スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

京大同学会集会へみんな集まれ!

 2012-07-01

7・6京都大学学生集会へのよびかけ

京都大学全学自治会同学会 

執行委員会(暫定)

 大学はこのままでいいのか!?

 2011年、学生の自殺者数は、はじめて1000人を超えました。年間1000人を超す若い学生達が自ら死を選んでいるというのです。2011年度の就職率、内定率は、ともに最低を記録。授業料は相変わらず、過去最高の54万円(私立だと平均90万円近く!)です。

 一体、大学はどうなってしまうのでしょう。学生自身がこの現実を主体的に考え、変革する力を持とう。そんな思いの第一歩として、私たちは、76日、京都大学で学生集会を開催することにしました。

 

 大学を取り巻く情勢は、大きく変質しています。それは、徹底的に市場原理を適用して、大学運営で金儲けをしていくあり方への転換です。

 2004年の国立大学法人化はこの流れをより加速させました。運営費交付金の徹底した削減の結果(法人化以降国立大学全体で1000億円近く削減されています)、大学は企業からの寄付金や寄附講座に頼らざるをえなくなり、自由な学問を追求する研究は非常に困難になってしまいました。

 私たちの通う京都大学においては、法人化以降の75億円の交付金削減を埋めたのは、5年間で33億円にも上る原発マネーでした。昨年311日の東日本大震災以降、権威ある大学の様々な研究者が原発擁護の発言を繰り返していましたが、それには利害関係に基づいた理由がちゃんとあるのです。

 他方で、学生生活はもはや悲惨と言わざるをえません。高額な学費の中で、学生の既に3分の1が奨学金を受けざるを得ず、それが新たな市場となって企業が群がっています。学資ローンの市場規模は、この15年で12倍(その規模8000億円強!)にもなりました。利子がかさむ学資ローンを、「二人に一人が非正規職」といわれる情勢の中で返済できるわけも無く、滞納者は既に30万人を超えています。しかも、そこまでして払った学費を、大学当局は投資につぎ込んで、マネーゲームをしているのですから、笑い事ではありません。

 

 しかし、忘れてはならないのは、これらの現実は偶然生み出されたものではなく、新自由主義という政策の中で強制されたものだということです。

 日本の教育予算はOECD加盟国中の最低水準。大学教育においては、加盟国平均と比較して半分にも足りません。これは額にすれば25千億円の不足であり、これは日本の国公私立全ての大学の学費を無償にすることが出来る規模です。

 ドイツの学生達が昨年学費の無償化を求めて何万人とデモに立ち上がり、今年度からもう一度無償化を勝ち取っていますが、世界の常識から言えば、なんら不思議なことではありません。日本が異常なのです。

 

 学費の高騰、奨学金ローンの拡大、就職難、自殺…。この目を背けたくなるような現実の中で、私たち学生とって何よりも悲惨な現状とは、この現実に声を上げる力が徹底的に奪われてきたことです。新自由主義政策の中で、学生自治会はとことん解体、形骸化あるいは非公認化され、法人化以降は、役員会や経営協議会が大学運営を牛耳り、教授会すらまともに口を挟むことは出来なくなりました。行き詰った現状に対して、それを変えていく契機そのものが奪われている。この閉塞感こそが、自殺者が1000人を超える大学の現実を生み出しているのではないでしょうか。

 大学の主人公は学生です。学生が層として声を上げた時に、大学を変革することは必ず出来る。それは様々な大学の自治会の歴史が証明していると思います。例えば、法政大学においては国立大学より安い学費を維持していましたし、京都大学では自治会が学生寮を建ててきました。東京大学では入学試験を中止させ、逆に沖縄大学では認可のおりない大学で自主的な入学試験を貫徹したこともありました。

 この学生自治の歴史と力を、今こそ甦らせたい。これが、私たちの一番の思いです。

 

 私たちは、この閉塞感をなんとか打ち破るために、学生自治会(全学自治会同学会)を実態あるものとして復権させようと奮闘しています。今年度は、多くの学生とクラスで討論し、直接選挙を通じて暫定的な執行部も打ち立てました。選挙で投じられた3042人の投票と2149人の信任は、京大生総数から言えばまだまだ多いとはいえませんが、60年代、70年代と比較しても遜色ない規模にはなっただろうと自負しております。

 選挙過程では多くの学生が、大学のことを主体的に考え、意見をぶつけてくれました。「大学の授業がつまらない。」「授業料が高すぎて大学を辞めなくてはならないかもしれない。」「出席で単位を取るだけなんて、中学・高校となにも変わらない。」

 次のステップは、この思いを大学を揺さぶる具体的な力に転化していくことです。とりわけ、全ての責任者である総長と堂々と交渉することだろうと思います。

 具体的な行動もはじめました。関西電力の元社長で、04年の美浜原発事故(現場作業員の5人が死亡し、6人が重軽傷をおった大事故)で引責辞任したはずの藤洋作氏が、どうして京都大学の経営協議会委員に就いているのか。現在、その説明を、任命者である松本総長に求めています。こうした行動を通して、総長や経営協議会に対しても、学生の意志を貫く自治会として、同学会を建設していきたいと考えているのです。

 

 そして、その為の最大の武器は、学生の団結です。一人一人では弱い立場の学生も、団結して行動した時に、ものすごい力を発揮することが出来る。学生なしには大学は成り立たないからです。だからこそ、学生の繋がりをどんどん拡大したいと思っています。一人よりクラスでまとまって動いたら力になるでしょうし、クラスから学部、大学、全国大学へと広げていけば、その力は無限大になっていくことでしょう。

 繋がりをつくるために一番大事なのは、学生同士が問題意識をぶつけ合って、討論を開始することでしょう。私たちは、そのような場として、76日、学生集会を開催します。もちろん、私たちの方針に批判的な意見も大歓迎です。その思いこそが、積極的な討論とよりよい自治会をつくるのです。

学生集会では、学籍、年齢、大学関係なく、同学会に意見のある全ての人を歓迎します。 是非集会に来てください! そして、討論を開始しましょう!

多くの人のご参加をお待ちしています。

 

2012年6月25日

同学会執行委員長(暫定)冨山小太郎

連絡先:dougakukai.kyoto@gmail.com






 7月6日といえば、再びの首相官邸前行動の日です。しかし、私たち文化連盟は訴えます。
 デモにたくさんの人が集まることはみんなが自分の力に気付くきっかけになるので重要です。また、そうやってみんながその場でつながっていくところに、人間が「個」をのりこえ、強大な原子力ムラ-国家権力にすら立ち向かっていける力が生まれます。
 そのうえで、やはり原発を「とめる」から「なくす」へ向けて、自分たちの日常を変える闘いに挑戦しなければならないこともまた明らかです。
 今では明らかなように、原発の危険性に気付きながら、もしくは「安全神話」に違和感を持っていたにもかかわらず、給料をもらって生きていくために原発建設に協力した技術者・現場労働者はたくさんいました。また、原発立地で反対運動が起きなかったところなどほとんどありません。
 彼らは、本当は反対していたし、反対したかった。しかし、原子力ムラの強大な金銭的・暴力的パワーに勝てなかった。原発をなくす闘いとは、このあり方そのものに挑戦していくことをみすえなければならないと思います。
 
 私たち法政大学文化連盟は、3・11と原発事故を受けて、法政大学で延べ119名もの逮捕者-33名もの学生の起訴、文化連盟の非公認化、停学・退学処分を乱発した大学行政と国家権力が何をしていたのかを知りました。だからこそ絶対に今の事態が許せないし、不遜だとは思いますが、私たちはその闘いの経験から、福島の人たちの思い-怒り、悲しみ、悔しさ、「おれたちを見捨てたやつが何をいまさら」-を理解することができます。だからこそ強く強く、この京都大学の学生たちの奮闘に敬意を表し、その重要性と必要性に深く共感し、連帯します。
 全学連前書記長として法大闘争を共に闘い抜いた学生闘士、冨山小太郎率いる京大同学会に連帯を!

 

みんな集まれ! 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/891-12a72093
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。