあった.それにしても,農民一揆弾圧をもくろむ太政官布告たる爆発物取締罰則や,改正治安警察法の穴埋めるべく労働運動,農民運動,水平運動の弾圧装置として誕生した暴力行為等処罰法が,戦後の新憲法体制下でもなおその命脈を保ち,「裏切られた立法理由」(元最高裁判事・谷口正孝)との批判にもかかわらず,立法当初と同様に大衆運動の弾圧装置として現在もなお活用されていることに暗然とせざるを得ない.この「血なまぐさい歴史を持った法律」(熊倉武)を許容する司法は,強固な意思をもって,政治支配や統治における「血なまぐさい歴史」の屹立という相も変わらぬ現実に目と口を閉ざし,あるいは加担しようというのだろう.

 この暗澹たる現実のなかで,しかし私たちは希望を語り希望を育てなければなるまい.被告諸兄をはじめ,弁護人,そして支援者の皆様の実践は,単なる局地戦の勝利にとどまらない.さらに続く希望の新たな地層化への一歩だからだ.そいていつか,「叡智と忍耐で武装して,明日僕たちは,輝く街に入るのだ」(ランヴォオ).
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/886-47a4d987
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。