無罪控訴審はじまる

 2013-03-30
本日、1審地裁で無罪判決を勝ち取った法大暴処法弾圧裁判の第1回控訴審が開かれました。傍聴席は満席、多くの聴衆がかけつけてくれています。

冒頭、被告団を代表して発言の機会を求めた増井君に対し、高裁の井上弘通裁判長は拒否で一蹴。「増井被告は次発言したら退廷」と被告人軽視の強権的な訴訟指揮を発動しました。時をおかず、傍聴席の園良太さんが退廷・構外退去にされています。断じて許せない!

今日の公判では、比較的多くの時間を割き、弁護団の「答弁書」の読み上げが行われました。この文章は、逆転有罪を目論む検察が作成した「控訴趣意書」への反論として用意されたものです。答弁書の首尾一貫した内容は、検察立証のペテンと、本件が一般的な看板損壊事件ではなく学生運動への歴史的大弾圧であるという政治的性格を明瞭に追求し、指弾しました。

無罪戦士たちの闘いは、反動の牙城・東京高裁に舞台を移し、益々激しさを増しています。検察が新たに5人を証人申請し、尋問を要求していることから、次回公判(4月17日13:30~)では新たな「でっち上げ証人」が登場する可能性も大。来月4月25日の法大解放総決起集会と併せて、裁判闘争への熱い結集をよろしくお願い申し上げます。



BGgppqJCAAA9aAS_20130330020519.jpg


muzai2_20130330021251.jpg
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://08bunren.blog25.fc2.com/tb.php/955-55cc65dd
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール

文化連盟

Author:文化連盟
1959年創立の法政大学サークル連合。2008年3月に非公認化。活動理念は「自主文化創造」。本業のサークル活動に邁進しつつ、2006年3月14日以来延べ126名の逮捕者、34名の起訴者と13名の処分者を擁する監獄大学爆砕へと学生運動も同時並行。直接行動系。ゆとり世代代表。愛は強し。

2012年5月31日、東大ポポロ座に続き暴処法を粉砕し無罪を勝ち取る。もはや敵なし。俺たち最強。

法大闘争とは何か?


HomePage:http://hoseibunkarenmei.xxxxxxxx.jp/index.html
Twitter:https://twitter.com/jinmin1991
Twilog:http://twilog.org/jinmin1991
MailAddress(文化連盟執行委員会):
bunren08@yahoo.co.jp

求ムカンパ!:
みずほ銀行
口座名 法政大学文化連盟
市ヶ谷支店番号207
口座番号2017393

リンク